2009年06月28日

西荻窪 熊本ラーメン ひごもんず

 訪問日 平成21年6月25日 木曜日

 私・・・。

 最近、何故か仕事が忙しいんです。

 この日も19時を回った時点で、まだ、仕事のめどが立たず・・・

 おまけに明日の朝も早く、朝の7時半には出社していないとダメなんですよぉ〜(涙)

 お腹も空いたし、


 もう、ホント、泣きたいですよぉ〜


汗をかけバス.jpg



 い、いきなりなんでつか!!

; ̄ロ ̄)!!



 「汗をかけ!」ということはラーメンを食えということでつか!!  (なんという、勝手な解釈ww)


 わかりました。

 ・・・ハイ。


 ということで、仕事はほっぽらかしてラーメンでも食べに行きましょう。(おいおい!)

 ちょうど、会社の近くに美味しい熊本ラーメンのお店「ひごもんず」がありますよ。


 場所はJR中央線、総武線の西荻窪駅から30秒ほどのところです。



 この日は午後7時30分に到着。


ひごもんずの外観.jpg


 「ひごもんず」は品川の「品達」にも入っていますよねぇ。

 でも、ここ西荻窪店が本店ですよ。


ひごもんずのメニュー その1.jpg

ひごもんずのメニュー その2.jpg


 メニューにはビールやチューハイなどのアルコール類もありますよ。

 本当は餃子をつまみながらでもビールでも飲みたいのですが、仕事中ですから・・・。


 さて、本日のご注文は「角煮ラーメン」です!! あっ! キャベツ乗っけてね♪


ひごもんずの角煮ラーメン.jpg
角煮ラーメン(850円)+生キャベツ(100円)


 メニューには「生キャベツ」というのは書いていないのですが、言えば100円でトッピングしてもらえますよ。

 ちなみに、メニューにある「皿キャベツ」はおつまみ用のキャベツです。

 具は、豚の角煮、もやし、のり、刻みキクラゲ、刻み万能ねぎ、生キャベツですね。


ひごもんずの麺.jpg


 麺は熊本ラーメンらしく、標準的太さのストレート麺。

 ムチムチした食感がいいですね。

 コシもちゃんとありますよ。


角煮ラーメンのスープ.jpg


 スープは乳白色のとんこつスープ。

 マー油の香りが食欲をそそりますね。

 最近の豚骨ラーメンのスープとしては、かなりあっさりめですが、味自体は濃厚なんです。

 スープにはギトギトした脂が浮いていないんですねぇ。(マー油は別)

 このスープと麺は非常に良く合いますよ。

 
角煮ラーメンの角煮.jpg


 大振りの角煮が3個も入ってますよ。

 よく煮込まれており、お箸で千切れるほど柔らかいです。

 しかし、肉の食感はしっかりと残っているんですねぇ。

 ここに来たら、絶対に角煮は食べるべきですね。

 やや甘めの味付はビールのおつまみにもピッタリですよ。


トッピングのキャベツ.jpg


 やはり、キャベツもトッピングで乗せるべきですね。

 暫らくスープに沈めておくと、シナッとしてきて「ささや」の「キャベツの煮込み」のようになりますよ。

 これがまた美味いんですねぇ。

 角煮と一緒に食べても美味しいですしね。


カウンターの上のにんにく.jpg


 カウンターの上には剥いた生にんにくとにんにく搾り器が置いてありますよ。

 好みでラーメンににんにくを搾って入れるのですが、今回は入れませんでしたよ。

 入れなくても十分ににんにくの香りはしますからね。


 さて、お腹も満腹になったことだし家に帰るとするかな。 (あれ! 仕事は?)
 

 住  所:東京都杉並区西荻北3-19-13(地図
 T E L :03-3301-2028
 営業時間:月〜土 11:00〜翌1:30
        日・祝 11:00〜24:30
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 18:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

神田 伊勢 本店

 訪問日 平成21年6月15日 月曜日

 みなさん!!

 丼ものって好きですよねぇ。

 特に天丼、牛丼、カツ丼、うな丼なんかは人気があるようですね。

 その人気丼ものの陰に隠れてしまっている感があるのが親子丼ですよ。

 玉子とじ系では完全にカツ丼に押されてますものねぇ。

 そこで今回は、普段、カツ丼に押され気味の親子丼にスポットを当ててみましょう。

 親子丼というと、人形町の「玉ひで」なんかが有名ですが、 今回紹介するお店は「伊勢 本店」という大衆的なお店です。


 場所はJRの神田駅から数十秒のところにありますよ。

 はっきり言ってガード下です。


 この日は12時40分に到着。


伊勢本店の外観.jpg


 今回紹介するのは神田の本店で、他にも姉妹店がありますよ。


 店内は1階がカウンター席で、2階がテーブル席になっています。

 ランチは親子丼のみですが、夜は焼き鳥を中心にした鶏料理のお店ですよ。


 ちょうど今、20周年記念で親子丼は100円引きで、お吸い物は無料です。


 さて、本日のご注文は「親子丼」です!! あっ! お吸い物もね♪


上空から撮影した親子丼.jpg
親子丼(680円)


 まずはデカい器にビックリ!!

 ただし、器の底は浅いので、量的には普通ですね。

 見た目はあくまでシンプル。

 真ん中に盛られた三つ葉がアクセントになってますよ。


親子丼のアップ.jpg


 玉子はトロットロの半熟ですよぉ〜♪

 ホント、絶妙な火の通し加減ですね。

 お味の方は、甘過ぎず、辛過ぎず、やや薄味です。

 ただ、この方が玉子の風味が活きますよね。

 ごはんも半熟王子 半熟玉子に合わせて、やや硬めに炊いているそうですよ。


親子丼の中の鶏肉.jpg


 中の鶏肉は焼いた鶏肉を入れるのではなく、初めから割下と一緒に煮込んでいるようですね。

 それなので、鶏肉には割下の甘辛い味が染み込んでいますよ。

 玉子がうす味なので、バランス的にはいいですね。

 ただ、欲を言うなら、もう少し鶏肉を入れて欲しかったなぁ。


お吸い物とお新香.jpg


 最初にも書きましたが、現在、お吸い物は無料サービス中です。

 普通、鶏料理屋さんでしたら、鶏スープなんですが、ここでは何故かお吸い物なんですねぇ。

 しっかり、魚からだしを摂ってます。

 具として、鶏のつくねと椎茸が入っており、これからもだしが出ているようですよ。

 付いているお新香は市販の物で、刻んだきゅうりとしその実の漬物ですね。


 噂によると、「伊勢」「鶏のたたき」が美味しいらしいですよ。

 今度は夜に行かなくちゃ!!


 住  所:東京都千代田区鍛冶町2-13-17(地図
 T E L :03-3254-2370
 営業時間:月〜金11:00〜15:00 17:30〜22:30
      土11:00〜15:00
 定 休 日:日曜・祝日

posted by こうめ at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 丼・どんぶり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

東武練馬 おでん TOMY <<番外編>>

 訪問日 平成21年6月13日 土曜日

 この日はグルメな方々と下井草で飲んだわけで・・・

 それはそれは楽しい一時でしたよ。

 そういう時って、やはり、飲みすぎちゃったりしますよねぇ。

 この時もご多分に漏れず、そのような状態だったようです。(^_^;)


 なぜ、そう言えるのか?


 それは・・・


 最後の方の記憶がないからでぇ〜すww 

ヾ( ´ー`)/



 最初の居酒屋での会計を済ませ、電車に乗って地元の東武練馬に来たようですよ。


 電車の中では、グルメブロガーのQT鈴木さんに「東武練馬で飲もうよ! 飲もうよぉ!」と言ったのは覚えています。


 そして、着いた所はこちら。


TOMYの提灯.jpg



 おで・・・?


 「おで」って!?


 そう、「おでん TOMY」です!!


TOMYの入口.jpg


 写真を見るとお店が傾いているように見えますが、傾いているのは私です(爆)

  「棟梁(とうりょう)」でも「元気水産」でもなく、「おでん TOMY」に来ちゃいましたよ。


 思わぬ東武練馬サミット開催。(しかも2人)

 しかし、議題は『北の問題』でも『地球温暖化問題』でもなかったような気がしますよ。


TOMYのおでん.jpg


 このおでん、おいしそうですねぇ。

 やはり、私が食べたのでしょうか?


じゃがいも.jpg


 じゃがいもなんかも、しっかり注文していますねぇ。

 ここのジャガイモはバターで食べさせてくれるんですよ。

 記憶が無くても、押さえるべき所はしっかりと押さえていますね。

 私は少し安心しましたよww


 また、ここでは何を飲んだのでしょうか?

 ホッピーですかねぇww

 少なくとも、母乳ではないと思います。(あたりまえだ!!)


 今回は支離滅裂なブログになっちゃいました。

 まぁ、このブログからわかる事は「飲みすぎたらあかん!!」ということですかね。(笑)


 住  所:東京都練馬区北町2-17-15 北町アーケード内(地図
 T E L :03-5399-6333
 営業時間:18:00ぐらい〜翌2:00ぐらい
 定 休 日:不定休(ほとんど無休)正月は元旦のみ休み。

posted by こうめ at 22:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

下井草 大衆鉄板 こいくちや

 訪問日 平成21年6月13日 土曜日


 実は今回、ブロガーのQT鈴木さんと灯台長さんと美女な方1名で飲むことになったんですよぉ♪

 お店は前から一度行ってみたかった西武新宿線の下井草にある「大衆鉄板 こいくちや」

 
 もう、1週間前からハッピー♪

 しかし、こういう時に限って仕事は入るもので、どうやったって到着時刻は18時半ごろ。

 まぁ、3人で先にやっててもらうことに致しましたよ。


 しかし、マヌケ東洋太平洋チャンピオンの私。

 まず、下井草駅と間違えて上井草駅で降りてしまい15分のロス。 (降りた時ガンダムのオープニングが流れていたなぁww)

 そして、駅南口を右と聞いていたのに左に行ってしまい10分のロス。 (左に行ったのは、何かが私を呼んでいたんんですよww)


 結局、お店に着いたのは


 18時55分!!


こいくちやの外観.jpg 


 西武新宿線沿線って「秋元屋」ぐらいしか行ったことが無いもんで・・・。


こいくちやの店内.jpg


 店内に入ると大きな鉄板があり、その鉄板を囲むようにL字型のカウンターがデデ〜ンとありますよ。 


 カウンター席をドンドン入ると、今回ご一緒して下さる方々がテーブル席にいらっしゃいましたよぉ〜♪


 この「こいくちや」は鉄板焼きのお店ですが、普通の鉄板焼き屋さんとはちょっと違いますね。



 とりあえず、ビールで


 お疲れちゃ〜んビール O(≧▽≦)O


まずは生ビール.jpg
生ビール(550円)


 あっ、そうそう。

 今回は写真が多いので、あまり解説は入れません。


 えっ!

 「面倒くさいんだろ!!」ですって?


( ̄▽ ̄;) うっ・・・



トマトチーズ焼き.jpg
トマトチーズ焼き(280円)


 私が最初に注文したのが、コレ!!

 ザク切りトマトをチーズで焼き、ブラックペパーを振りかけた物ですが、これがサイコーにうまい!!


紅しょうが肉巻き.jpg
紅しょうが肉巻き(280円)


 これもこの店に来たら外せないメニューですね。

 豪快に紅しょうがを豚バラ肉で巻いてますよ。


みょうが肉巻き.jpg
みょうが肉巻き(たぶん280円)


 こちらはみょうがを豚バラ肉で巻いたもの。(餃子ではない。)


セロリ漬け.jpg
セロリ漬け(たぶん110円)

 
 なに!? この値段!!

 しかも美味い。


割りぼしキムチ.jpg
割りぼしキムチ(280円)


 酒が進むなぁ。


ポテトサラダ.jpg
ポテトサラダ(280円)


 味付も良く、酒のつまみにピッタリ。


ホッピーの黒.jpg
ホッピー黒のセット(380円)


 ここで、ホッピーにチェンジ!!


ホッピーの中身.jpg
ホッピーの中身(250円)


 ここは、ホッピーの中身をおかわりすると、まるでオンザロックのような焼酎が出てきますよ。 (ホッピーミーナには内緒にしておきましょうね。)


もろきゅう特製みそ付き.jpg
もろきゅう特製みそ付き(280円)


 みそが美味い。

 テンメンジャンをベースにしたお味噌のようですよ。

 
青森産にんにく焼き.jpg
青森産にんにく焼き(280円)


 中国産と違い、香りがマイルドです。

 これにも、テンメンジャンをベースにしたお味噌がついてますよ。


小海老マヨ焼き.jpg
小海老マヨ焼き(280円)


 小海老の上にオニオンスライスとマヨネーズをのせて焼いた物ですよ。

 これが、予想以上のヒットでした。


チーズオムレツ.jpg
チーズオムレツ(280円)


 このボリュームで、ホントに280円と思っちゃいましたよ。

 チーズもたっぷり入ってますしねぇ。


 
 そして、なんと、最後の〆はラーメンとかオニギリとかじゃなく、


キンミヤ焼酎.jpg
キンミヤ焼酎(280円)



 キンミヤ焼酎ぅ〜 ヾ( ´ー`)/ 


キンミヤ焼酎のブドウ割り.jpg
 

  キンミヤ焼酎はシャーベット状なんですけど、これにぶどうシロップを入れると、まるで、ワインシャーベットのようですよ。

 これは、絶対飲みすぎちゃいますね。


 この後、皆様、どのように帰られたのでしょうか。

 謎と夜は深まるばかり・・・


 <<関連記事>>

 下井草 大衆鉄板 こいくちや その2


 住  所:東京都杉並区下井草3-39-15(地図
 T E L :03-6382-8978
 営業時間:17:00〜24:00
 定 休 日:火曜日、第3月曜日

posted by こうめ at 18:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

有楽町 ジャポネ

 訪問日 平成21年6月8日 月曜日

 実はのう・・・

 今回はこうめさん(このブログの管理人)はお休みじゃ!!

 風邪でもひいたんじゃろ。

 そこで、今回はこの梅三郎がお相手するぞ。

 わしゃ、今年で10万87歳じゃ!! (おまえはデーモン小暮かww)

 よろしくな。


 それでは、早速、お店を紹介するとしようか。

 今回はすぱげていの美味しいお店じゃ。

 すぱげていなら歯が無くても食べられるからのう。


 お店の名前は「ジャポネ」と言うそうじゃ。


 場所はJRの有楽町駅から3分ほどの所じゃが、ワシは足が悪いでのう、6分もかかったわい。

 なんでも、「銀座インズ3」という建物の中にお店はあるようじゃよ。



 この日は11時40分に到着。


ジャポネが入る銀座インズ3の入口.jpg


 お店はこの中じゃ。

 早速、入るかのう。


ジャポネの外観.jpg



 なんじゃ、この行列は・・・( ̄□ ̄;)


 この爺にも並べと言うのか!!


 聞いた話じゃが、1日中行列ができるらしいわい。

 ただし、16時〜18時の間は比較的空いとるんじゃと。

 まぁ、仕方がないわなぁ。
 

ジャポネのメニュー.jpg 


 メニューにはカレーもあるが、すぱげていが中心のようじゃのう。


 さて、本日のご注文は「ジャポネ」じゃ!! あっ! 大盛りにしてくだされ♪


ジャポネのジャンボ.jpg
ジャポネ ジャンボ(大盛) 650円


 すぱげていの量はレギュラー(並)、ジャンボ(大盛)、横綱の3段階から選べるんじゃ。

 ちなみに、今回ワシが頼んだジャンボ(大盛)は560gもあるんじゃと。

 ここには裏メニューもあり、横綱の上に『親方』と『理事長』があるらしいわい。

 横綱を制覇できた人だけが『親方』を、『親方』を制覇できた人だけが『理事長』を注文できるのじゃよ。


ジャポネのアップ.jpg


 具は小松菜、豚肉、玉ねぎ、しいたけ。

 ジャポネ自体シンプルで、具と麺を醤油ベースのソースで炒めるだけのものじゃ。


麺のアップ.jpg


 麺は茹で置きした物を使っておるが、これがなかなかの物なんじゃよ。

 しっかり、歯ごたえもあるしのう。

 太さも2.2mmくらいはありそうじゃ。


テーブルの上のタバスコ.jpg

テーブルの上の粉チーズ.jpg


 テーブルの上には、ちゃんと、タバスコと粉チーズもあるぞ。

 しかも、かなりデカいんじゃ。

 粉チーズの入れ物なんか、去年死んだ源三じいさんの骨壷くらいあるんじゃないかのう。(ないなーい)


粉チーズをかけたジャポネ.jpg



 ただし、この粉チーズは使い放題だけあって、あまり美味しくないんじゃ。

 まぁ、あまり贅沢言うとバチがあたるわい。

 シンプルに美味しいで良いのかもしれんのう。



 えっ!


 あんた、こうめじゃないかですって?

( ̄▽ ̄;) うっ・・・

 

 住  所:東京都中央区銀座西1-2先 銀座インズ3 1階(地図
 T E L :03-3567-4749
 営業時間:月〜金 10:30〜19:30
      土 10:30〜15:00
 定 休 日:日曜・祝日

2009年06月13日

新高島平 蕎麦処 もとはし

 訪問日 平成21年6月7日 日曜日


 そこの奥さん!!


 いつも私のブログを見て、「あ〜っ、美味しそうな物食べてるなぁ。 いいなぁ。」なんて思ってませんか?

 しかし、いろいろ大変なんですよ。

 美味しい物って、意外と体に良くなかったりするんです。

 それと、ついつい食べ過ぎちゃったりね。

 そこで、私は体のために常日頃から努力してるんですよ。

 例えば、エレベーターを使わずエスカレーターを使ったり(同じだろ!!)、サウナでたっぷり汗をかいた後ビールをしこたま飲んだり(意味ねーだろ!!)、息を止めて5分間我慢したり(死ぬぞ!! しかも、健康と関係ねーし)しています。

 まぁ、このような健康法も良いのでしょうが、最終的には『医食同源』と申しますように、食べ物ではないですかね。

 そこで、今回は体にも良い、美味しいおそばの店「蕎麦処 もとはし」を紹介します。


 場所は都営地下鉄三田線の新高島平駅から3分ほどのところです。


 この日は午後1時半に到着。


もとはしの外観.jpg


 外観は地方に行くと良く見かけるそば屋のようですね。

 お店の前は駐車場になっており、5台駐車できますよ。

 店内は気取った感じはなく、座席はテーブル席と座敷がありますね。(全部で34席)


もとはしのメニュー.jpg

軽く一杯コース.jpg


 メニューはとりあえず、一通り揃っている感じです。(写真のメニューは冷たいそばのメニューで、他にもあります。)

 私的には、「軽く一杯コース」というのに惹かれましたよ。

 ただ、お酒の種類やつまみ類の種類はあまりありませんね。


 さて、本日のご注文は「三色もり」です!! あっ! 大盛りにしてね♪



三色もりの薬味.jpg

もとはしのそばつゆ.jpg


 最初に薬味と蕎麦つゆが出てきましたよ。

 薬味はおろし生わさび、大根おろし、刻みねぎの3種類です。


 おつゆは辛めで、かつお節の香りが大変いいですね。


変わりそばのしそ切り.jpg
三色大もり(1,470円)


 三色大もりそばには、季節の変わりそば、田舎そば、せいろそばが順番に出てきますよ。

 ちなみに、4月〜10月下旬までの変わりそばは「しそ切り」で、11月中旬〜2月までは「柚子切り」です。

 今回は最初に変わりそばの「しそ切り」が出てきましたよ。


しそ切りそばのアップ.jpg

もとはしのしそ切り.jpg
変わりそばのしそ切り


 「しそ切り」はつゆに薬味を入れずに食べてみましたよ。

 食べるとしその香りがしますね。

 とても香りの良いお蕎麦ですよ。

 そばは細めに切ってあります。


田舎そば.jpg

田舎そばのアップ.jpg
田舎そば


 続いて来たのが「田舎そば」です。

 「しそ切り」と比べるとかなり太いですよ。

 そして、色も黒いです。

 食べてみると、蕎麦の良い香りがキョーレツにしますね。

 コシも強いですし、これぞ「田舎そば」といった感じですよ。


せいろそば.jpg

せいろそばのアップ.jpg
せいろそば


 最後に来たのが「せいろそば」ですね。

 これは、「田舎そば」とは正反対で真っ白いそばですよ。(これは、そばの実の芯の部分だけ挽いているのでしょう。)


田舎そばとせいろそば.jpg


 こうして、「田舎そば」と「せいろそば」を並べてみると、その違いが良くわかりますね。(田舎そばの量が少ないのは、すでに私が半分食べたからですww)

 そば自体もかなり細いですしね。

 香りは「田舎そば」と比べると劣りますが、のど越しはバツグンですよ。


もとはしのそば湯.jpg


 そして、そばを食べた後はそば湯ですよね。

 白濁はしているものの、あまりドロドロしていないタイプですよ。

 上品なそばの香りがします。


 板橋区内のおそば屋さんは、いろいろ紹介しましたが、今回の「蕎麦処 もとはし」もかなりいいですよ。


 住  所:東京都板橋区高島平4-30-13(地図
 T E L :03-5998-0787
 営業時間:11:30〜20:00
 定 休 日:月曜・第2第4日曜

posted by こうめ at 17:03| Comment(6) | TrackBack(0) | そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

西荻窪 しんぽ

 訪問日 平成21年5月29日 金曜日

 私・・・。

 勤めている会社は西荻窪にあるのですが、あまり西荻窪で飲むことがないんですねぇ。

 会社の人達とは仕事以外の付き合いはありませんし。

 なんか会社の近くだと落ち着かないというか・・・。

 ただ、このエリアは良いお店が多いのも事実なんですよ。

 それなら、たまには西荻窪で飲んでみるのもいいかと思いましてね。

 ちょうど、行ってみたい居酒屋もありましたのでレポートしますよ。


 そのお店は「西荻窪 しんぽ」というお店で、魚料理が美味しいお店として有名です。


 場所はJR中央線(総武線)の西荻窪駅から4分ほどのところですよ。


 この日は18時30分に到着。


しんぽの外観.jpg


 外観は普通の居酒屋さんですね。

 私が入った時は、まだ、席が空いてましたが、19時前には満席状態※1で、来た人は次々と断られてました。 (※1 予約しないと普通入れないみたいです。 18時くらいなら大丈夫みたいですけど。)

 1Fはカウンター席とテーブル席で、2Fはどうなっているのかわかりません。



 とりあえず・・・


 まずはビールでお疲れちゃ〜ん!!

∀(≧∇≦)



生ビール.jpg
生ビール(大) 550円


 大生を注文しましたが、他店では中生の量ですかね。


いわしの梅煮.jpg
イワシの梅煮(お通し)


 お通しはイワシの梅煮ですよ。

 まるまると太ったイワシが一尾付いてます。

 梅干がイワシの生臭さをうまく消してますね。

 多少、梅干の酸っぱさがありますよ。

 
 関係ないですけど、私はイワシを食べると、いつもあの城みちるの『イワシにのった少年』※2という名曲を思い出しちゃうんですよね。 (※2 『イルカにのった少年』の間違え。 しかし、ボケ方がひど過ぎる。)


金目鯛の刺身.jpg

金目鯛の刺身のアップ.jpg
金目鯛の刺身(900円)


 金目は薄めに切ってありますよ。

 ただし、白身魚にしては味が濃厚なのでちょうどいいですね。

 一切れ口に入れると、皮と身の間の脂肪が溶け出してきて、白身の上品な旨味と合わさります。

 また、盛り付けがナウい※3ですよねぇ。 (※3 死語。 新しいものや流行の物を指す言葉。 この場合、使い方が変。)

 生わさび、みょうが、九条ねぎが薬味として付いてますよ。


 
 ここで、飲み物チェ〜ンジ!!


日本酒の越乃景虎.jpg
越乃景虎(650円)



 ここはやはり日本酒でしょ。 O(≧▽≦)O


さざえのつぼ焼き.jpg

さざえのつぼ焼きのアップ.jpg
さざえのつぼ焼き(500円)


 さざえから出る旨味と苦味が日本酒に合いますね。

 私はつくづく日本人に生まれて良かった※4と思いますよ。 (※4 日本人が日本的な喜びに触れた時に使う言葉。 しかし、外国人は日本人に生まれなかった事を悔やんでいるだろうか?)

 殻の中には、大振りの切り身が5切れも入ってました。

 プリプリ、シコシコと心地良い食感ですねぇ。

 醤油にだし、お酒を合わした物で味付されてますね。


あなごの白焼き.jpg

あなごの白焼きのアップ.jpg
あなごの白焼き(900円)


 これは、「流石」と思わせる一品ですね。

 外側はサックリと、中身はホックリとしてますよ。

 脂も適度にありますが、決してくどくない。


白焼きの薬味.jpg


 薬味として、あら塩、生わさび、きゅうりが付いてますよ。

 私はあら塩で食べるのが好きですね。

 たぶん、あんずジャムを塗って食べても美味しい※5と思いますよ。 (※5 ウソ。 くれぐれもやらないように。)


 魚の美味しい居酒屋というと、田端の「初恋屋」や東武練馬の「棟梁(とうりょう)」も良かったですけど、ここも相当なお店ですよ。


 住  所:東京都杉並区松庵3-38-14(地図
 T E L :03-5370-1668
 営業時間:17:00〜23:00
 定 休 日:水曜日

posted by こうめ at 18:42| Comment(12) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

上板橋 ガガガ職堂 A short chain その2

 訪問日 平成21年6月1日 月曜日

 今回は久しぶりにラーメンで行きましょうかねぇ。

 ラーメンネタは久しぶりですからねぇ。

 たしか、前回のラーメンネタは「ガガガ職堂」でした。

 今回も「ガガガ職堂」でいきましょう!! 


 場所は東武東上線の上板橋から5分ほどのところです。


 この日は昼の12時5分に到着。


昼のガガガ職堂.jpg


 前回は夜でしたので、今回は昼に行ってみましたよ。


 えっ! 

 
 「昼も夜も関係ないだろう。」ですって? 


 そこのお嬢さん!! 


 甘いですよ。

 どれくらい甘いかというと、チョコをかじりながらお汁粉を啜るくらい甘いですよ。

 このお店は、昼と夜と深夜では出すラーメンのスープが違うんです。


 昼(11:30〜14:30)は醤油味、夜(18:00〜23:00)は味噌味、深夜(23:00〜30杯限定)は塩味というふうになってるんですよ。


 たしか、「せたが屋」の本店も昼は塩ラーメンの「ひるがお」で、夜は通常の醤油でしたよねぇ。


 零式本店の看板 .jpg


 同じ店主が切り盛りしていた「麺屋 零式本店」が今年の3月に閉店しましたので、「ガガガ職堂」の昼の部に「零式本店」の味として醤油ラーメンを出しているんですねぇ。

ガガガ職堂の営業時間.jpg


 ちょっと、わかりづらいですけどね。

 まぁ、イナズマンで例えると、


渡五郎⇒サナギマン⇒イナズマン


 と言うことですかね。(余計わかりづらいわ)


昼のメニュー.jpg



 さて、本日のご注文は「つけめん」です!!


零式本店の味 つけめん.jpg
つけめん(750円)


 見た目はシンプルですが、おいしそうですね。


つけ麺の麺.jpg

つゆにつけた麺.jpg


 麺は極太のストレート麺。

 コシもちゃんとありますよぉ〜♪

 夜の部と同じ麺を使用してますね。

 麺の量は300gあるそうですが、たぶん、250gくらいでしょう。

 明らかに、以前の「麺屋 零式本店」の頃と比べると、麺の量は減りましたね。


つけめんのつけ汁.jpg


 一見すると、味噌つけ麺かと思ってしまうようなスープの色ですが、醤油ベースのつけ汁です。

 豚足をかなり使用しているようで、コラーゲンがたっぷり溶け込んでいてドロドロしてますよ。

 つけ汁には魚粉もかなり入っており、食べやすくなってますね。

 豚臭くも魚臭くもありません。

 でも、甘味が少し強いかな。


 具はチャーシュー、のり、メンマ、うずらの卵、みず菜、刻みねぎですよ。


つけ麺のチャーシュー.jpg


 チャーシューは豚のバラ肉ですね。

 トロトロに煮込まれていて美味しいです。


うずらの卵.jpg


 これは、うずらの卵ですねぇ。

 私が産んだんじゃありません。(あたりまえだ)

 これも味が染みていていい感じですよぉ。


スープ割りしたつけ汁.jpg


 食べた後、つけ汁はスープで割ってもらいましたよ。

 あと、残るは深夜の塩ラーメンか。


 住  所:東京都板橋区常盤台4-29-6(地図)
 T E L : 03-6225-0104
 営業時間:11:30〜14:30(醤油味)
      18:00〜23:00(味噌メイン)
      23:00〜30杯限定(塩味or塩背脂)
 定 休 日:水曜日

posted by こうめ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする