2013年02月27日

志村三丁目 酒蔵 新潟 その2

 訪問日 平成25年2月9日 土曜日

 この日は、呑み仲間のおはらんさんのお誕生日会に出席させて頂くことになりましたよ🆗


 会場となるお店は、あの「酒蔵 新潟」どぇーす☀ ヾ( ´ー`)/


 場所は都営三田線の志村三丁目駅から3分ほどのところですね。



 この日は午後6時51分に到着🏠


酒蔵新潟の店構え.JPG


 実はこの店、普通の居酒屋さんとはちょっと違うんですねぇ。

 普通の居酒屋さんメニューもあるんですが、ウリはなんと言っても鴨や猪などのマタギ料理(狩人料理)なんですよ⚡

 まぁ、フランス人の私はジビエなんて呼んでるんですけどね(爆) ← ツッコミどころ

 この店はマスターが現役のハンターなので、このようなマタギ料理を安く提供できる訳なんですよ。



 さてさて、皆さんが揃ったところで・・・


 おはらんさん、お誕生日おめでとちゃ〜ん✨

∀(≧∇≦) かんぱいっ!



新潟でお疲れちゃん.JPG


 さすがに今回は「乾杯の写真を撮るので、乾杯の姿勢のままで10秒止まってて下さい。」とは言えなかった。。。💧

 お集まりになった方々は総勢で18名様だそうでつ。



酒蔵新潟のお通し.JPG
お通し


 お通しはミミガー💨

 でも、猪ではないですよ‼

 ブタのミミガーでつ。。。



新潟サラダ.JPG
新潟さらだ(500円)


 新潟さらだと言うんですが、どの辺が新潟なんでしょうかねぇ。

 個人的には、丸ごとのマッシュルームが何気に嬉しかったりするんですが・・・。



 で、熊鍋の登場〜〜〜💣

ヘ(゚∀゚*)ノ へっ!!



 デ デ 〜 ン ‼

酒蔵新潟の熊鍋.JPG
熊鍋(2人前 6,000円)


 前座の試合にいきなりメインイベンターが出てきてしまったといった感じですかね(笑)


煮えたぎった熊鍋.JPG


 具は、熊肉(赤身、脂身)、焼き豆腐、白菜、ねぎ、舞茸、えのき茸、春菊ですよ。


熊肉のアップ.JPG


 これが、熊の赤身肉と脂身ですね🎵

 肉は黒っぽく、硬いですよ。

 でも、これが野生動物の肉なんでしょうねぇ。


よそった熊鍋.JPG


 スープは塩味で昆布だしを利かせてます。

 以前、奥只見で熊汁を食べた時も、やはり、塩味でしたね。

 熊は脂身に独特のクセというか風味があり、この脂がスープに溶け込んで美味しくなるんですよ💨



 で、こちらが猪鍋ぇ〜🎵

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



 ド ド 〜 ン ‼

猪鍋の全容.JPG
猪鍋(1人前 1,700円)


 具は、だいたい熊鍋と同じですが、こちらにはシラタキが入ってますね。


猪鍋のアップ.JPG


 熊鍋の塩味に対して、こちらは味噌味ですよ💨

 ゴマ油が隠し味になってて、味噌ラーメンのスープのようですね。

 ちょっと濃厚ですが、旨いでつ‼


よそった猪鍋.JPG


 肉はブタとはまるっきり違います💥

 やはり、野生なので硬いですね。

 ブタは人間が食べるために改良したというのが良くわかりますよ。



 ここで、日本酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



八海山.JPG
八海山(値段不明)


 ここ、ホッピーはあるんですが、今回は注文しませんでしたww (ホッピーミーナ、激怒‼)



鹿刺し.jpg
鹿刺し(1,000円)


 厚切りにした鹿肉が10枚も付いてますよ💡

 にんにく醤油で食べるとタマランチ会長でつ。 ← ツッコミどころ

 さすがに鹿肉はクセがありませんね。



猪の串焼き.JPG
猪の串焼き(2本 600円)


 塩とタレと味噌があるんですが、今回は味噌味💨

 ちょっと、塩辛いかなぁ〜。

 肉の旨みは濃厚ですよ。(ちょっと硬いけど・・・)



猪の唐揚げ.JPG
猪の唐揚げ(700円)


 こちらは肉が柔らかいです🎵

 何かに漬けて柔らかくしたんでしょうかねぇ。

 猪肉は串焼きより唐揚げの方が食べやすいですね。



いかの塩辛.JPG
塩辛(300円)


 自家製ですよ。

 黄色い点々は卸しゆずで、香りが爽やかになりますね。

 これ、ご飯が欲しくなりますよ。



〆のうどん.JPG


 〆は残った熊鍋のスープでうどんを頂きましたよ🆗

 このスープは雑炊にするより麺類が合いますね。


 このお店は本当に久しぶりだったんですが、随分メニューが変わりましたね。

 全体的に前より良くなりましたよ。


 <<関連記事>>

 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟
 ◆志村三丁目 酒蔵 新潟 <<予告編>>


 店  名:酒蔵 新潟
 住  所:東京都板橋区志村3-28-1(地図
 T E L :03-6783-1968
 営業時間:18:00〜23:00
 定 休 日:日曜、祝日

 
posted by こうめ at 21:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

淡路町 とんかつ やまいち

 訪問日 平成25年1月31日 木曜日

 お給料をいただいた 愛の戦士 こうめタン。。。


 たまには、贅沢したいですよねぇ〜🎵

O(≧▽≦)O 贅沢したい! したい!



 ということで、とんかつの美味しいお店「とんかつ やまいち」にお昼ごはんを食べに行くことにしましたよ🆗


 場所は東京メトロ丸ノ内線の淡路町駅A1出口から2分、都営新宿線小川町駅から1分程のところですね。



 この日は、お昼の12時18分に到着🏠


とんかつ やまいちの入口.JPG


 お昼時は並ぶと聞いていたんですが、待ち無しですんなり入れましたよ。

 店内は結構狭いです。

 席はカウンター席、テーブル席と用意されておりますね。



とんかつ やまいちのメニュー その1.JPG


とんかつ やまいちのメニュー その2.JPG


 分類学的には『高級とんかつ』 になるんでしょうね(爆) ← ツッコミどころ

 おつまみ類も揃っており、夜はちょっと1杯呑めますね💡



 さて、本日のご注文は「ロースかつ丼」です✨


ロースかつ丼の全容.JPG
ロースかつ丼(1,600円)


 ロースカツ丼には、別盛りキャベツ、赤だし、お新香が付きますよ。


とんかつやまいちのカツ丼.JPG


 これ、丼がデカいです💨

 また、丼ぶりのデカさもさることながら、とんかつとご飯の量も他店の大盛り位ありますよ。


カツ丼のかつ.JPG


 カツの厚みは約3cm‼

 肉は柔らかいながらも、しっかりした弾力があり、ロースでありながら脂っこさは全く無いですね。

 脂身は甘くてサクッとしております。


ロースかつ丼のアップ.JPG


 衣はしっとり、玉子はやや火が通りぎみではありますが、ご飯に玉子が絡まって美味しいですねぇ🎵

 タレは濃いめで、甘味と塩辛味のバランスが良いです。



 このかつ丼のカツを豪快に齧り、後を追うようにタレの染みたご飯をかっ込む💨


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




とんかつやまいちの赤だし.JPG


 お味噌汁は、豆腐となめこの赤だしですよ🆗

 柚子が入っており、香りがいいですね。



お新香とキャベツ.JPG


 お新香と別盛りの刻みキャベツが付くんですが、キャベツはたぶんお替り自由だと思います。

 テーブルにある胡麻ドレッシングで食べると美味しいですよ。



サービスのらっきょ.JPG


 これもテーブルに置いてあったらっきょ💡

 食べてみると、これまた美味しい🎵

 甘酢漬けではなく、自家製の塩漬けのようですね。


 このお店、値段は高めの設定ですが、この内容なら十分安いと思いますよ‼


 店  名:とんかつ やまいち
 住  所:東京都千代田区神田須田町1-8-4(地図
 T E L :03-3253-3335
 営業時間:月〜金 11:00〜14:20 17:00〜20:20
        土曜日 11:00〜14:00
 定 休 日:日曜、祝日

posted by こうめ at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 丼・どんぶり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

池袋 大重慶 麻辣燙

 訪問日 平成25年1月26日 土曜日

 この日、池袋の中国料理店「永利 西口店」でしこたま飲んで食べた こうめタンとその仲間たち。。。

 このメンバーで、1次会だけで解散というのは考えられません(爆)

 で、2次会は四川料理のお店「大重慶 麻辣燙(マーラータン)」に行くことになりましたよ🆗 

 中華の後にまた、中華でつww


 場所は、池袋駅西口又は北口から3分程のところですね。



 この日は午後8時41分に到着🏠


大重慶の看板.JPG


 池袋には、かなりの数の中国料理店がありますが、このお店はそんな中で、ほとんど知られていないお店の1つなんじゃないでしょうか。

 場所もビルの3階に入ってますので、この看板だけが目印ですね。



大重慶の店内.JPG


 エレベーターに乗り、3階でドアが開くと、もうそこは店内です(笑)

 大体いつも満席で、予約をしないと入れないこともあるようですよ。

 今回は1次会の「永利」から予約を入れましたので、すんなりと入れました💨

 また、お客の9割は中国人で、店内は中国語が飛び交ってますね。



大重慶のメニュー その1.JPG


大重慶のメニュー その2.JPG



 基本、火鍋屋さんなんですが、他の四川料理も多数ありますよ。

 上の写真は、そのほんの一部です❗

 ちなみに、「干鍋」を都内で食べさせる店ってそれ程ありませんよ。


メニュー その3.JPG


 日本語と中国語が混ざっちゃって何か変になっちゃってますよね(笑)


 しかし、『通電の快感』って何⁉ (猛爆)



 ということで・・・

 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


大重慶でお疲れちゃん.jpg
サッポロ生ビール(450円)、レモンサワー(380円)、ウーロンハイ(380円)


 ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



麻辣湯の辛さ.JPG


白湯の種類.JPG


 ここ、火鍋を注文する場合、まずはスープを選びます。

 麻辣湯は1鍋分で600円、白湯は628円ですよ。

 麻辣湯の辛さは5段階、白湯のスープは5種類あります💡

 スープは白湯抜きで麻辣湯だけの注文でも構いませんが、私は両方組み合わせることをお勧めしますよ。



火鍋のスープ.jpg


 今回、我々は麻辣湯が3番の「大辛」で、白湯は3番の「小笨鶏高湯」にしました🆗

 スープには予め鶏やキノコ類が多少入ってます。

 だし用でしょうね。



火鍋の具.JPG


 火鍋の具はセルフで棚から取って来るシステムでつ💨

 具は串に刺さっており、1串80円均一ですよ。


取った具材.jpg


 取った具はこのように籠に入れ、テーブルに持ち帰って煮て食べるという訳なんですね。

 ちなみに、私が取ったのは、豚肉、羊肉、豚のハツ、イイダコ、かぼちゃですよ。


大重慶の火鍋.jpg


 で、こうして各自好きなように煮て食べるわけですな🎵



イイダコのアップ.jpg


 アツアツに煮えたイイダコを口一杯に頬張る。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




ジャガイモ.JPG
土豆方(じゃがいも) 280円


 串以外の具材も用意されており、こちらは1皿280円均一です。

 ちなみに、ジャガイモを火鍋に入れると美味いでつ‼



バターピーナッツ.JPG
バターピーナッツ(280円)


 こちらは火鍋の具材ではありませんが、軽いおつまみとして置いてあるのでしょう。

 これ、実は浪花からの刺客 T.Sさんがあまりの辛さに耐えられずに持ってきた物なんですよねぇ〜(爆)

 今度は「干鍋」を食べに来よっと🎵


 店  名:大重慶 麻辣燙(だいじゅうけい まーらーたん)
 住  所:東京都豊島区西池袋1-35-2 明徳ビル3F(地図
 T E L :03-6914-1159
 営業時間:16:30〜翌4:30
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

池袋 中国東北家郷料理 永利 西口店

 訪問日 平成25年1月26日 土曜日

 この日、いつもの飲み仲間5人で中華料理の美味しい店「永利」に行くことになりましたよ🆗

 で、今回、「永利 本店」は何度も行ってるので、あえて「西口店」に行くことにしました。


 場所は池袋駅西口から5分程のところですね。



 この日は、午後5時54分に到着🏠


永利西口店の外観.JPG


 外観はいかにも中国料理のお店という雰囲気ですね。

 店内は本店に比べると少し狭いかな。



 メンバーが揃ったところで・・・

 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


永利でお疲れちゃん.JPG
アサヒ生ビール(500円)


 ここ、残念ながらホッピーは置いてないんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



葱香干豆腐絲.JPG
葱香干豆腐絲(干し豆腐と長ネギの辛味冷菜) 580円


 干絲豆腐(細切りにした干し豆腐)とネギとキュウリをゴマ油や辣油等と和えた中国東北料理定番の前菜ですよ。

 でも、ここの干絲豆腐は幅の広い物を使ってますね。



豚背骨のタレ煮付け.JPG
東北醤大骨(豚背骨のタレ煮付け) 890円


 いきなり、凄いのが来ちゃった(汗)  (^_^; アハハ…

 豚の背骨を柔らかくなるまで煮込んだお料理なんですが、迫力満点‼

 骨についたお肉をこそぎ落として食べますよ。

 これを食べている時はみんな無口ですww



焼餃子.JPG
煎餃子(焼き餃子) 6個 480円


 皮がモッチモチで美味しいでつ‼

 餡も野菜とお肉がたっぷり🎵



海鮮入り水餃子.JPG
三鮮水餃(海鮮入り水餃子) 580円


 1皿に6個ですから、1人1個計算。。。

 海鮮の水餃子らしいのですが、一口で食べてしまったのであまり記憶にないんですよねぇ(爆)

 確か、皮がモチモチしてました(猛爆) ← ツッコミどころ



鶏砂肝串焼き.jpg
烤鶏珍(鶏砂肝串焼き) 1本 160円


 中国東北料理の串焼きで、日本の串焼きとは違い金串を使ってますね。

 これらの串焼きは何種類かあり、どれも1本から注文が出来ますよ。



ラム肉串焼き.JPG
新疆大串羊肉(ラム肉串焼き) 1本 150円


 こちらはラム肉ですね。

 クミンシードがたっぷりかかってます。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



中国紹興酒.JPG
中国紹興酒(ボトル 1,980円)


 結構、この紹興酒うまいんですよぉ〜🎵

 ラベルを見たら15年物で『さすが!! こうめタン!! 15年物をチョイスするとは!!』なんて褒められちゃったけど、実は私があえて15年物をチョイスした訳じゃないんですよ。


 この店、紹興酒は1種類しかないんです(猛爆)

(^_^; アハハ…




永利の麻辣味鍋.jpg
毛血旺(牛ハチノス・牛ハツ元・牛千枚・野菜等の麻辣味鍋) 1,580円


 火鍋とは違う麻辣味のお鍋でつ🎵

 カセットコンロが付いていて、テーブルで煮て食べます。

 ハチノス、ハツ、フワ、センマイ等のモツが中心で、ピリリと辛いですね。

 煮込まれていくうちに、味も辛さも濃厚になってきますよ。



永利の糖醋肉.JPG
糖醋肉(ゴロゴロげんこつ豚肉の酢豚) 1,050円


 見てください‼ この迫力‼

 糖醋肉は、去年、「黒猫夜」でも食べましたが、見た目のインパクトではこちらが断然上ですね。

 デカいのでナイフとフォークで切り分けて食べますよ。



蒸しパン.JPG
中華風蒸しパン(値段不明)


 本当は糖醋肉のソースを花巻に絡めて食べたかったのですが、生憎、西口店には置いて無いそうなんですよねぇ💢

 それなので、仕方なくこちらを注文しました。(メニューには無いので値段は不明。)

 ちなみに、花巻もこの蒸しパンも肉まんの皮と同じ生地で出来ていて、ただ形が違うだけなんですけど・・・。



パンに挟んだ糖醋肉.jpg


 で、当然、肉を挟んで食べちゃうよね(爆)

 これを1口かじれば・・・


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 店  名:永利 西口店
 住  所:東京都豊島区池袋2-3-3(地図
 T E L :03-5951-6857
 営業時間:11:00〜24:00(LO 23:30)
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

入谷 三富

 訪問日 平成25年1月18日 金曜日

 この日は、このブログにもしばしばご登場頂いている 歴史研究家沼田先生と2人で新年会をやることになりましたよ🆗

 今回は桜鍋でもつつこうと馬肉料理の美味しいお店「三富」さんへ・・・。


 場所は東京メトロ日比谷線の入谷駅の1番出口から数十秒のところですね。



 この日は午後6時54分に到着🏠


三富の店構え.JPG


 創業は昭和5年という老舗の居酒屋さんですよ。

 様々な馬肉料理がウリなんですが、築地から毎朝仕入れる魚も美味しいんですよね。

 店内はカウンター席の他にも、広い座敷もありますので、宴会などに便利です。

 今回、我々も座敷の片隅に通されましたよ🆗



 沼田先生 キミ、また、あの「お疲れちゃ〜ん」とかいうのやるのかね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているもんで・・・(笑)

 沼田先生 ・・・ (−_−;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


三富でお疲れちゃん.JPG
生ビール(中) 500円


 やはり、1杯目はビールかな。。。 (^_^; アハハ…



三富の馬刺し.jpg
馬刺し(880円)


 馬のロースの部分ですね。

 口に入れるととろけるように美味しいでつ💡



馬タンの塩焼き.jpg
馬タン塩焼き(680円)


 馬タンは私も初めて食べましたよ。

 牛や豚のタンと全く違いますね。

 その旨みというか、味が濃いです。



桜煮込み.jpg
桜煮込(430円)


 馬のモツ煮込みなんですが、こちらは豚に近い感じですね。

 濃いめの味噌味でお酒がススム君です💨



 ここで、ホッピーにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



三富でホッピー.JPG
黒ホッピーセット(430円)


 ここ、ホッピーあります✨ (ホッピーミーナ、大喜び🎵)

 いや〜、ホッピーがあって良かったですねぇ〜(爆)

 ちなみに、中(お替り用焼酎)、外(ホッピーのみ)ともに260円でつ💨



RIMG0203-2.JPG
山うど天ぷら(380円)


 ここ、馬肉料理以外のツマミも充実しているんですよねぇ。

 しかも、安くて美味しい🎵



馬刺しタルタル.JPG
馬刺しタルタル(780円)


 生の馬肉をみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウ、薬味で味付けしたお料理ですね💨

 ピクルスと一緒にパンに乗せて食べると美味しいですよ。

 でも、もっと、パンが欲しかった。。。 (−_−;)



 お〜っと、ここで、本日の主役の登場‼

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



 ド ド 〜 ン ‼

三富の桜なべ.JPG
桜なべ(1人前 1,580円) ※写真は2人前


 皆さん、すでに知っていると思いますが、桜なべとは馬肉のお鍋ですよ。

 しかし、2人前だと迫力ありますねぇ〜💧



桜なべの桜肉.JPG


 お肉の方は別盛りになっており、1枚ずつ剥がしてお鍋でしゃぶしゃぶして食べるのが「三富流」なんですよ。

 最初からお肉を入れてしまっても良いのでしょうが、この食べ方の方がありがた味があっていいですよね(笑)


桜なべのアップ.jpg


 具は、白菜、しらたき、ねぎ、春菊、しめじ、焼き豆腐で、スープは醤油、みりん、砂糖を調合したもの💡



お肉をしゃぶしゃぶ.jpg


 お肉はこのように、しゃぶしゃぶしますよ🆗


卵で食べる.jpg


 で、溶き卵にたっぷりつけて食べる。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




〆のうどん.JPG


 最後の〆は、やっぱりうどんですよねぇ〜🎵

 具から出た旨みたっぷりのスープをうどんにも染み込ませて食べると、もう、タマランチ会長ですよね(爆) ← ツッコミどころ


 ちなみに、桜なべの具(肉や野菜)は追加(別料金)できますよ。

 〆のうどんも別料金になります。


 店  名:三富(さんとみ)
 住  所:東京都台東区入谷1-6-1(地図
 T E L :03-3872-6213
 営業時間:月〜土 17:00〜23:00
        日・祝 17:00〜21:00
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

代々木 煮込みや なりた その5

 訪問日 平成25年1月19日 土曜日

 ある日の昼下がり。。。

 飲み友達のラルさんから1通のメールが来ましたよ📩

 『ボンジュール!! ムッシュ、こうめ!! また、あのブラボーでセ ボンなフレンチに行かないか? 残念ながら、素敵なマドモアゼルは一緒ではないけどね。』

 正確ではありませんが、たしか、内容はこんな感じだったと思います(爆)

 そして、その誘っていただいたお店は、予約がなかなか取れなくて有名なフランス料理のお店「煮こみや なりた」なんですよ。

 「煮込みや なりた」といえば、「フレンチレストラン オギノ 」や「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」並に予約を取るのが難しいお店ですよねぇ。

 そこで、私はすぐに『メルシー!! ムッシュ、ラル!! ぜひ、伺うよ。 今回、素敵なマドモアゼルはご一緒ではないみたいだけど、まぁ、ブラボーな ラ ニュイにしようじゃないか。』とお返事をしておきました📲



 お店の場所はJR山手線の代々木駅東口から2分程のところですよ。


 
 この日は午後6時24分に到着🏠


煮込みや なりたの入口.JPG


 しかし、お店の外観からは絶対にフレンチレストランだと分からないですよね。

 なんか、怪しい居酒屋って感じですよ(爆)

 ところが、お料理は凄いですから、人もお店も外観だけでは判断が出来ないということでしょうか(笑)


 我々は前回と同じく、奥のカウンター席に通されましたよ🆗



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


アルザスのワイン.JPG
Domaine Riefle Cremant d'Alsace(ボトル 3,500円)


 今回は乾杯をしている写真がピンボケだったので、ワイン単体の写真で勘弁してね(笑)

 ちなみに、これはフランス・アルザス産のスパークリングワインですよ。



この日のメニュー.JPG


 今日も美味しそうなメニューが並んでますねぇ〜🎵



最初のパン.JPG


 いつものように、パンが先に出てきますよ💨

 ここのパンは、モッチリふかふかで美味しいんでつ❗



海のサラダ.JPG
海のサラダ(1,300円)


 最初から物凄いことになってます(爆)

 リーフレタスや水菜の上に、エビ、アンキモ、イカ、ホタテがドド〜ンと乗ってますよ💨

 もはや、サラダの領域を超えてますよねww



マカロニのグラタン.jpg
カニとマカロニのグラタン(1,300円)


 カニグラタンってカニの身は申し訳程度にしか入ってないのが普通ですが、ここのはカニの身がどっさり入ってますよ💨

 しかも、ベシャメルソースにまでカニの旨みが浸透してます。

 当然、マカロニもガツンと入ってて、余は満足じゃ‼ ← ツッコミどころ



たらのポワレ.JPG

たらのポワレのアップ.JPG
たらのポワレ(1,700円)


 マッシュポテトフライ、プチトマト、芽キャベツの上にたらのポワレが乗っておりますよ。

 その上にはリーフ系のサラダ。

 1つの料理でこれだけ楽しめるって嬉しいですよね。



 ここで、赤ワインにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



赤ワイン煮チェンジ.JPG
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 2009(ブルゴーニュ) ボトル 3,800円


 ここ、ホッピーは置いてないんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっと納得❗)

 ソムリエの方に「ライトボディでタンニンの少ない赤で!!」と言って出して貰ったのがこれ⤴

 ライトよりやや重い感じはするものの、スモーク臭っぽい香りがしてなかなか楽しめる赤ワインですよ。



ラムとじゃがいものトマト煮込み.JPG
ラムとじゃがいものトマト煮込み(1,800円)


 名前の通り、ラム肉とジャガイモをトマトソースで煮込んだシンプルなお料理ですね。

 ローズマリーの香りが強く感じられます。


お皿に取った煮込み.JPG


 このトマトソースをパンにつけて食べ、後を追うように赤ワインを流し込む。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵


ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 あ〜、腹いっぱい。。。(猛爆)  (´〜`;)


 <<関連記事>>

 ◆代々木 煮込みや なりた その4
 ◆代々木 煮込みや なりた その3
 ◆代々木 煮込みや なりた その2
 ◆代々木 煮こみや なりた


 店  名:煮こみや なりた
 住  所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19(地図
 T E L :03-3355-2538
 営業時間:18:00〜24:00(LO 22:00)
 定 休 日:日、月、祝日

posted by こうめ at 10:09| Comment(8) | TrackBack(0) | ビストロ・フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

神保町 カリーライス専門店 エチオピア

 訪問日 平成25年1月16日 水曜日

 この日はお仕事で神保町に来ておりまして、お昼には少し早いのですが「エチオピア」でカレーを食べることにしましたよ。


 えっ❗ お前、本当にちゃんと仕事してるのかですって⁉

( ̄Д ̄;) ガーン



 勘弁してくださいよ‼ 山田さん‼ (山田さんって、だれ⁉)

 もう、ほんと、身を粉にして働いてるんですからね。



 で、お店の場所は東京メトロ半蔵門線の神保町駅A5出口から4分程のところですね。



 この日は午前11時46分に到着🏠


エチオピアの外観.JPG


 昔からあるカレー屋さんのようですね。

 いかにも、カレー屋さんという雰囲気です。

 店内は1階がカウンター席、2階がテーブル席になってますよ🆗



エチオピアの券売機.JPG


 注文は券売機で食券を買うシステムですね。



カリーの辛さ.JPG


 席に着き、食券を出す時に辛さを聞かれます。

 辛さは0〜70倍まであり、0倍が中辛で3倍が辛口という目安のようですね。



 さて、本日のご注文は「野菜カリー」です✨ あっ❗ 辛さは1倍でね🎵


 デ デ 〜 ン ‼

茹でたジャガイモ.JPG


 最初に出てきたのは茹でたジャガイモ💨

 食券を出して1分もしないうちに出てきます(笑)

 で、このジャガイモちゃん、お代わり自由なんですねぇ〜🎵

 当然、こうめタン的にお代わりしちゃいましたけど。 ← ツッコミどころ

 しかし、神保町のカレー屋さんに行くと、茹でジャガイモを出すお店が多いですけど、これって神保町カレー組合(そんなのあるのか?)で「出さなアカン!!」って決まっているんでしょうかねぇ?(爆)



野菜カリーの全容.jpg
野菜カリー(1倍) 930円


 ほどなくして、カレーが来ましたよ🎵



野菜カリーのアップ.jpg



 ブロッコリー、ナス、プチトマト、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、ひよこ豆、シメジ、舞茸と野菜がドッサリ💥

(; ̄O ̄) おぉー



野菜カリーの野菜.jpg


 カルダモンの風味がとっても良いですよ🆗

 また、看板には「インド風」と出てますが、インド風でも欧風でもないですね。

 フォンドボー的なコクはあまり無く、サラッとスパイシーな点ではインド的なモノを感じますが・・・。


 ライスはやや硬めで、量は多めです💡



サービスのアイスクリーム.JPG


 最後にサービスのアイスクリームが出てきましたよ。(ランチ時のサービス?)

 こういうサービスって嬉しいですよね。

 今回、周りのお客さんがみんな「10倍ね!!」「8倍ね!!」と頼んでいるもので、つい私も意地を張って「1倍」にしちゃいましたけど、こうめタン的には「0倍」でちょうど良いですね(猛爆)

(^_^; アハハ…



 店  名:カリーライス専門店 エチオピア本店
 住  所:東京都千代田区神田小川町3-10-6(地図
 T E L :03-3295-4310
 営業時間:月〜土 11:00〜22:30(LO 22:00)
        日・祝 11:00〜21:00(LO 20:30)
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 15:45| Comment(6) | TrackBack(0) | カレー・インド料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

富士見台 焼肉問屋 牛蔵 その3

 訪問日 平成25年1月11日 金曜日

 この日、池袋の「日本酒BAR 希紡庵」にて、美味しい日本酒を飲んだ 愛の戦士 こうめタン。。。

 次に向かったのは、あの焼き肉の名店「牛蔵」

 3ヶ月前から予約もバッチリですよ🆗


 場所は西武池袋線の富士見台駅北口から数十秒のところですね。



 この日は午後8時58分に到着🏠


牛蔵の看板.JPG


 お店の前で呑み仲間3人と待ち合わせ、いざ、店内へ・・・




 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


牛蔵でお疲れちゃ〜ん.JPG
アサヒ スーパードライ(中ジョッキ) 380円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



にんにくホイル.JPG
にんにくホイル(280円)


 で、いきなりニンニク頼むかなぁ〜(苦笑) (^_^; アハハ…



キムチ盛合わせ.JPG
キムチ盛合わせ(580円)


 白菜キムチ、オイキムチ、カクテキの盛合わせです。

 ここのキムチはあまり辛くないんですよね。



モヤシナムル.JPG
モヤシナムル(350円)


 モヤシの上に生卵の黄身が乗ってますよ。

 卵も結構良い卵を使ってますよね💨



サーロインの塩.JPG
サーロイン(塩) 980円


 特上のロース系のお肉なんですね。

 黒毛和牛のお肉ですよぉ〜🎵

 この厚みがタマランチ会長ですね(爆) ← ツッコミどころ



牛蔵のコンロ.JPG


 一見、炭火焼きのように見えますがガス焼きです。

 まぁ、「スタミナ苑」や「米山」のように、ガス焼きでも美味しいお肉を食べさせるお店は沢山ありますからね🆗



肩三角の塩.JPG
肩三角(塩) 780円


 サシの入り具合が芸術的ですよね💨

 まさに、口の中でとろけるようですよ。


 なんか、もう、すでにピヨピヨ状態でつ‼ (爆)

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




特上豚ミノ.JPG
特上豚ミノ(塩) 380円


 豚ミノですが、要はガツですよね。

 柔らかくて、他店のミノとは明らかにモノが違いますよ。 お嬢さん❗ ← ツッコミどころ



和風サラダ.JPG
和風サラダ(480円)


 インターバル的にサラダを注文しちゃいました🆗

 何が和風なんだろと思いましたら、のりおかかが大量にかかっているんですねぇ。

 ドレッシングも和風ですけど・・・。



牛蔵の上モモ.JPG
上モモ(塩) 780円


 腿の内側のお肉らしく、とっても柔らかいですよ。

 モモ肉でもサシが入ってますね。



並のカルビ.JPG
カルビ(480円) ※写真は2人前


 牛蔵は並のカルビでもこのラベル レベルですから驚きですよね‼

 はっきり言って、このカルビだけ食べてても良いくらいですよ。



燃えた肉.JPG


 で、やっぱり、今回も燃えちゃってるし・・・(猛爆)



特選若鶏モモ.JPG
特選若鶏モモ(塩) 350円


 しかし、ここは牛肉以外のお肉のラベル レベルも相当高いですよ💨 ← ツッコミどころ

 噛み応えのあるとってもジューシーな鶏のモモ肉です。



牛蔵のナンコツ.JPG
ナンコツ(塩) 300円


 薄〜くスライスされてますね。

 焼くと悲しくなるほど縮みます(爆)

 レモン汁で食べると最高ですよぉ〜🎵



カルビクッパ.JPG
カルビクッパ(480円)


冷麺.JPG
冷麺(480円)


 最後の〆は、カルビクッパと冷麺💡

 考えてみたら、前回も同じ物で〆ているんですよねぇ💢

 次回は違うものでキュッと〆ようかな⁉(猛爆)


 <<関連記事>>

 ◆富士見台 焼肉問屋 牛蔵 その2
 ◆富士見台 焼肉問屋 牛蔵


 店  名:焼肉問屋 牛蔵
 住  所:東京都練馬区貫井3-10-2 コイケビル 2F(地図
 T E L:03-3970-2257
 営業時間:月〜金 17:00〜24:00(LO 23:30)
        土・日・祝 16:15〜24:00(LO 23:30)
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 10:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする