2017年02月06日

東中野 大盛軒

 訪問日 平成28年12月1日 木曜日


 今回のベストショット


鉄板麺.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 とある平日のお昼前。。。

 得意先に行くので総武線に乗っておりました。

 この日は早朝出勤ということもあり、すでにお腹はぺこぺこ状態。。。

 参ったなぁ〜

 電車内から外を見ると、丁度そこは東中野駅。

 「そうだ!! たしか、この駅に大盛軒という有名な町中華があったよなぁ〜」と思い出し、急いで下車することにしましたよ。

 こりゃもう大盛軒に行くっきゃない♪  ヾ( ´ー`)/


 お店の場所はJR総武線の東中野駅東口から1分程のところですね。



 この日は午前11時31分に到着。


大盛軒の全容.JPG


 お店は建て替えたのか分かりませんが、外観、店内ともに綺麗で清潔感がありますよ。

 店内に入ってみると、やはり、まだ新しい感じがします。

 席はカウンター席とテーブル席、合せて38席もあるそうです。



大盛軒のメニュー.JPG


 大盛軒と言えば鉄板麺!!

 鉄板麺とは鉄板焼きと半ラーメンとライスのセットの事で、鉄板麺という名前のラーメンではないんですよね。


鉄板麺の魅力.JPG


 メニューを見ると、とにかく鉄板麺を猛烈にアピールしていますww

 中華屋さんだけあって、他にも美味しそうなメニューがいろいろあるのに。

 とにかくおススメは鉄板麺ww

 でも、魅力3の『食べ方が楽しい』と、魅力7の『食べ進めるうちになんだかテンションが上がる〜!』というのはどうなんだろ?(爆)

(^_^; アハハ…


鉄板麺の種類.JPG


 バリエーションもいろいろあるみたいですね。




 さて、本日のご注文は「鉄板麺」です


鉄板麺.JPG
鉄板麺(880円)


 ジュージュー言いながらの登場!!  ヾ( ´ー`)/

 タレの焼けた香りが食欲をそそります。

 ポーク鉄板焼き、半ラーメン、ライスの他に、生卵とフライドガーリックとお新香も付いていますよ。



迷ったらこれ.JPG


 しかし、ここまで言われたら鉄板麺を頼むしかないですよね(爆)  f^_^;

 で、周りを見渡すと、やはりほとんどのお客さんが鉄板麺を食べていますww



鉄板麺のアップ.JPG


 鉄板焼きは、焼けた鉄板に生キャベツを乗せ、その上に別のフライパンで焼いた豚バラ肉を乗せていますよ。

 たれは醤油ベースのシャリアピン風ですね。



食べ方.JPG


 テーブルにはちゃんと食べ方の指南書があります。



生卵とガーリック.JPG


 それに寄りますと・・・

 具の中央に窪みを付けて生卵を割り入れ、フライドガーリックをかけるそうでつ。


ポーク鉄板焼き.JPG


 こんな感じで・・・  ( ̄  ̄)b



タバスコ.JPG


 タバスコはドバ〜っとかけるそうです。

 しかし、デカいタバスコだなぁ〜ww



混ぜた鉄板焼き.JPG


 そして、素早くまぜまぜ〜♪  O(≧▽≦)O



ごはん.JPG

キャベツのアップ.JPG


 あとはご飯と一緒にひたすら食うべし!!


 たれは甘さ控えめで薄味ですね。

 というか、キャベツから水が出るので味が薄まるみたい。

 そういった場合はテーブル上にたれがあるので、それをかければいいんですね。



半ラーメン.JPG


 そして、忘れてはいけないのが半ラーメン!!

 スープは優しい感じのあっさり醤油味。

 魚介系の出汁が利いていて和風っぱいでつ。

 具は海苔と刻みネギのみでシンプルですね。


麺のアップ.JPG


 麺は中太縮れ麺。

 やや平べったくモチモチしていますよ。

 こりゃ、ラーメンも侮れませんな。


 このセット、ボリュームがあって腹ペコの人には持って来いですね。 (>▽<)b OK!!


 店  名:大盛軒(おおもりけん)
 住  所:東京都中野区東中野1-51-1(地図
 T E L :03-3371-5743
 営業時間:11:00〜22:00
 定 休 日:無休(年末年始は休業)



posted by こうめ at 08:42| Comment(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

有楽町 交通飯店

 訪問日 平成28年11月2日 水曜日


 今回のベストショット


ミニチャーハン.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 最近、有楽町駅周辺でのお仕事が多い 愛の戦士 こうめタン。。。

 この日も有楽町でお仕事だったので、お昼は久しぶりに「交通飯店」に行くことにしましたよ


 お店の場所は、東京メトロ有楽町線の有楽町駅から2分ほど、JR有楽町駅から3分程のところですね。



 この日はお昼の12時23分に到着🏠


交通飯店の店構え.JPG


 お店は交通会館の地下1階食堂街にありますよ。

 お昼時は混雑しており、並ぶことになります。

 この日も18人ほど並んでおりました。

 でも、回転は速いので15分待ちぐらいだったかな。  f^_^;

 店内は10人ほど座れるカウンター席の他に、2人用テーブル席も2卓用意されております。



見本.JPG


 お店の外にはメニューサンプルのガラスケースがありますよ。

 昔の中華屋さんや食堂には必ずと言っていいほどありましたが、最近はあまり見かけなくなりましたよねぇ。

 でも、この見本を見て食べる物を決める人って、まず、いませんからね(爆)

(^_^; アハハ…



交通飯店のメニュー.JPG


 街中華のメニューなら、ほとんど揃っていますよ。



チャーハンのメニュー.JPG


 ここはチャーハンが人気で、他のメニューとミニチャーハンを組み合わせることが出来ます。

 セットにすると、ミニチャーハンが通常500円のところ50円引きの450円となりお得でつ。



 さて、本日のご注文は「餃子セット」です


たくあん.JPG


 餃子とミニチャーハンをセットにしました。

 お店では”餃子セット”と呼んでいますね。

 で、まずはたくあん2切れとスープが出て来ましたよ。。。  f^_^;



R0039802.JPG


 スープは醤油味であっさりタイプ。

 鶏ガラ出汁が利いております。



ミニチャーハン.JPG
ミニチャーハン(セット価格 450円)


 先程も書きましたが、通常500円のところセット価格で450円になります。

 でも、”ミニ”と言っても通常のチャーハンより少し少ない程度ですよ。

 まぁ、あくまでミニチャーハンであって半チャーハンではありませんからねぇ。


ミニチャーハンのアップ.JPG


 具は、ハム、ねぎ、玉子と至ってシンプル。

 しっとり系とパラパラ系の中間くらいで、ご飯はやや硬めかな。

 味は塩味で優しい味でつ🎵  O(≧▽≦)O

 また、ここはチャーハンを炒めている時の「ガタンゴトン」という鍋の音が非常にリズミカルで良いんですよね。



餃子.JPG
餃子(450円)


 餃子の皮はモッチモチで私好みでつ🎶

 ここの餃子の特徴はニンニクを使っていないことですね。

 なので、お仕事中でも安心ですよ。


餃子のアップ.JPG


 具は、主に肉、ニラ、白菜ですかね!?

 ニラがニンニク抜きをカバーしているんだと思います。

 しかし、ニンニクを使わなくても美味しい焼き餃子は作れるんですね。


 できれば、ビールを飲みながら餃子を食べたかったです(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ


 店  名:交通飯店
 住  所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F(地図
 T E L :03-3214-5558
 営業時間:月〜金 11:00〜21:00(LO 20:30)
      土曜日 11:30〜15:00
 定 休 日:日曜日


 
posted by こうめ at 21:43| Comment(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

下赤塚 ふなせ

 訪問日 平成28年4月23日 土曜日


 今回のベストショット


焼豚.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 実は私、チャーシューが大好きなんですよ(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 なので、どんなに美味しいラーメン食べても、チャーシューがダメだとガッカリ。。。

