2009年08月30日

大山 タイテーワー

 訪問日 平成21年8月21日 金曜日

 こんにちは。

 ボボ・ブラジルです(爆)


 
 暑い時には暑い国の食べ物を食え。

 この言葉、小学校で習いましたよね。 (習ってないなーいww)

 え〜、たしか『ボイル・シャルルの法則』と言うのだと思いました。(違うと思うな)


 まぁ、その『ボイル・シャルルの法則』に従い、今回はタイ料理を食べに行きましたよ。

 どこのお店にしようかと思いましたが、地元にある「タイテーワー」というタイ料理屋さんに決定!!

 今回、ご一緒して頂いたのは、謎の覆面コメンテーターのTankyさんです。


 場所は東武東上線の大山駅から3分ほどのところですね。



 この日は午後6時半に到着。

タイテーワーの外観.jpg


 実は大山には「タイ居酒屋 スーパーパッタイ」というタイ料理屋さんもあるのですが、こちらは以前にブログで紹介しましたので、今回は「タイテーワー」にしてみましたよ。

 
 しかし、外観が暗いというか、なんか近づき難い雰囲気が漂ってますね。

 店内も雰囲気が暗く、予想通り客はゼロ

 人ごとながら「大丈夫かなぁ。」と思っちゃいます。

 お店は30代くらいのタイ人の夫婦(?)で切り盛りしてますよ。



 メニューもそれなりに揃ってますねぇ。



 まずは、やっぱり・・・


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


とりあえずビール.jpg
生ビール(380円)


 タイ料理って、結構ビールが合いますよね。


タイテーワーのお通し.jpg
お通し(?)


 「お通しです。」と言って持って来てくれましたよ。

 鶏の皮の唐揚げと揚げせんべいのような物ですね。

 鶏の皮の唐揚げは、カリッカリで、ビールのおつまみに最適。


青パパイヤのスパイシーサラダ.jpg
青パパイヤのスパイシーサラダ(780円)


 青パパイヤ、にんじん、きゅうりを千切りにして、甘酸っぱ辛いドレッシングで和えたサラダですよ。

 青パパイヤのゴリゴリシャキシャキとした食感と、甘酸っぱ辛いドレッシングのハーモニーがいいですね。

 サラダの上には干し海老が散らしてありますよ。


海老のすり身揚げ.jpg
トードマンクン(880円)


 海老のすり身揚げですね。

 熱々の揚げたてを頬張ると最高です。

 還元麦芽糖のような透明なタレが付いてますが、そのままでも十分にいけますよ。


タイテーワーのメコンソーダ.jpg
メコンソーダ(580円)


 メコンウイスキーのソーダ割りです。

 メコンウイスキーはサトウキビとお米から造る蒸留酒ですから、正式にはウイスキーではないんですね。

 若干甘味があり、炭酸水と非常に相性がいいです。


鶏肉のグリル.jpg
ガイヤーン(780円)


 ガイヤーンは一言で言えば、鶏のグリルですね。

 鶏のモモ肉に甘いタレを付けて焼いてますよ。

 そのままでも美味しいですが、付いているスイートチリソースで食べても美味しいです。

 皮がパリッとしていないのが少し残念でした。


タイ風揚げ春巻き.jpg

タイ風揚げ春巻きの中身.jpg
ポピアトード(680円)


 タイ風の揚げ春巻きですね。

 中身はナンプラーで味付した春雨と少しのにんじんが入っていますよ。

 カリカリモチモチした皮が中身の春雨を引き立てています。

 中国料理の春巻きより、外見はかなり細いですね。

 これにも、スイートチリソースが付いていますよ。



 私達が帰る間際に2人のお客さんが入ってきましたが、ちょっとお客が少な過ぎますね。

 う〜ん、このままでは危ないですね。


 住  所:東京都板橋区大山東町59-1(地図
 T E L :03-3963-8696
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜24:00
 定 休 日:月曜日

posted by こうめ at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

池袋 つけ麺 椿

 訪問日 平成21年8月18日 火曜日

 この日はどうしてもつけ麺を食べたい日でしたよ。

 暑かったですしねぇ。


 まぁ、ちょうど池袋にいましたので、迷わず「つけ麺 椿」に直行ですよ。


 場所は池袋駅北口から5分くらいのところですね。



 この日は12時20分に到着。


つけ麺 椿の外観.jpg


 この「つけ麺 椿」は西新井の「中華そば 椿」のつけ麺専門店として、2008年春にオープンしたお店なんですね。


 ちょうど、お昼時という事もあり、5人ほど並んでますね。

 店内はL字型のカウンター席のみで9人座れますよ。

 15分ほどで席に座れました。


つけ麺 椿のメニュー.jpg


 メニューはつけ麺類とサイドメニューのチャーシュー丼があるのみで、ラーメンはないです。

 つけ麺専門店という事ですね。


 さて、本日のご注文は「特製つけめん」です!! 


特製つけめんの全容.jpg
特製つけめん(1,000円)


 麺の上にチャーシュー、味玉、水菜、のり(4枚)、メンマ、刻みねぎが乗ってますよ。

 特製だけに豪華です。


つけ麺のつゆ.jpg


 この店の最大の特徴はこのつけ汁ですね。

 豚や鶏から摂ったスープにかつお節ベースの魚介のダシを加えたつけ汁なんですけど、これが、もう、ドロッドロなんですよねぇ。

 初めてこの手のドロドロスープを味わった時は、つけ麺に対する意識が360度変わりましたもん。


 えっ!

 360度だと元に戻っちゃうですって!?

( ̄▽ ̄;) うっ・・・


 あまり、細かい事は気にせずに読んでね (^_^;) 


つゆの中の具.jpg


 驚くことに、つけ汁の中にも具が入っているんですねぇ。

 ほぐしたチャーシューとメンマなんですけどね。


特製つけめんの麺.jpg


 麺は太めのストレートの麺。

 多加水でツルリとしたのど越しが最高です。


つけ汁につけた麺.jpg


 この麺をドロッドロのつけ汁に入れると絡む絡む。

 このつけ汁との相性はバツグンですよ。

 つけ汁の中の細かい粒々はかつお節の粉ですね。


つけ麺の上のメンマ.jpg


 メンマは甘過ぎず、わりと私の好みです。

 

椿のチャーシュー.jpg


 厚さが2センチ以上あるチャーシューですよ。

 アンデス高原豚をハーブで長時間煮込んでいるそうです。

 柔らか過ぎず、肉の風味と食感が残っており美味しいですよ。


スープの入ったポット.jpg


 「スープ割り」用のスープはカウンター上のポットの中に入っているんですよ。


スープで割ったつけ汁.jpg


 ポットの中のスープは魚のダシの利いたスープで、多めに入れたほうが美味しいですね。

 刻みねぎや水菜を少し取って置いてスープに入れると、より美味しいスープに仕上がりますよ。


 麺の量は250グラムなんですが、数字以上にこのつけ麺は食べ応えがありますね。


 住  所:東京都豊島区池袋2-48-4(地図
 T E L :03-3981-5962
 営業時間:11:00〜15;00 17:00〜21:00(スープが無くなり次第終了)
 定 休 日:水曜日

posted by こうめ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(1) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

七輪に咲いた夜の花。

 訪問日 平成21年8月某日


 みなさん!!


 お盆休みはどう過ごされましたか?

 山で遭難したり、海で溺れたり、海外で拉致されたり、パチンコで3万円すったりと、みなさん素晴しい休日を過ごされたのではないでしょうか!?


 えっ!

 私ですか?


 実は仕事だったんですよぉ〜 (ノд・。) グスン


 
 そんな、お盆中のある夕方。

 仕事をしていると、ラルさんからメールが入りまして、「ドン☆キングさんのお宅で飲み会をやるから来ないか。」というものでしたよ。

 お〜、ドン☆キングさんといえば、下井草にある「こいくちや」のアドバイザー的な方。


 救いの神あり!!

 
 もちろん、OK牧場ですよ!!


 仕事は途中でやめて早速伺いましたよ。

 仕事を終え、早速伺いましたよ。

 

 今回は七輪焼きの会だそうです!!

 ラルさんのほかに綺麗な女性も来ておりましたよ。


きゅうりの生ハム巻き.jpg


 まずはきゅうりを生ハムで巻いた物。

 さっぱりといいですねぇ。


ポテサラ.jpg


 私の買ってきたポテサラです(笑)

 まぁ、それなりです(笑)

 
シャウエッセンではない.jpg


 七輪焼きが始まりました。

 これはシャウエッセンではないですね。


生ソーセージかな.jpg


 通販で入手したという舶来ものの生ソーセージです。

 中は超粗挽きでまるでハンバーグのようでしたよ。

 これ、気に入りました。(*^_^*) 



 火星人、襲来!!ヘ(゚∀゚*)ノ

火星人.jpg




 ここまで食べ進んで、 「なんで、ソーセージばかり焼くんだろう?」と思ってましたら、今回は『ソーセージを七輪で焼く会』だそうです。



ナイスなお酒.jpg


 美味しいお酒も用意していただきました。


美味しいソーセージ.jpg


 これは、なんのソーセージでしたかねぇ。

 美味しかったですけど・・・。


コーンバター.jpg


 技ありの1品。

 アルミホイルを敷き、その上でコーンバターを焼きましたよ。

 えっ、この方法を知らないのって私だけ・・・?


 鶏のモモ肉登場!!

鶏のモモ肉.jpg



 早く焼けないかなぁ〜


萌えるモモ肉.jpg


 って、萌えてるよ!! 萌えてる!! (字がちがうww)

( ̄▽ ̄;) うっ・・・




 この楽しい『ソーセージを七輪で焼く会』は、まだまだ続いたのでした。


 今回、主催者のドン☆キングさん、本当に有難うございました。

posted by こうめ at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

池袋 なんつッ亭

 訪問日 平成21年8月12日 水曜日

 
 そこのお嬢さん!!


 ラーメンは好きですか?


 私はだ〜いすきです!! ヾ( ´ー`)/


 ということで、今回は美味しいラーメン屋さん「なんつッ亭」を紹介しましょう。 (な、なんという手抜きの前振りww)


 場所は池袋北口から5分ほどのところですね。



 この日は12時40分に到着。


 と、いつもならここで、ドド〜ンと店の外観の写真を出すのですが、今回は写真を撮り忘れてしまいました(汗)

(^_^; アハハ…



 許してチョンマゲ!! (ふ、古い。。。)



 このお店は、以前このブログで紹介した品川の品達内にある「なんつッ亭 弐」の姉妹店なんですねぇ。

 ちなみに本店は、神奈川県秦野市にあるんですよ。


 店内に入ると17人掛けの大きなカウンター席が目に飛び込みます。

 この日はちょうどお昼時ということもあり、8割ほど席が埋まってますね。

 ただし、私の知る限りでは行列は出来ないですよ。


なんつッ亭のメニュー.jpg


 らーめんもいいのですが、外は暑いですからね。


 さて、本日のご注文は「和風とんこつつけ麺」です!!  あっ! 気合入れてね!!


和風とんこつつけ麺.jpg
和風とんこつつけ麺(780円)


 丼やお皿に印刷された『なんつッ亭』の大きな文字が印象的ですね。


和風とんこつつけ麺の麺.jpg


 麺は太目のストレート。

 ほど良いコシがあり、のど越しの良い麺ですね。

 麺の上には白ゴマが振り掛けてありますよ。


つけ麺のつけ汁.jpg


 つけ汁は本当に真っ黒なんですよ。

 これは、マー油がスープの表面を覆っているからなんですねぇ。

 スープ自体は魚介のダシの入った豚骨スープのようですよ。

 ただ、マー油の香りで、魚介ダシの香りが死んでしまっているのは勿体無いですね。

 それでも、美味しいスープだと思います。


刻んだチャーシュー.jpg

スープの中のもやし.jpg


 具は刻みチャーシュー、のり、もやし、刻みネギですね。

 ネギは豚骨ラーメンらしく万能ネギを使用し、もやしは九州で使われる細目のもやしを使用してますよ決定

 チャーシューもいい感じです。


スープ割してもらったつけ汁.jpg


 食べた後、スープ割りにしてもらいました。

 「この中にごはんを入れたら美味しいだろうなぁ。」と思わせるスープですね。

 次はごはんも注文しますよ。


 住  所:東京都豊島区西池袋1-43-9(地図
 T E L :03-5391-1127
 営業時間:11:00〜23:00(LO 23:00)
 定 休 日:年中無休

posted by こうめ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

下板橋 手打ちそば うさぎ庵

 訪問日 平成21年8月12日 水曜日

 最近、読者の方々からよく言われる事があります。

 それは、「最近、板橋区ネタが少ないのではないか。」という事なんですねぇ。

 考えてみると、7月19日に東武練馬の「炭屋 えんけい」を出して以来、板橋ネタは書いてないですよ。

 「板橋区内の美味しい店は、もう、出し尽しちゃったんですか?」なんて聞かれる事もありますが、とんでもない!!

 まだ、まだ、板橋区には美味しいお店がたくさんあるんですよ。

 ただ、取材のタイミングが合わなかっただけなんですねぇ。


 本当ですって、 山田さん!! (山田さんって、誰?)


 そういうことで、今回は板橋の美味しいおそば屋さん「手打ちそば うさぎ庵」を紹介しますよ。


 場所は東武東上線の下板橋駅から3分、都営三田線の新板橋駅から4分、JR板橋駅から6分程のところですね。


 この日は午後7時に到着。


うさぎ庵の外観.jpg


 外観は、有名店にあるような重厚な(いかにも高そうな)ものではなく、普通のおそば屋さんのように至って大衆的な店構えですよ。

 店内に入ると、正面右側にある手引き式の石臼が目を引きますね。

 座席は2人掛けのテーブル席2卓と4人掛けのテーブル席が3卓ありますよ。

 
うさぎ庵のメニュー その1.jpg

うさぎ庵のメニュー その2.jpg


 呑んべぇのためのメニューも多いです。

 上のメニューの他にも、店内の黒板(?)に書いてありますよ。


 暑いですからね。


 まずは、お疲れちゃ〜ん!! ∀(≧∇≦)

エビス生ビール.jpg
エビス生ビール(中) 500円


 エビスが置いてあるのは嬉しいですね。


お通しの揚げそば.jpg
お通しの揚げそば


 お通しの揚げそばが来ましたよ。

 パリパリポキポキと、まるでスナック菓子のようで、とてもビールに合いますね。

 天然塩が振り掛けてありますよ。

 
牛すじの煮込み.jpg
自家製牛すじの煮込み(480円)


 牛すじとこんにゃくが、とても柔らかく煮込まれていますね。

 醤油にみりんや砂糖が入っているのでしょうか。

 甘辛い味付になってますよ。


鮭の切り込み.jpg
鮭の切り込み(480円)


 いわゆる珍味です。

 北海道函館から取り寄せたそうですよ。

 鮭の粕漬けを細かく切ったような感じですね。

 もちろん、鮭は生ですよ。

 日本酒や焼酎にピッタリです。


龍魔王.jpg
芋焼酎 龍魔王のロック(480円)


 つーことで、焼酎のロックに変えちゃいました。


 早速、鮭の切り込みをつまみ、焼酎を流し込むと・・・


 うまぁぁぁーーーーーーーーーい!!

O(≧▽≦)O


 思った通りです。


いかのルイベ.jpg
いかのルイベ(380円)


 いかの沖漬けを凍らして、薄くスライスしたものですよ。

 早速食べてみると、これまた・・・


 うまぁぁぁーーーーーーーーーい!!

O(≧▽≦)O


 口に入れると、ワタがトロ〜リと溶け出してきて、旨さが味覚中枢を直撃しますよ。


 この旨さ。 

 
 ヤバい!! ヤバすぎる!!


いなかそば.jpg
いなかそば(780円)


 〆のおそばです。

 3種類ほどあるお蕎麦の中から「いなかそば」を選びましたよ。

 普通盛りなんですが、量が多いですね。

 普通のおそば屋さんの1.5倍以上はありますよ。


田舎そばのアップ.jpg


 太くて黒いです。

 香りも良く、コシもあり、重厚な味わいですね。

 おそばをダイレクトに味わいたいのでしたら、やはり、田舎そばでしょうね。


特製 くるみのつけ汁.jpg

そばつゆ.jpg


 いなかそばを注文すると、特製のくるみ汁が付いてくるんですよぉ〜るんるん (写真上)

 そばつゆに胡桃のペーストを混ぜた物なんですけど、これがいなかそばにピタリと合うんですよねぇ。

 特製のくるみ汁の他に、普通のそばつゆも付いてます。 (写真下)

 かつおの香りがする、やや辛めのつゆですね。

 しかし、せいろそばには良いですが、やはり、いなかそばにはくるみ汁の方が合うと思いますよ。



 あと、このお店は天ぷらも美味しいですよ。

 量が多く、値段も考えられないくらい安いです。


<<関連記事>>




 住  所:東京都板橋区板橋1-35(地図
 T E L :不 明
 営業時間:11:30〜14:30 17:00〜21:00
 定 休 日:日曜日

posted by こうめ at 15:39| Comment(6) | TrackBack(0) | そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

四ツ谷 政吉そば

 訪問日 平成21年8月5日 水曜日

 
 いやぁ〜 暑いっスねぇ〜

 こう見えて、私、暑さには弱いんですよ。


 えっ!

 「おまえはデブだからなぁ。」ですって!!


Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



 ちょっと!! ちょっと!!

 私の体型のことなんて、言わなけりゃわからないんですから。


 たのみますよ。 吉川くん。 (吉川君って誰?)


 
 つーことで、食欲のない時は冷たいお蕎麦でしょう。

 そこで、今回は美味しい立ち食いそばの店「政吉そば」を紹介しましょう。


 場所はJRまたは東京メトロの四ツ谷駅から3分ほどのところですね。

 以前紹介した「洋食 エリーゼ」がすぐ近くにありますよ。


 この日は12時40分に到着。

政吉そばの外観.jpg



 「政吉そば」と書いて「まさきちそば」と読むそうですよ。

 ここは蕎麦は蕎麦でも立ち食いそばのお店なんですねぇ。

 外に丸テーブルが1卓あり、そこでは座って食べている人もいますけどね。


政吉そばのメニュー その1.jpg

政吉そばのメニュー その2.jpg


 メニューは豊富で、上の写真以外にもありますよ。

 セットメニューなんかも用意されています。


 さて、本日のご注文は「冷やし小海老天おろしそば」です!!


冷やし小海老天おろしそば.jpg
冷やし小海老天おろしそば(500円)


 生そばから茹でる為、出来上がるまで少々時間がかかります。

 「冷やし小海老天おろしそば」は、冷たいおそばに冷たいつゆが掛かっていますよ。

 その上に、小海老の天ぷらと薬味の大根おろしとネギがのってます。

お蕎麦のアップ.jpg


 おそばは、信州そばということですよ。

 おつゆは、甘さと辛さのバランスが良い、若干濃い目のつゆですね。
 

小海老の天ぷら.jpg
 

 天ぷらは残念ながら、注文を聞いてから揚げるのではなく、作り置きの物ですね。

 それでも、立ち食いそば屋の天ぷらとしては、かなり、レベルが高いと思いますよ。

 海老は芝えびを使っており、なんと、5尾も乗っています。

 プリプリしていて美味しいですね。

 天ぷらの衣もそれ程油っこくなく、後で胃がもたれるということもありませんよ。

 これで、揚げたてなら最高なんですけどねぇ。



 この夏はおそばで乗り切りましょう。


 住  所:東京都新宿区四谷1-8(地図
 T E L :03-3357-0091
 営業時間:7:00〜19:00
 定 休 日:土曜・日曜・祝日

posted by こうめ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 立ち食いそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

月島 喫茶パーラー ふるさと(FURUSATO)

 訪問日 平成21年7月29日 水曜日

 ある日、ある人のブログを見ていましたら、大変興味を惹くお店が紹介されてましたよ。

 そのお店はハンバーガーが美味しいという噂の「喫茶パーラー ふるさと」というお店です。


 「これは行かなくちゃ!」ということで、早速行って参りましたよ。


 場所は東京メトロ有楽町線、都営地下鉄大江戸線の月島駅から5分ほどのところです。

 しかし、ここ、すごく場所がわかりにくいです。


 まずは、月島もんじゃストリートを歩いていると、何やら小さな看板が・・・

月島もんじゃストリート.jpg



 えっ! ここ曲がるんでつか?

店に続く路地.jpg



 本当かおぉ〜

案内の看板.jpg



 しかし、かなり怪しい!! (^_^; アハハ…

路地裏にあるお店.jpg



 あ、あった!! ありましたよ ヾ( ´ー`)/

ふるさとの外観.jpg


 
 このわかりにくさ、怪しさは神田の「眠庵」や新宿の「上海小吃」並みですね。


 この日は午前11時20分に到着。


ふるさとの店内.jpg


 店内はこじんまりしており、昭和の香りがプンプンしますね。

 「BROZERS'(ブラザーズ)」や「FIRE HOUSE(ファイヤーハウス)」が『古き良きアメリカ』みたいな物を前面に出しているのに比べ、こちらは『昭和』ですものねぇ。(ちょっと、アメリカっぽいところもあり。)

 しかも店名が、かたや『英語』、かたや『ひらがな』ですからねぇ。

 なんか、ハンバーガー屋さんぽくないですよ。

 
ふるさとのメニュー その1.jpg

ふるさとのメニュー その2.jpg

ランチセット.jpg


 メニューはハンバーガーの他にサンドイッチやサラダなども用意されてますよ。

 11:00〜13:30の間でしたらランチセットがお徳です。



 さて、本日のご注文は「ランチセット」です!! あっ! チーズとベーコンをトッピングしてね♪


ベーコンチーズバーガー.jpg
ベーコンチーズバーガー(通常 1,000円)


 ランチセット(1,000円)にはハンバーガー(800円)にドリンク(350円)、アイスクリーム(250円)が付いていますよ。

 今回私は、それにチーズ(100円)とベーコン(100円)を追加しました。

 ランチセットだとかなりお徳ですよね。


ベーコンチーズバーガーの構成.jpg

ベーコンチーズバーガーのアップ.jpg


 ピクルス、トマト、レタス、玉ねぎ、ベーコン、チーズ、パティという順番で重なってますよ。

 バンズは外はカリッカリ、中はふんわり、そして、弾力がありますよ。

 パティはボリュームがありますね。

 オージービーフの粗挽き肉に和牛の脂を混ぜているそうで、とてもジューシーです。

 焼き加減もミディアムで、肉の旨味が生きていますよ。

 味付は自家製タルタルソースとケチャップタイプのオリジナルソースを使っていますが、とても控えめな感じですね。

 たぶん、バンズやパティなどの素材の旨さを殺さないように、控えめになっているんだと思いますよ。

 まさに、素材の旨さで食べさせるハンバーガーと言えるでしょうね。


付け合せのオニオンリング.jpg


 付け合せには、フレンチフライではなく、オニオンリングが付いてますよ。

 これも、おいしいです。


カナダドライのジンジャエール.jpg


 ランチセットのドリンクはジンジャエールにしましたよ。

 瓶がちょっと懐かしいですねぇ。


バニラアイスクリーム.jpg


 ランチセットのデザートはバニラアイスクリームでしたよ。
 
 アイスの横にあるかりんとうの様な物は、パンの耳なんですよぉ〜

 揚げたパンの耳に砂糖とシナモンがかかった物なんですけど、これが意外と美味しいんですよ。

 これ、もっと食べたかったです(笑)


 裏メニューでダブルバーガーやテリヤキチーズバーガーもあるようなので、次回は頼んでみますよ。

 
 住  所:東京都中央区月島1-23-10(地図
 T E L :03-3531-6916
 営業時間:9:00〜21:00頃閉店
 定 休 日:月曜日

posted by こうめ at 17:48| Comment(6) | TrackBack(1) | ハンバーガー・サンドイッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

池袋 楽楽屋 その2

 訪問日 平成21年7月18日 土曜日


 以前、飲み仲間のラルさんとtimさんと私の3人で、祐天寺のもつやき屋「ばん」と恵比寿のスペインバル「TIO DANJO BAR (ティオ・ダンジョウ・バル)」に行ったことはこのブログで紹介しましたよね。


 えっ!

 見てないですって!?


 たのみますよ。 山田さん。 (山田さんって誰?)


 まぁ、この3人で飲み歩いて2次会で終わるわけもなく、当然のごとく3次会に行ったのでした。

 初めは四川料理のお店「知音食堂」でというつもりでしたが、行ってみると何と満席。


 それならばということで、3次会は「楽楽屋」で決定しましたよ。


 場所は池袋北口から3分ほどの所です。



楽楽屋の外観.jpg


 このお店は中国の延辺料理のお店ですよ。

 延辺(えんべん)というのは、中国東北部の北朝鮮との国境近く、吉林省延辺朝鮮自治区なんですねぇ。

 それなので、中華料理と朝鮮料理(実際には韓国料理ですけど。)の両方が楽しめるわけですよ。



 さて、本日3回目の


 お疲れちゃ〜ん!! ∀(≧∇≦)


あちらさんのビール.jpg

生ビール.jpg


 上はラルさんが注文したあちらさんのビールですよ。

 下は私が注文したアサヒ生ビール。

 共に値段は忘れちゃいました。


お通し3種.jpg
お通し(大根キムチ、もやし、ピーナッツ)


 お通しとはいえ、けっこう量がありますよ。

 ピーナッツが何気に美味しかったりします。


ハチノスの和え物.jpg
ハチノスの和え物(880円)


 ハチノスの和え物ですね。

 湯がいたハチノス、パクチー、きゅうりに唐辛子や白胡麻や酢で和えた物ですね。

 酢っぱ辛く、見た目よりあっさりしています。

 
豆苗炒め.jpg
豆苗炒め(880円)


 中華では定番の豆苗の油炒めですね。

 塩味でにんにくの風味が食欲をそそります。

 このシャキシャキした食感がたまりませんよ。


水ぎょうざ.jpg
水ぎょうざ(680円)


 なんと、10個もついてますよ。

 皮はかなり厚めで、モチモチしてます。

 具もしっかりしていて、皮とのバランスがいいですね。


クリームの蒸花巻.jpg
クリームの蒸花巻(380円)


 メニューを見て、3人で「なんじゃ、こりゃ!」なんて言って注文した物ですよ。

 初めは中華風の蒸しパンにカスタードクリームが中に入った物だと思ってましたが、ただの中華風の蒸しパンでした。

 たぶん、生地にクリームを練り込んだんでしょうかねぇ。

 「これだけで食べてもねぇ。」という感じがします。

 エビチリや酢豚なんかと一緒に食べると美味しいんですけどね。


マッコリ(大)と杏仁ジュース.jpg
左:マッコリ大(2,000円) 右:杏仁ジュース(300円)


 マッコリは3人なので、大きい方を注文しましたよ。

 1リットルはありそうですねぇ。

 写真の右側は杏仁ジュースですよ。

 当然、アルコールは入っていません。

 飲んでみると、なるほど、杏仁豆腐の味がします(笑)



 これで、祐天寺「ばん」、恵比寿「TIO DANJO BAR」、池袋「楽楽屋」と続いた飲み修行は無事に終わりましたよ。

 たまにはブログ仲間とこうして飲むのもいいですねぇ。

 この後は真っ直ぐに家に帰りましたよ。

 ホント、ですってww


 住  所:東京都豊島区西池袋1-29-6 2F(地図
 T E L :03-5391-9865
 営業時間:11:00〜30:00
 定 休 日:年中無休

 
posted by こうめ at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

恵比寿 パティスリーカフェ ラ・プレシューズ

 訪問日 平成21年7月27日 月曜日

 先日、祐天寺で飲む機会がありまして、その時にちょっと寄ってみたいスイーツ屋さんがあったんですね。

 しかし、2次会まで行った時点でそのスイーツ屋さんのことはすっかり忘れてしまい、その後、中華屋で3次会を満喫したのでしたww

 その、気になっていたスイーツ屋さんは「ラ・プレシューズ」というお店で、モンブランが美味しいことで知られているんですねぇ。

 そこで、今回、行ってみることにしましたよ。


 場所はJR恵比寿駅の中の「アトレ」の4階にあります。

 駅ビルになってまして、改札を抜けるとすぐ目の前が「アトレ」なんですねぇ。

 早速、「アトレ」に入り、お店を探していると大きな熱帯魚水槽が目に入りました。

 その水槽に何気に目をやると・・・


 おぉぉぉ〜っ!!


 お前は虎千代じゃないかぁ〜


 デ デ 〜 ン exclamation×2

アトレ内の水槽.jpg
虎千代(右から4番目)


 虎千代とは上杉謙信の幼名なんです。

 以前、ペットショップでまだ幼かった虎千代を見て、将来強い人間(魚だろ!!)になるようにと私が名付けたんです。

 それがこんな所で会えるとは・・・。

 まぁ、誠実そうな人間に育ってくれて良かったですよ。 (だから、魚だって!!)



 午後2時50分にお店に到着。


ラ・プレシューズの外観.jpg


 ここは、広尾にある「ラ・プレシューズ」がパティスリーカフェとして出したお店なんです。

 店舗の囲いはすべてガラス張りになっており、オープンな雰囲気を醸し出していますね。

 また、店内でスイーツとコーヒーを楽しむことが出来ますよ。


ラ・プレシューズのメニュー.jpg


 スイーツやコーヒーだけではなく、簡単な食事も摂ることが出来るんですねぇ。


 さて、本日のご注文は「シャポールージュ」です!! あっ! アイスコーヒーもね♪


アイスコーヒーとシャポールージュ.jpg
アイスコーヒー(550円)とシャポールージュ(500円)


 スイーツはドリンクとセットにすると100円引きになりますよ。


 本当は、国内産の栗を使って作るモンブランが食べたかったのですが、季節物なので今回はありませんでした。


シャポールージュ.jpg


 上に乗っているラズベリームースが、帽子のようで可愛らしいですよね。

 このラズベリームースは、食感がフワッとしており、甘味と酸味がとても爽やかです。


シャポールージュを半分にしたところ.jpg

シャポールージュの中身.jpg


 半分に切ってみましたよ。

 一番下にはラズベリーブリュレが敷いてあり、その上にババロアのような物が乗り、それをチョコレートムースが包んでいます。

 とても手の込んだお菓子ですね。

 チョコレートムースも甘過ぎず、ほど良い苦味がラズベリーブリュレとよく合います。


アイスカフェ.jpg


 この日はとても暑かったせいか、アイスコーヒーがとても美味しかったですよ。


 住  所:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 恵比寿アトレ4F(地図
 T E L :03-5475-8478
 営業時間:月〜土 10:00〜22:30(L.O.22:00)
         日曜 10:00〜22:00(L.O.21:30)
 定 休 日:不定休(恵比寿アトレ定休日に準ずる)

posted by こうめ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ・和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

東十条 埼玉屋

 訪問日 平成21年7月31日 土曜日

 某醤油メーカーにお勤めで友人でもある赤坂氏からお誘いがあり、一緒に飲みに行く事になりましたよ。

 今回は「やきとんが食べたい!」ということなので、久しぶりに「埼玉屋」に行くことにしましたよ。

 私自身、「埼玉屋」は2年ぶりですね。


 場所はJR京浜東北線の東十条駅南口から4分ほどのところです。



 この日は午後6時30分に到着。


埼玉屋の外観.jpg


 この「埼玉屋」の親父さんは、少し変わった人でして、いろいろと暗黙のルールがあるんですよねぇ。


 当然、写真撮影は禁止されてまして、以前に私が写真を撮ろうとしたら、手でレンズをふさがれた事がありましたよ。 (私が悪いんですけどね。)

 
 その時、「これ以上、客が増えると困るんだよぉ。」と言ってました。


雑誌に出ずっぱりの店主.jpg


 しかし、最近、雑誌に出ずっぱりのような気もしますが・・・



 さて、私を先頭に店内に入ると、なぜか親父さんは 「・・・」

 親父さんは完全にこちらを無視。


 私:「あの、2人なんですけど・・・。」


 親父さん:「酒飲んでない? 赤い顔してるからさぁ。」
(お酒を飲んでいる人は入店禁止)



 い、いきなりそう来るかよぉ!! ヘ(゚∀゚*)ノ (顔が赤いのは現場で焼けた土方焼けだおww)



 なんとか説明して店内に入れてもらいましたよ。 (^_^;)


 
 まぁ、ここは気を取り直して、


 お疲れちゃ〜ん!! ∀(≧∇≦)

 
生ホッピー.jpg
生ホッピー(460円)


 写真撮影は禁止なので、絵を描いちゃいましたww

 よく描けてますねぇ。 (どこがやねん!!)


 ここの生ホッピーにはシャリシャリに凍らした焼酎が使われていますよ。

 とても、飲みやすいですね。



 席に着くとすぐに「生野菜は?」と聞かれます。

 「生野菜」(420円)とは、クレソンと大根を中華ドレッシングで合えたサラダなんですが、こう聞かれたら必ず「いただきます。」とか、「2つで!」というように答えなければなりません。

 でないと、親父さんの機嫌が悪くなりますよ(笑)



 以前、私が目撃した光景。

 親父:野菜いる?

 お客:いりません。

 親父:野菜を食わないお客には安心して肉出せないんだよなぁ。

 お客: ・・・


牛煮込み.jpg
牛煮込み(550円)


 牛煮込みは、牛のスペアリブのところを白味噌で煮込んでいますよ。

 トロットロに煮込まれていてお酒が進みますよ。


埼玉屋の焼きとん.jpg
焼きとん(1本 各140円)


 絵は上がレバーで下が上シロのつもりで描いたんですけど・・・ww

 今はおまかせオンリーのようで、注文しなくても席に着くと次々と焼きとんが出てきます。

 2年前は違ってましたけどねぇ。

 たまに、「〇〇〇食べる?」と聞いてきますけどね。

 当然、味付の方もおまかせですよ。

 また、焼きとんは1種類2本ずつ来ます。

 今回は、レバー、上シロ、シロ、アブラ、チレ、ナンコツ、カシラ、うずらの玉子をいただきましたよ。

 キラーメニューは、やはりアブラでしょうか。

 牛のリブロースなんですけど、なぜかアブラって言っているんですよねぇ。

 このアブラ、生で出すか、ちょいと炙った物を出すケースが多いですね。

 もう、ほとんど刺身と言っていいものですよ。

 あとは、上シロ、レバー、チレなんかもレベルが高いです。



 以前、私が目撃した光景 その2

 お客:マスターは毎日こんな美味しい物が食べれて良いね。

 親父:毎日こんなもん食べてたら死んじゃうよ。

 お客: ・・・


コブクロ刺し.jpg
コブクロ刺し(530円) マカロニサラダではありません。(^_^;)


 刺身類はコブクロ刺ししか残っていませんでした。

 臭みはまったく無く、柔らかくコリコリとして、とても美味しいですね。

 鮮度の良さと、仕込みの丁寧さが光ります。


 
 この「埼玉屋」は、私が食べた焼きとんの中でも1、2位を争うほどの美味しさです。(個人的に)

 今回はお店の『負』の部分を取り上げてしてしまった気もしますが、親父さん自身悪い人じゃありません。

 話し好きで面白いですし・・・。

 あとは、ここの親父さんを好きになれるかどうかでしょうね。


 もし、「埼玉屋」は好きになれないけど、「どうしても美味しい焼きとんが食べたい。」という方には、野方の「秋元屋」に行かれることをお薦めします。


 あっ! 今回使用した絵が欲しい方はご連絡ください。

 1枚千円にてお譲り致します。 (誰が買うかい!!)


 住  所:東京都北区東十条2-5-12
 T E L :03-3911-5843
 営業時間:月〜金 16:00〜21:30
           土 16:00〜18:00
 定休日:日曜日・祝日

posted by こうめ at 11:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 焼き鳥・焼きとん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする