2008年12月30日

築地 うまいもん屋 <前編>

 訪問日 平成20年12月某日


 忘年会シーズンということで、私もいろいろな忘年会に参加させていただいております。

 今回も前々回前回に続き忘年会ネタです。

 今回参加したのは『東京食べある記』くにさん主催の忘年会なんですねぇ。

 集まった方々は

 マイミクでもあります 月島仮面さん

 フードジャーナリストはんつ遠藤さん

 『コナモンこんなもん?』どるふぃんさん

 イタリアン鍋で大活躍のお奉行様 Mikasaさん

 『馳走に屋号に意匠あり』まさぴ。さん

 「超らーめんナビ」の管ちゃんさん

 『『ワシ・ブロ』〜完食主義なワシの生活〜』ワシ・ブロさん

 『あなさんの美しき日々』あなさん
 
 『ワンコイン的食べ歩き生活。』ぎずもさん

 やはりお鍋で大活躍のpochiさん

 コメントをたまにくださるまさぞうさん

 mixiから参加のちょんさん

 というグルメなメンバーです。


 今回の会場はといいますと、海鮮料理で有名な「うまいもん屋」です。

 私の住んでいる板橋区にも「棟梁」とか「元水産」なんていう魚が美味しいお店がありますが、とても楽しみですよ。


 お店の場所ですが、東京メトロ日比谷線の築地駅から30秒ほどのところですよ。

 A4出口が便利ですね。


うまいもん屋の看板.jpg


 今回のお料理は一人3,500円のコース(飲み物は別)なんですが、ボリュームがかなりあるようなんですよわーい(嬉しい顔)

 一応、そういう情報が事前に入ってましたので、私、料理のボリュームに耐えられるように特訓をして参りました。

 例えば、大リーグ養成ギブスを付けて会社に行ったり(おまえは星飛雄馬かexclamation)、ボールを遠くに投げてもらい、それを咥えて戻ってきたり(お前は犬かexclamation)、お風呂に入り、湯船で100数えてから出たり(おまえは子供かexclamation)、息を止めて5分間我慢したり(お前死ぬぞexclamation×2)という想像を絶するものばかりでしたよふらふら(よい子のみなさんは、絶対にマネをしないでね犬



 時間になり、メンバーも揃いましたので、早速店内へ家

 お店の中は思っていたよりも、こじんまりしてますよ。


 各自席に着き、まずは・・・


 乾 杯 ぃ 〜 ビール ビール ビール


サッポロビール.jpg


仕事の後のビールはうまいッス揺れるハート



レンコンのきんぴら.jpg
レンコンとこんにゃくのきんぴら(?)

むかご.jpg
蒸かしたむかご


 まずは2品登場exclamation×2

 上は蓮根とこんにゃくのきんぴらですね。

 醤油と砂糖を用いて甘辛く炒めているのですが、千切りではなくて乱切りですね。(それなので、きんぴらと言って良いものか?)

 下の写真は蒸かしたむかごですよ。

 むかごなんて珍しいですよねぇ。

 ビールのおつまみにはサイコーです。


野菜の炊き合わせ.jpg
野菜の炊き合わせ


 まぁ、野菜の煮つけなんですけど、関西風に仕上がってましたので野菜の炊き合わせですね。

 白醤油を使っているようで、素材の色がきれいです。

 特ににんじんの朱色と里芋の白が映えますね。


小松菜のおひたし.jpg
小松菜のおひたし


これも見た目が実に美しいぴかぴか(新しい)


小松菜のシャキシャキした食感がたまりませんね。


茎の部分は甘ささえ感じますよ。



 デ デ 〜 ン exclamation×2


刺身の盛り合わせ.jpg
刺身の盛り合わせ


 写真は3人前のものです。

 大皿で出てきますが、ちゃんと喧嘩しないように1人前ずつ分かれているんですよぉ〜。


刺し盛り1人前.jpg


うに、マグロの大トロ(2枚)、中トロ、いか、たこ、甘えびが盛られていますよ。


これで、1人前です。



マグロの大トロ.jpg
マグロの大トロ


 よく私も「脂がのっていて美味しそうですね。」なんて言われるんですが、コイツにはかないませんよぉどんっ(衝撃)(いい勝負ちゃうのexclamation


伊勢海老の刺身.jpg
伊勢海老の刺身


 さすがにこれは1人1匹というわけには行きませんが、1皿に1尾付いてますよ。

 これで、本当に1人3,500円なんですかねぇ。

 豪華すぎます。


日本酒の登場.jpg


こいつらを迎え撃つにはこれしかありませんよ。



鯛カブトの煮付け.jpg
鯛カブトの炊き合わせ


 先程の野菜の炊きあわせと同様に、鯛カブトの炊き合わせですね。

 これも、関西風に出汁とお酒か何かで煮たお料理ですよ。

 鯛カブトはよく煮込まれており、身が骨からホロホロと剥がれます。

 目玉はチュルンとして、コクがあり美味しいですよ。


フカヒレ茶碗蒸し.jpg
フカヒレ茶碗蒸し


 これexclamation フカヒレが1枚入ってます爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

 
なんて豪華な1品なんでしょうるんるん


フカヒレにはあらかじめ、ごま油で薄く味付されていますよ。


茶碗蒸し自体も繊細ながらいい出汁の香りがします。



生がき.jpg
生がき


 この生がきはもっとずっと後に登場するのですが、先に紹介しておきます。

 もう、説明はいいくらいですね。

 デカイし、鮮度は抜群ですし、文句のつけようがありませんよ。

 残念ながら、私、唯一食べられないのが牡蠣なんですねぇふらふら

 その他の物は蛇でもホヤでも食べちゃうんですけどねぇ。



 ジ ャ ジ ャ 〜 ン exclamation×2


これは何.jpg

 

 こっ、これはexclamation&question


 宴たけなわの中、突如として現れた巨大な円盤。

 これは宇宙人の乗る空飛ぶ円盤(表現が古いよたらーっ(汗))なのか?

 それとも、地獄から湧き出た血の池なのか?

 次回、我々は信じられない光景を目撃する事になる。

 
つ  づ  く



 
 住  所:東京都中央区築地2-10-5(地図はこちら
 T E L :03-3545-5455
 営業時間:11:30〜13:30 18:00〜22:00
 定 休 日:土曜日・日曜日・祝日
posted by こうめ at 20:56| Comment(4) | TrackBack(2) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

板橋区役所前 居酒屋 一心

 訪問日 平成20年12月某日


 『いたばし区のばら』ロザリーさん主催の大板橋忘年会を無事終え、2次会に流れ込むことになりました。

 2次会の会場となったのは1次会会場の「中華美食苑」のすぐそばにある「居酒屋 一心」というお店。


一心の外観.jpg
2次会会場に続々と集結する面々


 当然、このメンバーが会場に選んだお店だけに、普通の居酒屋さんじゃないんですよねぇわーい(嬉しい顔)

 居酒屋メニューもあるのですが、ここのウリはモンゴル料理なんですよぉ。

 なんとなく、イラン料理もある上板橋の「居酒屋 花門」みたいですけどね。


 場所は都営地下鉄三田線の板橋区役所前駅から3分ほどですかね。



 ぞくぞくと2次会会場に終結する面々。

 席は自由とのことで、適当に席を取ります。

 私の右隣にはロザリーさん、左隣には『イサバルマカン灯台業務日誌』灯台長さんがおられますね。

 『キャスバル坊やをやっつけろ!』キャスバルさんはずっと上座の方へ。


 暫らくすると『C.I.L』荒井禎雄さんもお見えになりました。

 なにかオーラのようなものを感じますねぇ。


一心のお通し.jpg
お通し


 まもなく、お通しが運ばれてきましたよ。

 実は1次会の忘年会でかなり飲んでまして、2次会でのお料理などのことはあまり覚えてないんですよぉ〜爆弾爆弾爆弾

(^_^; アハハ…


 
 真ん中がもやしと春雨の中華サラダで右側がたくあんでしょうね。

 ただ、左側のものは一体なんでしょう???

 食べた記憶もありませんむかっ(怒り)


麦焼酎 いいちこ.jpg


 飲み物はこんなのを飲んでいたんでしょうね。 (^^;


 暫らくすると、遅れて『シャバゾウblog』QT鈴木さん登場exclamation×2


 おお〜っexclamation


 あれがQTさんだぁダッシュ(走り出すさま) 


 見ろexclamation 動いとるぞexclamation×2(あたりまえだパンチ


 てな感じでしたよ。

 というのも、生QTさんとお会いするのは初めてだったもので・・・たらーっ(汗)


トマトと玉子のチリソース.jpg


たぶん、トマトと玉子のチリソースでしょう。


美味しかったという事だけは覚えています。ハイ。



ラム・クミン丼.jpg


 ラム・クミン丼という食べ物らしいんですが、私の所に回ってきたときは、もう、ほとんど無くなってましたもうやだ〜(悲しい顔)

 肉はもう無く、玉ねぎとごはんがいい具合になってましたね。

 味ですか?

 ラム肉の旨味がごはんに染みてて美味しいですよ。ホントに。


春雨と羊肉の土鍋煮.jpg
春雨と羊肉の土鍋煮


 これはちゃんと覚えてますぴかぴか(新しい)

 かなり、美味しかったですからね。

 お料理の名前もお店の方に聞いたので、間違いありません。(キッパリexclamation

 春雨は太く平べったい物で、羊肉の味がよく染みていますよ。

 1人で食べちゃいたいくらいでしたわーい(嬉しい顔)

 ボリュームもありますよ。


羊肉のネギ炒め.jpg
羊肉のネギ炒め


 このお料理の名前もお店の方に聞きましたので、間違えありませんよ。

 羊肉とネギを醤油で炒めたシンプルなお料理(たぶん)ですが、お酒やごはんのおかずにもなりますよ。

 食べていても飽きがきませんねぇ。

 しかし、羊肉をこんなに食べたのは久しぶりですねぇ。

 たぶん、池袋の「楽楽屋」以来ですよぉ。


 
 その後、「DESTINY」の店主ジョニーさんも加わり、この宴はなんと午前3時過ぎまで続いたそうです。

 私は終電に間に合うように切り上げたのですけど・・・。


 住  所:東京都板橋区仲宿63-7(地図はこちら
 T E L :03-5248-1129
 営業時間:17:00〜01:00
 定 休 日:無 休   
posted by こうめ at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

板橋区役所前 中華美食苑

 訪問日 平成20年12月某日


 忘年会の季節ですねぇ。

 みなさんも幾つかの忘年会に、もう行かれたのではないですか?

 実は私も幾つか入っておりまして、この日は『いたばし区のばら』のロザリーさん主催の大板橋忘年会に行って参りました。

 なぜ、大板橋なのか?

 ここだけの話、近々板橋区は日本国から独立するんですよぉ。(ほんまかいなexclamation

 再来年くらいかなexclamation&question

 たぶん、大板橋公国とかになるんじゃないですかね(コラコラどんっ(衝撃)

 
 それなので、今回の忘年会には各国からの出席者も多かったですよ。

 モンゴルからはウリハンさん、ジオン公国からはキャスバルさんラルさん、ガーナからはジョニーさん(2次会から参加)という具合です。


 今回の会場は「中華美食苑」というお店ですよ。

 
 場所は都営地下鉄三田線の板橋区役所前駅から20秒程のところです。

 以前に紹介した「麺屋 零式本店」、「ルチ」、「DESTINY」はちょっと離れてますねぇ。


美食苑の外観.jpg



 この日は午後5時50分に到着家


 今回は総勢25名ということで、お店は貸切ですよイベント


 なんか、ドキドキしますねぇexclamation

 
 あ れ exclamation&question

 まだ、ラルさんしか来てませんね。

 その後、ボチボチと皆さんいらっしゃいましたけど・・・。 
 

前菜の揃い踏み.jpg


 各テーブルを見ると前菜がすでに並んでますよ。

 なんかお行儀がいいですよねぇ。

 板橋在住のヤンキーのあんちゃん達にも見習ってもらいたいものですよ。(また、狙われるでぇexclamation


蒸し鶏.jpg

きくらげの前菜.jpg

ピータン.jpg

細切り豆腐のサラダ.jpg


 写真は上から蒸し鶏、くらげ、ピータン、細切り豆腐(ガンスー豆腐)のサラダですね。

 特に細切り豆腐のサラダは、上にたっぷりのパクチーが乗っており、食べるとパクチーの香りが口全体に広がります。

 でも、パクチーが苦手な人は多いんですよねむかっ(怒り)



 そんなこんなで、全員揃いましたので乾杯ですビール


生ビール.jpg


今回は1人4,000円で飲み放題のコースだそうですよ。



えびのマヨネーズソース炒め.jpg
えびのマヨネーズソース炒め


これ、ムチャクチャ美味いですぴかぴか(新しい)


えびの衣はカリッとしてます。

 
ソースには甘味があり、マヨネーズの酸味をうまくカバーしてますね。



美食苑のチンジャオロース.jpg


チンジャオロースの豚肉版でしょうか。


ちょっと、辛めに仕上げてますね。


ビールには良く合いますよ。


 
若鶏の唐揚げレモンソースがけ.jpg
若鶏の唐揚げレモンソースがけ


鶏肉はカラッと揚がっておりジューシーです。


レモンソースは甘いソースで、レモンの香りがとても爽やかですよ。


レモンの皮が入っているようで、少し苦味を感じますね。
 


美食苑の春巻き.jpg


揚げたてで皮がパリッパリダッシュ(走り出すさま)


ビールがすすむ君です。(おもろうないでぇパンチ



エノキ茸の醤油煮チンゲン菜添え.jpg
フカヒレとエノキ茸の醤油煮チンゲン菜添え



 な ん と 、こ れ exclamation


 フカヒレが入ってますよ〜(=^0^=)/ 


 フカヒレとエノキに添えられているチンゲン菜を一緒に食べると美味しいですよ。

 そのまま、ごはんのおかずにもなりそうですね。


美食苑のシュウマイ.jpg


う〜ん、えびシュウマイなのかな?


海鮮系のシュウマイです。



五目おこげ.jpg

美食苑の五目おこげ.jpg


 五目おこげですねぴかぴか(新しい)

 揚げたてのおこげに野菜の餡をかけるとジュ〜ッとたまりませんるんるん 

 とにかく、アツアツのうちに食べないと・・・ダッシュ(走り出すさま)


黒酢チャーハン.jpg


黒酢チャーハンだそうです。


酸味はあまり感じませんし、言われなければわかりませんよ。


パラパラでいい感じに仕上がってますよ。



水餃子.jpg
水餃子


もうちょっと、皮にコシがあれば良かったかな。


しかし、何品出てくるんだ。



スーラータン.jpg
酸辣湯(スーラータン)


これが最後のお料理のスーラータンです。


これが、酢っぱ辛くて美味しいですよ。


3杯も食べちゃいましたよわーい(嬉しい顔)



 全体的に新宿の「上海小吃」のようなディープさはありませんが、万人向けの中華としていいんじゃないですかねぇ。


お誕生日ケーキ.jpg


 
 最後にお誕生日の方とご結婚される方がいらっしゃるということでケーキの登場です。

 ケーキの大きさに比べてローソクがちょっと大きいような気が・・・たらーっ(汗)

 でも、どう見ても普通のロウソク(カメヤマ社製)ですよねぇ。

 このケーキ、男性陣には回って来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)


 このたびは幹事のロザリーさんお疲れ様でした。

 また、ご出席された皆々様、有難うございました。

 これからもよろしくお願いします m(_ _)m


 さて、二次会に行きましょうかexclamation×2

 
 住  所:東京都板橋区仲宿64-7(地図はこちら
 T E L :03-3964-1595
 営業時間:月〜金 10:30〜15:00 17:00〜23:00
        土日:17:00〜23:00
 定 休 日:年中無休
posted by こうめ at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

大山 DESTINY

 訪問日 平成20年12月15日 月曜日


 ボンジョルノォ〜〜exclamation×2 (いきなりどうしたんやどんっ(衝撃)


 みなさん、お元気でしょうか?

 中大兄皇子(なかのおおえのおおじ)です。(ちゃうやろパンチ


 いきなりハイテンションで突入しましたが、どうかお許し下さい m(_ _)m


 これというのも、ロザリーさんのブログ「いたばし区のばら」に出ていたイタリアンのお店に行ったところ、あまりにも素晴らしかったもので、ついはしゃいでしまったんですよぉ。

 そのお店の名前は「DISTINY」というお店なんですけどね。


 場所は東武東上線の大山駅からですと6分くらい。

 都営地下鉄三田線の板橋区役所前駅ですと6分くらいなのでしょうか。

 「ルチ」や「麺屋 零式本店」とは高速道路を隔てて反対側になりますね。(麺屋 零式本店は営業日・営業時間等が変更になってます。)


 お店はメインストリートから路地に入った所にありますので、ちょっと分かりづらいかも知れませんね。


DISTINYの看板.jpg


 ただ、メインストリートに上のような看板がありますので、分かると思いますよ。

 なんか、日暮里のラーメン屋さん「ぶらり」にわかりづらい所が似てますね。

 
 この日は午後6時40分に到着家


DISTINYの外観.jpg


 この「DISTINY」の店主、ジョニーさんはガーナ出身だそうですよ。

 ガーナ人が作るイタリアンという訳ですね。


 店内はL字型のカウンター席のみで10席しかありません。

 結構、混むようですよ。


サッポロ生ビール.jpg
サッポロ生ビール(600円)


 まずは乾杯ですビール


 え っ exclamation

 誰と来たかですってexclamation&question

 徳丸第一町会のTanky(元、北野小6年3組学級委員)ですよ。

 怪しい者ではありません。


カプレーゼ.jpg
カプレーゼ(800円)


 まずはカプレーゼですね。

 トマトの上にモッツアレラチーズとバジルが乗り、オリーブオイルとブラックペッパーがたっぷりと掛かっていますよ。

 ビールというより白ワインのおつまみですよね。


ハウスワインの白.jpg
ハウスワイン白(デキャンタで1,800円)


ということで、白のハウスワインをデキャンタ(500ml)でいただきました。



ささみのフリット.jpg
ささみのフリット(850円)


 
 ぼ っ 、 ボ 〜 ノ ぴかぴか(新しい) (どうしたんやexclamation&question

 
 おいしいですひらめき


 ささみのフリットは、薄く切った鶏のささ身に細かいパン粉をまぶして揚げたものですね。

 サックリと揚がっており、これに自家製のタルタルソースを付けて食べると、もうたまりませんよ。

 ホント、白ワインが進む進むダッシュ(走り出すさま)


えびとアンチョビ・ブロッコリーのソテー.jpg
えびとアンチョビ・ブロッコリーのソテー(950円)



 ぼ っ 、 ボ 〜 ノ ォ 〜 ぴかぴか(新しい) (しつこいでむかっ(怒り)

 
 これも、おいしいですよぉ〜ひらめき


 えびとブロッコリーをアンチョビとオリーブオイルで炒めた物で、大振りのえびが5尾も入ってますよぉ。

 えびの旨味とアンチョビのコクが、オリーブオイルに混ざって、とてもいい感じになってますね。

 このソースはバゲットに付けて食べたいです。


メカジキのプタネスカ.jpg
メカジキのプタネスカ(1,300円)



 ぼ っ 、 ボ ォ 〜 ノ ォ ゥ 〜 ぴかぴか(新しい) (もう、ええっちゅうにパンチ


 サイコーにうまいですよぉ〜ひらめき

 
 プタネスカは娼婦風のパスタという意味なんですが、どうしてこの名前が出来たかは諸説あってわかりません。

 パスタは太目の物を使用しており、ソースはブラックオリーブがゴロゴロ入ったトマトソースですね。

 メカジキとトマトソースの相性もバッチリですよ。

 このソースもバゲットに付けて食べたいですね。


 このお店はイタリアンレストランというより、イタリア風居酒屋といった感じのお店です。

 カウンターだけなので、気軽に1人でも入れますし、堅苦しさがないというのがいいですよ。

 東武練馬の「ビストロ 園芸師」や「プティ・パニエ」にも、なんとなく似てますね。

 
 年中来たくなるお店です。

 
 住  所:東京都板橋区大山東町28-2(地図はこちら
 T E L :03-3964-3158
 営業時間:17:00〜23:00
 定 休 日:日曜日・祝日 

2008年12月14日

池袋 ベトナム料理 フォーベト

 訪問日 平成20年12月11日 木曜日

 東京では今、世界中からいろんな人々が来日して生活していますよねぇ。

 私が住む板橋区も例外ではなく、中国人、インド人、火星人、韓国人、クロマニヨン人、イラン人などの方々が生活しております。

 それに伴い、いろいろな国のレストランが増えていますね。

 そこで、今回はベトナム料理のお店を紹介したいと思います。

 ただし、今回紹介するお店は板橋区ではなく、お隣(?)の池袋で営業している「ベトナム料理 フォーベト」というお店なんですけどね。


 場所はJR池袋駅西口から7分ほど歩いたところです。

 ちょうど、マルイシティと立教大学の間ですね。

 そして、この一帯は池袋でも有数なグルメスポットの1つでもあるんですねぇ。

 私のブログでも、「ギィオットーネ(GHIOTTONE)」、「キッチンABC」、「麺屋ごとう」、「CASA DEL GUAPO(カサ・デ・ガポ)」、「ANTEP (アンテップ)」などを紹介させていただきました。


 今回、お店には11時50分に到着家

 完全にランチ狙いです。


フォーベトの外観.jpg


お店はロイヤルプラザUというビルの4階にありますよ。


ビルの入口にはお店の看板とメニューが出ていますので、分かると思います。



フォーベトの入口.jpg


 エレベーターで4階まで上がると、そこはすぐお店の入口になっていますよレストラン


 「フォーベト」のシェフはわりと有名な方で、クリントン元大統領がベトナムを訪問した際に、料理を作って提供したのがここのシェフということなんですねぇ。


フォーベトのメニュー.jpg


 ランチのメニューはフォー中心にごはん物との組み合わせが可能ですよ。

 また、すべての料理が735円なんですよexclamation×2

 しかも、午後1時を過ぎるとさらに105円値引きしてくれますどんっ(衝撃)


 さて、本日のご注文は「フォー+鶏肉の生姜煮込みごはん」ですぴかぴか(新しい)


フォー+鶏肉の生姜煮込みごはん.jpg
C:フォー+鶏肉の生姜煮込みごはん(735円)


 『C:フォー+鶏肉の生姜煮込みごはん』の内容はフォー、鶏肉の生姜煮込み、ライス、ドリンクorデザートです。

 フォーは鶏肉、コリアンダ鶏肉、牛肉すり身団子、牛肉、ピリ辛口海鮮、青いネギ牛肉、海鮮フォー、ピリ辛口牛肉、ピリ辛口鶏肉の9種類から選べるんですねぇるんるん

 私は鶏肉のフォーにしましたよわーい(嬉しい顔)


鶏肉のフォー.jpg
鶏肉のフォー


具は鶏チャーシュー、唐辛子、みじん切りの万能ネギ、パクチーというシンプルな構成。



フォーの麺.jpg


 フォーはお米の粉で作った細いうどんのような物で、ムニュムニュした食感がたまりません。

 柔らかくて、しっかりとした麺です。

 タイなどにも似た麺がありますよね。


フォーのスープ.jpg


スープは何からダシを摂っているのでしょうか。


透明でとてもすっきりしたスープですよ。


脂もほとんど浮いていませんし、かなり完成されたスープだと思います。


 
フォーの薬味.jpg


 薬味として別皿でレモンと小さい唐辛子の輪切りが付いていますよ。

 レモンを絞ればスープに酸味が加わり、小さい唐辛子を入れれば辛くなります。

 この唐辛子は本当に小さいですが、かなり辛いです雷雷雷


鶏チャーシュー.jpg


フォーに入っている鶏肉のチャーシューです。


皮が付いており、柔らかくて美味しいですよぉ。



鶏肉の生姜煮込み.jpg
鶏肉の生姜煮込み


鶏の骨付きもも肉を醤油、生姜、香辛料で煮込んだ料理ですね。


良く煮込まれており、骨から肉が簡単に剥がれますよ。


まったく辛くありません。



フォーベトのライス.jpg


 残念だったのはこのライスですね。

 インディカ米ではなく、ジャポニカ米を使用しています。

 普通のごはんとしては美味しいご飯だとは思いますが、出来ればベトナムのインディカ種のお米を使って欲しかったですね。

 同じ池袋のベトナム料理店「サイゴンレストラン」では、インディカ米が使われていましたね。


ベトナム式コーヒー.jpg


 ドリンクはホットコーヒーを選びましたよわーい(嬉しい顔)

 ベトナムは元々フランスの植民地でしたから、庶民の間でもコーヒーを飲む習慣が生まれたんですねぇ。

 ただ、ちょっと変わっていて、厚手のグラスの上にアルミ製のドリッパーを載せ、その中にレギュラーーコーヒーを入れてお湯を注ぎます。


ホットコーヒー.jpg


変わっていると言うのは、グラスの底には初めからコンデンスミルクが入っているんですよぉ〜



かき混ぜたコーヒー.jpg


 かき混ぜると、ご覧とようになります。

 この店だけがこうなのではなくて、これがベトナム式のコーヒーなんですねぇ。

 苦味が強いですが、コンデンスミルクの甘味と調和して、これはこれで美味しいですよ。

 味を濃くした缶コーヒーのようですね喫茶店

 私としてはけっこう好みの味ですわーい(嬉しい顔)


 今度はやはり、ディナーに来たいですねぇ。


 住  所:東京都豊島区西池袋3-31-15 ロイヤルプラザU 4F(地図はこちら
 T E L :03-3590-8788
 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜23:00
 定 休 日:無 休 
posted by こうめ at 17:17| Comment(11) | TrackBack(0) | ベトナム料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

神保町 キッチン南海

 訪問日 平成20年12月10日 水曜日


 古本と古女房の街、神田神保町。


 この辺りには何故か洋食屋やカレーの美味しい店が多い。

 
 その中でも洋食屋でありながら、真っ黒なカレーが有名なお店、「キッチン南海」を今回紹介しましょうわーい(嬉しい顔)


 場所は東京メトロ、都営地下鉄の神保町駅から3分ほどのところです。

 「さぼうる2」や「スマトラカレー 共栄堂」や「キッチン カロリー」も近いですね。


 この日は午後1時10分に到着家


キッチン南海の外観.jpg


 1時を過ぎていたので、空いているだろうと思ったんですが、甘かったようですねふらふら

 お店の中と外に8人ほどのお客さんが並んでますよ。

 しかし、回転は速く、5分くらいで席に案内されました。


キッチン南海のメニュー.jpg


 はじめに紹介した通り、黒いカレーが有名でお客の半分以上がカレー(500円)やカツカレー(700円)を注文してますよ。

 また、カレー以外のランチは、しょうが焼きが中心なんですねぇ。

 どのメニューもしょうが焼きとの組み合わせですよ。(ロースカツライスを除く)


 さて、本日のご注文は「クリームコロッケ・しょうが焼きライス」ですぴかぴか(新しい)


クリームコロッケ・しょうが焼きライス.jpg
クリームコロッケ・しょうが焼きライス(700円)


 話の流れからすると、カレーを注文して当たり前なんですが、今日はどうしてもしょうが焼きが食べたかったるんるん


 許してチョンマゲexclamation×2 (ふっ、古いったらーっ(汗)


 クリームコロッケ・しょうが焼きライスにはスープやお味噌汁は付いていません。

 個人的にはお味噌汁が好きなもので、多少寂しいですね。

 ただ、この値段では文句は言えませんよ。


豚のしょうが焼き.jpg

しょうが焼きのアップ.jpg


 しょうが焼きは豚バラ肉と玉ねぎを炒めた物で、甘辛い醤油ダレで味付されていますよ。

 そういえば、「キッチンふらいぱん」のしょうが焼きも豚バラを使ってましたね。

 けっこう、ボリュームがありますよ。

 
セットのクリームコロッケ.jpg

ソースをかけたクリームコロッケ.jpg


 クリームコロッケも、かなりデカイですひらめき

 「キッチンABC」の倍くらいありそうですねぇ。

 衣はカリッと揚がっており、中身はアツアツ、トロ〜リで、慌てて食べると舌を火傷しちゃいますよどんっ(衝撃)

 私の頭はあまりの美味しいさにフィーバー(死語)し、知らない間にランバダを踊ってましたよ爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

 しかも、1人でexclamation×2

 
カウンターの上のソースとドレッシング.jpg


カウンターの上にはソースとドレッシングが置いてあります。


ちなみにソースはとんかつソース、ドレッシングはごまドレッシングですよ。


  
明太マヨネーズのスパ.jpg


付け合せのパスタは残念ながらナポリタンではありませんでした。


食べてみると、めんたいマヨネーズで和えたスパですね。


ちょっと、しつこいかな?

 

キッチン南海のライス.jpg


 ごはんもベチャとしていなくて、いい感じで炊けています。

 これだけ食べると、お腹一杯になりますよ。


 今度はぜひ、あの黒いカレーを食べたいなぁ。


 住  所:東京都千代田区神田神保町1-5(地図はこちら
 T E L :03-3292-0036
 営業時間:平日 11:15〜16:00 16:45 - 20:00
       土曜日11:15〜20:00
 定 休 日:日曜日・祝日
posted by こうめ at 14:58| Comment(8) | TrackBack(1) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

東池袋 大勝軒

 訪問日 平成20年12月3日 水曜日

 この日はカレーを食べようと思ってたんです。

 朝起きた時から・・・晴れ

 南インドの本格的なヤツを・・・。


 お店も決めていましたよ。

 東池袋の「A・Raj」というお店ですよ。



 しかし、行ってみると・・・たらーっ(汗)


南インド料理店のA・Raj.jpg


 並んでいるじゃありませんかexclamation×2


 しかも、すべて女性がく〜(落胆した顔)

 
 行列自体たいした事はないのですが、この女性の列に並ぶ勇気がなかったもうやだ〜(悲しい顔)

 おっちゃんはシャイなもんで、若い女性に弱いんですふらふら (ふ〜ん。)


 
 ん っ exclamation&question

 隣の「大勝軒」は空いてるじゃないですかぁ揺れるハート


大勝軒の外観.jpg


 そう、ここは南インド料理店の「A・Raj」と超人気ラーメン店の「大勝軒」が隣同士なんですよねぇ。

 なんということなんでしょう。

 これじゃ、まるで異種格闘技戦ですね。


 ともかく、普通では行列でなかなか入れない「大勝軒」が空いている訳ですから、入らない手はありませんよ。(なんという、軌道修正の早さ新幹線

 
 「大勝軒」といえば、つけ麺を考案した山岸一雄氏のお店として有名ですが、再開発の波に飲まれ、2007年3月に閉店しました。

 しかし、閉店を惜しむファンにこたえる形で、2008年1月5日に奇跡の復活を遂げたのです。(以前とは違う場所)

 ただし、店主の山岸一雄氏は引退してしまいましたね。

 以前に紹介した「神奈川新町 大勝軒」や「麺屋ごとう」の店主は山岸氏のもとで修行した人達ですし、「麺屋 零式本店」や「道頓堀」の店主も何らかの形で影響を受けているはずです。

 山岸氏の引退は本当に残念です。



 お店の場所は東京メトロ有楽町線の東池袋駅から1分ほどのところですよ。


 この日は12時10分に入店家

 中で3人ほど待っていましたが、5分後には座れました。


大勝軒の券売機.jpg



 注文は外の入口横にある券売機で食券を買うシステムですね。


 さて、本日のご注文は「中華そば」ですぴかぴか(新しい)


大勝軒の中華そば.jpg
中華そば(700円)


見た目、「大勝軒のラーメンだなぁ。」といった感じがしますね。


具はチャーシュー、メンマ、ナルト、半身のゆで卵、のりが入っていますよ。



中華そばの麺.jpg


 麺の量は大勝軒にしては、それ程多くないですねぇ。

 それでも250gくらいはあると思いますよ。

 麺はやや柔らかく、ツルッとした食感とのど越しが特長です。

 以前より、柔らかくなりましたね。


大勝軒のスープ.jpg


スープも前の大勝軒のスープとは異なりますね。


うまく説明できませんが、今風の味に近づけた感じでしようか。


魚系の香りがやや強くなった感じがしますよ。



大勝軒のチャーシュー.jpg

チャーシューの厚み.jpg


 チャーシューはさすがという大きさですね。

 厚みが1センチくらいありますよ。

 豚のもも肉を使用しており、あまり濃い味付はしていません。


 全体的に昔の大勝軒の味ではありませんが、新しい大勝軒と考えればいいと思いますよ。

 レベル的には決して低いわけではありませんから・・・。

 また、もりとろろ(800円)なんていう、とろろを載せた新しいメニューにも力を入れていますし、店内にはジャズが流れ、シックな雰囲気も漂います。

 まさに、生まれ変わった「大勝軒」ですぴかぴか(新しい)


行列大逆転!!.jpg


 食べ終わり、外に出てみると、お店の行列は逆転しておりました。


 住  所:東京都豊島区南池袋2-42-8(地図はこちら
 T E L :03-3981-9360
 営業時間:11:00〜18:00 スープなくなり次第終了
 定 休 日:水曜日
posted by こうめ at 17:11| Comment(6) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

品川 トラットリア ヴィア パルテノペ

 訪問日 平成20年12月1日 月曜日

 
 気分がいいので歌を歌います。

 イタリアの歌です。


 おお〜 そ〜れ みぃ〜 よぉ〜るんるん るんるん るんるん(訳: おお〜っexclamation×2 それ見たことかぁexclamation 言わんこっちゃないむかっ(怒り)

 
 いや〜exclamation 

 私、イタリア料理が大好きでして、たぶん、私の守護霊はイタリア人じゃないかと思っているんですよぉモバQ

 特にピッツァやパスタには目が無く、毎日食べても飽きないくらいなんですよ。

 それなんで、いつも良いピッツェリアはないかと目を光らせていたんですけどねぇ。

 そして、今回、久しぶりにいいお店を発見し、その喜びでついつい歌を歌ってしまったということなんです。


 そのお店は「トラットリア ヴィア パルテノペ」というイタリア料理のお店なんですけど、とても言いづらいですよねぇ。

 しかし、味の方はいいですよぉわーい(嬉しい顔)


 場所は品川駅の港南口から5分ほどでしょうか。

 グランパサージュに入っていますよ。

 「初代けいすけ」や「せたが屋」や「レストラン マ・メゾン」とはちょうど、駅の反対側になりますね。


 この日は午後1時50分に到着家

 
ヴィア パルテノペの外観.jpg


 案内されたのは窓際の席。

 時間が時間だけに店内は空いていますね。


 この「ヴィア パルテノペ」は、世界に180店舗しかないナポリピッツァ協会認定のお店でもあるんですねぇ。

 お店は品川の他に、広尾、恵比寿、横浜にもありますよ。

 
 自慢の料理は石釜で焼いたナポリ風のピッツァです。


 さて、本日のご注文は「ピッツァランチ 森のキノコ」ですぴかぴか(新しい)


パスタランチ 森のキノコ.jpg
ピッツァランチ 森のキノコ(1,260円)


ピッツァランチにはドリンクと選べる1品が付いてますよ。


選べる1品は前菜orサラダ(違うかも)orデザートから選ぶ仕組みでになってます。
 

 
森のキノコのアップ.jpg


 直径は30センチはありますよるんるん

 具はしめじ、エノキ、バジル、モッツァレラチーズですね。

 ピッツァの生地はナポリ風でモチモチッとしてますよぉひらめき

 好みはあるでしょうけど、私はローマ風(薄いクリスピータイプ)のものよりもナポリ風のピッツァの方が好きですね。

 以前に紹介した新横浜の「イタリアン クォーター」がローマ風で、上野の「トラットリア・イタリア」がナポリ風でした。

 トマトソースはやや酸味が強いものの、フレッシュで香り高くコクのあるモッツァレラチーズと、とても相性が良く、食べたとたんに片方のほっぺたが落ちましたよむかっ(怒り)(ちゃんと拾ったんかいexclamation×2


食後のアイスティー.jpg
 

今回、ドリンクはアイスティーをチョイスひらめき


う〜ん、やっぱり、温かい飲み物が良かったかなexclamation&question



食後のデザート.jpg


選べる1品はデザートにしましたぴかぴか(新しい)


もっと、ちゃちな物が出て来ると思ったら、しっかりしたデザートなので、ちょっとビックリどんっ(衝撃)



フォンダンショコラ.jpg


 これexclamation ガトーショコラではなく、手間の掛かるフォンダンショコラですよぴかぴか(新しい)

 まさか、この値段のセットで食べられるとは思っていませんでしたよ。


フォンダンショコラの断面.jpg


 カカオの濃厚な味と香りがします。

 やはり、ガトーショコラと違い重たい感じがしますが、これがフォンダンショコラの特徴でもありますからねぇ。

 生地の中にも溶けたチョコレートが入っています。

 なんか、得した気分ですねぇ。


 う〜ん、今回はピッツァもデザートも大満足でしたわーい(嬉しい顔)


 住  所:東京都港区港南2-16-5 三菱重工ビルB1F グランパサージュ2内(地図はこちら
 T E L :03-6718-2825
 営業時間:月〜金 11:30〜14:30 17:30〜23:00
        土・日・祝 12:00〜15:00 17:30〜23:00
 定 休 日:年末年始・不定休(グランパサージュに準ずる)