 最近のラーメン屋さんのチャーシューはトロトロになるまで煮込んじゃう物が多くなっている気がしますが、私が好きなのは昔ながらの肉の質感がしっかりした物なんですねぇ。



 この日はお休みの土曜日。。。

 まっ昼間から美味しいチャーシューでビールが飲みたくなったので、ご近所の「ふなせ」という中華屋さんに行くことにしましたよ


 お店の場所は、東京メトロ有楽町線の地下鉄赤塚駅から7分、東武東上線の下赤塚駅から10分程のところですね。



 この日はお昼の12時24分に到着🏠


ふなせの外観.JPG


 中華屋さんと言っても本格中華のお店ではなく、街中華のお店でつ。

 また、ここは去年、マツコ・デラックスの番組『マツコの知らない世界』で放送されたみたいですね。

 ただ、「マツコの知らない板橋チャーハンの世界」ということで、チャーハンが紹介されたみたいですけど・・・。


 お店に入ると、4席×2卓のテーブルは満席。

 9席のカウンターも半分埋まっています。

 やはり、まだ、テレビの影響が残っているようで、いかにもグルメブロガーというようなカメラを首から下げた方々も見受けられますね。

 まぁ、私もグルメブロガーなんですけどね(爆)  (^_^; アハハ…



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


キリンラガー.JPG


 普通だと瓶ビールは450円なんですが、今回はビールセット(1,000円)にしましたよ。

 このビールセットには、焼豚と味つけ玉子が付いているんですねぇ。



ポテサラ.JPG
ポテトサラダ


 これはビールを注文するとサービスで出てきます。

 ポテサラはジャガイモの形状が残ったタイプ。

 お芋の味がしっかりありますね。



 そして、チャーシューの登場ぉ〜

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



焼豚.JPG
焼豚


 見て下さい!! このチャーシューの照り!!  (@ ̄ρ ̄@) タラ〜

 セットのチャーシューなので3枚ですが、1人なら十分ですよ。


焼豚のアップ.JPG


 豚の肩ロースでしょうか。

 ほど良く脂身が付いて、肉本来の食感は残しつつ柔らかい。。。

 厚みもありますしね。

 単品だと700円ですが、セット物の倍以上のボリュームがありますのでお得でつ。

 また、何故かメニュー表記もひらがなで「やきぶた」となりますww



味玉.JPG


 味つけ玉子も付いていますよ🎵  O(≧▽≦)O

 焼豚の煮汁で味付けしたのかな!?



 そして、チャーハン!!


 デ デ 〜 ン !!

焼飯の全容.JPG
チャーハン(550円)


 これが、テレビで紹介されたチャーハンでつ。  ヾ( ´ー`)/

 塩味でラード使用のしっとり系ですよ。

 ここは国内産のお米を使用しておりますので、ご飯がしっかりしています。


焼飯のアップ.JPG


 で、味の決め手は先程のチャーシューなんですねぇ。

 細かく刻まれたチャーシューがこれでもかというくらい入っております。

 また、脂身の部分を多めに使っているので、コクが出るんですね。



おふろの王様.JPG


 お店の前には「おふろの王様」がありますので、ひとっ風呂浴びた帰りに寄り、焼豚つまみにビールをグビッとやるのもいいかも知れませんね。


 店  名:ふなせ
 住  所:東京都板橋区赤塚新町3-12-12(地図
 T E L :非公開
 営業時間:11:30〜14:00 18:00〜20:30
 定 休 日:日曜、祝日


 
posted by こうめ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

阪東橋 酔来軒

 訪問日 平成27年9月某日 某曜日


 今回のベストショット


焼き豚.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は飲み仲間5人で美味しい街中華のお店「酔来軒」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、横浜市営地下鉄ブルーラインの阪東橋駅から8分程のところですね。


酔来軒の外観.JPG


 こちらはいわゆる本格中華というより、昔ながらの街の中華屋さんですよ。

 創業も1936年(昭和14年)といいますから、既にオープンしてから76年も経つ訳ですね。



酔来軒の小上がり.JPG


 また、店内の小上がりを見て下さい‼

 昭和にタイムスリップしたような感じで、まるで、映画かドラマのセットのようですよね。

 また、よく見ると、テーブルではなくちゃぶ台ですよ。

 これは、もう、星一徹 が喜んでひっくり返しそうです(爆)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


酔来軒で乾杯.JPG
生ビール(中) 500円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



酔来軒のお通し.JPG
お通し


 まずはお通し。。。

 茹でもやしですね。



焼売.JPG
シュウマイ(500円)


 肉団子のような肉々しいシュウマイですよ。

 皮もしっかりしております。

 形がまちまちなのも、手作り感があって良いですね。



揚げワンタン.JPG
揚げワンタン(600円)


 パリッと揚がっております。

 揚げワンタンに掛かっている甘酢餡が、これまた、美味しいぃ〜🎶  ヾ( ´ー`)/



焼き豚.JPG
焼豚(700円)


 東京でチャーシューというと煮豚ですが、こちらではやはり焼豚。

 横浜は中華街を抱えているだけあって、街中華といえども本格的なんですね。

 しかも、700円でこんな分厚い焼豚が10枚も付いてるww



餃子.JPG
餃子(450円)


 皮がしっかりしていて、餡もジューシー!!

 また、餃子には辛子味噌が付いていて、餃子にちょこんと乗せて食べてもいいし、酢醤油に溶いて食べても美味しいですよ。



牡蛎のうまに.JPG
牡蛎のうまに(1,200円)


 牡蛎の他にお豆腐とニラが入っていますね。


うま煮のカキ.JPG


 牡蛎は粒がデカく、食べ応えもありますよ。

 ご飯にかけて食べても美味しそうだなぁ〜  (@ ̄ρ ̄@)



カニ玉.JPG
かに玉(1,000円)


 なんと、中にはカニの他に焼豚も入っております。

 卵は、硬からず、柔らか過ぎずで丁度良い焼き加減でつ!!



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒10年ボトル(1,400円)


 う〜ん、やっぱ、10年物は違うわ🎵 (爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



酔来軒のメニュー.JPG


 ここに、酔来軒のメニューがあります。。。


裏メニュー.JPG


 で、ひっくり返すと底の部分に裏メニューがあります(猛爆)

 これって、裏メニューと言うのかなぁ〜ww  (^_^; アハハ…



海老の蒸しワンタン.JPG
エビの蒸しワンタン(値段不明)


 ということで、本当の裏メニューを出して頂いちゃいました。

 これ、手間がかかるそうで、普段は絶対にやらないそうですよ。


海老ワンタンの中身.JPG


 中にはお肉とプリップリのエビが丸ごと1尾‼

 これはもう、タマランチ会長ですよ(爆) ← ツッコミどころ



ザーサイ.JPG
ザーサイ(値段不明)


 これも、裏メニューになるのかなぁ〜。

 ザーサイが食べたいと言ったら出て来ました(爆)  f^_^;

 しかし、トマト、キュウリに紅しょうがまで入っていますよ。



ワンタン.JPG
ワンタン(550円)


 清湯スープのワンタンも頼んでみましたよ。

 ワンタンのツルリとした食感とあっさり醤油スープが良く合います。



五目焼きそば.JPG
五目焼きソバ(800円)


 〆は五目焼きソバでつ💨

 麺は長崎の皿うどんのような油で揚げた細麺なんですねぇ。

 餡は塩味であっさりしております。

 ちょこんと乗った目玉焼きがいい感じです🎵


 ここは何を食べても美味しいですし、安いですよね。

 まさに最強の街中華ではないですかね。  O(≧▽≦)O


 店  名:広東料理 酔来軒
 住  所:神奈川県横浜市南区真金町1-1(地図
 T E L :045-231-6539
 営業時間:11:00〜21:00
 定 休 日:火曜・第3月曜
 
posted by こうめ at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

板橋 平家 その2

 訪問日 平成27年9月15日 火曜日


 今回のベストショット


焼豚.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間4人で呑める街中華のお店「平家」に行くことになりましたよ


 お店の場所はJR埼京線の板橋駅から1分程のところですね。


 この日は午後8時3分に到着🏠


平家の入口.JPG


 お店はこの雑居ビルの中にあるんですねぇ。

 初めての方は間違いなく入るのに躊躇するはずですよww

 ここは街の中華屋さんなんですが、ほとんどのお客さんがお料理と共にお酒を召し上がられております。

 しかもたくさん。。。(爆)  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


平家で乾杯.JPG
ホッピーセット(430円)


 ここ、ホッピーありますよぉ〜‼ (ホッピーミーナ、大喜び🎵)

 ただ、私が大好きな黒ホッピーは無いんですよね。

 ちなみに、中は240円でつ💨



平家のメニュー.JPG


 さ〜て、何を頼もうかなぁ〜🎶  (´〜`;) う〜ん

 ここは本当にメニューが豊富なんですよ。



焼豚.JPG
焼豚(650円)


 焼豚と書いてありますが、実際は煮豚です。

 写真の通り、1切れがデカくて厚切りなので迫力満点‼

 なんか、ラーメンに入れるのが勿体ないくらいの焼豚ですね(爆)



餃子.JPG
焼きギョーザ(390円) ※写真は2人前


 2人前にすると綺麗に並べてくれますよ。  O(≧▽≦)O

 餡は野菜多めでジューシー。

 ニンニクもいい感じで利いております。



メンポリ.JPG
メンポリ(380円)


 ラーメンの麺を素揚げした物ですね。

 ポリポリとスナック感覚で食べられますよ。

 付属のケチャップ、マヨネーズ、洋がらしを付けても美味しいです。



鶏のからあげ.JPG
若鶏の唐揚げ(650円)


 カリッとサクッととってもジューシー✨  (@ ̄ρ ̄@) タラ〜

 わりと衣は薄めですね。



ホッピーセット.JPG


 ほんと、ホッピーがグイグイと進んじゃいますよ。 (ホッピーミーナ、大喜び🎵)



生姜焼き.JPG
しょうが焼き(630円)


 中華風のしょうが焼きですね。

 豚肉を野菜と供に炒めていて、少しとろみがあります。


 で、このしょうが焼き、おつまみ力も強く、おつまみ力係数は、な、なんと、「84」という高数値💣

( ̄ロ ̄;) ハッ・・・




レバーの唐揚げ.JPG
レバーの唐揚げ(650円)


 揚げたレバーに炒めた野菜(玉ねぎ、人参、キクラゲ)を絡めていますね。

 これ、ごはんのおかずにも良いかも知れません。



炒飯.JPG
チャーハン(710円)


 具がたっぷりのややしっとりタイプのチャーハンですよ。

 刻んだニラとカマボコが良い脇役を演じております。

 ちなみに、これ、〆ではなくおつまみとして注文しました(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



焼きタンメン.JPG
焼きタンメン(740円)


 焼きタンメンというか、完全に塩焼きそばですね。

 でも、これ、ヤバいくらい美味いでつ🎶  (>▽<)b OK!!

 当然、これもおつまみですよ(爆)



マーボーラーメン.JPG
マーボーラーメン(920円)


 これは〆です(猛爆)  f^_^;

 ラーメンの上に麻婆豆腐をかけた物なんですが、ちょっと予想とは違っておりました。

 言葉では上手く表現できないなぁ〜ww



ワンタン麺.JPG
ワンタンメン(700円)


 コシのしっかりした太麺にあまりしつこくない豚骨醤油スープが絡みます。

 ワンタンは皮がしっかりしていますので破けません。

 ワンタン自体美味しいですね。


 しかし、ここは料理もドリンクも豊富で、ほんと使い勝手の良いお店です。

 席数も50席近くあるので、フラッと行って入れないということもほとんど無いでしょうね。


 <<関連記事>>

 ◆板橋 平家


 店  名:平家
 住  所:東京都板橋区板橋1-16-5(地図
 T E L :03-3961-1903
 営業時間:月〜土 18:00〜25:00(LO 24:30)
        日、祝 18:00〜24:00(LO 23:00)
 定 休 日:月数回、月曜
 
posted by こうめ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

新宿 岐阜屋

 訪問日 平成27年9月4日 金曜日


 今回のベストショット


蒸し鶏.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日の仕事が終わった 愛の戦士こうめタン。。。


 たまには1人でちょろっと呑んで帰るか‼

; ̄ロ ̄)!!



思い出横丁.JPG


 そこで立ち寄ったのは新宿の思い出横丁。。。

 なんか、吸い寄せられるように来てしまいましたよ。  f^_^;

 昔から、この雑多なイキフン(雰囲気ねww)が好きなんですよねぇ〜。

 お店も「もつ焼き ウッチャン」や「カブト」など渋いお店が多いでつ💨


 で、今回、いろいろ迷った挙句、「岐阜屋」に入り餃子とビールで一発決めることにしましたよ



 お店の場所はJR新宿駅西口から3分程のところですね。


 この日は午後6時5分に到着🏠


岐阜屋の店構え.JPG


 ここは居酒屋とかではなく、いわば”街中華”のお店ですよ。

 でも、この時間帯はほとんどの人が呑んでますけど・・・(爆)

 お店はちょうど路地と路地をまたぐ感じで建っており、表と裏の両方から入れる仕組みになっております。

 まぁ、どっちが表だか裏だか分からないんですけどねww

 店内はカウンター席のみで55席もありますよ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


岐阜屋で乾杯.JPG
ビール大(570円)


 ここ、ホッピーもあるのですが、まずはビールでしょ⁉ (ホッピーミーナ、不満顔。。。)



餃子.JPG
餃子(400円)


 で、やはり、餃子ですよね🎵  ヾ( ´ー`)/

 お醤油と酢とラー油を自分独自のブレンドで調合したタレにつけて食べる。。。

 こりゃ、もう、タマランチ会長ですよ(爆)

 ちなみに、ここの餃子はニンニクバリバリでつ💡  (>▽<)b OK!!



蒸し鶏.JPG
蒸しどり(420円)


 ここに来たら蒸しどりも食べないとね。  ( ̄  ̄)b

 シンプルな塩ダレ仕立てで、洋がらしをちょこんと付けて食べるとヤバいですよ。

 たっぷり乗った刻みネギもいいですね。

 安いですが量もあります。



 ここで、酎ハイにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


酎ハイ.JPG
酎ハイ(390円)


 2杯目はホッピーではなく酎ハイにしちゃいましたww (ホッピーミーナ、激怒⚡)



岐阜屋からの景色.JPG


 なんか、いい感じで日が暮れて来ましたね。

 さて、これを飲んだら、おいとましましょうかね🌙


 店  名:岐阜屋
 住  所:東京都新宿区西新宿1-2-1(地図
 T E L :03-3342-6858
 営業時間:通常 9:00〜翌1:00
        土金 9:00〜翌2:00
 定 休 日:無 休
 
posted by こうめ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

板橋 平家

 訪問日 平成27年2月21日 土曜日


 今回のベストショット


炒飯.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日、東京ホルモンズに誘って頂き、「馬の串ん」で馬肉料理を堪能した 愛の天使 こうめタン。。。(爆) ← いきなりのツッコミどころww


 当然・・・


 〆のラーメン行くでつ‼

; ̄ロ ̄)!!



 という展開になりまして、我ら6人は飲める中華屋さん「平家」に行くことになりましたよ


 お店の場所はJR埼京線の板橋駅から1分程のところですね。


 この日は午後9時31分に到着🏠


平家の入口.JPG


 ここは、基本、中華屋さんなんですが、居酒屋さんとして使っている人が多いですね。

 また、メニューも多く、サワー類のバリエーションは素晴らしい物があります。



 ここで、同じく板橋の「蜃気楼」で呑んでいたチーム( QT鈴木さんmerさんたっきーくんKちゃーん夫妻)から連絡が入り、合流して一緒に呑むことになりましたよ🆗

 まぁ、大勢の方が楽しいですからね。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


農協サワー.JPG
農協サワー(430円)


 ここ、ホッピーあるんだけど、農協サワー頼んじゃった💡 (ホッピーミーナ、崩れ落ちる💧)

 ちなみに、農協サワーとは焼酎を牛乳で割った健康ドリンクでつ‼  ( ̄  ̄)b



キクラゲ玉子いため.JPG
キクラゲ玉子いため(740円)


 ここのキクラゲ玉子炒めはキクラゲが無茶苦茶入ってますよ。

 まさに、キクラゲが主役ですね。



春巻き.JPG
春巻(3本) 650円


 パリッといい感じに揚がっていますね。

 すでに下味が付いていますので、レモンを搾ってそのままでも美味しいですよ。



水餃子.JPG
水ギョーザ(390円)


 餃子が見えないくらいに白髪ネギがかかっております。

 ニラが多く入っているのが特長かな⁉



メンポリ.JPG
メンポリ(380円)


 ラーメンの麺を素揚げした物ですね。

 付いているケチャップと洋がらしで食べるとお酒がススム君でっつ‼

( ´ ▽ ` )ノ



海老マヨネーズ.JPG
海老マヨネーズ(680円)


 これ、こうめタンの大好物なので、勝手に注文しちゃいました(爆)

 マヨネーズソースがかかったモリモリキャベツが、また、タマランチ会長なんですよねぇ〜🎵



チャーハン.JPG
チャーハン(710円)


 でっかいお椀に入った玉子スープとお新香も付いていますよ🆗


炒飯.JPG


 具がたっぷりのややしっとりタイプのチャーハンですね。

 刻んだニラとカマボコが良い脇役を演じております。

 で、このチャーハン、おつまみ力も強く、


 おつまみ力係数は、な、なんと、「84」という高数値💣

( ̄ロ ̄;) ハッ・・・



納豆ラーメン.JPG
納豆ラーメン(680円)


 ここはラーメンのバリエーションも多いんですよね。

 この納豆ラーメンもその中の1つ。

 ラーメンに納豆を乗っけただけの物なんですが、そのインパクトは絶大です(爆)



野菜ラーメン.JPG
野菜ラーメン(740円)


 まぁ、いわゆるタンメンですね。

 塩味スープなので、あっさり頂けますよ。  ヾ( ´ー`)/



ワンタンメン.JPG
ワンタンメン(700円)


 ここの基本となるスープは醤油とんこつなんですが、それ程くどくないのが特長です。

 そして、麺はコシのある太麺。。。

 このスープと麺とのコンビは、あのジャイアント馬場アントニオ猪木の黄金コンビを軽く超えてますね(爆) ← ツッコミどころ

 もちろん、ワンタンもプルンプルンで美味しいでつ🎵


 さて、皆さん、もうそろそろ終電ですよ🌙


 <<関連記事>>

 ◆板橋 平家 その2


 店  名:平家
 住  所:東京都板橋区板橋1-16-5(地図
 T E L :03-3961-1903
 営業時間:月〜土 18:00〜25:00(LO 24:30)
        日、祝 18:00〜24:00(LO 23:00)
 定 休 日:月数回、月曜
 
posted by こうめ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

千住大橋 牡丹園

 訪問日 平成26年1月31日 金曜日

 この日は東京ホルモンズテルさん主催の某店でのイカ鍋会だったんですが、男前な女子 キミマツさんとゼロ次会をやることになりましたよ。


 しかも、炒飯と餃子の「牡丹園」で‼ (爆)



 お店の場所は京成線の千住大橋駅から2分程のところですね。


 この日は午後5時57分に到着🏠


牡丹園の店構え.JPG


 お店は昔からある街の中華屋さんといった風情ですね。

 店内も昭和チックな雰囲気に包まれております。

 カウンター3席にテーブル席が14席と決して広くはありませんが、そこそこのキャパですかね。



 店内に入ると、我ら2名は空いているテーブル席に陣取りましたよ🆗



営業の張り紙.JPG


 ここ、近くに足立市場がある為に開店は朝の5時からなんですよね。

 その為か夜の営業は、火、金、土のみで、結構敷居が高かったりします。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


牡丹園でお疲れちゃん.JPG
ビール(中) 550円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



お通しのザーサイ.JPG
お通し?


 お通しですかね⁉

 ビールを頼むと漏れなく付いて来るようでつ。



 こうめタン ホントにイカ鍋の前に餃子と炒飯を喰うんでつか?(汗)

 キミマツさん こうめたん:きみまつ=7:3の分け方でいけば楽勝でつね♪

 こうめタン ・・・ ( ̄Д ̄;) ガーン



 で、炒飯を注文‼  ヾ( ´ー`)/


 ド ド 〜 ン ‼

チャーシューチャーハンの全容.JPG
チャーシューチャーハン(850円)



 か、カメラさんアップでつ💨  Σ( ̄ロ ̄lll)



 デ デ 〜 ン ‼

チャーシューチャーハンのアップ.JPG


 炒飯の周りを細く刻んだ焼豚が取り囲んでますね。

 炒飯本体はパラパラ系で、刻んだナルトがいい味を演出しておりますよ🎵

 焼豚も香ばしくてビールのアテに良いですね。



炒飯のスープ.JPG


 炒飯に付いて来るこのスープも侮れません💨  ; ̄ロ ̄)!!

 和風のラーメンスープといった感じで、ワカメもたっぷり入ってますよ。



牡丹園の餃子.JPG
餃子(450円)


 皮は柔らかめですが、モッチリしてますね。

 餡はニンニクとニラがたっぷり🎵

 これなら、もう1皿くらいイケるなぁ〜ww


 では、キミマツさん

 そろそろ、次のお店に行きますか‼ (爆)


 店  名:牡丹園(ぼたんえん)
 住  所:東京都足立区千住河原町23-7(地図
 T E L :03-3881-2802
 営業時間:平 日 5:00〜14:00
        火金土 5:00〜14:00 17:00〜20:00
 定 休 日:日曜・祝日

 
posted by こうめ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

門前仲町 宝家

 訪問日 平成25年5月17日 金曜日

 この日は、飲み仲間4人と一緒に餃子の美味しい中華屋さん「宝屋」に行くことになりましたよ🆗


 場所は東京メトロ東西線の門前仲町駅から3分程のところですよ。



 この日は午後6時58分に到着🏠


宝家の外観.JPG


 お店の前には大きな鉢植えの木が置かれており、ちょうど入口から中を隠すような感じになっております。

 店内はカウンター席、テーブル席ともに用意されておりますが、ちょっと狭いですね。

 また、宴会が入るとテーブルを横向きにセッティングする為、入口からは入れず厨房から出入りすることになりますよ。

 この日も宴会が入っていたようで、厨房からの出入りになりました(笑)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


宝家でお疲れちゃん.JPG
キリンビール大(600円)


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)


 あと、今回はおまかせコースにしちゃいました。

 コースの値段は特に決まっておらず、その日入った食材でテキトーに出てきます(爆)



鯨のお刺身.jpg
鯨のお刺身



 ここ、本当に中華屋さんでつか⁉  ( ̄Д ̄;)


 鯨のお刺身も中華風の味付けとかではなく、「づけ」にして生姜を添えた物ですよ。

 でも、これ、うまい‼



ギンダラの煮付け.JPG
銀だらの煮付け



 ここ、ほんとーに中華屋さんですよねぇ⁉  ( ̄▽ ̄;)


 銀だらは身が厚くて脂の乗り具合も良いですね。

 また、煮汁の塩梅も良くて、お酒がススム君ですよ💨

 この後、この煮汁をご飯にかけて食べている人もいたけど・・・(爆)



お刺身盛り合せ.JPG
お刺身盛り合せ



 ところで、ここ、何屋さんでしたっけ⁉ (猛爆)

(^_^; アハハ…




刺し盛りのアップ.JPG


 内容は、イナダ(たぶん)、ホタテ、マグロ中トロ、ボタンエビ、白身(不明)、サケですね。

 お魚はマスターが、毎日、築地で仕入れて来るそうで、とっても新鮮ですよ。

 盛り方が豪快で全く飾りっ気はありませんが、味は間違いないですね。



宝家の餃子.JPG
餃 子 



 やっと、中華らしい物が出てきましたww   f^_^;


 皮から手作りですよ。

 中の餡は野菜中心で、ニンニクとニラが利いてますね。

 ビールというより、ご飯に合う餃子です‼



牛ステーキ.JPG
牛ステーキ



(* ̄∇ ̄*)  アハハハハハハハ・・・・・・・・



 デカイです‼

 お肉が2枚付いてるんですが、たぶん、2枚で500グラムは軽くありますね。

 厚みも3センチ位あります。


ステーキのアップ.JPG


 しかも、鯨ベーコンがたっぷり入ったサラダが大盛りで付いてますよ🎵


おいしいお肉.JPG


 焼き加減もミディアムで、とっても柔らかくジューシーです💡

 ソースはシャリアピン系でサラダにも合いますよ。



味噌ラーメン.jpg


宝家の麺.jpg
ミニみそラーメン


 最後の〆はみそラーメンですよぉ〜🎵

 ミニサイズ(たぶん、半ラーメン)なんですが、1人1杯出てきます。

 でも、麺の量は全然ミニじゃないですよ(笑)


 結局、中華らしいお料理は餃子とみそラーメンだけでしたね(笑)

 4人でビール1本、芋焼酎「黒霧島」ボトル1本、割り物のウーロン茶、ライス1杯(笑)、そして、このお料理で20,400円でした。(1人当たり 5,100円)

 今度はここですき焼き食べます💨 (爆)


 店  名:宝家(たからや)
 住  所:東京都江東区門前仲町1-12-5(地図
 T E L :03-3643-4538
 営業時間:11:30〜13:30 18:00〜23:00
 定 休 日:日曜日

 
posted by こうめ at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

西台 ラーメン海

 訪問日 平成24年10月某日 土曜日

 こんにちは。

 紀伊國屋文左衛門です💣 ← いきなりのツッコミどころ


 実は私。。。

 特殊能力を持ってるんですよ。 お嬢さん‼


 それは”美味しいお店の前に立つとメガネが曇る”という能力なんですけどね。


 今までこの能力を使い、いろんな美味しいお店を発見して来ました💨

 成増の「キッチン 肉の宝屋」や上板橋の「江戸前手打ちそば 蕎香(きょうか)」など、発見した店の数を数えたら切りがないですよ。

 その中でも、「やきとり良太」を見つけた時は凄かったですねぇ〜。

 メガネの曇りが5日間取れず、車の運転もできなかったですから・・・(爆)

 メガネクリンビューも全く役に立たなかったですね(猛爆)


 で、今回もその特殊能力を使って発見したお店「ラーメン海」を紹介しますよ🆗



 場所は都営地下鉄三田線の西台駅から7分程のところですね。

 で、実はこの西台というエリア、意外と良いお店が集まっております。



 この日は、午後7時51分に到着🏠


ラーメン海の外観.JPG


 ここ、ラーメンを中心にした中華屋なんですが、「おでん」のノボリが出てますでしょ⁉

 そう、このお店は中華屋とおでん屋をたして2で割ったようなお店なんですねぇ。



店内のマンガ.JPG


 で、店内に入ると壁一面に漫画、漫画、漫画・・・・・・ ヘ(゚∀゚*)ノ

 カウンター席の上にまで本棚がありますよ💧

 それなので、正確に言うと、中華屋とおでん屋とマンガ喫茶をたして3で割ったようなお店なんですねぇ〜ww



ラーメン海のおでん鍋.jpg


 とりあえず、おでん鍋の前のカウンター席が空いておりましたので座りましたよ🆗



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


ラーメン海でお疲れちゃん.JPG


 残念ながら、ここ、ホッピーはないんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



玉子、はんぺん、大根.jpg
玉子、はんぺん、大根(各100円)


 まずは、おでんからいただきましょうかね。

 このお店のおでんはセルフで、取った数をマスターに自己申告するシステムなんですよ。

 おでんの具は全て100円均一です。


おでんのアップ.jpg


 見て下さい‼ この色艶を‼

 完璧な関東風おでんの色ですよね🎵


おでんの玉子.jpg



 これで、美味しくないわけがないじゃないでつか‼

(* ̄ー ̄) ニヤリ




昆布、牛すじ、ロールキャベツ.jpg
昆布、牛すじ、ロールキャベツ(各100円)


 牛すじなんていう関西のおでん種もありますよ✨

 ロールキャベツも出汁が滲みてて美味い❗



 ここで、日本酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



コップ酒.JPG
日本酒 こしのはくせつ(400円)


 やはり、おでんには日本酒ですよね🎵



ラーメン海の餃子.JPG
餃子(350円)


 これぞ、ラーメン屋の餃子という感じですかね。

 意外と肉が入ってますよ。



豆腐サラダ.JPG
豆腐サラダ(400円)


 名前の通り、冷やっこの上にサラダが乗ってます(笑)

 ミツカンポン酢の空き瓶に入った自家製和風ドレッシングをかけて頂きますよ。

 野菜たっぷりのヘルシーメニューですね🆗



 で、〆は当然、ラーメンでしょ‼

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



ラーメン海のラーメン.JPG
ラーメン(500円)


 これぞ、昔ながらの醤油ラーメン‼


醤油ラーメンの麺.JPG


 今のヤング(← 死語ww)に受け入れられる味かどうかはわかりませんが、これぞ昭和を支えてきたラーメンの味であることは間違いありませんよ。


 店  名:ラーメン海
 住  所:東京都板橋区高島平1-35-8(地図
 T E L :非公開
 営業時間:営業時間 11:30〜13:30 18:00〜23:00
 定 休 日:日曜・祝日

posted by こうめ at 18:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

江戸川橋 新雅 (しんが)

 訪問日 平成24年9月27日 木曜日

 一昔前、イタリア料理のことを当時のヤング達(死語ww)はイタ飯なんて言ってました。。。

 当時からナウい(死語ww)ことにはうとかった私は、イタ飯=炒めご飯=チャーハンだとばかり思ってました。。。 (ちまみに、タコスは酢ダコだと思ってましたがww)

 まぁ、そんなことを思い出していましたら、無性にチャーハンが食べたくなりました(爆)

 で、この日のお昼は昔からある中華屋さん「新雅」に行くことにしましたよ🆗



 場所は東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅3番出口から2分ほどのところですね。



 この日は、午前11時19分に到着🏠


新雅の外観.JPG


 見て下さい‼ この外観‼

 きたなシュランに認定されそうなお店ですよね(爆)

 しかし、お昼時には行列すらできるお店なんです。

 店内も10人座れるかくらいの小さなカウンター席のみで、まるで昭和にタイムスリップしたかのようですよ。

 お店は家族で切り盛りしているようで、今は息子さん主体でやっているようです。

 これなら、「豊屯」と同じく、こういう中華屋さんでありがちな跡取り問題の心配はありませんね。

 地元の「中華料理 飛鳥」あたりは心配だなぁ〜💧



新雅のメニュー その1.JPG

新雅のメニュー その2.JPG


 実はこのお店、ニラソバ(700円)がキラーメニューなんですねぇ💨

 メニューは決して多くはないですが、大概の物は美味しいですよ。



 さて、本日のご注文は「チャーハン」です✨ あっ❗ 餃子もね🎵


チャーハンの全容.jpg
チャーハン(600円)


 チャーハンにはスープとお新香が付きますよ。

 ちなみに、スープは鶏ガラ出汁のラーメンスープですね。



新雅の炒飯.jpg


 結構、ボリュームがありますよ💡

 ややしっとりしたタイプのチャーハンで、私の大好きな醤油系でつ‼


炒飯のアップ.jpg


 具には、チャーシュー、ナルト、刻み椎茸、玉子が入ってますよ。

 でも、チャーハンの具に椎茸を使うなんて珍しいですよね。

 この椎茸から良いダシがでているのかなぁ〜🎵



新雅の餃子.jpg
餃子(500円)


 餃子は少し小振りながらも、皮がモチモチしており美味しいですよ💨


餃子の中身.jpg


 中の餡には結構お肉が使われてますね。

 チャーハンを頬張り、その後、すかさず餃子にかぶりつく・・・


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 店  名:新雅(しんが)
 住  所:東京都文京区水道2-9-12(地図
 T E L :03-3946-2077
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜22:00
 定 休 日:日曜日、祭日

posted by こうめ at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

仲御徒町 来集軒

 訪問日 平成24年1月30日 月曜日

 
 こんにちは。


 ボボブラジルです(猛爆)


 私。。。
 
 20代の頃は、豚骨ラーメンや脂ギトギトラーメンが3度の飯より好きでしたよ。← 言葉の使い方がまちがっとる💢


 でも、今は、あっさり醤油ラーメンの方が好きどぇ〜す‼

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



 何でだろ???

 年だからとは思いたくない。。。 (ーー;)


 そこで、今回は、私が最近ハマっている昔ながらの中華屋さん「来集軒」を紹介しますよ。


 場所は、東京メトロ日比谷線の仲御徒町駅から5分、JR山手線の御徒町駅から9分程のところですね。


 
 この日は、午後1時16分に到着🏠


来集軒の外観.JPG


 外観と店内は、”きたなシュラン”に認定されそうな感じというか、昭和40年代そのままの佇まい。。。

 お店は、80歳くらい(?)のおばあちゃんと、その娘さんの2人で切り盛りしているんですねぇ。

 また、お店の営業日が、月、火、金、土の週4日で、営業時間が11:30〜15:30という敷居の高さ💨


来集軒のメニュー.JPG


 メニューは、それほど多くはないですね。

 大体、お客の7割がワンタンメンを注文していますよ。

 また、ソースチャーハンもキラーメニューです💡



 さて、本日のご注文は「ワンタンメン」です✨ あっ❗ 小カレーもね🎵


ワンタンメンと小カレー.JPG
ワンタンメン(500円)とカレーライス小(350円)


 どうです‼

 良いルックスでしょ⁉ (笑)


来集軒のワンタンメン.JPG


 見るからに、昭和のラーメン‼

 具は、ワンタン、チャーシュー、メンマ、のり、刻みネギですよ🆗


ワンタンメンの麺.JPG


 麺は、太さ普通のちぢれ麺ですね。

 麺の固さも丁度いいですし、のど越しもいいですよ。

 そして、麺の量はちょい多めでつ〜ww


ワンタンメンのスープ.JPG


 スープは、あっさり醤油の鶏ガラスープ🎵


 これですよ‼ これ‼ (爆)

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



来集軒のワンタン.JPG


 ラーメンが450円で、ワンタンメンが500円。

 50円の差なら、絶対にワンタンメンの方がお得ですよねぇ〜ww

 ただ、ワンタンは全部くっ付くいちゃってて、一体、何枚入っているんだかわからないですよ(爆)

 昔ながらのペラペラワンタンで、ちょっと入っている挽肉が嬉しいでつ♨


来集軒のチャーシュー.JPG


 アバウトに切られたチャーシューは、肉の旨みもあり、イイ感じですよ。


来集軒の小カレー.JPG
カレーライス(小) 350円


 これのどこが、小カレーやねん‼ (爆)

; ̄ロ ̄)!!


 量は、ちょっと軽めの1人前くらいありますよ。


カレー一口.JPG


 粘度が高く塩分も高めの、これまた、昭和のカレー🆗

 無茶苦茶うまいというわけではありませんが、どこか懐かしいお父さんの味ですね。 ← ツッコミどころ

 さすがに、ワンタンメンとカレー(小)を食べると、お腹一杯になりますな(笑)


 住  所:東京都台東区台東2-31-9(地図
 T E L :03-3831-3593
 営業時間:11:30〜15:30
 定 休 日:水・木・日・祝

 
posted by こうめ at 08:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

神田 西海

 訪問日 平成23年12月19日 月曜日

 この日、神田で仕事の愛の戦死 こうめタン。 ← いきなりのツッコミどころ(爆)

 お昼は、長崎料理のお店「西海」へ行くことにしましたよ。


 場所はJRの神田駅から5分程のところですね。



 この日は、午後1時16分に到着🏠


西海の外観.JPG


 お店の内外ともに”街の中華屋さん”といった風情ですね。


西海のランチメニュー.JPG


 ランチメニューは、看板メニューのちゃんぽん(800円)、皿うどん(800円)を筆頭にいろいろありますねぇ〜🎵


 しか〜し、私が狙っているのはこれでつ💣


 デ デ 〜 ン ‼

西海の特別定食.JPG



 と、とくべつていしょく・・・⁉

Σ( ̄ロ ̄lll) はっ!



 しかも、午後1時から・・・

( ̄ロ ̄;) うっ・・・


 こりゃ、もう、頼むしかないでしょ❗ (爆)


 ということで・・・



 本日のご注文は「特別定食」です✨ (猛爆)

特別定食の全容.JPG
特別定食(900円)


 特別定食は、ちゃんぽんのセットか皿うどんのセットが選べるんですが、今回は皿うどんのセットにしましたよ🆗

 皿うどんの特別定食には、小皿うどん、スープ、角煮、水ギョウザ、小鉢、ライスが付きます。


小皿うどん.JPG


 皿うどんの餡には、多少甘みがあり、テーブル備え付けのソースをかけて食べると美味しいですよ。

 具は、キャベツ、もやし、豚肉、いか下足、はんぺん、さつま揚げ、ちくわ等が入ってますね。


皿うどんの揚げ麺.JPG

 
 麺はお約束のパリパリに揚げた細麺‼

 パリパリの食感もいいんですが、汁気を吸ってしんなりした揚げ麺も、これまた、いいんですよねぇ〜🎵


特別定食のスープ.JPG


 スープは、ちゃんぽんから麺を抜いた感じの物。


スープの具.JPG


 チョー具だくさんですよ🎵

 具材は、基本的に皿うどんと同じで、あっさり豚骨スープですね。

 生姜がわりと利いてます。


西海の水餃子.JPG


 手作りと思われる餃子の皮は、かなり厚みがあり、モッチリしてますよ。

 ただ、はっきり言って、具は少ないです💧

 中華屋のワンタンのように、皮を食べる感じですかねww


西海の角煮.JPG

角煮の中身.JPG


 角煮は、色の薄いダシで炊いてますよ。

 ただ、見た目と違い、しっかりした味が付いております🆗

 柔らかく煮込まれており、お箸で簡単に崩せますね🎵


西海の麻婆豆腐.JPG


 この日の小鉢は、麻婆豆腐でした。(っていうか、いつも、麻婆豆腐のような気がするww)

 辛いですが、花椒は未使用で、唐辛子の辛さですね。

 全体的にコクがあり、八角の香りが食欲をそそりますよ🚩



 で、当然、ご飯にかけますよね⁉ (爆)


 デ デ 〜 ン ‼

ごはんにかけたマーボ.JPG



 味が濃いので、ご飯にも合うんでつ〜🎵 

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ


 ここ、夜はメニューも豊富で、居酒屋としても使えますよ🆗


 住  所:東京都千代田区内神田2-8-5(地図
 T E L :03-3254-4780
 営業時間:11:30〜14:00 17:00〜22:30
 定 休 日:土曜・日曜・祝日

 
posted by こうめ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

飯田橋 餃子の店 おけ以(おけい)

 訪問日 平成23年11月28日 月曜日

 この日は、仕事で飯田橋に来ておりまして、お昼時、何の迷いもなく、「餃子の店 おけ以」に行きましたよ。

 っていうか、前の晩からこの日のお昼は、「おけ以」と決めていたんですけどねぇ(笑)


 場所は、JR飯田橋駅から5分程のところですね。



 この日は、午前11時53分に到着🏠


飯田橋のラーメンストリート.JPG


 な、なんと、ここの通りは、「大勝軒」「青葉」「おけ以」と3件並んでいるんですねぇ。

 この時は、「大勝軒」が一番混んでるようでしたけど・・・。


おけ以の外観.JPG


 外には、まるで居酒屋のような立派な暖簾が掛ってますよ。

 店内はいかにも街の中華屋といった雰囲気ですね。

 カウンターは8席、テーブル席は18席あるようです🆗


 
 さて、本日のご注文は「湯麺(タンメン)」です✨ あっ❗ 餃子もつけてね🎵


おけ以のタンメン.JPG
湯麺(タンメン) 660円



 この店、タンメンと餃子がキラーメニューなんです‼

(* ̄ー ̄) ニヤリ


 昼はほとんどの人が、タンメンと餃子の組み合わせですね。


湯麺のアップ.JPG


 タンメンの具材は、モヤシ8:キャベツ2の割合に、豚コマが少し入ってますね。


湯麺の麺.JPG


 麺は、やや縮れた中太の麺。

 適度なコシとのど越しの良さが特徴です💡


 まぁ、この麺を人で例えるなら、天海祐希ですかね(爆)

( ̄(∞) ̄;) なんでやねん?



タンメンのスープ.JPG


 スープは脂の少ない清湯(チンタン)系ですね。

 野菜の旨みもしっかり出ていますよ🆗

 昔なつかしい味です🎵



 そして、餃子の登場✨

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜


おけ以の餃子.JPG
餃子(570円)


 もう一つのキラーメニューの餃子ですよ。

 わりと小振りの物が7個付いてますね🚩

 実は、焼餃子発祥の店は、ここではないかと言われているんですねぇ。


餃子のアップ.JPG


 手作りの皮は、わりと柔らかめ。


醤油に餃子.JPG


 餡はニンニクが入っていない為か、あっさりしていますね。

 肉と野菜のバランスも良いですよ。

 これなら、いくらでも食べられそうですww


 まぁ、この餃子を人に例えるなら、香川照之ですかね(爆)

ヾ(*´▽`*)ノ わけわかんないでつぅ!



 住  所:東京都千代田区富士見2-12-16(地図
 T E L :03-3261-3930
 営業時間:11:30〜13:50(L.O) 17:00〜20:50(L.O)
 定 休 日:日曜・祝日・第3土曜

 
posted by こうめ at 22:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

大山 炒飯 一心菜

 訪問日 平成23年10月23日 日曜日


 今回は東上線ローカルねたフェアーの第3弾でつ!!

O(≧▽≦)O キャー



 で、ロザリーさんおはらんさんが、ブログで取り上げていた炒飯専門店「一心菜」に行ってみることにしましたよ。


 場所は、東武東上線の大山駅から5分程のところですね。



 ただ、おはらんさんのブログ情報によると、お店がわかり辛いようなんですよぉ〜💧


 そこで、あらかじめ住所を控えて行き、大山駅に着いたところで秘密兵器の導入‼


 デ デ 〜 ン ‼

iphoneの登場.JPG


 そうでつ💨

 携帯電話のWBC機能 GPS機能を使ったんですねぇ。

 それにしても、クネクネ曲がってます(爆)



 この日は、お昼の12時5分に到着🏠


一心菜の外観.JPG


 ここ、元々はケーキ屋さんだったようですねぇ。

 看板がそのまま残ってますよ。


一心菜のメニュー.JPG


 それにしても、炒飯の専門店なんて珍しいですよねぇ💡

 ただ、炒飯以外にも、ホイコーロー丼(600円)だとか、エビチリ丼(650円)なんていうメニューもありますよ。



 さて、本日のご注文は「玉子炒飯お得セット」です✨


炒飯セット.JPG
玉子炒飯お得セット(650円)


 「玉子炒飯お得セット」には、半ラーメンが付きますよ🆗

 ただ、すみれ レンゲは1つあればいいと思いますけど・・・💧


一心菜の玉子炒飯.JPG


 具は、玉子とみじん切りのねぎのみという、シンプルな構成。

 チャーシューすら入ってません(笑)


玉子炒飯のアップ.JPG


 驚いたのは、以外にもパラッとしており、油っこくないんですねぇ〜。

 やるな❗ オヤジ‼ (爆)



 そして、半ラーメン💨


セットのラーメン.jpg



 これ、半分の量じゃないです💧 (爆)

ヘ(゚∀゚*)ノ へっ!?



ラーメンの麺.JPG


 麺はやや太めのストレート。

 加水率が高めののど越しの良い麺ですね🆗


ラーメンのスープ.JPG



 スープはご覧の通り、私の心のように澄み切っております(猛爆)

ヾ(*´▽`*)ノ そんなのウソでつぅ!


 鶏ガラスープで、生姜がけっこう利いてますね。


セルフサービスのコーヒー.JPG


 コーヒーはセルフで用意されてますよ。

 ただし、インスタントですけど・・・ww

 入り口付近のテーブルに、ポットとインスタントコーヒーが瓶ごと置いてありますので、自分でお湯を注いで作りましょう🎵


 住  所:東京都板橋区大山金井町41-11(地図
 T E L :03-5926-8557
 営業時間:平 日 11:30〜14:30 17:00〜22:30
        日・祝 11:30〜14:30 17:00〜20:30
 定 休 日:土曜日

posted by こうめ at 15:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

京成立石 餃子の店 蘭州

 訪問日 平成23年1月15日 土曜日

 この日、立石の飲み歩きツアーを慣行していた”板橋伊達男3人組(爆)”ラルさん鉄郎さんこうめタンの三人。

 「串揚げ100円ショップ」、「ミツワ」、「二毛作」と飲み歩き、次のターゲットにしたのは餃子が美味しいと評判のお店「蘭州」ですよ🆗

 「二毛作」とは、ほんの数分の距離ですが、線路を挟んで反対側ですね。



 この日は一体何時に到着したのか、記憶にございません(爆)

(−_−;) う〜ん


 まぁ、4軒目になると大体こんなもんでしょう (^_^; アハハ…


蘭州の外観.JPG


 外観はどこにでもある街の中華屋さんといった感じ・・・。

 我々3人は、何とか奥のテーブル席をゲットしましたよ。

 たいへん混んでいましたので、相席ですけどね💡


 やはり、ここでも、「アレはやらにぁ〜いかんだろ!!」という意見が全体の98%を占めていましたので、やることにしましたよ‼ (どこの意見やねん👊)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


紹興酒でお疲れちゃん.JPG
紹興酒ボトル 1,800円


 たまには紹興酒で決めてみましたよ (* ̄ー ̄) ニヤリ


蘭州の焼き餃子.JPG
焼き餃子(350円)


 1皿に5個の餃子がのってます。

 また、手作りの皮がモッチモチで美味しいですねぇ🎵


 我々3人は美味しさのあまり、思わずシコを踏んでしまいましたよ‼

ヾ(*´▽`*)ノ バカみたいでつぅ!



ニラ餃子.JPG
ニラ餃子(400円)


 焼き餃子と見た目は変わりません(爆)


ニラ餃子の中身.JPG


 ですが、中身はでんでん違います‼ (”でんでん”って何よ❗ 笑)

 中身がニラと玉子のようなんですよねぇ。

 一応、他のお二人にも聞いてみたんですが、まったく人の話なんか聞いちゃいない(爆)

(´Д`) はぁ


 好みにもよりますが、どちらも素晴らしいですね。


水餃子パクチーのせ.JPG
水餃子 パクチーのせ(350円+パクチー別料金)


 オプションでパクチーをのせて貰いましたよ🎵

 水餃子は焼き餃子と比べると、さらに皮がモチモチですね。

 ツルリとした舌触りも魅力的です✨

 パクチーを載せたことで、風味がアップしましたよ。

 パクチーが嫌いで無ければ追加すべきですね。


 我々3人は、立石での作戦行動を終わり、その後、地元新板橋の「蜃気楼」に行ったのでした。

 めでたし、めでたし‼


 住  所:東京都葛飾区立石4-25-1(地図
 T E L :03-3694-0306
 営業時間:18:00〜翌3:00
 定 休 日:月曜日

posted by こうめ at 14:07| Comment(14) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

東池袋 北京料理 豊屯

 訪問日 平成22年11月5日 金曜日

 今年は平城遷都1300年ということで、奈良ではイベントが行われており、我らが歴史研究家 沼田先生も出席して来たようですよ。

 そこで、『平城遷都1300年祭』のお話を聞きたかったもので、先生の好きな中華屋さん「豊屯」にお呼びいたしましたww


 場所は東京メトロ有楽町線の東池袋駅から4分ほどのところですね。



 この日は午後6時半に到着🏠


豊屯の外観.JPG


 外観はどこにでもある街の中華屋といった感じですね💨

 入り口を入るとすぐにカウンターが広がり、その奥がテーブル席になりますよ。


 我々は、入り口近くのカウンター席に着陸成功(笑)


 
 こ う め:先生、いつものヤツやりますか⁉

 沼田先生:キミ、やらなくて済む方法はないのかね⁉

 こ う め:残念ながら、ありません‼

 沼田先生:・・・・・・ (−_−;)


 ということで、

 では、では、いつもの・・・



 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


キリンクラッシックラガー.JPG


 店中、隅々まで見渡したのですが、瓶ビールの値段は書いてないんですよねぇ💢

 まぁ、500円位でしょう。


豊屯のお通し.JPG
お通し?


 ビール等の酒類を注文すると、もれなく、このネギが付いて来ます。

 これは、白髭ねぎ(ちょっと太いか!)ににんにく酢醤油のタレをかけたものですよ。


 さて、何か頼みましょうと壁に貼られたメニューを見ると・・・⁉


 デ デ 〜 ン ‼

豊屯のメニュー.JPG



 ここ、日本のお金、使えないんでつか‼

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



 と思ったら、ただのシャレでした(爆)

 驚きましたよ💨  ( ̄(∞) ̄;) う〜ん


豚の頭.JPG
猪頭(ジイ トウズ) 450円


 豚の頭の部分(たぶん、耳元あたり?)を醤油や八角などで味付けして蒸しあげた物ですね。

 これも、やはり、おろしにんにくが利いた酢醤油のタレがかかっていますよ。

 豚足や豚耳と同じくゼラチンがほとんどなので、プルプル、クニュクニュしております💡


焼き餃子.JPG

餃子のアップ.JPG
焼餃子(8個) 500円 


 ここのキラーメニューの一つがこの餃子なんですねぇ🎵

 以前に発行された『大人の週末』の餃子ランキングで5位以内に入ってましたよ。

 餡には青森産のニンニクが惜しげもなく使われておりますよ。

 豚肉とニラもた〜っぷりです💡 ヾ( ´ー`)/


豊屯の焼三鮮.JPG
焼三鮮(チャオ サン セン) 1,000円


 豚肉、きくらげ、椎茸、タケノコのオイスターソース炒めですね。

 ここでは主役は豚肉ではなく、きくらげなんですねぇ🎵

 中国産のきくらげで、大きくて、とても肉厚ですよ‼

 オイスターソースの旨みと良い具合に絡まって、「あ〜、もうどうにでもしてくれ〜」という感じになります(爆)


 そこで・・・


 老酒にチェ〜ンジ‼  (* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


老酒.JPG
老酒(一合)400円


 う〜ん、やっぱり、老酒でしょ❗(爆)

 紹興酒と比べて、まろやかで好きですね。


鶏翼兒(チー バー ル).JPG
鶏翼兒(チー バー ル) 450円


 先程の猪頭(ジイ トウズ)と同じく蒸し料理なんですが、これは一度揚げてから蒸したんですかねぇ。

 猪頭(ジイ トウズ)とは完全に調理法が違う感じです。

 これは、作りたてを頂きましたぁ〜🎵


卵入り溜豆腐.JPG
卵入り溜豆腐(600円)


 これ、2人前注文したのではなく、お店の人が気を利かせて2つに分けてくれたんですよ。

 分けないと喧嘩する勢いで食べてましたからねぇ〜ww


溜豆腐のアップ.JPG


 豚肉、豆腐を炒め、それに鶏ガラスープと片栗粉を入れたようなお料理ですね。

 そのまま食べても美味しいのですが、ぜひ、豆板醤を入れてみて下さい。

 また、違った美味しさが味わえますよ🆗

 この溜豆腐も豊屯のキラーメニューです✨


サービスの野菜の浅漬け.JPG
野菜の浅漬け(サービス)


 二人でグダグダ呑んでましたら、サービスで野菜の浅漬けを出してくれましたよ。

 これで、もう1杯飲めちゃう(爆) O(≧▽≦)O  キャー


 住  所:東京都豊島区東池袋4-2-9(地図
 T E L :03-3971-5734
 営業時間:月〜金 11:30〜14:00 17:00〜22:00
        土曜日 11:30〜14:00 17:00〜22:00
 定 休 日:日曜・祭日・第2、3土曜定休・年末年始

posted by こうめ at 18:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

東武練馬 中華料理 飛鳥

 訪問日 平成22年6月8日 火曜日

 最近、中国人が中国から持ち込んだ、所謂「中国料理」のお店が増えてきた気がしますよ。

 しかし、私が子供の頃は、中国料理と言ったらラーメン屋兼の中華屋にある料理だったんですねぇ。(もちろん、日本人の経営)

 この頃は、中国料理ではなく、中華料理と呼んでいましたよexclamation×2

 この頃の中華料理は、戦後、大陸から引き揚げてきた日本人が中国料理として広めたんだと思うんですけどね。


 さて、そこで、今回は美味しい中華料理を出すお店「中華料理 飛鳥」を紹介しますよ。



 場所は東武東上線の東武練馬駅から6分ほどのところですね。



 この日は午後6時55分に到着家


飛鳥の外観.JPG


 いかにも昔ながらの街中華という感じがいいですね。



飛鳥のメニュー.JPG


 建物自体、かなり古いのですが、店内も年季が入っておりますよ。

 まさに、昭和の中華屋といった趣ですね。

 メニューもかなりリーズナブルな設定で、ラーメンがなんと380円、チャーハンも500円という安さ!!


 思わず、人の目も気にせず、フラメンコを踊ってしまいましたよ爆弾;

♪♪v(⌒o⌒)v♪♪ イエーイ




 さて、本日のご注文は「ニラレバライス」ですぴかぴか(新しい)


ニラレバライスの全体像.JPG
ニラレバライス(750円)


 レバーとニラと醤油の焼けた匂いが、食欲をそそりますねぇ決定

 ニラレバライスには、ライス、スープ、お新香が付きますよ。


ニラレバライスのごはん.JPG



 ただし、ライスはなぜか皿盛り(爆) ( ̄Д ̄;) 



飛鳥のレバニラ.JPG

ニラレバ炒めのアップ.JPG


 具は豚レバー、ニラ、もやし、玉ねぎ、にんじんですね。

 レバーとニラを一緒に口に入れますと、ニラの芳香とレバーのコク味が合わさり、その美味さに・・・


 思わず、人の目も気にせず、フラメンコを踊ってしまいましたよ爆弾; 

ヾ( ´ー`)/ (またかいたらーっ(汗)



美味しいレバー.JPG


 特筆すべきはこのレバーで、素焼きにするのではなく、片栗粉を表面にまぶしてから焼き上げているんですねぇ。

 それなので、レバーの旨みが逃げないのは言うまでもなく、まるで、レバーのから揚げのような、サックリとした食感までも味わえてしまうんですよぉ〜るんるん

 このレバーだけで、ビールが2本飲めますねビール


ニラレバライスに付いているスープ.JPG


 スープはただのラーメンスープなんですが、鳥ガラで摂った琥珀色のスープは、なかなか侮れませんよダッシュ(走り出すさま)

 お新香も自家製の浅漬けで、これもイケますね。

 このお店は比較的料理の量が多いので、大盛りをたのむ時は、自分の腹具合に相談して注文する事をお勧めします。


 住  所:東京都板橋区徳丸1-33-11(地図
 T E L :03-3550-6686
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜22:00
 定 休 日:木曜日

posted by こうめ at 14:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

下赤塚 黄金餃子

 訪問日 平成21年10月24日 土曜日

 今回は前回の続編になりますね。

 このメンバーで飲み会をして1件で終わるわけもなく、当然のごとく次のお店に向かうべく「やきとり さつま」を後にしたのでした。

 ここで、メンバーの1人ゆうさんは風邪の為ここでお別れですよ。

 おうちに帰ってゆっくり休んでください。


 そして、我々3人(QT鈴木さん、ナツさん、私)はタクシーにて次なる店「黄金餃子」に向かいましたよ。

 
 場所は東武東上線下赤塚駅から4分ほどのところですね。

 東京メトロの地下鉄赤塚駅(変な名前!)からですと3分ほどです。


 お店には午後9時半頃到着。


黄金餃子の外観.jpg



 お店は日本人のマスターと上海出身の奥さんと娘さんで切り盛りしてますよ。

 店内にはあちらこちらにメニューが貼られ、訳のわからん置物やらでかなり雑然としており、初めて訪れた人で驚かない人はまずいないでしょうね。

 メニューも豊富で軽く100種類は超えていますよ。

 ここ、一応、中華のお店なんですが、ピザやメンチカツなどもありますね。


 さてさて、今回2回目の・・・


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


ホッピーとバイスサワー.jpg
手前:ホッピー(390円)と奥:バイスサワー


 私、ホッピーさえあれば生きていけるんです!! (ホッピーミーナ大喜び!!)

 この後、ブログコメンテーターのひろしさんが途中で加わりましたよ。

黄金餃子のお通し.jpg
お通しのきゅうりとザーサイ


 お通しはきゅうりの塩漬けのような物とザーサイですね。

 
大根サラダ.jpg
大根サラダ(350円)


 大きめにカットした大根とレタスのサラダで、中華ドレッシングが掛かってますよ。

 すでに2軒目なので、このようなツマミがいいですね。
 

黄金餃子と東京餃子.jpg
手前:東京餃子(390円)と奥:黄金餃子(390円)


 奥のやや黄色がった餃子が店名にもなっている黄金餃子ですよ。

 皮にウコンを練り込んでいるため黄色(黄金色?)なんですね。

 厚めの皮はモッチリしていてまるで水餃子の皮のようです。

 中身の餡は豚肉、しょうが、豚の皮の脂を使用しており、食べると中から熱いスープが飛び出てきますよ。

 それなので、食べ方としては、まず、餃子の端をかじって中のスープをすすり、そして、酢醤油で食べるのがいいですね。
 
 東京餃子は野菜がたっぷりの餃子です。


 おおっとexclamation×2

 
 ここで、まさかの、


 チョコ籠包コォォォォーーーーーーールサッカー O(≧▽≦)O
(誰だexclamation たのんだのexclamation×2



チョコレート小籠包.jpg
チョコレート小籠包(4個 650円)


 一見、ただの小籠包に見えますが、中にはチョコレートが入ってますよぉ〜ww


チョコレート小籠包の中身.jpg
チョコレート小籠包の中身


 チョコレートをそのまま入れたのではなく、チョコ餡にした物を入れた感じですね。

 皮はやはり、もっちり美味しいですし、これはこれでアリかな!?

 フランスのトリフチョコを使っているそうですよ。


手打ち メンチカツ.jpg
 
手打ちメンチカツの中身.jpg
手打ち!! メンチカツ(450円)


 これは完璧に中華から外れてますね(笑)

 しかし、中の肉はジューシーですし、衣は厚いながらもサクサクだし、結構イケますよ。

 ソースを付けずに食べた方が美味しいです。


 この店は料理のバリエーションが豊富なので飽きる事がないですね。

 ここのラーメンも美味しいらしいですよ。

 私は食べた事ないですけど・・・。


 住  所:東京都練馬区北町3-18-6(地図
 T E L :03-5945-9899
 営業時間:20:00〜翌8:00
 定 休 日:不定休

posted by こうめ at 22:06| Comment(11) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

新中野 球磨(くま)

訪問日 平成21年3月26日 木曜日

 このブログの読者の方から、またもや、美味しいうどんのお店のタレコミがありました。

 それは『値段も上がってしまったので行けなくなったのですが、新中野 鍋屋横丁の「四国屋」も一押し。』というものです。

 この情報が入ってからは、毎日四国屋のうどんの夢を見るようになりましたよ。(爆)

 こりゃいかん!!

 そう思い、早速、讃岐うどんが美味しいというお店「四国屋」に行ってみる事に致しました。

 今回も私1人で潜入を試みます。

 

 場所は東京メトロ丸の内線、新中野駅から7分ほどの所らしいですよ。


 新中野駅を降りたところで、ちょっと地図を・・・。


四国屋の地図.jpg


 私の場合、方向オンチなので地図は手放せません。

 7分ほど中野通りを歩くと・・・


 あっ!

 お店がありましたよ。

 しかし、何か変ですねぇ・・・


 ええぇ〜っ!!


 ほ ん と か ぉ 〜

 
 暖簾しまっちゃってるよぉ〜 

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



閉まっている四国屋.jpg


 どうやら、本日の営業は終了したようですね (-_-;)

 って、まだ7時半じゃない。

 確か、閉店は22時のはずなのに・・・。

 なんか、「たけちゃんにぼしらーめん」に行った時を思いでしますねぇ。



 がっくりと肩を落とし、私はトボトボと、今来た道を引き返すのでありました。

 重い足をまるで引きずるように・・・


 しかし・・・


 ある中華屋の前を通った その時!!


 メガネが曇ったぁ〜♪

 そう、私にはおいしいお店の前に立つと、メガネが曇るという特殊能力があるんですよ。(爆)

 この特殊能力で数々の美味しいお店を見つけてきたんですよ。

 私は迷わずそのお店に飛び込みましたよ。

 そのお店は「中華料理 球磨」というお店で、看板には「ちゃんぽん、皿うどん」と書いてありますね。


 ここは、新中野の駅からは3分くらいです。


 午後7時40分に入店。


球磨の外観.jpg


 店内は混んでいて、8割方席が埋まってます。

 期待出来ますねぇ。


球磨のメニュー その1.jpg

球磨のメニュー その2.jpg


 ちゃんぽんと皿うどんの他にも中華メニューが揃ってますね。
 
 定食類も色々ありますよ。(しかも、ほとんどが730円)


 さて、本日のご注文は「皿うどん」です!!


球磨の皿うどん.jpg
皿うどん(780円)


 もうもうと湯気を立てて登場です。

 ボリュームもありますね。

 具には、もやし、キャベツ、豚肉、イカ下足、キクラゲ、にんじん、さつま揚げ、紅色のはんぺんが入ってますよ。

 
ソースをかけた皿うどん.jpg


 カウンターには、酢やマスタード、ウスターソースなどが置いてありますね。

 私はウスターソースをかけます。

 東京の人は酢をかける人が多いですが、本場長崎ではウスターソースをかけるのが普通ですよ。

 野菜たっぷりのアンは、少し甘味がありますね。

 野菜から出た旨味と、ウスターソースのスパイシーさがたまりません。


皿うどんの麺.jpg

餡を絡めた麺.jpg


 麺はカリッカリに揚がってますよ。

 カリッカリのうちに食べるのも良いですが、スープ(アン)を吸ってタラタラになった麺も美味しいですよ。

 
 麺類を注文したお客さんは、100円で半チャーハンが注文できます。

 隣の人のちゃんぽんを覗き込むと、ちゃんと、白湯スープを使ってましたね。


 後から知ったのですが、球磨(くま)は熊本県にある地名のようです。

 ここのご主人は熊本出身なんでしょうか。


 今回は「四国屋」には行けませんでしたが、美味しい皿うどんが食べられました。

 まぁ、結果オーライということで良いのではないですかね。

 次回は「四国屋」ですよ。


 住 所 :東京都中野区本町6-14-11(地図
 T E L :03-3384-3663
 営業時間:11:00〜22:00
 定 休 日:火曜日

 
posted by こうめ at 18:31| Comment(9) | TrackBack(0) | 街の中華屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする