2008年06月29日

高田馬場 ラーメン二郎

 訪問日 平成20年6月27日 金曜日

 この日はどうしても「ラーメン二郎」が食べたくて、仕事の帰り荻窪駅で下車。

 一度「ラーメン二郎」の味を知ってしまった者がかかる禁断症状だ爆弾(当然、二郎がダメという人もいるけど。)

 荻窪の「ラーメン二郎」が一番会社から近いんですよ。

 しかし、行ってみると臨時休業の貼り紙が・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 荻窪の「ラーメン二郎」は臨時休業が多いので有名な店。

 すぐ近くには超有名店「春木屋」もあるんですが、この禁断症状は他のラーメンでは治まらないんですね。

 そこで、気を取り直し、今度は高田馬場の二郎へ行くことにしました。


 場所はJR山手線の高田馬場駅から4分ほどのところです。


二郎高田馬場店の外観.jpg
お客の体型がラーメンのボリュームを物語っているexclamation&question



 午後6時10分到着家

 珍しいことに今日は行列なしですわーい(嬉しい顔)

 「ラーメン二郎」の中では比較的空いているお店なのですが、行列なしというのは初めてですね。

 券売機で食券を買い店内に入ると、席は半分近く空いていますよ。(15分後には店内は満席になり、外に並ぶ人も出てきました。)


 さて、本日のご注文は「ドカ盛ラーメン」ですぴかぴか(新しい)


ドカ盛りラーメン.jpg
ドカ盛ラーメン(730円)


 今回、無料のトッピングはにんにくのみです。


 今年の3月位に価格改定とメニュー変更をしたようで、商品名が変わっています。

 小ラーメン⇒ラーメン中盛⇒ドカ盛ラーメンになったようですね。

 この名前の変更はわかりずらいですよね。

 昔の小ラーメンが今のドカ盛ラーメンですからねぇ。

 しかも、他の二郎ではまだ「小ラーメン」で通しているお店もありますからねぇ。

 ちなみにメニューにはただのラーメン(650円)もあります。

 麺の量は普通のラーメン店くらいの量ですよ。


麺のアップ.jpg


 気のせいかドカ盛ラーメンになって、少し麺の量が増えたような気もします。(たぶん、気のせい)

 450グラムくらいあるんじゃないですかねぇ。

 「麺舗 十八」のように麺の量をグラムで書いてくれると分かりやすいんですけどね。

 ただ、間違いなく「大勝軒」や「千駄ヶ谷 ホープ軒」よりも麺の量はありますよ。

 高田馬場店の麺は二郎特有の平太麺ですが、二郎の中ではやや柔いですかね。

 それでもコシはちゃんとありますよ。


二郎のスープ.jpg


 スープはコクのあるしょうゆ味。

 背アブラが入っていますが、それほど油っこさは感じません。

 同じ醤油ラーメンでも「丸幸」や「たけちゃんにぼしらーめん」とは対極にあるラーメンスープだと思います。

 まあ、この麺にはこのスープしかないでしょう。


二郎のほぐしチャーシュー.jpg


 このお店のもう1つの特長はほぐしチャーシューを使っていること。

 個人的には昔の厚切りの、所謂「ぶた」の方が好きですけどね。

 これはこれで美味しいですけど・・・。


 「ラーメン二郎」はお店によって、スープ、麺の硬さ、量、具、トッピングが多少異なります。

 その中でもこの高田馬場店は、三田にある本店に近い味だと言われているんですねぇ。
 

 しかし、麺の量が多いのでこれからは普通盛りにしようかなexclamation&question


 2010年1月に移転いたしました。

 新住所は東京都豊島区高田3-17-8(地図はこちら


 住 所:東京都新宿区高田馬場3-12-1
 T E L :非公開
 営業時間:月〜土11:30〜15:30 17:30〜21:30
       日曜 11:30〜15:30 17:30〜21:00
 定 休 日:祝日
posted by こうめ at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

東武練馬 棟梁(とうりょう) 後編

 
 前回までのあらすじ

 平成20年6月20日 金曜日

 同じ町内に住むこうめKENさん
 ある日、地元の東武練馬に竜宮城が存在するという情報をキャッチした。すかさず2人はその竜宮城に潜入を試みたところ、そこは鯛やハモや真ホッケの刺身が舞い踊る、まさにこの世のパラダイスだったのである。
 しかし、海鮮料理をむさぼる2人の前に、今まで彼らが遭遇したこともないアバンギャルドな料理が立ちはだかったのである。(前回の記事参照


 さ て 、


 そのアバンギャルドな料理とは・・・。


カメノテ.jpg
カメノテ(780円)



 カメノテなんですよぉ〜ぴかぴか(新しい);


 カメノテといってもスッポンの手じゃありませんよぉむかっ(怒り)

 カメノテとは甲殻類フジツボ目ミョウガガイ科の海にいる生物なんです。

 海中の岩やタイドプールにへばりついているようですよ。


カメノテの食べ方.jpg


 上の写真はKENさんが「必殺!仕事人」のように竹串をカメノテに突き刺している写真なんですけどね。

 食べ方としては、カマの部分をちぎり、出てきたピンク色の身を竹串でほじって食べます。


カメノテの身.jpg
出てきたカメノテの身


 今回は薄口醤油に酒やみりんを入れ、だし汁で炊いた物(たぶん)ですが、カニやエビが好きな人ならば、絶対にオススメですよexclamation

 なぜなら、このカメノテ、カニやエビに味が近いんですぴかぴか(新しい)

 まあ、もっと正確にいうとシャコの味をぐっと濃厚にした感じです。

 癖になるうまさですねわーい(嬉しい顔)


久米仙.jpg
琉球泡盛 久米仙の水割り(550円)


 琉球泡盛 久米仙の水割りです。

 35度あるもので水割りにしたのですが、ロックで飲んだ方がうまいです。

 私は2杯目からロックでいただきました。


豚もも肉のくんせい.jpg
自家製豚もも肉のくんせい(680円)


 このお店は基本的には海鮮料理屋さんなんですが、肉料理なんかもあるんですよぉ。

 しかも、大体おいしいです。

 この「ぶたもも肉のくんせい」はなんとマスター手作りの1品。

 ローストポークにもチャーシューにも近いですね。

 付いている柚子胡椒で食べるとサイコーでするんるん


特大エビフライ.jpg
特大エビフライ(980円)



 見てくださいexclamation×2


 このデカさ爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾


 たぶん、頭の部分を入れると、ゆうに30センチは軽く超えるでしょうね。

 また、棟梁は新鮮な魚介を洋風に仕上げるのも得意で、このエビフライも洋食屋さん顔負けですよぉ。

 「レストラン マ・メゾン」や「魚三酒場」といい勝負ですね。

 ただ欲を言えば、タルタルソースでいただきたかった。(タルタルソースが好きなもので・・・。)


牛テールうどん.jpg
牛テールうどん(780円)


〆の牛テールうどんです。


お茶漬けにしようかとも思ったのですが、それでは芸がありませんからねぇ。



牛テールうどんのアップ.jpg


 うどんは秋田の稲庭うどんを使っています。
 
 つるつる、しこしこと美味しいですわーい(嬉しい顔)

 牛テールスープとうどんがこれほど合うとは思いませんでしたよ。

 飲んだ後には良いですね。


 棟梁はメニューが豊富な為、いつ来ても飽きません。


 この後、東武練馬のカラオケ屋からは、いつまでもこうめKENさんのボーイソプラノが鳴り響いていたそうです三日月


<<関連記事>>









 住  所:東京都練馬区北町2-19-9(地図
 T E L :03-3934-3566
 営業時間:17:00〜23:30(LO 23:00)
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 15:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

東武練馬 棟梁(とうりょう) 前編

 訪問日 平成20年6月20日 金曜日

 居酒屋で魚介を売りにしている安いお店って、探すと意外とないんですよねぇ。(チェーン店は除く)

 やきとんを中心にやっているお店の方が多いかもしれません。

 魚料理は仕入れも大変ですし、魚をさばくだけでも技術がいりますからねぇ。


 しかし、私の住んでいる町には世界レベルの魚料理のお店があるんですよぉわーい(嬉しい顔)

 そのお店の名前は「棟梁」というんですけどね。


 今回はその「棟梁」に、徳丸第一町会(私の住んでる町会)のKENさんと行ってみる事にしました。

 当日は金曜日ということもあり、事前にに予約を入れておきましたよ手(チョキ)


 場所は東武東上線の東武練馬駅から4分ほどのところです。

 以前に紹介した「元気水産」、「プティ・パニエ」、「おでん TOMY」も近いですよ。

 
棟梁の外観.jpg


 お店には6時半に入店家

 まだ、お客さんはいません。

 ただし、席の半分は予約が入っているらしく、席に予約の紙が貼ってあります。(8時半には満席になりました。)


 店内は10人ほど座れるカウンター席と小上がりにテーブル席が3つ程ありますよ。

 私とKENさんはカウンターの一番隅の席です。


生ビール.jpg


まずは生ビールで乾杯ですビール



温泉玉子とじゅんさい.jpg
温泉玉子とじゅんさい


 お通しの「温泉玉子とじゅんさい」です。

 「温泉玉子とじゅんさい」には醤油で味を整えたカボス風味のだし汁がかかっています。

 初夏らしくさっぱりした味わいが良いですね。


じゅんさい.jpg
じゅんさい


 じゅんさいは外側はヌルヌルプリプリ、中はシャキシャキととても良い食感が味わえます。

 だし汁のカボスの香りがじゅんさいを一層引き立てます。


 うおぉぉ―――――――位置情報 (うるさいよパンチ


刺身15点盛り.jpg
お刺身の盛り合わせ 2人前(3,500円)


 
 お刺身の15点盛りですぴかぴか(新しい)

 お刺身の盛り合わせって、普通多くても8点盛りくらいですよ。

 15点盛りなんて聞いた事も見たこともありませんよexclamation

 まさに天国のような景色じゃありませんか爆弾


刺し盛りのアップ その1.jpg
左下:つぶ貝 上:サザエ 右下:生さば、こはだ


 つぶ貝サザエも大振りの物がまるまる1個ついていますよ。

 コリコリととても美味しいですわーい(嬉しい顔)

 さばも酢〆ではなく、生のさばですよexclamation

 油がのっています。


刺し盛りのアップ その2.jpg
左から時計回りに、くじら、こはだ、真ホッケ、帆立、鯛、金目、中トロ、赤身


 にんにくと生姜が薬味で付いていますので、くじらは好みの薬味で食べると良いですね。

 くじらもスーパーで売っている物とは全然違い、くじら独特の生臭さもありません。

 この刺し盛りで1番の注目はなんと言っても真ホッケですよ。

 真ホッケなんて、普段食べられませんからねぇ。

 よくスーパーで売られているホッケの開きはシマホッケと言って、真ホッケとは全く種類が違います。

 味はそうですねぇ。

 アイナメの刺身に近い気がします。


刺し盛りのアップ その3.jpg
左:生うに 上:ハモ 右:生ホタルイカ


 ハモは湯引きしてあり、梅肉のたれが付いています。

 季節ということもありおいしいです。

 生うにやホタルイカもとても新鮮でお酒がすすみますビール

 「栄寿司」のネタもとても新鮮でしたが、ココといい勝負ですね。

 
刺し盛りのアップ その4.jpg
左から時計回りに(金杯除く)こはだ、生さば、真ホッケ、帆立、帆立のヒモ、鯛、金目


この写真はずい分、他の写真と重複してますけどね。


ここでは帆立のヒモが初登場です。


コリコリとした食感exclamation



たまりませんexclamation×2



くじらカツ.jpg
くじらカツ(1,300円)


くじらカツです。


厚みのあるお肉が3枚も付いてますよ。



棟梁のくじらカツ.jpg


 お肉はミディアムに仕上がっており、とってもジューシーるんるん

 ソース無しでもイケちゃいますよぉ〜わーい(嬉しい顔)

 くじらは竜田揚げが有名ですが、カツにしてもなかなかですねぇ。


 そして、しばらくして・・・


 次の料理が・・・


 次の瞬間、我々は信じられない光景を目撃したのであった爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾


これは何でしょう?.jpg



 なっ、なんじゃこりゃ〜がく〜(落胆した顔) 


 これは未知の生物なのか?

 それとも、宇宙から来た侵略者なのか?

 この後、カラオケには行くのか?(大きなお世話だexclamation


 次回、その謎は明かされるexclamation×2


 つ づ く後編はこちら


 住  所:東京都練馬区北町2-19-9(地図はこちら
 T E L :03-3934-3566
 営業時間:17:00〜23:30(ラストオーダー 23:00)
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

神保町 さぼうる2

 訪問日 平成20年6月16日 月曜日

 まだ、パスタをスパゲッティとかスパゲティと呼んでいる時代、ナポリタンはパスタ界の犬王様 大王様でした。

 あれから40年、パスタ界を取り巻く環境は大きく変わり、ナポリタンは今やその主役の座を追われるような格好になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

 ナポリタンが食べたくなって、イタリアンのお店やパスタ屋さんに行っても置いていないケースって多いんですよぉ。(イタリアのナポリにはナポリタンはない。)

 そこで、今回はナポリタンの名店「さぼうる2」を紹介しようと思います。

 ナポリタンの名店と言ってもパスタ屋さんではなく喫茶店です。

 
 皆さんの中には「さぼうる」なんて変な名前だと思う人も多いでしょう。

 「さぼうる」とはスペイン語で「」という意味なんです。

 まあ、サラリーマンが喫茶店でよくサボるという事にも引っ掛けているんでしょうね。


 えっexclamation&question 「お前もそうだろうexclamation」ですってexclamation

 そ、そ れ は ・ ・ ・ ・ ・

 言えませんたらーっ(汗)


 場所は東京メトロ、都営地下鉄の神保町駅のA7出口を出てすぐです。

 以前に紹介した「スマトラカレー 共栄堂」や「キッチン カロリー」もわりと近くです。


さぼうるの外観.jpg


 「さぼうる2」の隣には「さぼうる」があり、こちらは純然たる喫茶店のようですね。


 この日は1時半に入店家

 9割の入りです。

 店内は1階と地下室に分かれています。
 
 カウンター席がありませんので(地下は分からないけど。)、1人で入るとほとんどが相席になります。

 ゆっくり食事を取りたい私にとっては、これはマイナスポイント。

 
さぼうるのランチメニュー.jpg
ランチメニュー



 さて、本日のご注文は「ナポリタン」ですぴかぴか(新しい) あっexclamation セットにしてねるんるん


ナポリタンとサラダ.jpg
ナポリタン(650円)


ナポリタンにはサラダが付きます。


セット(プラス200円)にするとドリンクが付きます。



ナポリタンのアップ.jpg


 けっこうボリュームがありますよぉ〜揺れるハート

 普通のお店の大盛りくらいは軽くありますね。

 このお店のナポリタンは、とかく、量の多さばかりがテレビなどで紹介されているような気がしますが、味の方もかなりのレベルなんですよ。

 
 パスタ自体はアルデンテではありませんが、わりとしっかりしています。

 味は濃厚で、ケチャップの他にトマトピューレを入れているようですね。

 逆に「キッチン ホワイト」なんかは味付けが薄いナポリタンでした。(こちらはつけ合わせだけど・・・。)

 具はハム、マッシュルーム、ピーマン、玉ねぎで、まさに正統派のナポリタンと言えるのではないでしょうか。


ナポリタンの3点セット.jpg


ナポリタンを注文すると、ちゃんと塩、タバスコ、パルメザンチーズを持って来てくれます。



粉チーズをかけたナポリタン.jpg


私の場合、タバスコ少々にパルメザン多め、塩はかけません。


いつもお店には「悪いなぁ。」と思いつつも、パルメザンはドバドバかけますわーい(嬉しい顔)



グリーンサラダ.jpg


レタス中心のグリーンサラダです。


ドレッシングには自家製のフレンチドレッシングが掛かっています。


酸味が少しきついかな。


 
さぼうるのアイスコーヒー.jpg


 プラス200円のセットのドリンクです。

 セットはコーヒー、ミルク、紅茶、スープの中から選ぶことが出来ますよ。

 外が暑かったので、私はアイスコーヒーでするんるん

 ナポリタンを食べた後のアイスコーヒーって合いますよねぇ。


 住  所:東京都千代田区神田神保町1-11(地図はこちら
 T E L :03-3291-8405
 営業時間:8:30〜23:00 (ランチ 11:00〜14:00)
 定 休 日:日曜日

2008年06月15日

上板橋 居酒屋 花門

 訪問日 平成20年6月11日 水曜日

 「元気水産」や「やきとり宮川」など、私が焼酎のボトルを入れている飲み屋はいくつかあります。

 その中で、まだ紹介していないお店が1つだけあるんですよぉ。

 私のとっておきのお店なんですけどね。

 今回はそのお店を教えちゃいますよわーい(嬉しい顔)

 
 そのお店の名前は「居酒屋 花門」です。

 「はなもん」ではなく「かもん」と読みます。

 「COME ON」の当て字ですねひらめき


花門の外観.jpg


 また、ここはただの居酒屋ではありません。

 なんと、イラン人がやっている居酒屋なんですよぉ。

 しかも居酒屋料理や家庭料理がメインなんです。(イラン料理も有り)


 場所は東武東上線の上板橋駅から5分ほどのところです。

 以前に紹介した「石田屋」や「キッチン ホワイト」とは線路を挟んでちょうど反対側ですね。


花門の店内.jpg
花門の奥座敷


 店内は入口を入るとすぐにカウンター席になっており、その奥が座敷で、4人テーブルが3卓あります。


 ジ ャ ジ ャ ァ 〜 ン exclamation×2


マンスさん.jpg
得意のダジャレ「ゴマったなァ〜。」



 天使のマンスールさんですぴかぴか(新しい)(間違えちゃった!)


 店主のマンスールさんですぴかぴか(新しい)

 このマンスールさん、イランのテヘラン出身なんですが、日本語がムチャクチャ上手なんですよ。

 ダジャレが得意で、よくお客さんを笑わしています。
 

店主のマンスールさん.jpg
「今夜はビンビンダッシュ(走り出すさま)


 おぉぉっ〜とexclamation 下ネタだぁ〜exclamation×2

 
 実はこの天使のマンスールさんにはもうひとつの顔があるんですよぉ。

 それは、二科展にも4回入賞している画家なんですね。

 ちゃんと、美術年鑑にも出ています。


 さてと、お料理の話にしましょう。

おいしいキリン生ビール.jpg


このお店は生ビールが美味しいんですよ。


注ぎ方が上手なんですね。


キリンから表彰されています。



イラン風レバニラ.jpg
イラン風レバニラ


 お通しのレバニラ炒めです。

 ガラムマサラが入っているんでしょうかexclamation&question

 ピリ辛なんですが、中華のレバニラよりも遥かにうまいでするんるん

 私はお代わりをしちゃいましたよわーい(嬉しい顔)


チキンキャバブ.jpg
チキンキャバブ(380円)


花門」は料理が全て380円なんですよexclamation



チキンキャバブのアップ.jpg


 しかも、料理の量はかなりボリュームがあり、私なんかは大体1品で満腹です。

 マンスさんに言えば料理の量を減らすことも出来ますが(値段同じ)、余った料理は持ち帰りが出来ますので、このボリューム感を堪能した方がお徳だと思いますよ。


キャバブの中のチキン.jpg


 さて、チキンキャバブですが、これがまた旨いるんるん

 あの串に刺した本場物ではありませんが、鶏肉を豪快にぶつ切りにし、玉ねぎとともに卵でとじた料理です。

 ケチャップとタバスコで食べるのがサイコーですよ。

 ちなみにこのチキンキャバブには卵が4個も使われています揺れるハート

 この他にもイラン料理は「イラン風オムレツ」や「イランの煮物」などがあります。

 
 イラン料理の他には「鶏の唐揚げ」、「チヂミ」、「ポテトサラダ」、「ピザ」などは特にオススメですね。


焼酎のウーロン割り.jpg
焼酎のウーロン割り


 私の場合、焼酎のボトルがキープしてありますので、1杯につき100円で好きな飲み物を作って貰えます。


焼酎の品揃え.jpg


 また、焼酎の品揃えも多いんですよ。

 本格焼酎目当てで来るお客さんも、けっこういるようですよ。


 店主のマンスールさんはとても気さくな方で、1人で行っても楽しく飲むことができますよ。


 東上線沿線の方は一度行ってみてはいかがですか?

 マンスールさんのダジャレが待ってます。

 
 まってマンス.jpg



 <<関連記事>>

 ◆上板橋 居酒屋 花門 その11
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その10
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その9
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その8
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その7
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その6
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その5
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その4
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その3
 ◆上板橋 居酒屋 花門 その2


 住  所:東京都板橋区上板橋3-6-7(地図
 T E L :03-3935-0618
 営業時間:18:00〜翌1:00
 定 休 日:火曜日



posted by こうめ at 17:19| Comment(33) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

西荻窪 中華そば 青葉

 訪問日 平成20年6月10日 火曜日

 今日はどうしてもカレーが食べたくて、朝から夜はカレーと決めておりました。

 しかし、一度食べたくなると我慢が出来ないダメな私むかっ(怒り)

 結局、夜まで我慢できず昼に「ルチ」でカレーを食べてしまいましたわーい(嬉しい顔)

 そうなると困るのは晩御飯三日月

 そういえば、去年、会社のすぐ近くにラーメンの名店「青葉」が出来てまだ行っていない事に気づき、晩御飯はラーメンに決定exclamation×2

早速、行くことに・・・手(チョキ)

 
 「中華そば 青葉」の場所ですが、中央線西荻窪駅から3分ほどの場所にあります。

 「こけし屋」のある通りですし、「坂本屋」の斜め向かいです。


青葉の外観.jpg


 「中華そば 青葉 西荻窪店」は中野の「青葉」の言わば実験的なお店として去年オープン。

 中野の本店とは麺もスープも違う味で提供しています。

 
 お店には6時40分到着家

 お客は先客が2名いるだけでしたが、15分後には7割方席は埋まってしまいました。

 
 お店は和風で清潔感もあり、好感が持てますね。
 

青葉のメニュー.jpg


 本店の新味店として営業していますが、メニューはシンプルですね。

 基本的にはラーメンとつけ麺です。


 さて、本日のご注文は「中華そば」ですぴかぴか(新しい)


青葉の中華そば.jpg
中華そば(700円)


醤油スープの上にチャーシュー、海苔、メンマ、ナルト、刻みねぎが乗ります。



青葉西荻店の麺.jpg


 麺は稲庭うどんをモチーフにしているそうですよ。

 細くも太くもなく、滑らかな舌触りがいいですねぇ。

 コシも硬くもなく、柔らかくもなく、丁度いいと思います。(ちゃんとコシはあるんですよ。)


青葉西荻店のスープ.jpg


 非常に透明感のあるスープですねぇ。

 ちょっと見ただけでも、かなりゼラチンが溶け込んでいるのがわかります。

 味は魚介の風味が強い醤油ですね。

 魚系のダシは「アゴ節」を大量に使用しているそうです。

 スープは「道頓堀」のスープに近いかもしれませんよ。


青葉西荻店の叉焼.jpg 


チャーシューは柔らかく煮込まれおいしいです。


前回紹介した「欣家(きんや)」のチャーシューに近いですね。



青葉西荻店のメンマ.jpg


 メンマはやや大振りで、上手に味付けされていて良い感じですよ。

 
 さすがに「青葉」で、全体的には麺もスープも完成度は高いと思います。

 しかし、本店のラーメンとは違いますので、本店の味をイメージして行くと「あれ?」ということになりますよ。

 ここは、はっきり言って好みが分かれるラーメンではないですかね。

 個人的にはわりと好みの味に仕上がっていると思いますよ。

 私は魚系のダシが利いた醤油ラーメンが好きなんでするんるん


 住  所:東京都杉並区西荻北2-11-7 (地図はこちら
 T E L :03-3397-0975
 営業時間:11:00〜売り切れまで
 定 休 日:年中無休
posted by こうめ at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

西台 欣家(きんや)

 訪問日 平成20年6月7日 土曜日

 何度かこのブログには書いたんですが、実は私には特殊能力がありましてねぇ。

 その特殊能力とは、美味しいお店の前に立つとメガネが曇るんですよぉ眼鏡

 今回紹介するラーメン店「欣家」もこの能力で偶然に見つけたお店なんです。

 
 もう、今から7年ぐらい前でしょうか。

 私はウォーキングが好きなもので、この日も歩いていたんですね。

 そして、偶然にもまだ、開店間もない「欣家」の前を通ったわけなんですよ。

 するとどうでしょう。メガネが一瞬のうちに曇るじゃないですか。

 私は「これだぁ〜exclamation×2」と思いましたよ。

 その当時、「欣家」はまだ行列の出来る店ではなかったですからね。

 私はすぐにお店に入りましたよ。

 店に入るなりラーメンを注文し、食べてみると、これが美味かったんですねぇ。

 私はその場でランバダを踊ったのを、今でも鮮明に覚えていますよ。

 ええ、踊ったのは一人でですよるんるん(誰も聞いてへんってたらーっ(汗)


 前振りが長くなりましたふらふら

 まぁ、「欣家」との出会いはそんなとこです。


欣家の外観.jpg



 さて、場所は都営三田線の西台駅から4分ほどのところです。

 近くには「カレーハウス インディラ」や「春蘭」があります。


 この日は11時05分に到着家

 店内は7割方埋まっておりましたが、10分後には席は埋まり、外には行列が出来ていました。


欣家のメニュー.jpg



 さて、本日のご注文は「きんやつけめん」ですぴかぴか(新しい)


きんやつけめん.jpg
きんやつけめん(630円)


 ちょっと見た感じ、「道頓堀」を意識してるのかなと思えます。

 実際、店主の斉藤欣三さんの好きなラーメン屋は「道頓堀」と「大喜」だそうですよ。


欣家つけめんの麺.jpg



めんは太麺で250gあります。



欣家つけめんのアップ.jpg


 つけめんの場合は250gですが、らあめんの場合は200gで中細麺となります。

 麺は適度にコシがあり、喉ごしは良いですね。


つけ麺のつけ汁.jpg


 スープはゲンコツと鶏がらの動物系と、メヒカリの一夜干し等から摂った魚系の合わせスープです。

 全体的にバランスの良いスープに仕上がっていますね。


具のメンマ.jpg
具のメンマ



具はチャーシュー、メンマ、ゆで卵の半身、のり、わかめですね。



具のチャーシュー.jpg
具のチャーシュー


 柔らかく煮込まれたチャーシューが細かく刻まれて入っています。

 開店当初はチャーシューがネックになっていましたが、今はいいですね。

 柔らかく煮込んだチャーシューは旨みが逃げてしまいがちですが、しっかりと旨みが残っています。


柚子粉.jpg
柚子の粉


 テーブルには柚子粉が置いてあります。

 開店当初、ラーメンを注文すると、必ず生の柚子の皮をおろした物が付いてきました。(薬味として。)

 コストの問題でしょうか。

 今は乾燥した柚子粉です。

 これを入れると風味が変わって、またいいもんですよ。


 住  所:東京都板橋区高島平1-62-6(地図はこちら
 T E L :03-3934-3016
 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜22:00
 定 休 日:日曜日


 

 

 
posted by こうめ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

野方 秋元屋

 訪問日 平成20年5月31日 土曜日

 やきとんと言うと、今まで「宇ち多」、「山利喜」、「新潟屋」、「米山」と、数々の名店を巡って参りました。

 ただ、やきとんの名店というとまだまだあるわけで・・・。

 そんな事で、今回は秋元屋を紹介しましょう。


 場所は西武新宿線の野方駅から徒歩2分くらいでしょうか。

 割合、駅から近いです。


秋元屋の外観.jpg


 4時10分に到着家


 この日は朝からあいにくの雨雨

 お店の方も多少空いているのではないかと思ったんですが、甘かったですねぇ。

 土曜日は4時開店なんですが、開店から10分過ぎただけでほぼ満席ですがく〜(落胆した顔)

 運良くカウンター席が1つだけ空いていましたので、何とか潜り込みました。


まずはホッピー.jpg
ホッピー(380円)


 まずはホッピーですビール

 私の場合、飲みに行ってメニューにホッピーがあると、必ずコレですよ。

 もう、最初から最後までホッピーです。

 はっきり言ってビールは腹が出るんですよぉ。

 それにビールはプリン体も多いですしね。

 中には「いたばし区のばら」のロザリーさんのように「プリン体、カモン! 」なんて、プリン体を挑発されている方もいらっしゃいますが、私にはちょっと・・・たらーっ(汗)

 ちなみに「プリン体はプリンに多く含まれているのでは?」と思っている方いませんexclamation&question


秋元屋のレバ刺し.jpg
レバ刺し(350円)


 レバ刺しが最初に登場exclamation

 レバ刺しもプリン体は多いのですが、もうそんなことは言っていられませんよ。


 見てくださいexclamation  


 このテリをexclamation×2


 食べると、新鮮でプリプリとした食感があり、噛むとほんのりと甘味さえ感じます。

 テーブルにはごま油が瓶ごと置いてありますので、たっぷりとごま油をかけ、半分は塩で、残りの半分は醤油で頂きました。


秋元屋の煮込み.jpg
煮込み(350円)


 ここの煮込みは牛のホルモンを使っていますねぇ。

 内側のアブラがとろけて美味しいですよ。

 付いている洋からしが非常に合いますねぇ。

 お豆腐も味がしっかりと染みていてGOODです。(死語だよね。)

 
 セロリ漬け.jpg
セロリ漬け(150円)


 箸休めのつもりで注文した1品です。

 セロリを糠で漬けた物です。

 これが以外にいけるんですよひらめき

 自家製ですね。


エノキ肉巻きとトマト肉巻き.jpg
左:エノキ肉巻き(150円) 右:トマト肉巻き(150円)


 エノキとトマトをバラ肉で巻いて焼いた物です。

 エノキ肉巻きはぎっしりとエノキが入っており、予想通りの美味さです。

 トマト肉巻きはプチトマトではなく、普通のトマトを使用しており、これまたベストマッチの美味さですね手(チョキ)


ハラミとタンモト.jpg
上:タンモト(塩)下:ハラミ(塩) 各100円 


 タンモトなんて珍しい部位ですよねぇ。

 舌の根元の部分なのでしょうか。

 味は油っぽくて濃厚です。

 普通のタンとは全くの別物ですね。

 
 ハラミは横隔膜のところの肉です。

 タンモトとは逆に油身が少なくとてもヘルシーです。


テッポウみそ.jpg
テッポウ(味噌ダレ)100円


 テッポウは直腸ですね。

 新鮮で丁寧に下処理されている為、臭みはありません。

 秋元屋の焼き物は醤油タレ味噌ダレの4種類が用意されており、好みの味で楽しめるんですよぉ。


チレ味噌ダレ.jpg
チレ(味噌ダレ)100円


 チレ、脾臓(ひぞう)です。


 ここのチレ、ムチャクチャ美味いですよぉ〜爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾


 今まで私が食べたチレで一番美味しいですよ。


山芋しょうゆ漬け.jpg
山いもしょうゆ漬け(150円)


 箸休め第2弾の山芋しょうゆ漬けですぴかぴか(新しい)

 山芋を短冊切りにしたような物かと思っていましたが、なかなかの厚切りでシャキシャキ感がたまりません。


生山葵.jpg


 山芋しょうゆ漬けの薬味には、なんと、生わさびが付いているんですよね。

 たったの150円のお料理なのにいいんでしょうか。

 コレ、何杯でも食べられますわーい(嬉しい顔)


チキンボール.jpg
チキンボール(たれ)100円か120円


 チキンボールとはつくねの事なんですが、うまいですよ。

 外側はカリッと焼いていて、中はふっくらしています。

 肉と肉とのつなぎに工夫があるんでしょう。


 今回、これだけ食べて、ホッピーも5杯飲んで、3,580円でした。


 住  所:東京都中野区野方5-28-3(地図はこちら
 T E L :03-3338-6236
 営業時間:火〜土 17:00〜24:00
    日・祝 16:00〜22:00
 定 休 日:月曜日

 
posted by こうめ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 焼き鳥・焼きとん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

立石 栄寿司

 訪問日 平成20年5月31日 土曜日

 私、基本的には落ち着いて食べたり飲んだりしたいものですから、あまり、立ち食いですとか立ち飲みは行かないんですねぇ。

 このブログの中でも、立ち食い、立ち飲み系は「立呑み 龍馬」、「串あげ 光家」、「魚がし日本一」の3店だけですよ。

 ただ、その立ち食い系のお店でも、どうしても行きたいお店があったんです。

 それが、今回紹介する「栄寿司」です。

 店名から分かるように立ち食いのお寿司屋さんです。

 場所は京成線の立石駅から1分ほどの場所にあります。


栄寿司の裏口.jpg栄寿司正面.jpg


 ちょうど、斜め2件隣には、あの「宇ち多」があるんですよぉ。


 この日は12時40分に到着家

 12時開店なのに、もう店内には入れず、既に外には行列が出来ていますがく〜(落胆した顔)

 12人待ちですよたらーっ(汗)


宇ち多の行列.jpg


 ちょっと、宇ち多の方を見てみますと、向こうも同じくらい並んでいますね。

 15分ほど待ち、店内に案内されました。

 意外と回転は速いです。


栄寿司のメニュー.jpg


 お寿司は1貫100円、200円、300円の値段設定になってまして、巻物は200円と300円の物があります。

 基本的なメニュー(上の写真)の他には、店内のホワイトボードに「本日のおすすめ」が書いてありますので、それを見ながら注文するのがいいでしょう。

 また、お酒はビールの小ビンしか置いてありません。

 回転を良くする為でしょうが、飲兵衛には辛過ぎますもうやだ〜(悲しい顔)


たい.jpg
たい(1貫100円)


 まずは白身の鯛から行きましょうるんるん

 お寿司が出てきてビックリexclamation×2

 1貫がけっこうデカいんですよぉ。

 ひと口で食べるにはギリギリの大きさですね。


 フッexclamation

 おちょぼ口のキミには無理かなexclamation&question(誰に言うとるんやパンチ


煮ほたて.jpg
煮ほたて(1貫100円)


 ネタの煮ほたてがデカくてシャリに乗り切りませんよ。

 味もいいですねぇ。

 煮ほたての場合、貝柱もヒモも両方いっぺんに味わえるのがいいんです。

 煮ほたての旨みを煮詰めが引き立てます。


ほたてのひも.jpg
ほたてのひも(1貫100円)


 先程、さばいていたほたてのヒモです。

 なんとexclamationまだ動いているんですよぉ〜どんっ(衝撃)

 基本的にこの店の貝類は、貝から外したての物をネタに使います。

 この2貫で、まるまる1個分のほたてのヒモを使うようですね。


つぶきも.jpg
つぶきも(1貫100円)


 何だかわかりますでしょうか。

 つぶ貝のワタですね。

 これは生ではなく、注文を受けてから生のものを焼いてくれます。

 焼くからといって古い訳ではなく、焼く事によって甘味と風味を出すんですねぇ。

 これも、溢れんばかりに乗っており、こぼさずに口まで運ぶのは不可能ですよ。


つぶきも1貫.jpg


 うず巻管ではありません。(わかっとるわいexclamation×2

 見やすいようにつぶきもを1貫だけ撮ったものです。

 もう、これで、一杯飲りたいですよぉ〜ビール


ほや.jpg
ほや(1貫100円)


 魚の切り身のように見えますがほやです。

 これもさばきたての物なんですよ。

 肉厚で磯の香りが非常にいいですね。

 ほやは新鮮でないと、臭みが出ますからね。


ホヤのアップ.jpg


 これも分かりやすいように、1貫で撮影しました。

 この写真を見て、これがほやとわかる人はいないでしょうね。(写真が下手で・・・。)

 普通、ほやは軍艦にしますしね。


中トロ.jpg
中トロ(1貫200円)


 今回、唯一の200円ネタですぴかぴか(新しい)

 スジの部分ですが、アブラも適度に入っていて美味しいです。

 う〜ん、200円は安いダッシュ(走り出すさま)


 このお店はシャリの酢の具合も良いですし、ネタも大きく新鮮。

 行列ができる訳ですよ。

 時間をかけても来たいお店ですね。


 この後、私は「宇ち多」をスルーして違うもつ焼き屋に行ったのでした。

 そのお店とは?

 次回、おたのしみにわーい(嬉しい顔)


 住  所:東京都葛飾区立石1-18-5(地図はこちら
 T E L :03-3692-7918
 営業時間:12:00〜20:00
 定 休 日;木曜日


栄寿司 (さかえずし)
posted by こうめ at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | すし・うなぎ・和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする