東武練馬 棟梁(とうりょう) 後編

 
 前回までのあらすじ

 平成20年6月20日 金曜日

 同じ町内に住むこうめKENさん
 ある日、地元の東武練馬に竜宮城が存在するという情報をキャッチした。すかさず2人はその竜宮城に潜入を試みたところ、そこは鯛やハモや真ホッケの刺身が舞い踊る、まさにこの世のパラダイスだったのである。
 しかし、海鮮料理をむさぼる2人の前に、今まで彼らが遭遇したこともないアバンギャルドな料理が立ちはだかったのである。(前回の記事


 さ て 、


 そのアバンギャルドな料理とは・・・。


カメノテ.jpg
カメノテ(780円)



 カメノテなんですよぉ~;


 カメノテといってもスッポンの手じゃありませんよぉww

 カメノテとは甲殻類フジツボ目ミョウガガイ科の海にいる生物なんです。

 海中の岩やタイドプールにへばりついているようですよ。


カメノテの食べ方.jpg


 上の写真はKENさんが「必殺!仕事人」のように竹串をカメノテに突き刺している写真なんですけどね。

 食べ方としては、カマの部分をちぎり、出てきたピンク色の身を竹串でほじって食べます。


カメノテの身.jpg
出てきたカメノテの身


 今回は薄口醤油に酒やみりんを入れ、だし汁で炊いた物(たぶん)ですが、カニやエビが好きな人ならば、絶対にオススメですよ。

 なぜなら、このカメノテ、カニやエビに味が近いんです。

 まあ、もっと正確にいうとシャコの味をぐっと濃厚にした感じです。

 癖になるうまさですね。


久米仙.jpg
琉球泡盛 久米仙の水割り(550円)


 琉球泡盛 久米仙の水割りです。

 35度あるもので水割りにしたのですが、ロックで飲んだ方がうまいです。

 私は2杯目からロックでいただきました。


豚もも肉のくんせい.jpg
自家製豚もも肉のくんせい(680円)


 このお店は基本的には海鮮料理屋さんなんですが、肉料理なんかもあるんですよぉ。

 しかも、大体おいしいです。

 この「ぶたもも肉のくんせい」はなんとマスター手作りの1品。

 ローストポークにもチャーシューにも近いですね。

 付いている柚子胡椒で食べるとサイコーです。


特大エビフライ.jpg
特大エビフライ(980円)



 見てください!!


 このデカさ!!


 たぶん、頭の部分を入れると、ゆうに30センチは軽く超えるでしょうね。

 また、棟梁は新鮮な魚介を洋風に仕上げるのも得意で、このエビフライも洋食屋さん顔負けですよぉ。

 ただ欲を言えば、タルタルソースでいただきたかった。(タルタルソースが好きなもので・・・。)


牛テールうどん.jpg
牛テールうどん(780円)


 〆の牛テールうどんです。

 お茶漬けにしようかとも思ったのですが、それでは芸がありませんからねぇ。


牛テールうどんのアップ.jpg


 うどんは秋田の稲庭うどんを使っています。
 
 つるつる、しこしこと美味しいです。

 牛テールスープとうどんがこれほど合うとは思いませんでしたよ。

 飲んだ後には良いですね。


 棟梁はメニューが豊富な為、いつ来ても飽きません。


 この後、東武練馬のカラオケ屋からは、いつまでもこうめKENさんのボーイソプラノが鳴り響いていたそうです(笑)


<<関連記事>>









 住  所:東京都練馬区北町2-19-9(地図
 T E L :03-3934-3566
 営業時間:17:00~23:30(LO 23:00)
 定 休 日:無 休

 

この記事へのコメント

  • Tanky

    田中マルクス棟梁! 怒涛のオーバーラップ!!
    俺も闘莉王のようにこの店に突進だ!
    2008年06月28日 21:02
  • こうめ

    ◆Tankyさん
    この棟梁は週に1回は攻め込みたいお店ですね。
    今度、11人メンバーを集めて行きますか!!!
    2008年06月29日 07:13
  • 熊猫

    穴子のてんぷらと鮟肝は最高です。秋に出る、松茸の土瓶蒸しだけは、絶対食べて下さい。わーい(嬉しい顔)手(パー)
    2009年06月26日 11:52
  • こうめ

    ◆熊猫さん
    情報、ありがとうございます。

    秋に出る、松茸の土瓶蒸しですね。
    絶対に行って、絶対に食べたいと思います。
    また、その時はブログにて報告します。
    2009年06月26日 22:14
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101724319

この記事へのトラックバック