2009年07月26日

恵比寿 TIO DANJO BAR (ティオ・ダンジョウ・バル) その2 

 訪問日 平成21年7月18日 土曜日

 今回は前回の続編になりますよ。

 
 前回、この方あの方と私の3人で、祐天寺にある「もつやき ばん」で一杯飲んだことはお話しましたよねexclamation&question参照



 えええぇぇぇーーーっexclamation×2


 読んでくれてないんでつかぁ〜どんっ(衝撃)


 たのみますよexclamation 田中さんexclamation×2 (誰が田中さんやねんパンチ


 まぁ、この3人で飲んで1次会で終わるはずもなく、当然のごとく2次会へと行ったわけですよ。

 2次会のお店は「蜃気楼」のマスターが「行ってみてね。」と薦めてくれたお店「TIO DANJO BAR(ティオ・ダンジョウ・バル)」ですわーい(嬉しい顔)

 実はこのお店、私は2ヶ月前に訪問してるんですね。(参照


 場所はJR恵比寿駅から4分くらいのところです。


 この日は5時ちょっと過ぎに到着家


TIO DANJO BARの外観.jpg


 お店の入口なんかも洒落てますよね。

 店内は本場スペインのバルそのものですよ。

 行ったことは無いですけどねむかっ(怒り)



 では、本日2回目の


 お疲れちゃ〜んバー ∀(≧∇≦)
 
 
TIOのサングリア.jpg
サングリア(500円)



 今回、暗い所に陣取ってしまい、写真が上手く取れませんでしたよむかっ(怒り)

 明るい所には綺麗なお嬢様方が陣取っておられ、シャイな我々はその中に入っていく事が出来ませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

 しかし、こんなに写真を失敗したのは荻窪の「カッパ」以来ですね。


 え〜っと、サングリアですねたらーっ(汗)

 ここのサングリアは本当に美味しいです。(それだけかよパンチ

 カットされたリンゴが入っており、つまみにもなります。(笑)


イベリコ豚の生ハム.jpg
イベリコ豚の生ハム(800円)


 最高級のハモン(生ハム)ですね。

 口に入れると、とろけるようですよ。

 800円でこの量はかなり良心的ですね。


お通しのパン.jpg


 お通し代わりのパンが出てきましたよぴかぴか(新しい)

 生ハムを乗せて食べるとサイコーですよダッシュ(走り出すさま)

 パンはお代わりも出来ます。


イベリコ豚のチョリソー.jpg
イベリコ豚のチョリソー(600円)


 スペインが発祥の豚肉のソーセージですよ。

 現在、日本で食べられているチョリソーは辛いですが、これは16世紀にスペインからメキシコに渡って独自に進化した物ですね。

 よって、本場スペインのチョリソーは辛くありません。

 豚肉は挽いた物ではなく、細かく刻んだ物を使用してますね。


サバのエスカベッシュ.jpg
サバのエスカベッシュ(600円)


 揚げたてのサバをワインビネガーやオリーブオイルで合えたものですね。

 にんじんや玉ねぎが入っており、これらがサバを引き立てていますよ。

 白ワインにピッタリですバー (誰も白ワインは飲んでないけど・・・たらーっ(汗)


ヒコイワシの酢漬け.jpg
ヒコイワシの酢漬け(600円)


 酢漬けにしたヒコイワシにオリーブオイルをまぶした物ですね。

 ヒコイワシの旨味にビネガーの酸味とオリーブオイルのコク味が加わり、食べると失禁 失神しそうになりますよ。

 パンに乗せて食べると美味しいでするんるん


小エビのガーリックソテー.jpg
小エビのガーリックソテー(600円)


 グツグツいいながら出てきますよ。

 小エビと微塵にしたにんにくをオリーブオイルでソテーしているんですが、そのオリーブオイルの量が半端じゃないんですよぉ〜ダッシュ(走り出すさま)

 まるで、オリーブオイルのプールにエビが泳いでいる感じですね。

 これも、パンによく合いますよぉ。

 私らは2回もパンをお代わりしちゃいましたから・・・決定


 
 さてさて、皆様方、3次会はどこにしましょうかねわーい(嬉しい顔) (まだ、飲むのかよたらーっ(汗)


 住  所:東京都渋谷区恵比寿1-12-5(地図はこちら
 T E L :03-5420-0747
 営業時間:14:00〜24:00
 定 休 日:日曜・祝日

2009年07月24日

祐天寺 もつやき ばん

 訪問日 平成21年7月18日 土曜日

 今回、前からちょっと気になっているお店に行くことにしましたよわーい(嬉しい顔)

 雑誌なんかにもよく出ているもつ焼き屋さんなんですけどね。

 そのお店というのは、東急東横線の祐天寺駅から6分ほどの所にある「もつやき ばん」というお店なんですよ。


 今回、初めてのお店ですし、仲間がいた方が楽しいので、この方この方を誘っちゃいましたよ。


 「もつやき ばん」は、16時開店なんですが、15時半には客を入れ始め、土曜だと16時にはほぼ満席になるという情報が入りましたので、私らは15時半に祐天寺駅に集結することにしました。

 ただ、timさんとは初対面だった為、お互いの服装などを連絡しあったりして・・・phone to

 先に来ていたラルさんと二次会で行く予定の「TIO DANJO BAR(ティオ・ダンジョウ・バル)」の話をしている所にtimさん登場ぴかぴか(新しい)


 会っていきなり、Tioさんですかぁexclamation&questionなんて、大ボケかましちゃいましたよふらふら (TIO DANJO BARの事を私らは略してTioと呼んでいるもので・・・)



 すぐに気づかれないように「あのtimさんってなんとお読みするんですかぁ?」と誤魔化しておきましたけどね決定

 
 それからのグルメブロガー御一行はひたすら「もつやき ばん」に向けて進軍したのでした。



 ば〜ん爆弾爆弾爆弾 (つ、つまらんたらーっ(汗)


ばんの外観.jpg


 ちょっと、心配しましたが、席にまだ余裕があるようですねわーい(嬉しい顔)

 店内は少し入り組んだ造りになってます。


お通しのお新香.jpg
お通しのお新香


 何にも言わないのにお新香が来ましたよexclamation×2

 そう、これは、お通しのお新香なんですね。

 しかも、無料なんですよひらめき


 では、皆々様・・・


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


ビールの大瓶.jpg
ビール大瓶(480円)


 ここは、生ビールが無いんですねぇ。

 まぁ、瓶ビールの方が多少安上がりなので構わないんですけど・・・。


レバ刺し.jpg
レバ刺し(280円)


 ごま油とにんにくでいただきましたよひらめき

 標準的なレバ刺しではありますが、プリプリとした食感がいいですね。


コブ刺し.jpg
コブ刺し(280円)


 実は注文してから「コブ刺しって何exclamation&questionってことになりましてたらーっ(汗)

 私的には豚のたんこぶ利尻産こんぶのお刺身を期待していたのですが、コブクロ刺しでした。

(^_^; アハハ…


 これは厚みもあり、コリコリシコシコと美味しいです。

 コブクロ独特の臭みもありませんよ。


砂肝しょうゆにんにく漬け.jpg
砂肝しょうゆにんにく漬け(300円)


 実に長ったらしい名前です。

 湯がいた砂肝をにんにく醤油に漬けた物ですよ。

 にんにくの香りと砂肝のシコシコ感がいいですね。


レバカツ.jpg
レバカツ(1本 130円)


 「ばん」キラーメニューのひとつですぴかぴか(新しい)

 薄く切ったレバーを串に刺し、パン粉をつけて揚げただけの物なんですが、これが間違いなくうまいexclamation×2

 また、ソースの香りがたまらないっすexclamation ^^

 
タンとシロ.jpg
左からタン(塩)とシロ(味噌) 各1本100円

フランスとおっぱい.jpg
左からフランス(塩)とおっぱい(塩) 各1本100円



 主役が来ましたよ〜ぴかぴか(新しい)  ヾ( ´ー`)/


 なかなか鮮度の良いモツを使っていると思います。

 森下の「山利喜(やまりき)」や飯田橋の「鳥城酒蔵」といい勝負なのではないでしょうか。

 カシラは赤身、アブラ、フランスの3種類揃えているんですねぇ。

 今回はフランスを食べてみましたよるんるん

 フランスとは喉のところらしいです。

 また、オッパイなんていう珍しい部位もありますよ。


とんび豆腐2本.jpg
とんび豆腐 2本(500円)


 とんび豆腐とは、とんび(豚の尻尾)、豆腐、にんじん、セロリ、ネギの入った煮込みなんですよぉダッシュ(走り出すさま)

 豚の尻尾はトロトロになるまで煮込まれており、箸で簡単に千切れますよ。

 ゼラチンも豊富で美味しいでするんるん

 ピリッとした辛さがたまりません雷

 今回はとんび2本入りを頼みましたが、1本入り(350円)もありますよ。


テーブルに乗り切らない料理.jpg



 ここで・・・


 いっきに注文したので、テーブルに乗り切らない事態が・・・

( ̄▼ ̄|||)



 それでも注文する私たちたらーっ(汗)


サワー.jpg
サワー(250円)


 実はここ、サワー発祥のお店なんですねぇ。

 焼酎を炭酸で割ってレモンを絞るだけの飲み物なんですが、これが万民に受けた訳ですね。

 レモンは丸々1個付いてますよ。


谷中しょうが.jpg
谷中しょうが(280円)


 最後はこれでチビチビ飲りましたとさわーい(嬉しい顔)


 住  所:東京都目黒区祐天寺2-8-17(地図はこちら
 T E L :090-4706-0650 (4時からの宴会のみ受付可)
 営業時間:16:00〜23:00(LO 22:30)
 定休日:日曜日・祝日・年末年始
posted by こうめ at 21:52| Comment(6) | TrackBack(1) | 焼き鳥・焼きとん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

東武練馬 炭屋 えんけい その2

 訪問日 平成21年7月10日 金曜日

 久しぶりに近所に住むTanky(徳丸第一町会のニューリーダー)と飲む事になりましたよわーい(嬉しい顔)

 どこで飲もうか考えた末、たまには近所でという事で、焼き鳥の店「炭屋 えんけい」に決定exclamation×2

 あっという間に決まりましたよ。


 場所は東武東上線の東武練馬駅から15秒くらいのところです。

 近くには「元気水産」や「プティ・パニエ」もありますよ。


 この日は午後6時30分到着家


えんけいの外観.jpg


 このお店も暫らく行ってないんですよねぇふらふら

 前回の記事(参照)以来の訪問となりますよ。

 店内は非常にお洒落な造りで、ジャズなんかが流れております。

 隠れダイニングバーのような感じで、1人客は非常に入りにくいですねぇむかっ(怒り)

 3、4人座れるカウンターがある事はあるのですが、愛をささやき合うカップルなどがいらっしゃいまして、なかなかおっさんは座れません。

 まだ、7時前ですが、7割方席は埋まってますよ。

 
炭屋 えんけいのメニュー.jpg


 焼き鳥以外のメニューも豊富ですよぉひらめき

 焼き鳥を中心とした居酒屋さんといった感じですねぇ。


 
 まずは、とりあえず、


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)

 
エビス生ビール.jpg
エビス生ビール大ジョッキ(690円)



 暑い時は、やはり、チンカチンカのルービーですよねるんるん (何語やねんexclamation&question



豆腐の胡麻だれサラダ.jpg
豆腐の胡麻だれサラダ(450円)


 早く出て来るということで注文exclamation×2

 お豆腐にかいわれとしその葉を散らし、ごまドレッシングを掛けた物ですね。

 さっぱりしていて、夏にはいいですね。


とりにこみ.jpg

とりにこみのアップ.jpg
とりにこみ(490円)


 食べてみると、


 うまぁぁぁーーーーーーーーーい サッカー O(≧▽≦)O


 このとりにこみは、お菓子のホームラン王なんです。 (なんでやねんexclamation×2

 このとりにこみは、このお店のキラーメニューなんですぴかぴか(新しい) (ぜんぜん、ちゃうやんexclamation

 とり皮やハツが味噌で煮込まれてますよ。

 とても柔らかくて美味しいですねるんるん

 「鏑屋(かぶら屋)」の煮込みと共に板橋2大煮込みに指定してもいいんじゃないですかねぇ。

 ここに来たら、これだけは絶対に食べてくださいダッシュ(走り出すさま)

 
えんけいの焼き鳥.jpg
右から、もも(190円)、とり肝(170円)、軟骨つくね(150円) 全てタレ


 ここの焼き鳥は奥州いわい鶏を使用しているそうですよ。(いわい鶏ではない焼き鳥メニューもありますよ。軟骨つくねもいわい鶏ではありません。)

 また、紀州備長炭で焼いています。

 ただし、今回はちょっと火を通し過ぎで、パサパサしちゃってますねぇ。

 ちょっと、残念です。

 タレはサラッとしたタイプで、鶏の旨味を殺しません決定

 甘過ぎず、辛過ぎずといった感じですね。


ぼんじり.jpg
ぼんじり(塩) 170円 

むね.jpg
むね(塩)190円

ささみ(梅) 210円.jpg
ささみ(梅) 210円


 ささみはわさび、梅、みそから選べますよ。

 だだ、やはり、火の通し過ぎですね。

 以前来た時はきっちりと半生になっていたんですけどねぇむかっ(怒り)

 夏場は傷み易いからでしょうかねぇ。


宝山綾紫のロック.jpg
芋焼酎「宝山綾紫」のロック(680円)


 ここで、焼酎に切り替えましたひらめき

 このお店は、お酒や焼酎の種類が豊富で、メニューには選びやすいように簡単な説明が書かれていますよ。


キャベツと特製みそ.jpg
キャベツと特製みそ(350円)


 ちぎったキャベツに特製の味噌を付けて食べるというだけの物なんですが、味噌が旨いんです。

 甜面醤(中華甘みそ)をベースにした味噌で、甘味とまろやかなコクがありますね。


地鶏の唐揚げ.jpg
地鶏の唐揚げ(550円)


 皮がパリッパリで美味しいです。

 お肉もジューシーで、噛むと押し返すような弾力がありますよ。

 醤油で下味が付いていてお酒が進みますねバー



 今回、焼き鳥が焼き過ぎだったのが非常に残念でした。

 焼き鳥だけで見ると、下赤塚の「やきとり良太」や「やきとり宮川」の方が上かな。

 ただし、メニューの豊富さ、日本酒、焼酎の品揃え、デートなどに使えるお洒落さ、などは両店を大きく上回っていますよ。

 要はその時のニーズに合わせて、お店を使い分ければ良いと思います。

 あと、行かれる際は予約をした方がいいですね。


 住  所:東京都板橋区徳丸3-1-25(地図はこちら
 T E L :03-3933-1020
 営業時間:17:00〜25:00(L.O 23:30)
 定 休 日:日曜
posted by こうめ at 17:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 焼き鳥・焼きとん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

四ツ谷 洋食 エリーゼ

 訪問日 平成21年7月8日 水曜日

 私の場合、仕事で週2日ほど外回りがあります。

 私のブログに出ているランチの記事は、ほとんどがこの時に取材したものなんですねぇファーストフード

 当然、行動予定表を出すわけですが、なぜかランチタイムの時間帯に限り、行動予定表からはずれた場所に居たりします。 (そりゃ、まずいわぁどんっ(衝撃)


 なぜだか、私にもよく分かりません。 (わかっとるやろexclamation×2

 お昼近くになると、急にこめかみの上あたりが痛み出し、意識が薄れてきます。 (それ、病気やでexclamation

 そして、意識が無くなり、気が付くと・・・


 美味しいお店の前に立っているんですよぉ〜爆弾

ヾ( ´ー`)/ (キミ、明日から会社に来んでええよたらーっ(汗)



 それなんで、今回もなぜか気が付いたら、美味しい洋食のお店「洋食 エリーゼ」の前にいましたよわーい(嬉しい顔)

 参ったなぁ〜 (^ ^;)ゞ


 場所はJRまたは東京メトロの四ツ谷駅から2分ほどのところですね。


 この日は午後1時20分に到着家


エリーゼの外観.jpg


 雨の日にも関わらず2人並んでますねぇ。

 「エリーゼ」は12時台ですと、行列ができますよ。


エリーゼのサンプルケースjpg


 洋食屋さんには不思議とサンプルが提示してありますよねぇ。

 おでん屋とかもつ焼き屋にもあるといいのに・・・むかっ(怒り)


 カウンター席がメインの店内には、ジャズが流れてますよ。


エリーゼのメニュー その1.jpg

エリーゼのメニュー その2.jpg



 メニューは豊富ですね。

 大塚の「洋食 GOTOO」のような、ちょっとお洒落なメニューもありますよ決定

 ビーフカツ定食(1,300円)にも惹かれたんですが・・・ふらふら


 さて、本日のご注文は「オムライス」ですぴかぴか(新しい)


エリーゼのオムライス.jpg
オムライス(820円)


 「由緒正しいオムライス」といったルックスですね。

 薄焼き玉子がケチャップライスを包み込んでいますよ。

 中板橋の「キッチン亀」や目白の「キッチン遊々」の物とはタイプが違いますね。

 あちらのオムライスはケチャップライスの上に半熟オムレツが乗ったタイプですからね。


 ケチャップはどうやら特製のようで、酸味が強く、味も濃厚です。


オムライスの中身.jpg


 特筆すべきはこのライスexclamation×2

 一見、ピラフにも見えるベージュ色。

 一応、ケチャップライスなんですが、うす味に仕上げていますひらめき

 これは、特製ケチャップが濃厚なもので、ライスをうす味にしないとぶつかっちゃうんですねぇ。

 実際に食べてみると良いバランスですよるんるん

 
 ケチャップライスには玉ねぎ、ハム、マッシュルームが入ってます。

 
付け合せのポテサラ.jpg

付け合せのキャベツ.jpg


 付け合せにはポテトサラダと千切りキャベツが付いてますよ。

 キャベツには、今流行のゴマドレッシングが掛かってますね。

 平凡ですがいいと思います。


 さてと、行動予定表に書いてある場所に戻ろうかな。 (^_^;)
 

 住  所:東京都新宿区四谷1-4-2(地図はこちら
 T E L :03-3357-6004
 営業時間:月〜金 11:00〜15:00 17:00〜21:00
         土曜 11:00〜15:00
 定 休 日:日曜日・祝日 
posted by こうめ at 10:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

赤羽 米山 その2

 訪問日 平成21年7月3日 金曜日

 しばらく、赤羽にある焼きとんの名店「米山」に行っていなかったので、「暫らくぶりに行ってみたいなぁ。」なんて思っていたところ、この方からお誘いを受けまして、早速行くことになりましたよわーい(嬉しい顔)

 今回は『日本経済の建て直しにおける各党派による政策の違いについてのその有効性と矛盾点』というテーマで徹底的に話し合おうじゃないかという事でした。 (ウソだぴょ〜んexclamation

 
 「米山」の場所は、JR赤羽駅から6分ほどのところですね。

 近くには鰻の「川栄」や居酒屋の「まるます家」もありますよ。


 この日は19時20分に到着家


雨の米山.jpg


 雨が降っているというのに、お店はこの人、人、人・・・がく〜(落胆した顔)

 外で傘を差してまで飲んでいる人がいるんですから驚きです雨

 
 並んで待つことになったのですが、結局、1時間ほど並びましたよ。

 暫らく来ないうちに全席入れ替え制になったようで、最初に入ったお客さんは開店〜20:30まで、次のお客さんは20:30以降〜ということのようですね。

 20:30以降に席が空けば、後は待っている順に入れるようですけどね。


 確か前回来た時はこのようなルールではなかったと思いますよ。(1年以上行ってないのでようわからんexclamation&question

 そして、1時間並んでついに店内へ・・・

 しかし、1人で1時間並ぶのは辛いものがありますが、2人だと話をしている間に時間が過ぎるので楽ですね。


 店内はL字型のカウンター席のみ。

 かなり、年季の入ったカウンターですよ。


 まぁ、ここはとりあえず


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


ホッピーでお疲れちゃーん.jpg
黒ホッピー(450円)


 最初からホッピーで行きますよ。

 焼きとんといえばホッピーですもんね決定 (ホッピーミーナ大喜びひらめき


 オーダーは紙に書いて渡すというシステムですね。


 まずは生ものから来ましたよるんるん


レバ刺し.jpg
レバ刺し(110円)

タン刺し.jpg
タン刺し(110円)


 ごま油をかけて塩と少々のねぎを散らして食べると・・・


 うまぁぁぁーーーーーーーーーい サッカー

O(≧▽≦)O


 こ、これexclamation×2

 この世の物ですかexclamation&question (いいえ、豚さんはすでにこの世にはいません。 合掌。)



 続いて焼き物も襲来ダッシュ(走り出すさま)


半焼きハツ.jpg
半焼きハツ(110円)

チレ(塩).jpg
チレ(塩) 100円

つくね(塩).jpg
つくね(塩) 200円

かしら(塩).jpg
かしら(塩) 100円


 ここの焼きとんは炭ではなくガスで焼いているんですが、美味しいんですよねぇ。

 まず、鮮度が良くて、仕込が丁寧で、焼き方が上手いからだと思いますよ。

 どれも絶妙な焼き具合ですねぇ決定

 すべて、ジューシーなんですよ。

 これが、ちょっとでも焼き過ぎるとこのジューシーさが出ません。

 また、ここのつくねは私の大好物で、「やきとり良太」のつくねと並んで「東京二大つくね」と言えるんじゃないでしょうかねぇ。(私の中ではですけど。)

 鶏を軟骨ごと叩いており、コリコリとした食感がありますよ。

 ブラックペッパーも効いてますぴかぴか(新しい)


玉子合え.jpg
玉子合え(450円)


 これが、またヤバイ爆弾爆弾爆弾


 ハラミに焼肉のタレのようなものが揉み込まれてあり、これに玉子とさらし玉ねぎをまぜまぜして食べるんですよぉ〜ダッシュ(走り出すさま)


マカロニサラダ.jpg
マカロニサラダ(370円) 


 マカロニサラダと言っても侮れません。

 マヨネーズのしつこさが無いんですねぇ。

 でも、コッテリ感があり、硬めに茹でたマカロニの歯ごたえもあり、おつまみとして十分に機能しているんですよぉ決定


米山の水ぎょうざ.jpg
水ぎょうざ(500円)


 中には豚のひき肉がこれでもかというくらい詰まってます。

 肉のジューシーさがたまりませんるんるん


あっさり煮込み.jpg
あっさり煮込み(500円)



 これまた・・・

 うまぁぁぁーーーーーーーーーい サッカー

O(≧▽≦)O  (うるさいよたらーっ(汗)



 上シロをラーメンスープで煮込んだ感じですよ。

 スープがバツグンで、私としてはこの中にラーメンを入れて食べたいですexclamation×2


肉豆腐.jpg
肉豆腐(520円)


 これ、普通の肉豆腐とちょっと違うんです。

 豚肉と豆腐と刻みねぎを割り下で煮て、玉子で閉じてるんですねぇ。

 玉子は半熟でトロットロですよぉるんるん


米山のお新香.jpg
お新香(値段は忘れちゃったたらーっ(汗)


 注文を受けてから糠床から出します。

 糠の香りがいいですねぇ。

 漬かり具合も丁度いいですよ。



 えっexclamation

 『日本経済の建て直しにおける各党派による政策の違いについてのその有効性と矛盾点』の話はどうしたかですってexclamation&question

 それ、なんのことですか? (・・・(-_-;) )


 <<関連記事>>

 ◆『赤羽 米山 その4
 ◆『赤羽 米山 その3
 ◆『赤羽 米山


 住  所:東京都北区赤羽1-64-7(地図はこちら
 T E L :03-3901-7350
 営業時間:18:30〜24:00
 定 休 日:日曜・祝日
posted by こうめ at 21:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 焼き鳥・焼きとん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

ブログランキングについて

 もう、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このたび『ブロぐるめ』を退会いたしました。

 理由ですが、こういうものは毎日毎日成績が出てくるもので、精神的に少し疲れました。

 精神力の弱い人間だと思われるでしょうが、その通りなので反論できません。

 今まで応援してくださった方々には大変申し訳ないと思っております。

 毎日「ポチッ」と有難うございました。 m(_ _)m


 ブログは今まで通り、週2,3回ペースで更新していきますので、今後も応援よろしくお願いいたします。 m(_ _)m

   こうめ


posted by こうめ at 19:06| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

大宮 手打ちうどん 杏樹

 訪問日 平成21年7月1日 水曜日

 
 そこのお父さんexclamation×2


 そう、鼻毛を抜いているあなたですよexclamation


 あなたは「武蔵野うどん」って知ってますかexclamation&question


 埼玉県西部から東京都西部(多摩地域)で昔から食べられているうどんなんですねぇ。

 機械を使わず手作業で打つことから「手打ちうどん」とこの地域では言われることもあるんですよ。

 その手打ちで打った麺は、太く、コシは讃岐うどんよりも強いと言われてるんですねぇ。


 今回はその美味しい武蔵野うどんのお店「手打ちうどん 杏樹」を紹介しますよわーい(嬉しい顔)


 場所は大宮駅から4分ほどのところです。

 広島風お好み焼きの「LOB(ロブ)」や「イタリアンダイニング vino(ヴィノ)」も近いですよ。

 線路の反対側には、これまた讃岐うどんの名店「やま泉」がありますね。


 この日は午後1時20分に到着家


杏樹の外観.jpg


 お店は半地下にありますよ。


手打ちうどんを打つ小部屋.jpg


 入口の横にはうどんを打つ部屋がありますね。

 ガラス張りになっていて、通りからもその様子が見えるようになってますよ。

 店内は入口付近がテーブル席で、奥にカウンター席があります。


杏樹のメニュー その1.jpg

杏樹のメニュー その2.jpg


 やはり、武蔵野うどんと言えば、「つけ汁うどん」ですよねひらめき

 アツアツのつけ汁に冷たいおうどんをつけていただくexclamation×2


 う〜ん、たまりません。 O(≧▽≦)O


 さて、本日のご注文は「肉汁うどん」ですぴかぴか(新しい) あっexclamation 中盛りにして「ちくわの磯辺揚げ」も付けてねるんるん


肉汁うどんとちくわの磯辺揚げ.jpg
肉汁うどん 中盛り(830円)とちくわの磯辺揚げ(120円)


 つけ汁からモウモウと湯気を立てながら運ばれてきましたよひらめき

 小さく刻んだゆずの皮が薬味として付いてますね。


杏樹のうどん.jpg


 うどんはご覧のように極太麺。

 そして、見てくださいexclamation×2

 うどんがまるで、おやじの頭のようにピカピカ輝いてますよぴかぴか(新しい) (また、クレームが来るでexclamation

 試しにつゆにつけずに1本食べてみると、小麦の良い香りが口一杯に広がります決定

 コシも強いですねぇ。

 
 例えるなら朝青龍のようなコシでしょうかダッシュ(走り出すさま) (どないなコシやねんたらーっ(汗)


 やはり、「すみた」を代表とする讃岐うどんより、コシはありますね。


肉汁うどんのつけ汁.jpg

具の豚肉.jpg 


 つゆは甘辛く濃い目。

 かつお、しいたけ、具の豚肉からよくダシが出てますね。

 具は豚肉、刻んだ油揚げ、ねぎですよ。

 とにかく、アツアツですから食べる時は火傷をしないように・・・。

 
肉汁に入れたうどん.jpg


 冷たいうどんを、このアツアツの肉汁の中に入れると、一瞬にしてうどんはアツアツになってしまうんですよねぇ。

 なんか不思議ですあせあせ(飛び散る汗)


ちくわの磯辺揚げ.jpg
ちくわの磯辺揚げ(120円)


 ちくわの磯辺揚げが好きなもんで、あるとついつい頼んじゃいますわーい(嬉しい顔)

 肉汁にサッと付けて食べても美味しいですし、中に入れ、衣をフニャフニャにして食べても美味しいですよねぇるんるん


サービスのコーヒー.jpg


 ランチタイムの13時以降に入店すると、コーヒーがサービスで付きますよ。

 ちょっと、うれしいですね。


 住  所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目6-13(地図はこちら
 T E L :048-642-2320
 営業時間:平日 11:30〜19:45
         土 11:30〜15:45
 定 休 日:日・第三土曜休み
posted by こうめ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

京急鶴見 せたが屋

 訪問日 平成21年6月29日 月曜日

 以前は得意先の関係で、月に一度は京浜急行の神奈川新町に行ってました。

 神奈川新町というと、ラーメンに詳しい方ならピンと来るでしょう。

 そう、神奈川新町には「めん創 桜花」と「大勝軒」があるんですねぇわーい(嬉しい顔)

 どちらもかなりの行列店ですよ。

 それなので、神奈川新町にある得意先の帰りには、必ず、この2店のどちらかでラーメンを食べていたわけですよ。

 その得意先がまさかの移転むかっ(怒り)

 私はショックでごはんも喉を通らなかったですよもうやだ〜(悲しい顔)


 え っ exclamation


 牛丼特盛りを食べていたじゃないかですってexclamation&question


( ̄▽ ̄;) うっ・・・

(なんで、知ってるの?)



 え〜っと、

 その得意先の移転先がですねぇ。

 京急鶴見だったんですよぉ〜ひらめき

 そして、駅の高架下には「せたが屋」があったんですねぇわーい(嬉しい顔)

 早速、行って見ることにしましたよ。


 この日は13時10分に到着家


せたが屋の外観.jpg



 ここは、品川の品達に入っている「せたが屋」の姉妹店です。(本店は世田谷区野沢です。)

 まだ、新しい店だと思いますよ。

 店内はカウンター席のみで16席ありますね。

 入口のところに券売機があり、そこで食券を買うシステムです。


 さて、本日のご注文は「せたが屋らーめん」ですぴかぴか(新しい) あっexclamation 美味しいの作ってねるんるん


せたが屋らーめん.jpg
せたが屋らーめん(1,000円)


 店内の貼り紙によると、このせたが屋らーめんが一番人気ということなので、これにしてみましたよ決定

 具はチャーシュー(3枚)、半熟味玉、メンマ、焼きのり、あおさのり、刻みねぎですね。


せたが屋の麺.jpg


 他の方のブログを拝見しますと、ほとんどが「麺は中細のちぢれ麺」と書いてありますが、これ、どう見てもストレートですよねぇ。

 最近になって麺を変えたのでしょうか。

 先日食べた「ひごもんず」とよく似た麺ですね。

 ただし、こちらの方がコシがありますけど・・・。


せたが屋らーめんのスープ.jpg


 魚介系のあっさり醤油スープですね。

 『魚介』を前面に強く出したスープで、魚のダシがかなりきいてます。

 スープと麺のバランスもいいですよ。


チャーシュー.jpg


 チャーシューは3枚のってますよ。

 肉の旨味があり、丁度いい柔らかさで美味しいですダッシュ(走り出すさま)

 ただ、ちょっと薄いかなぁむかっ(怒り)


味つきのメンマ.jpg


 メンマは大きめにカットされており、インパクト大ですね。

 ちょっと、甘めの味付ですよ。


四万十川産のあおさのり.jpg


 四万十川で採れた「あおさのリ」だそうです。

 海苔の香りがとてもよく、このスープによく合いますよ。


刻んだ玉ねぎ.jpg


 水でさらした玉ねぎを微塵にしたものですね。

 つけ麺には良いかも知れませんが、ラーメンに入れるとスープが薄まりますよ。

 
ガツン汁.jpg


 これが、有名な(?)なガツン汁です(笑)

 魚のだしと醤油を合わした物で、入れすぎると塩辛くなりますよ。

 これも、どちらかと言うと、つけ麺用のアイテムだと思いますね。


ガツンカレー.jpg


 ガツンカレーという合わせ調味料です。

 これは注意のいるアイテムで、ちょっと入れただけでスープの味が変わってしまいますよ。

 中途半端なカレーラーメンみたいになっちゃいますむかっ(怒り)

 個人的には入れない方が好きですね。


 これからは、月に一度の鶴見遠征が楽しみになりましたよわーい(嬉しい顔)


 住  所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-30-22(地図はこちら
 T E L :045-502-6589
 営業時間:8:00〜10:30 11:00〜23:00
 定 休 日:なし
posted by こうめ at 21:12| Comment(8) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

下赤塚 ピザ専門店 モンマルト

 訪問日 平成21年6月24日 水曜日

 私・・・

 はっきり言ってなめてました。

 
 もう、ペロンペロンになめてましたよ〜ダッシュ(走り出すさま)


 なめてたと言っても、キャンディおやじの頭をなめていたわけじゃないですよexclamation×2 (あたりまえだどんっ(衝撃)

 となり駅にけったいなピザ屋(失礼な!!)がある事は前から知ってたんです。

 しかし、ここまで美味いとは今まで気がつかなかったですよむかっ(怒り)

 もう、何十年もこの近辺で暮らしているのに・・・。


バラ科 ボケ属.jpg



 ボ、ボケとはなんでつかexclamation×2

; ̄ロ ̄)!!



 こう見えても昔は、板橋のフランケンシュタイン 板橋のアインシュタインと言われていたんでつexclamation×2

 まぁ、冗談ですけどね。 (・・・たらーっ(汗)


 今回はその美味しいピザ屋さん「ピザ専門店 モンマルト」を紹介しますよわーい(嬉しい顔)


 場所は東武東上線の下赤塚駅から6分ほどのところです。

 東京メトロの地下鉄赤塚駅の方が近いかな。

 「やきとり宮川」からもそれ程離れていませんよ。


 この日は20時10分に到着家


モンマルトの外観.jpg


 この「モンマルト」の創業は1959年(昭和34年)で、かれこれ50年経つそうですよ。

 当時、ピザを出すお店は珍しく、六本木に5、6店あるだけだったようです。

 開店当初は日本人のお客は少なく、近くにあったグランドハイツ(戦後、日本に進駐したアメリカ空軍の家族宿舎)のアメリカ人ばかりだったみたいですよ。

 この頃、子供だった「キッチンふらいぱん」のマスターもよく来ていたみたいですね。


モンマルトの店内.jpg


 店内はやはり、昭和チックな造り。

 こういう雰囲気、大好きですわーい(嬉しい顔)

 席は4人掛けテーブル席が2つと5人くらい座れるカウンター席がありますよ。


店内に飾られた古い写真.jpg


 壁には昔の古い写真が飾られていますね。


モンマルトのメニュー.jpg


 人気メニューはプレインピザとミネストラ(1,500円)なのですが、今回は具のたっぷり乗ったピザが食べたいですひらめき



 さて、本日のご注文は「ミックスB」ですぴかぴか(新しい) あっexclamation ビールもねるんるん


キリン一番搾り.jpg
キリン一番搾り(700円)


 まずはビールですねビール

 ワインにピザという組み合わせもいいのですが、私はビールにピザというのが好きですね。

 ビールを飲みながらピザが焼けるのを待ちます。


 ジャジャ〜ンexclamation×2

ミックスB.jpg
ミックスB(1,300円)


 ピザ登場ぅ〜ダッシュ(走り出すさま) ヾ( ´ー`)/


ビールとピザの黄金コンビ.jpg


 ビールも追加ぁ〜爆弾 O(≧▽≦)O  (すでに一切れ食ってるしたらーっ(汗)


 ピザは直径20センチ。

 生地はローマ風で薄く、パリッパリですよ。

 香りもムチャクチャいいですねぇ決定

 ソースと具は生地のヘリまで乗ってますよ。


ピザのアップ.jpg

ピザの上のビーフとコーン.jpg


 具はサラミ、ピーマン、オニオン、マッシュルーム、ビーフ、チキン、コーンですね。

 大量のチーズが具を覆ってしまい、見た感じは具が少なく見えますが、かなり乗ってますよ。

 ソースは酸味が少なく、甘味が強いミートソースタイプ。

 チーズはモッツァレラではないですが、この力のあるソースにはこのチーズの方が合いますよ決定


 モンマルトのピザは「トラットリア・イタリア」や「トラットリア ヴィア パルテノペ」のピッツァにもぜんぜん負けてないですよ。

 また、50年前の創業当時と作り方や味が変わっていないというのも凄いことですよね。


 <<関連記事>>

 ◆下赤塚 ピザ専門店 モンマルト その2


 住  所:東京都練馬区北町8丁目27-7(地図はこちら
 T E L :03-3933-5069
 営業時間:18:00〜26:00
 定 休 日:不明(以前は水曜でしたが、今回、水曜に取材しているわけで。)