2013年07月31日

新宿 レストラン はやしや

 訪問日 平成25年7月11日 木曜日

 久しぶりに美味しい洋食が食べたくなった 愛の戦士 こうめタン。。。

 この日は新宿でお仕事をしていましたので、迷わず「レストラン はやしや」へ・・・


 場所は新宿駅東口から3分程のところですね。



 この日はお昼の12時33分に到着🏠


三平ストアの入口.JPG


 お店は三平ストアが入っているビルの5階にありますよ。


はやしやの看板.JPG



 看板を見ると”はやしや 三平”になってますねぇ〜ww


 でも、これって偶然じゃないんですよ。

 「ど〜もすいません」林家三平師匠の名前に因んで、遊び心で付けたんですねぇ。


三平食堂の写真.JPG


 また、このお店は昭和24年に三平食堂として創業し、現在は「レストラン はやしや」として営業しているわけなんですが、そもそも「三平」という屋号は創業者の小林平三氏の名前を逆さにして付けた物なんですよねぇ。



はやしやの入口.JPG


 エレベーターで5階に上がると、正面が「レストラン はやしや」でつ💨

 「三平食堂」の面影はまったくないですが、店内も含め、昭和チックな雰囲気が流れてますね。

 でも、私、実は「三平食堂」って行ったこと無いんですよね(猛爆) ← ツッコミどころ



食品サンプル.JPG


 入口横にはお決まりの料理サンプルがガラスケースに陳列されてますよ💨


昭和のプレート.JPG


 これが、ここの看板メニューの「昭和のプレート」のサンプルですね。

 ハンバーグ、ポークソテー、サーモンフライ、エビフライ、ハヤシorカレー、ライス、スープ、ドリンクが付いて1,000円(ランチタイム)ですから驚きですよ💨



ランチメニュー その1.JPG

ランチメニュー その2.JPG


 お昼時にはランチメニューも用意されてます。

 どれも、新宿とは思えないくらい安いですよ。

 また、洋食だけではなく、和食もあるんですよねぇ。



 さて、本日のご注文は「ビーフカツ定食」です✨


ビーフカツ定食の全容.JPG
ビーフカツ定食(800円)


 今回、ここまでが長かったですよね(爆)

 ビーフカツ定食には、ライス、お味噌汁、ドリンクが付きますよ🆗


はやしやのビーフカツ.JPG


 これぞ、昭和のビーフカツという感じですね🎵

 何言ってるんだかよく分かりませんけど・・・(爆) ← ツッコミどころ


ビーフカツのアップ.JPG


 これ‼ このデミグラスソースがいいんですよぉ〜🎵

 衣も洋食らしく、細挽きのパン粉を使ってますね。

 サクッと軽めに揚がってま〜す。  ヾ( ´ー`)/


ビーフカツの中身.JPG


 お肉はそれほど厚くないですが、これで良いんです‼ (キッパリ!!)

 火の通り加減は多少赤さを残したピンク色で、とっても柔らかいですよ。


付け合わせのサラダ.JPG


 刻みキャベツと春雨サラダが付け合わせで付いてますね。



はやしやのアイスティー.JPG


 セットのドリンクは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶の中から選べますよ。

 今回、私はアイスレモンティーにしました。



バニラと苺のソフトクリーム.JPG
ソフトクリーム(バニラ&ストロベリー) 320円



 で、ついでにソフトクリームも頼んじゃったww 

(* ̄∇ ̄*) エヘヘ


 何故かソフトクリームよりウエハースの方が甘かったなぁ〜(笑)


 このお店は意外と知られていない穴場ですね。

 ランチやカフェはもちろん、夜は新宿の夜景を見ながら洋食をツマミにお酒を楽しむこともできますし、とっても使い勝手の良いお店だと思いますよ。

 しかも、安くて美味しいし・・・。

 「食べログ」での評価も、もう少し高くてもいいと思うんですよねぇ。


 店  名:レストラン はやしや
 住  所:東京都新宿区新宿3-22-12(地図
 T E L :03-3352-5519
 営業時間:10:30〜23:00(LO 22:15)
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

東武練馬 旬彩 一庵

 訪問日 平成25年7月12日 金曜日

 今回、板橋ではNo.1と言われている情報屋 ひ♪さんから教えてもらった海鮮系居酒屋さん「旬彩 一庵」に行ってみることにしましたよ🆗

 前から「良いお店だから!!」とは聞いていたんですが、中々行く機会が無くって・・・。

(^_^; アハハ…


 
 場所は東武東上線の東武練馬駅から12分程のところですね。



 この日は午後6時9分に到着🏠


一庵の店構え.JPG


 なかなか良い店構えですねぇ。

 店内はカウンター席中心で小料理屋さんっぽいですよ。

 なんか、落ち着ける雰囲気が流れてますね。


 どうやら、私がこの日の一番客のようですよ。(ランチもやってるんだけどね。)


 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


一庵でお疲れちゃん.JPG
生ビール(サッポロ) 中ジョッキ 550円


 やはり、1杯目はビールだよね❗ (ホッピーミーナ、異議あり‼)



野菜の煮物.jpg
お 通 し


 お通しは野菜の煮物でつ💨

 レンコン、にんじん、大根、さつま揚げ・・・。

 さつま揚げが入っているか否かで、味がぜんぜん違ってきちゃうんですよねぇ。



一庵の串カツ.JPG
串カツ(2本) 特製ソース(480円)


 魚が美味しいというお店なのに、いきなり串カツを頼んじゃいました(爆)

 でも、これが大正解‼

 肉は厚めで、とっても柔らかくジューシー。

 粗挽きの衣もサックサクですよ。

 玉ねぎをすりおろしたシャリアピン風のソースと普通のソースが付いてきますので、1本ずつ食べ比べが出来ますね。



 ここで、ホッピーにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



一庵でホッピー.JPG
ホッピーセット(黒) 450円


 ここ、ホッピーがちゃんとあるんですねぇ〜。(ホッピーミーナ、大喜び🎵)

 でも、しっかりした海鮮系のお店でホッピーを置くのは珍しいですよね。

 ちなみに、中(焼酎)は250円ですよ。



カニみそ焼き.JPG
カニみそ焼き(780円)


 串カツの次はこう来たかって感じですかね(笑)

 注文したのは私ですけど・・・(爆)

 でも、これ、日本酒が欲しくなりますよ💨


 というわけで・・・


 日本酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



純米酒 あさ開.JPG
冷酒 あさ開(岩手) 300ml 800円


 うん、カニみそには日本酒だ💡 (ホッピーミーナ、ちょっと納得❗)



活〆鱧おとし.JPG
活〆鱧おとし(880円)


 鱧を湯引きしてから氷水に「落とす」ことから「おとし」って言うんですよね。

 花が咲いたように綺麗です。

 鱧は身が厚く、うっすらと脂が乗ってますよ🎵


鱧の練り梅.JPG


 梅肉と醤油の両方で楽しめるんですが、私は断然、梅肉派ですね。



スルメイカ刺身.JPG
スルメイカ刺身(肝しょうゆ) 680円


スルメイカの肝.JPG


 これも、お醤油と肝の両方で楽しめるんですねぇ〜🎵

 もう、どうにでもしてくれって感じですよ(爆)

 まぁ、こんな酔っ払いオヤジをどうにかしようなんて人は皆無でしょうけどね(猛爆)


 ここは、あの「居酒屋 ほろよい」と良い勝負ですわ。

 近いですしね。


 <<関連記事>>

 ◆東武練馬 旬彩 一庵 その3
 ◆東武練馬 旬彩 一庵 その2


 店  名:旬彩 一庵(しゅんさい いちあん)
 住  所:東京都練馬区錦2-11-11(地図
 T E L :03-3932-0330
 営業時間:火〜木 17:30〜23:00(LO 22:30)
        金曜日 17:30〜24:00(LO 23:30)
        土曜日 17:00〜24:00(LO 23:30)
        日曜日 17:00〜23:00(LO 22:30)
        ランチ 11:30〜13:30(火〜金 ※祝日休み)
 定 休 日:月曜日

 
posted by こうめ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

淡路町 近江屋洋菓子店 神田店

 訪問日 平成25年7月8日 月曜日

 この日は午前中から、ちょー暑くて、暑くて・・・ ☀


 喉もカラッカラでつぅ〜💧

(´〜`;)



 そこで、冷房効いてて、ランチも食べれて、冷た〜い飲み物も飲めるお店「近江屋洋菓子店」に入ることにしましたよ🆗

 
 場所は東京メトロ淡路町駅から2分程のところですね。



 この日は午前11時44分に到着🏠


近江屋洋菓子店の入口.JPG


 創業は明治17年(1884年)で、初めは炭屋から始めたそうですよ。

 入口は大きなガラス張りで、ちょっとセレブエレガントな雰囲気を感じますが、店内は昭和レトロな造りになっております。 ← ツッコミどころ

 中はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席は隣りとの間隔が空いている為、かなりゆったり座れるのも嬉しいですね。



近江屋洋菓子店の喫茶コーナー.JPG


 名前の通り洋菓子が中心でパンなども取り揃えているんですが、何と言ってもここは喫茶コーナーでのイートインが非常に素晴らしいんですよねぇ‼

 525円払えば、パンでもケーキでも買った物を喫茶コーナーで食べられるのはもちろんの事、なんと、スープやドリンクが飲み放題になるんですよぉ〜🎵

 エゲレス語で言うところの”ドリンクバー”ってヤツですか(爆)



近江屋のドリンクバー.JPG
店内のドリンクバー



 そこのお嬢さん‼  ; ̄ロ ̄)!! ← いきなりなんだよww


 「ドリンクバーなんて珍しくないやい!!」なんて思ってませんか⁉


 ここのドリンクバーは、生フレッシュジュース(3種)、ホットコーヒー(レギュラー、アメリカン)、アイスティー、ホットミルク、ホットチョコレート、ビーフ野菜スープなどが用意されており、他店のドリンクバーとは全く次元が違うんですよねぇ。


 というわけで・・・


 本日のご注文は「玉子サンドと苺サンドショート」です✨ 当然、ドリンクバーも付けてね🎵


今回食べた物.JPG


 今回、私がチョイスしたのは、玉子サンド(147円)、苺サンドショート(630円)、それに、ドリンクバー(525円)で、ビーフ野菜スープ、ホットコーヒー、生ジュース(ハネジューメロン)も付けちゃいましたよ。

 なんか、統一性がないオーダーになっちゃいましたね(爆)

 容器は紙皿や発砲スチロールのカップですが、まぁ、安いし良いでしょう💡



ドリンクバーのスープ.jpg
ビーフ野菜スープ


 このスープ、とてもドリンクバーにあるお替り自由のスープとは思えない程クオリティが高いんですよ💨

 このスープを目当てに来るお客さんがいる程ですからね。


牛肉と野菜のスープ.jpg


 具は、牛肉、にんじん、玉ねぎがドッサリ‼

 お肉はサイコロステーキのような上質な牛肉がゴロンゴロン入っておりますよ。

 味はかなり薄い塩味なので、スープポットの前にある塩とブラックペッパーで、お好みの味に仕上げましょう。

 これ、私はいつも3杯は食べますね(爆)



近江屋洋菓子店の生ジュース.JPG


 そして、ドリンクバーのもう1つの目玉が、この生フレッシュジュース💡

 砂糖は使わず、生フルーツと水だけをジューサーにかけて作るので、多少甘みが少なく水っぽく感じますが、これがまた、何杯でもイケるイケるww

 ちなみに、この日は、ハネジューメロン、ストロベリー、りんごほうれん草ですね。



ハネジューメロンのジュース.jpg


 スタートはハネジューメロンを頂きましたが、結局、全種類頂いちゃいましたよ(爆)



たまごサンド.JPG
たまごサンド(147円)


 たまごサンドはバゲットに玉子フィリングがた〜っぷり🎵

 食べ応えもありますね。



苺サンドショート.JPG
苺のサンドショート(630円)


 イチゴがドッサリですよ‼ 奥さん‼ ← ツッコミどころ

 スポンジの部分より、明らかにイチゴの方が多いです。

 見た目もカワイイですよね。

 このお店で使うフルーツは、毎朝、店主自ら太田市場まで仕入れに行くそうですよ。


 ここはモーニングやランチやカフェでもOKですし、非常に使い勝手が良いですよね🆗


 店  名:近江屋洋菓子店 神田店
 住  所:東京都千代田区神田淡路町2-4(地図
 T E L :03-3251-1088
 営業時間:月〜土 9:00〜19:00
        日・祝 10:00〜17:30(喫茶は17:00まで)
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ・和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

蓮沼 福竹

 訪問日 平成25年7月6日 土曜日

 この日は呑み仲間のキミマツさんに誘って頂き、美味しいお好み焼きの店「福竹」に4人で行くことになりましたよ🆗


 場所は東急池上線の蓮沼駅から2分程のところですね。


 この日は午後5時30分に到着🏠


福竹の店構え.JPG


 店内はすべて鉄板が備わったテーブル座敷になっております。

 そして、このお店。。。

 美味しいお好み焼きと共に、口が悪いママさんが有名なんですねぇ(爆)

 まぁ、感じとしては「埼玉屋」のマスターの女性版とでも言いましょうか⁉

(^_^; アハハ…



 今回はキミマツさんが予約をしてくれてましたので、すんなり入れましたが、予約なしのお客さんは断られてましたね。


 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


福竹でお疲れちゃん.JPG
ビール(中瓶) 580円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



お好み焼き3品.JPG


 まずは、お好み焼きを3品ほど注文しましたよ。

 このお店のお好み焼きは大阪風なので、各テーブルに鉄板は備わってますが、調理はすべてお店の方がやってくれます。

 下手に手を出すと、例のママさんに怒られますね(爆)



ふくたけチーズ.JPG
ふくたけチーズ(1,550円)


 この店の看板メニューですよ。



福竹のカレー天.JPG
カレー天(800円)


 ちょっと変わったお好み焼きも頼んでみました。



福竹のえび天.JPG
えび天(800円)


 そして、スタンダードなえび天もね💨



お好み焼きその他.JPG


 お好み焼きは焼き上がるまで時間がかかるという事なので、サイドメニューのはんぺんバター焼すなぎもバター焼も注文しましたよ💨

 この頃から、ママさんの毒舌ワンマンショーの始まり(笑)

 ベンゾー君が捕まり、いじられっぱなし・・・ww

 ママさん女王にもちょっかいを出しますが、さすが女王、軽くかわし、すぐさまカウンター攻撃⚡(爆)

 ラリーの応酬に見ているこちらが冷や冷やしましたよ(汗)  f^_^;



はんぺんバター焼.JPG
はんぺんバター焼(450円)


 その辺のスーパーで売っているはんぺんではなく、有名なはんぺんのようですよ。

 日本橋神茂か何かかなぁ〜⁉



すなぎもバター焼.JPG
すなぎもバター焼(550円)


 すなぎもも良い色してますねぇ。

 鮮度の良さが一目で分かりますよ。



青のりとマヨネーズ.JPG



 鉄板の空いたスペースにマヨネーズが敷かれ、その上からたっぷりの青のりが・・・。

( ̄(∞) ̄;) ???



青のりとはんぺん.JPG



 はんぺんに絡めて食べま〜す🎵  ヾ( ´ー`)/

 
 これは、もう、タマランチ会長ですな(爆)



 ここで、抹茶割りにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



抹茶割り.JPG
抹茶割り(550円)


 ここの抹茶割りって旨いなぁ〜🎵



焼けた砂肝.JPG


 砂肝は塩コショウしてあるので、そのままでも美味しいですし、七味唐辛子で食べても美味しいですよ。



焼けたお好み焼き.JPG


 そろそろお好み焼きも焼けてきましたね🆗

 かなり焦げているように見えますが、これでいいんだそうです(笑)



福竹のお好み焼き.JPG


 仕上げにソースを塗り、たっぷりのおかかと青のりを振りかけて完成でつ‼

(@ ̄ρ ̄@)



お好み焼きのアップ.JPG


 ここのお好み焼きは粉をあまり使わないのが特長で、出汁を多めに使っているんですねぇ。

 また、焼くというより水分を飛ばすというやり方。

 その為、フワッフワに仕上がり、口に入れるとホロリと崩れるような食感になるんですね。

 ちなみに、焦げ臭さはまったく感じません(爆)



焼き上がったカレー天.JPG


 続いて、カレー天も焼き上がりましたよ🎵



カレー天のアップ.JPG


 こちらもフワッフワで良い感じに仕上がってますね。

 カレーの風味が良いアクセントになってますよ。



福竹の豚そば.JPG
豚そば(850円) ※写真は2人前



 食べ足りないので、焼きそばも2人前頼んじゃいましたぁ〜🎵

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



焼いている豚そば.JPG


 焼きそばも、当然、お店の方(ママさんww)が焼いてくれます。

 2人前だと鉄板をフルに使う形になりますね。



焼きそばの完成.JPG


 最後に青のりと紅ショウガを散らして完成ですよ💡

 薄味ですが、キャベツから旨みが出てますのでこれで十分です。



ソースせんべい.JPG


 焦げて鉄板にへばり付いた焼きそばをヘラで剥がして食べる。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 しかし、ここのお好み焼きは、ママさんの口撃に耐えられる人のみが味わえる至極のお好み焼きですな(爆)


 店  名:お好み焼き 福竹(ふくたけ)
 住  所:東京都大田区東矢口1-17-11(地図
 T E L :03-3739-4064
 営業時間:17:30〜23:00(LO 21:00)
 定 休 日:月曜(祝日の場合は営業)

 
posted by こうめ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お好み焼き・焼きそば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

東十条 川辰

 訪問日 平成25年7月4日 木曜日

 暑さが苦手な 愛の戦士 こうめタン。。。 ☀

 
 この日、土用の丑の日には、まだ、少し早いのですが、鰻を食べに「川辰」に行くことにしましたよ。


 場所はJR京浜東北線の東十条駅から2分程のところですね。



 この日は午前11時52分に到着🏠


川辰の外観.JPG


 庶民的な町の鰻屋さんで、家族で切り盛りしているようですよ。

 店内はカウンター席とテーブル席が用意されております。

 また、店員さんの対応がとても良くて、親切ですね🆗



川辰のメニュー その1.JPG

川辰のメニュー その2.JPG


 メニューはそれほど多くはありませんが、うな重、白焼き、きも焼きなど、主要な物は揃ってますよ。



 さて、本日のご注文は「鰻重 特上 大盛り」です✨ あっ❗ きも吸いも付けてね🎵


川辰の鰻重特上.JPG
鰻重 特上(2,400円)+ご飯大盛り(100円)+きも吸い(200円)


 ある程度仕込みがしてあるようで、注文してから15分程で出て来ますよ。


鰻重特上の全容.JPG


 鰻は炭火で焼き上げられており、香りが非常にいいですねぇ〜🎵

 また、あまり、蒸してはいないようで、関西風の直火焼きに近い感じですよ。


川辰のうな重.JPG


 身が厚くて、プリップリでつ💨

 たれはやや甘めかな。


鰻重のアップ.JPG


 山椒をたっぷりかけ、鰻とタレが染み込んだご飯を一緒にかき込む。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




川辰のきも吸い.JPG


 きも吸いは上品な味わいですねぇ💡

 柚子の香りが引き立ちます。


ナスと大根のぬか漬け.JPG


 ナスと大根のぬか漬けが付きますよ🆗

 ぬかの香りがいいですねぇ〜。

 漬かり具合も丁度いいですよ。


 あ〜、白焼きで一杯飲りたいなぁ〜(爆)


 店  名:川辰
 住  所:東京都北区東十条4-4-19(地図
 T E L :03-3913-3389
 営業時間:11:30〜14:00 16:00〜20:00
 定 休 日:火曜日

 
posted by こうめ at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | すし・うなぎ・和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

2013年上半期 こうめタン ランキング



 こんにちは、ボボ・ブラジルです‼ (猛爆)


 今やお馴染になった『こうめタン ランキング』。。。

 あの『ミシュランガイド』で3つ星を取るより、『こうめタン ランキング』で1位を獲得する方が遥かに難しく、また名誉だと言われております(爆) ← 大うそww

 

 世界中の料理人が注目する中、今回も『こうめタン ランキング』をやっちゃいま〜す🎵

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



 尚、ランキングの対象にしたお店は、2013年1月1日〜6月30日の間に訪問した店で、初掲載のお店のみです。

 あくまで、私個人の好みで選んでますので、納得のいかない方がいらっしゃいましたらゴメンなさい。



 第1位 神泉 産直屋 たか
 http://ys-foods.seesaa.net/article/341662604.html

白子鍋のアップ.jpg
朝〆鱈の白子鍋(2人前)


 日本酒がダメな方には向きませんが、日本酒が好きで、お魚が好きな方には堪らないお店ですよ。

 出て来るお料理はどれも厳選された食材を使った物で、とにかくお酒がススム!! ススム!!(爆)

 予約が取りづらいのが難点ですね。



 第2位 銀座一丁目 ラ・ベットラ・ビス
 http://ys-foods.seesaa.net/article/347454750.html

穴子グリルのアップ.JPG
穴子のグリル バルサミコソース サラダ添え


 あの、「日本一予約が取れない店」として有名な「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」のセカンド店ですよ。

 こちらは比較的予約が取りやすいです。

 メニューは本店と大体同じなんですが、本店には無いbis限定フルコースというお得なコースがありますので、それ狙いがおススメですね。



 第3位 高田馬場 ラミティエ
 http://ys-foods.seesaa.net/article/353447342.html

牛ホホ肉の赤ワイン煮.jpg
国産牛ホホ肉の赤ワイン煮


 有名なデカ盛りフレンチのビストロですね。

 量が多いだけではなく、味も秀逸ですよ。

 特にランチが人気ですが、ディナーもぜひ!!



 第4位 新宿 もつ焼き ウッチャン
 http://ys-foods.seesaa.net/article/364958146.html

横隔膜の筋肉.JPG
さがり(170円)


 ちょっと変わった豚の部位が食べられるもつ焼き屋さんですね。

 もつ焼き以外の一品料理も美味しいです。

 値段は若干高めの設定ですが、料理のクオリティを考えると決して高くはありませんよ。



 第5位 淡路町 とんかつ やまいち
 http://ys-foods.seesaa.net/article/330933967.html

カツ丼のかつ.JPG
ロースかつ丼(1,600円)


 ランクインした他のお店と違い、カツ丼だけで第5位ですから、その実力の凄さが分かると思います。

 はっきり言って、ここのカツ丼を超える店はあるのかと思っちゃう程ですよ。

 完璧ですね!!



 第6位 虎ノ門 升本
 http://ys-foods.seesaa.net/article/343745671.html

名物たこおでん.JPG
名物たこおでん(650円)


 老舗の居酒屋さんですよ。

 何を頼んでも美味いです。

 安くて量が多いのも、お父さんには嬉しいですね。



 第7位 江古田 パーラー江古田
 http://ys-foods.seesaa.net/article/354360383.html

店頭のパン達.JPG
店頭のパン達


 イートインができるブーランジェリーですね。

 特にハード系のパンがお勧めかな。

 しかし、練馬区って、こういう隠れた名店が多いですよね。



 第8位 神楽坂 俺のフレンチ KAGURAZAKA
 http://ys-foods.seesaa.net/article/365776667.html

アオリイカのタルタル トマトのクーリ.jpg
アオリイカのタルタル トマトのクーリ(780円)


 あの「俺のイタリアン」の系列店ですね。

 ”立ち食いフレンチ”という新ジャンルを確立させたお店でもあります。(立ち食いフレンチのパイオニアではありませんが・・・。)

 私、個人的に資本系のお店は好きではないのですが、ここはさすがに出さない訳にいかない位に良かったです。



 第9位 池袋 中国東北家郷料理 永利 西口店
 http://ys-foods.seesaa.net/article/321314615.html

豚背骨のタレ煮付け.JPG
東北醤大骨(豚背骨のタレ煮付け) 890円


 「中国東北家郷料理 永利 本店」の2号店ですよ。

 お料理は本店とほぼ同じです。

 豪快な中国東北料理がウリですよ。



 第10位 池袋 大重慶 麻辣燙
 http://ys-foods.seesaa.net/article/323150900.html

大重慶の火鍋.jpg
麻辣湯(マーラータン)


 中国にある麻辣湯屋さんを、そっくりそのまま池袋に持って来てしまったようなお店ですよ。

 お客さんの95%以上が中国人で、店内は日本じゃないみたいです(笑)

 麻辣湯の具は串に刺さっており、1串80円で自由に選べるというのも嬉しいですよね。


 さて、今回の『こうめタン ランキング』はいかがでしたでしょうか⁉

 これからも、愛の戦士 こうめタンはドクターストップがかからない限り食べ歩き続けまつ(爆)

 っていうか、ドクターストップが、そろそろかかりそうなんですけど・・・(猛爆)

(^_^; アハハ…



posted by こうめ at 14:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 年度別ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

有楽町 慶楽

 訪問日 平成25年6月17日 月曜日


 「慶楽のスープチャーハンを食べずしてチャーハンを語るなかれ。」

 これは会津藩主 松平容保が、会津戦争で鶴ヶ城に立て篭もった際に言った言葉だと伝えられております。(ウソだぴょ〜ん 🐶) ← ツッコミどころ


 まぁ、これは冗談で、単に炒飯が食べたかったという事を言いたかっただけでつ(爆) ← 続けてのツッコミどころ


 ということで、この日はスープチャーハンが美味しいお店「慶楽」に行く事にしましたよ🆗


 場所はJR有楽町駅から5分程のところですね。



 この日は午後1時12分に到着🏠


慶楽の外観.JPG


 お店は中華屋さんらしい店構えですね。

 席はテーブル席のみで、2階もありますよ。



慶楽のランチメニュー.jpg


 レギュラーメニューは充実してますが、ちょっと高めの設定です。

 しかし、奥さん‼ ご安心ください。(爆)

 ちゃんとお得なランチメニューも用意されてますから🆗



 さて、本日のご注文は「上湯炒飯」です✨


慶楽の上湯炒飯.JPG
上湯炒飯(スープ入 ヤキメシ) 1,000円


 あんかけの炒飯はよく見かけますが、本当のスープ炒飯は珍しいですよね。

 炒飯はラーメンドンブリに張られた、たっぷりのスープに埋もれております。

 まるで、海に浮かぶ孤島のよう・・・ww


炒飯の上のエビ.JPG


 このエビが、また、プリップリで美味しいんですよぉ〜🎵

 さぞかし、ここのエビチリも美味しいんだろうなぁと思っちゃいます。


スープチャーハンのアップ.JPG


 スープはあっさり塩味💨

 あくまで、炒飯の引き立て役に徹してますね。


上湯炒飯のごはん.JPG


 炒飯の具には、焼豚、ねぎ、玉子が使われてますよ。

 炒飯自体は脂っこくなく、たぶん、パラパラ系だと思われます。

 また、刻み焼豚が良い仕事をしてるんですよねぇ💡


 この炒飯をガッツリ頬張り、後を追うようにスープを啜る。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 ここ、今度は夜に行きたいなぁ〜🌙


 店  名:慶楽(けいらく)
 住  所:東京都千代田区有楽町1-2-8(地図
 T E L :03-3580-1948
 営業時間:11:30〜21:45
 定 休 日:日曜日

posted by こうめ at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

中板橋 時ちゃんラーメン

 訪問日 平成25年6月22日 土曜日

 この日、QT鈴木さん東京ホルモンズのお二人、ひ♪さんと一緒に「海鮮居酒屋 元水産」で呑んだ 愛の戦士 こうめタン。。。



 〆のラーメンはどうするんでつか‼

; ̄ロ ̄)!!



 と、みんなに問うたところ、「食べまつよ!!」と間髪いれずに返ってきた言葉に大満足🎵

 で、向かった先は、呑めるラーメン屋さん「時ちゃんラーメン」


 場所は東武東上線の中板橋駅南口から8分程のところですね。



 この日は午後9時38分に到着🏠


時ちゃんラーメンの外観.JPG


 川越街道沿いにある、深夜型のラーメン屋さんですね。

 店内はカウンター席とテーブル席の両方が用意されております。


 我々5人は、既にかなりの量のお酒を呑んでいたとしても、次の店にお酒があれば、そこがラーメン屋であろうが、駄菓子屋であろうが、必ず呑むことにしています(爆) ← ツッコミどころ



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


玉ねぎハイとハイサワー.JPG
玉ねぎハイ(300円)、ハイサワー レモン(300円)


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)

 でも、ここには名物の玉ねぎハイなる物があるんですねぇ。(写真の茶色い飲み物)

 玉ねぎの皮を焼酎に漬けてるんでしょうか⁉

 特に玉ねぎ臭いわけでもなく、味も無味に近いですね。



お酒のお通し.JPG
お 通 し


 ちゃんと、お通しも付くんですねぇ。

 たぶん、サービスだと思いますけどね。



特製餃子.JPG
特製餃子(400円)


 「元水産」であれだけ食べたのに、まだ食べる我ら中年おやじ軍団。。。ww

 でも、ラーメン屋さんに入って酎ハイ呑んじゃったら、当然の流れですよね(爆)



時ちゃんの冷奴.jpg
冷奴(350円)


 お豆腐1丁の上に、これまた、1本分のネギがドッサリ💨

 あらかじめ、酢醤油に胡麻油たっぷりの特製ドレッシングが掛っておりますよ。

 これ、ネギ自体良いツマミですなww



みそ 四川風担々麺.JPG
みそ 四川風担々麺(800円)


 我らにとっては、麺もツマミです(爆)


担々麺の麺.JPG


 担々麺は「0辛なし、1並辛、2中辛、3激辛」の4段階の中から辛さが選べますよ。

 今回は「1並辛」にしてみましたが、あまり辛くはないですね。



みそ つけ麺.JPG
みそ つけ麺(四川風担々麺) 700円


 こちらは、担々麺のつけ麺バージョン💡

 何故か、スープが付いてますよ(笑)


つけ麺のつゆ.JPG


 こちらも辛さが4段階から選べ、「3激辛」にしてみたら、やはり辛かった⚡

 でも、ここ、なんでいつもつけ麺のつゆがこぼれているんだろう???(笑)



塩バターラーメン.jpg
塩バターラーメン(750円)


 バターはスープに溶け込んでおります。

 でも、ここの麺類はどれも”麺”が美味しいですね。

 浅草 開花楼の麺を使用という事で、納得でつ💨



冷やし中華.JPG
冷やし中華(値段不明)


 季節物の冷やし中華を始めたという事なので、それも頼んじゃいました🎵

 こういう時、大人数は便利ですよね。  f^_^;

 具は、メンマとクラゲと紅ショウガというシンプルな構成で、開花楼製の美味しい麺を味わうには丁度いいですね。

 
 それにしても、食った‼ 食った‼  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ


 店  名:時ちゃんラーメン
 住  所:東京都板橋区大谷口上町8-6(地図
 T E L :非公開
 営業時間:19:00〜翌2:00
 定 休 日:月曜日

 
posted by こうめ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

中板橋 海鮮居酒屋 元水産 その3

 訪問日 平成25年6月22日 土曜日

 この日は呑み仲間のQT鈴木さん東京ホルモンズテルさんよっちん(発音が難しいww)、謎の情報屋 ひ♪さんと一緒に、魚が美味しい居酒屋さん「元水産」に行くことになりましたよ🆗


 場所は東武東上線の中板橋駅から7分程のところですね。



 この日は午後6時58分に到着🏠


元水産の店構え.JPG


 このお店は、昨年閉店した東武練馬の「元気水産」で時々腕を振るわれていた板さんが、独立して始めたお店なんですねぇ。

 ここのマスターと「元気水産」のマスターは旧知の仲だったそうですよ。

 店内はカウンター席、テーブル席、座敷と用意されてますので、いろんな使い方ができますよね。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


元水産でお疲れちゃん.JPG
生ビール(中) 480円


 やっぱり、最初の1杯はビールが飲みたいですよねぇ〜🎵 (ホッピーミーナ、異議あり‼)



元水産のお通し.jpg
お 通 し


 お通しはイワシとニンニクを醤油と出汁で炊いた物ですね。

 味は濃いですが、お酒がススム君でつ💨



あじフライ.JPG
あじフライ(280円)


 身の厚いアジが2枚付いてますよ。

 う〜ん、さりげなく美味い。。。 (´Д`)



名古屋黒もつにこみ.JPG
名古屋黒もつにこみ(480円)


 八丁味噌を使った名古屋風の煮込みですね。

 豚の白モツもよく煮込まれていて、とても柔らかいですよ。



 お〜っと、ここで、お刺身の登場ぉ〜🎵

O(≧▽≦)O  キャー



お刺身の盛り合せ.JPG


 今回、お刺身は単品で注文しましたよ。

 3点盛りでつ💨



活さざえ刺.JPG
活さざえ刺(580円)


 コリコリとした食感がタマランチ会長ですねww

 一番美味しいキモの部分は、もちろんこうめタンが頂いちゃいました(爆) ← ツッコミどころ



かつお刺し.jpg
かつお刺(380円)


 タタキになってるんですね。

 たっぷりと薬味を乗せて頂きます🎵



活ほっき貝刺.JPG
活ほっき貝刺(480円)


 注文を受けてから潰すので、とっても新鮮‼

 身が厚いし、甘みがありますね。



 ここで、ホッピーにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



黒ホッピー.JPG
黒ホッピー(値段???)


 ここ、ホッピーあります‼ (ホッピーミーナ、大喜び🎵)

 でも、値段は忘れちゃった(爆) ← ツッコミどころ



いか一夜干し.JPG
青森 いか一夜干し(大) 580円


 いかの一夜干しって個人的に好きなんですよね。

 生いかを焼いた物より旨みが凝縮されてますものねぇ。



鶏皮包み餃子.jpg
鶏皮包み餃子(330円)


 皮がパリッパリですよぉ〜🎵

 このお店は魚以外の1品料理も充実してるんですよね。



豚しょうが焼き.JPG
豚しょうが焼き(350円)


 こういうお料理もちゃんと美味しいんですから・・・。

 値段も安いしね🆗



ミックスピザ.jpg
ミックスピザ(380円)


 ピッツェリアで食べるような本格的なピッツァではありませんが、チーズがたっぷりで私好みですよ。

 1人で全部食べたかった。。。(猛爆)



キムチチャーハン.JPG
キムチチャーハン(300円)


 これ、300円って凄いですよね💧

 具もしっかり入ってますし、量もありますよ。

 パラパラ系でおつまみとしても最適です(爆)


 ここ、東上線沿線に住んでいるのなら1度は行く価値ありです💡

 駅からちょっと離れているのが難点ですけどね。


 <<関連記事>>

 ◆中板橋 海鮮居酒屋 元水産 その2
 ◆中板橋 海鮮居酒屋 元水産


 店  名:海鮮居酒屋 元水産(はじめすいさん)
 住  所:東京都板橋区弥生町69-4(地図
 T E L :03-3972-3660
 営業時間:17:00〜翌1:00
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする