2016年12月04日

東新宿 山西亭 その3

 訪問日 平成28年11月4日 金曜日


 今回のベストショット


山西过油肉.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日はグルメブロガー 村岸ゆうきさんからのお誘いで、山西料理が美味しい中国料理店「山西亭」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、東京メトロ副都心線、都営地下鉄大江戸線の東新宿駅B1出口から3分程のところですね。



 この日は午後6時40分に到着🏠


山西亭の入口.JPG


 お店はこの建物の地下1階にありますよ。

 ここは東京でも珍しい中国山西省の郷土料理を出してくれるお店なんですねぇ。

 まぁ、もちろん、馴染のある中国料理もありますけど・・・。


山西亭の店構え.JPG


 階段で地下に降りるとお店の入口があります。

 店内はカウンター席もありますが、テーブル席が中心。

 全部で40人は入れそうです。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


山西亭でお疲れちゃん.JPG


 今回は11人で山西料理を中心とした特別コースを予約。。。


 会費は、1人 5,400円(税込 飲み放題付き)でっつ!!

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



チンタオビール.JPG
青島ビール


 最初の乾杯は青島ビールで!!

 飲み放題に青島ビールがあるのっていいですよね。

 でも、ホッピーはありません。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



山西风味鸡.JPG
山西风味鸡


 いつものように漢字が読めません(爆)  (^_^; アハハ…

 このお料理は、蒸し鶏と野菜を山西省特産の黒酢(山西香酢)で和えた冷菜ですね。

 中華で蒸し鶏というと棒々鶏を思い浮かべますが、これもサッパリしていて良いでつ。



凉拌莜面.JPG
凉拌莜面


 ”もりそば”じゃありません(爆)

 山西省やモンゴル特産の莜麦(燕麦の一種)で作った麺で、食感も味もそば粉とはまったく違います。

 でも、日本のお蕎麦に見た目は似ていますよね。



山西过油肉.JPG
山西过油肉


 豚ヒレ肉と野菜(玉ねぎ、にんにくの芽、木耳)を山西香酢で炒めたお料理ですよ。

 山西香酢の深いコクと香り、そしてまろやかな酸味が豚肉を美味しくさせています。



炒凉粉.JPG
炒凉粉


 見た目、冬瓜のお料理かと思いましたらまったく違っていました(爆)  f^_^;

 これは、ジャガイモのでん粉から作った麺という事でつ。

 食感はプニュプニュとして、まるで、わらび餅のようですよ。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒


 いつも出て来るヤツですね。

 これは、確か15年ものかな!?



西芹腰菓蝦仁.JPG
西芹腰菓蝦仁


 簡単に言えば、エビとセロリの炒め物ですよ。

 塩味であっさりしている分、エビの旨みが際立ちますね。

 また、カシューナッツが良いアクセントになっております。



ナベ.JPG


 この鍋は何だろう???  ( ̄(∞) ̄;)


 デ デ 〜 ン !!

麻辣牛肉.JPG
麻辣牛肉


 麻辣的な鍋ですなww

 パクチーが散らしてあります。


麻辣牛肉の麺.JPG


 中には美味しそうな麺がたっぷり🎵

 この麺は小麦粉で作った麺ではなく、な、なんと、春雨なんですよねぇ。

 モチっとした食感がタマランチ会長ですよ(爆)



油淋茄子.JPG
油淋茄子


 いわゆる”揚げなす”でつ!!

 サックサクのアッツアツで美味しいぃ〜  O(≧▽≦)O

 油淋鶏にかかっているような甘酸っぱいタレが良く合いますね。



炒不烂子.JPG
炒不烂子


 ジャガイモ入り蒸し麺の焼きそばでつ。

 小麦粉にジャガイモや季節の野菜を練り込み、蒸した麺生地を細かく刻み、水を使わず高温で炒めた山西省の麺料理。

 味付けは、塩、ネギ、唐辛子、ニンニクのみで、とってもシンプルですね。

 食感がちょっとニョッキにも似ています。



王老吉.JPG
王老吉


 で、前回も大好評だった王老吉!!

 ノンアルコールの漢方茶なんですが、今回は白酒の割り物として使いました。

 もちろん、そのまま飲んでいいんですよ。



K醋溜白菜.JPG
K醋溜白菜


 白菜を山西特産の濃厚な黒酢(陳醋)で炒めただけのシンプルなお料理。

 しかし、無茶苦茶ウマいでつ!!

 白菜の食感と黒酢餡の甘酸っぱさがクセになります。



莜面栲栳栳.JPG
莜面栲栳栳(アレンジバージョン)


 莜麦(ヨウマイ)で作ったせいろ蒸し麺に、甘酸っぱい肉と野菜の餡がかかっていますね。

 特製だれにつけて食べるのもいいですけど、この食べ方の方がさらに美味しいですよ。

 まだまだいろんな食べ方があるそうです。



家常豆腐.JPG
家常豆腐


 この肉団子のような物体は自家製のお豆腐。

 食べてみるとがんもどきのようですよ。

 たっぷりの野菜餡とよく合いますね。



炒猫耳朵.JPG
炒猫耳朵


 猫耳朵は生地を小さく千切って親指で押すように作った麺で、どことなく猫の耳に似ているところから付いた名前だそうですよ。

 イタリアのパスタ”オレキエッティ”と同じですよね。

 キクラゲ、卵、ニンニクの芽などと一緒に炒めております。



飲んだ王老吉.JPG


 今回も王老吉先生は大活躍でした(爆)  (>▽<)b OK!!


 <<関連記事>>

 ◆東新宿 山西亭 その2
 ◆東新宿 山西亭


 店  名:山西亭(さんせいてい)
 住  所:東京都新宿区大久保2-6-10 B1F(地図
 T E L :03-3202-7808
 営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:30(LO 23:00)
 定 休 日:日曜日



posted by こうめ at 10:01| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。