2016年12月04日

東新宿 山西亭 その3

 訪問日 平成28年11月4日 金曜日


 今回のベストショット


山西过油肉.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日はグルメブロガー 村岸ゆうきさんからのお誘いで、山西料理が美味しい中国料理店「山西亭」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、東京メトロ副都心線、都営地下鉄大江戸線の東新宿駅B1出口から3分程のところですね。



 この日は午後6時40分に到着🏠


山西亭の入口.JPG


 お店はこの建物の地下1階にありますよ。

 ここは東京でも珍しい中国山西省の郷土料理を出してくれるお店なんですねぇ。

 まぁ、もちろん、馴染のある中国料理もありますけど・・・。


山西亭の店構え.JPG


 階段で地下に降りるとお店の入口があります。

 店内はカウンター席もありますが、テーブル席が中心。

 全部で40人は入れそうです。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


山西亭でお疲れちゃん.JPG


 今回は11人で山西料理を中心とした特別コースを予約。。。


 会費は、1人 5,400円(税込 飲み放題付き)でっつ!!

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



チンタオビール.JPG
青島ビール


 最初の乾杯は青島ビールで!!

 飲み放題に青島ビールがあるのっていいですよね。

 でも、ホッピーはありません。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



山西风味鸡.JPG
山西风味鸡


 いつものように漢字が読めません(爆)  (^_^; アハハ…

 このお料理は、蒸し鶏と野菜を山西省特産の黒酢(山西香酢)で和えた冷菜ですね。

 中華で蒸し鶏というと棒々鶏を思い浮かべますが、これもサッパリしていて良いでつ。



凉拌莜面.JPG
凉拌莜面


 ”もりそば”じゃありません(爆)

 山西省やモンゴル特産の莜麦(燕麦の一種)で作った麺で、食感も味もそば粉とはまったく違います。

 でも、日本のお蕎麦に見た目は似ていますよね。



山西过油肉.JPG
山西过油肉


 豚ヒレ肉と野菜(玉ねぎ、にんにくの芽、木耳)を山西香酢で炒めたお料理ですよ。

 山西香酢の深いコクと香り、そしてまろやかな酸味が豚肉を美味しくさせています。



炒凉粉.JPG
炒凉粉


 見た目、冬瓜のお料理かと思いましたらまったく違っていました(爆)  f^_^;

 これは、ジャガイモのでん粉から作った麺という事でつ。

 食感はプニュプニュとして、まるで、わらび餅のようですよ。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒


 いつも出て来るヤツですね。

 これは、確か15年ものかな!?



西芹腰菓蝦仁.JPG
西芹腰菓蝦仁


 簡単に言えば、エビとセロリの炒め物ですよ。

 塩味であっさりしている分、エビの旨みが際立ちますね。

 また、カシューナッツが良いアクセントになっております。



ナベ.JPG


 この鍋は何だろう???  ( ̄(∞) ̄;)


 デ デ 〜 ン !!

麻辣牛肉.JPG
麻辣牛肉


 麻辣的な鍋ですなww

 パクチーが散らしてあります。


麻辣牛肉の麺.JPG


 中には美味しそうな麺がたっぷり🎵

 この麺は小麦粉で作った麺ではなく、な、なんと、春雨なんですよねぇ。

 モチっとした食感がタマランチ会長ですよ(爆)



油淋茄子.JPG
油淋茄子


 いわゆる”揚げなす”でつ!!

 サックサクのアッツアツで美味しいぃ〜  O(≧▽≦)O

 油淋鶏にかかっているような甘酸っぱいタレが良く合いますね。



炒不烂子.JPG
炒不烂子


 ジャガイモ入り蒸し麺の焼きそばでつ。

 小麦粉にジャガイモや季節の野菜を練り込み、蒸した麺生地を細かく刻み、水を使わず高温で炒めた山西省の麺料理。

 味付けは、塩、ネギ、唐辛子、ニンニクのみで、とってもシンプルですね。

 食感がちょっとニョッキにも似ています。



王老吉.JPG
王老吉


 で、前回も大好評だった王老吉!!

 ノンアルコールの漢方茶なんですが、今回は白酒の割り物として使いました。

 もちろん、そのまま飲んでいいんですよ。



K醋溜白菜.JPG
K醋溜白菜


 白菜を山西特産の濃厚な黒酢(陳醋)で炒めただけのシンプルなお料理。

 しかし、無茶苦茶ウマいでつ!!

 白菜の食感と黒酢餡の甘酸っぱさがクセになります。



莜面栲栳栳.JPG
莜面栲栳栳(アレンジバージョン)


 莜麦(ヨウマイ)で作ったせいろ蒸し麺に、甘酸っぱい肉と野菜の餡がかかっていますね。

 特製だれにつけて食べるのもいいですけど、この食べ方の方がさらに美味しいですよ。

 まだまだいろんな食べ方があるそうです。



家常豆腐.JPG
家常豆腐


 この肉団子のような物体は自家製のお豆腐。

 食べてみるとがんもどきのようですよ。

 たっぷりの野菜餡とよく合いますね。



炒猫耳朵.JPG
炒猫耳朵


 猫耳朵は生地を小さく千切って親指で押すように作った麺で、どことなく猫の耳に似ているところから付いた名前だそうですよ。

 イタリアのパスタ”オレキエッティ”と同じですよね。

 キクラゲ、卵、ニンニクの芽などと一緒に炒めております。



飲んだ王老吉.JPG


 今回も王老吉先生は大活躍でした(爆)  (>▽<)b OK!!


 <<関連記事>>

 ◆東新宿 山西亭 その2
 ◆東新宿 山西亭


 店  名:山西亭(さんせいてい)
 住  所:東京都新宿区大久保2-6-10 B1F(地図
 T E L :03-3202-7808
 営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:30(LO 23:00)
 定 休 日:日曜日



posted by こうめ at 10:01| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

上野 晴々飯店

 訪問日 平成28年9月27日 火曜日


 今回のベストショット


麻婆豆腐3品.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間のSーちゃんからのお誘いで、四川料理の美味しいお店「晴々飯店 」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、JR上野駅の入谷口から2分程のところですね。



 この日は午後7時7分に到着🏠


晴々飯店 の外観.JPG


 街の食堂のような佇まいのお店ですね。

 店内はテーブル席メインで、2階にも席がありますよ。

 全部で50人ほどが入れるようです。



飲み放題メニュー.JPG


 今回、我々は10人で2階の個室を予約。

 1人 3,150円のAコース(食べ放題+飲み放題 2時間制)にしましたよ。

 お料理はオーダーバイキング制でグランドメニュー全品が対象になります。

 飲み放題のメニューは上の写真の通りで、こちらはグラス交換制でつ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


ビールで乾杯.JPG
生ビール(通常480円)


 ビールはピッチャーで来ますよ。

 サントリーモルツだそうです。



よだれ鶏.JPG
よだれ鶏(通常780円)


 蒸し鶏にピーナッツの入った麻辣のたれが掛かっていますね。

 このピリ辛のたれが美味しい🎵



干し豆腐の和え物.JPG
干し豆腐の和え物(通常350円)


 今や中華の定番の前菜”干絲豆腐”ですね。

 ここのはあっさり塩味で、よだれ鶏の余った麻辣ソースに絡めて食べると、これまた美味しい!!



海老のマヨネーズ和え.JPG
海老のマヨネーズ和え(850円)


 これも今や中華の定番!!

 カリッと揚がった海老のフリッターに、甘めのマヨネーズソースがよく合いますね。



李姐餃子.JPG
李姐餃子(通常400円)


 麻辣だれで食べる水餃子ですよ。

 皮は厚めでモッチモチ!!  ♪( ´▽`)



エリンギとアスパラと木耳の炒め.JPG
エリンギとアスパラと木耳の炒め(850円)


 オイスターソースで炒めてあります。

 それぞれ個性的な歯応えが楽しめますね。



焼餃子.JPG
餃子(450円)


 これ、2人前なのかな!?

 餡にはかなりのニラが使われていますよ。



茄子の山椒揚げ.JPG
茄子の山椒揚げ(通常880円)


 一言で言えば、花椒風味のナスのフリッターでつ。

 ここの四川料理は全体的に花椒を抑えているような気がします。

 日本人向けの味付けにしているんでしょうかねぇ。  (´〜`;)



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒(紹興花雕酒5年)


 飲み放題用に出している紹興酒のようですよ。

 そう言えば、ここ、飲み放題メニューにホッピーが無いですねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



成都風炒飯.JPG
成都風炒飯(通常880円)


 このタイミングで炒飯ですか!?(爆)  (^_^; アハハ…

 花椒が利いた麻辣味の炒飯でつ。



鶏の唐揚げ.JPG
鶏の唐揚げ(通常700円)


 最初2皿頼んで、この後に3皿頼みましたよww

 あと、よだれ鶏干し豆腐の和え物も追加しています🎵



鶏肉カシューナッツ炒め.JPG
鶏肉カシューナッツ炒め(通常750円)


 鶏肉とカシューナッツの素敵なハーモニーww

 ちょっととろみがありますねぇ。



 ここで、麻婆豆腐の登場ぅ〜

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



麻婆豆腐3品.JPG


 ここ、麻婆豆腐は、辛口、大辛、激辛とあるんですが、何故か甘口中辛が無い。 f^_^;

 とりあえず、3種類全部頼みましたよ。


プレミアム麻婆豆腐.JPG
プレミアム麻婆豆腐(通常1,080円)


 で、それぞれ廻している間にどれがどれだか分からなくなりました(爆)

 見た目が同じなので食べてみないと分かりません。  ( ̄▽ ̄;) うっ・・・



白米.JPG


 そして、麻婆豆腐にはご飯だという事で、白飯を注文(爆)

 皆さん、お酒飲みながらガツガツいっちゃっていましたね。  (^_^; アハハ…



四川山椒と牛肉の煮込み.JPG
四川山椒と牛肉の煮込み(通常800円)


 油と唐辛子が凄まじいですよ。

 後からジワジワ来ますww



豚のしょうが炒め.JPG
豚のしょうが炒め(通常価格不明)


 一見、チンジャオロースみたいですが、豚肉を使っています。

 食べてみると、確かに生姜が利いていますね。



ウーロンハイ.JPG
ウーロンハイ(通常380円)


 ホッピーが無いならウーロンハイだな。  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



川蝦の唐揚げ.JPG
川蝦の唐揚げ(通常価格不明)


 これ、中華というより居酒屋メニューだろ!!(爆)

 でも、美味しいからいいや(爆)



苗豆炒め.JPG
苗豆炒め(680円)


 箸休め的な感じ。。。



R0038902-1.JPG
牛肉の四川香味煮込み(?)


 牛肉の四川香味煮込みで正しいのかな?

 牛のカシラ肉やハチノス等のモツ系のお肉が煮込まれております。

 味はよだれ鶏のたれと同じレシピですね。(たぶん)



四川担々麺.JPG
四川担々麺(通常780円)


 結構、麺が太いですね。

 割りとマイルドな感じで・・・。



成都担々麺.JPG
成都担々麺(通常480円)


 いわゆる汁なし担々麺ですよ。


混ぜた坦々麺.JPG


 混ぜるとこんな感じになります。

 ナポリタンじゃありませんから・・・(爆)  f^_^;



杏仁豆腐.JPG
杏仁豆腐(通常280円)


 食べ放題だし、デザートは別腹なので頼んじゃいましたよ。

 食後にはサッパリしていいですね。


 しかし、今回もずいぶん食べましたよねぇ。

 これで、飲み放題が付いて1人 3,150円はかなりお得だと思います。


 店  名:晴々飯店(せいせいはんてん)
 住  所:東京都台東区上野7-8-16(地図
 T E L :050-5592-1418(予約専用番号)
       03-3842-8920(お問い合わせ専用番号)
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00
 定 休 日:ほぼ無休(12/31〜1/2は休み)



posted by こうめ at 12:04| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

曙橋 敦煌(とんこう)

 訪問日 平成28年9月21日 水曜日


 今回のベストショット


魚の春巻き.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間のNミさんからのお誘いで、美味しい中国料理が食べられるお店「敦煌」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、都営新宿線曙橋駅A1出口から1分程のところですね。



 この日は午後7時16分に到着🏠


敦煌の店構え.JPG


 お店は表通りから路地に入った住宅地ありますよ。

 ご覧の通り、看板が無ければ絶対にわかりません。

 入口は正面右側の引き戸でつ。



R0038691-6.JPG


 店内は白でまとめられていて、どこかのオフィスのような感じです。

 カウンター席がメインですが、奥に個室(円卓あり)も用意されていますよ。



 今回、我々は4名でこの個室を予約しましたぁ〜🎵  ヾ( ´ー`)/



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


敦煌で乾杯.JPG



 今回、我々はおまかせコース(税込 1人 5,000円、飲物別)にしましたよ。


 というか、ここはおまかせコース1本でやっているお店なんですよね。



紹興酒.JPG
紹興酒(値段不明)


 最初から最後まで、この紹興酒をお代わりしまくりました。

 値段は分かりませんが、なかなか美味しい紹興酒でつ。

 ちなみに、ここ、ホッピーはありません💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



ニガウリ.JPG
ゴーヤのライムがけ


 千切りにしてさっと湯がいたゴーヤに、ライムをササッとかけたシンプルなお料理ですよ。

 仄かな苦みにライムの清涼感。。。

 特に夏場の暑い時に良さそうです。



ナスのごまだれ.JPG
ナスのごまだれ


 湯がいたナスに胡麻ペーストの特製だれをかけた物。

 このお店はヘルシー中華で有名ですが、まさにそんな感じのお料理ですね。

 特製の胡麻だれが、ほんと、美味しいですよ!!  (>▽<)b OK!!



魚の春巻き.JPG
魚の春巻き


 春巻きの中には、な、なんと、魚のすり身とキュウリが入っています。

 皮は薄めで、中華の春巻きというより、ベトナムの揚げ春巻きに近いような気がします。


春巻きのたれ.JPG


 春巻きには梅肉のたれと塩が付いております。

 梅肉のたれはスイートチリソースのように甘いですね。

 塩はどこぞの名のある岩塩です。

 ヒマラヤ塩のような気もしますが、どうでしょう!?



豚の耳.JPG
豚の耳のネギ辛子和え


 名前の通りのお料理でつ(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 ねぎの辛味と唐辛子の辛さがいいですねぇ〜。

 豚の耳にはしっかりと味が付いていますよ。



トマトと玉子の炒め.JPG
トマトと玉子の炒め


 玉子はあまり崩さず、オムレツのようになっております。

 トマトはソース状になり、かなり濃厚ですがあっさり食べられます。

 これはご飯と一緒に食べたい!!  O(≧▽≦)O



水餃子.JPG
水餃子


 ここのキラーメニューの水餃子ですね。

 小振りで皮がモッチモチですよ。

 たれがちょっと変わっていて、胡麻と八角が入っているんですねぇ。



肉団子と冬瓜のスープ.JPG
肉団子と冬瓜のスープ


 スープは貝柱から出汁を取っているそうですよ。

 冬瓜にこの出汁がしっかりと染みています。

 肉団子はこれ自体が美味い!!



白飯.JPG
白 飯


 「スープと一緒にどうぞ。」と出て来ました。

 確かにスープと一緒に食べると美味しいのですが、できればトマトと玉子の炒めの時に出して欲しかった。。。

f^_^;



ジャージャー麺.JPG
ジャージャー麺


 〆はジャージャー麺でつ!!  ♪( ´▽`)

 具は、肉味噌、辛みそ、茹でもやしで、別盛りになっていますね。

 全部混ぜて食べますが、普通のジャージャー麺と比べるとあまり味噌が強くなく、あっさりしております。

 こういうジャージャー麺好きですねぇ〜🎵



ジャスミン茶.JPG


 ここで、お茶が出て来ましたよ。

 こういうサービスが良いですねぇ。



ジャスミンプリン.JPG
ジャスミンプリン


 デザートは6種類くらいある中から選ぶシステムですね。

 デザートのメニュー表はなく、お店の方がデザートの種類を一気に言うのですが、はっきり言って覚え切れません(爆)

 ええと、最初に言ったのは何だっけみたいな感じで・・・  (^_^; アハハ…

 その中で、このプリンだけは忘れませんでした(爆)

 ジャスミンの香りがして美味しいですね。



ごま団子.JPG
ごま団子


オーギョーチ.JPG
オーギョーチ


ココナッツと小豆のお汁粉.JPG
ココナッツと小豆のお汁粉


 これらは、他の方々が頼んだデザート。

 味はわかりませんが、どれも美味しそうですねぇ〜🎶  (@ ̄ρ ̄@)


 こういう、あっさり系の中華料理もたまにはいいもんですよ。


 店  名:敦煌 (とんこう)
 住  所:東京都新宿区舟町15(地図
 T E L :03-3355-5801
 営業時間:18:30〜22:30(LO 20:30)(売り切れ次第終了)
 定 休 日:日曜、月曜、祝日



posted by こうめ at 17:59| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

赤羽 Nomuka(ノムカ)

 訪問日 平成28年8月23日 火曜日


 今回のベストショット


牛ハツのステーキ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は飲み仲間3人で、ちょっと中華っぽいお料理を出すワインバー「Nomuka」に行くことになりましたよ


 お店の場所はJR赤羽駅西口から3分程のところですね。



 この日は午後7時24分に到着🏠


ループ館.JPG


 お店はこのループ館という建物の地下にありますよ。

 食堂街のような感じになっております。



Nomukaの入口.JPG


 お店は外の演出もあり、ワインバーだと一目でわかりますね。

 店内はカウンターのみで8席となります。



 私はいつものように得意のステップを踏みつつ店内に入り、「3人で予約のこうめタンでつ!!」とでんぐり返しをしながら元気よく告げると、ちょうど真ん中辺りのカウンター席に案内されましたよ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


Nomukaで乾杯.JPG
エビス 生ビール


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)

 また、今回は諸事情によりお料理の値段は伏せさせて頂きます。  m(_ _)m



豚スネのハム ビネガーソース.JPG
豚スネのハム ビネガーソース


 自家製なのでしょうか!?

 ハムは手作り感がプンプンで、皮のゼラチン部分まで付いております。

 ビネガーソースはドレッシング仕様でお野菜と一緒にいただくと美味しいですね。



エビマヨ.JPG
マンゴーソースのエビマヨ


 フリットされたエビは衣がカリッカリ!!

 それに甘酸っぱいマンゴーマヨネーズソースがたっぷり絡んでいますよ。

 これは独り占めしたい1品ですね。  O(≧▽≦)O



とうもろこしとアヒル塩卵ソース焼き.JPG

とうもろこしとアヒル塩卵ソース焼きのアップ.JPG
とうもろこしとアヒル塩卵ソース焼き


 トウモロコシは丁寧に芯から外されていますよ。

 また、アヒル塩卵というのが良く分からなかったので調べてみましたら、「鹹鴨蛋」(シエンヤータン)と言うらしく、アヒルの生卵を1ヶ月ほど塩水に浸した物らしいですね。

 これは、たぶん、トウモロコシをその鹹鴨蛋でシンプルに焼いた物なのでしょう。

 鹹鴨蛋の塩気と旨みがトウモロコシの甘味に良く合います。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興貴酒3年.JPG
紹興貴酒3年


 紹興貴酒の3年物をボトルで頂いちゃいましたぁ〜🎵  (>▽<)b OK!!



おつまみ海老ゆでワンタン.JPG
おつまみ海老ゆでワンタン


 普通は4個なのですが、3人という事で6個にして貰っちゃいました。

 このお店はそういう対応が出来るとメニューにも書いてありますね。

 海老ゆでワンタンの中にはプリップリの海老が1尾!!

 あらかじめ酢醤油っぽいタレがかかっているのですが、その味の染みたツルリとした皮が、また、いいですよねぇ〜。



牛ハツのステーキ.JPG
牛ハツのステーキ 玉ねぎソース


 これ、また、迫力ありますねぇ!!  (@ ̄ρ ̄@)

 牛ハツは大胆に厚切りされていますよ。

 焼き具合もミディアムで、玉ねぎソースが良く合います。

 何気なくトマトが添えられていますね。



ラム肉の腐乳ソース煮込み.JPG
ラム肉の腐乳ソース煮込み


 ラム肉、ズッキーニ、エリンギの入った、いわばグラタンでつ。。。

 腐乳がベシャメルソースに良い塩気とコクを与えていると言った感じかな。

 しっかりと腐乳の香りもしますよ。



香港焼きそば.JPG
香港焼きそば


 この写真を見ると、今でも食べたくなります(爆)  (^_^; アハハ…

 具は、豚肉、もやし、ニラで、紹興酒、醤油、オイスターソースで味付けされているみたいですよ。

 呑んだ〆にはうってつけの1品ですね。

 これ、大盛りにすれば良かったな(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ


 店  名:Nomuka(ノムカ)
 住  所:東京都北区赤羽西1-7-1 ループ館 B1F(地図
 T E L :03-5948-4233
 営業時間:18:00〜23:00(LO 22:00)
 定 休 日:日曜、祝日



posted by こうめ at 09:10| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

東新宿 山西亭 その2

 訪問日 平成28年6月18日 土曜日


 今回のベストショット


莜面栲栳栳.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間10人で、美味しい山西料理のお店「山西亭」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、東京メトロ副都心線、都営地下鉄大江戸線の東新宿駅B1出口から3分程のところですね。



 この日は午後6時33分に到着🏠


山西亭の入口.JPG


 お店はこの建物の地下1階にありますよ。

 ここは中国の山西料理が中心のお店なんですねぇ。

 2015年1月オープンということですから、まだ、新しいお店ですね。



山西亭の全容.JPG


 私はいつものように得意のステップを踏みつつ店内に入り、「10人で予約のこうめタンでつ!!」と回転しながら元気よく告げると、入口入ってすぐのテーブル席に案内されましたよ。



 ではでは、皆さんお揃いのところで・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


乾杯.JPG



 今回は、1人 5,400円(税込 飲み放題付き)で山西料理中心の特別コースを組んで貰いましたよ。

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



 ただ、飲み放題といってもホッピーはありません💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



三省風味鶏.JPG
山西风味鸡


 何と読むのでしょう???

 読めません(爆)  (^_^; アハハ…

 このお料理は、蒸し鶏と野菜を山西省特産の黒酢(山西香酢)で和えた冷菜ですね。

 中華で蒸し鶏というと棒々鶏を思い浮かべますが、これもサッパリしていて良いですね。



凉皮.JPG
凉 皮


 山西省の麺料理でつ💨

 麺は平たく幅が広く、くずきりのような食感ですよ。

 芝麻醤を使ったピリ辛のたれで、日本式冷し坦々麺みたいな感じかなぁ〜。



過油肉.JPG
过油肉


 これは、”グオ・ヨウ・ロウ”と読むそうでつ。教わりました(爆)

 豚肉と野菜を山西香酢で炒めたお料理ですよ。

 山西香酢の深いコクと香り、そしてまろやかな酸味が豚肉を美味しくさせています。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒


 何だかよく分かりませんが、回って来たのでとりあえず頂きました(爆) f^_^;



K醋溜白菜.JPG
K醋溜白菜


 白菜を山西特産の濃厚な黒酢(陳醋)で炒めただけのシンプルなお料理。

 具は白菜のみ!!

 甘酸っぱい味付けがシャキシャキの白菜によく合いますね。

 このお料理は、ここに来るたびに食べていますが、まったく飽きません。



K醋咕咾肉.JPG
K醋咕咾肉


 いわゆる、黒酢豚ってヤツですよ。 奥さん!!(爆)   O(≧▽≦)O

 豪快にカットされた豚肉は迫力満点!!

 黒酢餡がお肉に絡んで、これまたタマランチ会長ですね🎵 ← ツッコミどころ



羊肉锅仔.JPG

自家製春雨.JPG
羊肉锅仔


 自家製太春雨が入った羊肉鍋でつ!!

 いろんなお野菜からも旨みが出て、それがまた春雨に染み込むわけですよ。

 この時季のお鍋も悪くないなぁ〜🎵



莜面栲栳栳.JPG
莜面栲栳栳(アレンジバージョン)


 莜麦(ヨウマイ)で作ったせいろ蒸し麺に、甘酸っぱい肉と野菜の餡がかかっていますね。

 特製だれにつけて食べるのもいいですけど、この食べ方の方がさらに美味しいですよ。

 まだまだいろんな食べ方があるそうです。



王老吉.JPG
王老吉



 オウ・ロウキチ !?(猛爆)

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



 本当は”ワンラオジィー”と読むみたい。  f^_^;

 ノンアルコールの漢方茶みたいな感じで少し甘味があります。

 そのまま飲んでも良し!! 白酒をこれで割っても良し!! で、大ウケしてましたww



炒不烂子.JPG
炒不烂子


 ジャガイモ入り蒸し麺の焼きそばでつ。

 小麦粉にジャガイモや季節の野菜を練り込み、蒸した麺生地を細かく刻み、水を使わず高温で炒めた山西省の麺料理。

 味付けは、塩、ネギ、唐辛子、ニンニクのみで、とってもシンプルですね。

 食感がちょっとニョッキにも似ています。



水餃子.JPG
水饺子


 皮が厚くてモッチモチ。。。

 餡もたっぷり入っていますね。

 特製の醤油ダレで頂きます。



炒猫耳朵.JPG
炒猫耳朵


 猫耳朵は生地を小さく千切って親指で押すように作った麺で、どことなく猫の耳に似ているところから付いた名前だそうですよ。

 イタリアのパスタ”オレキエッティ”と同じですよね。

 キクラゲ、卵、ニンニクの芽などと一緒に炒めております。



 コースのお料理はここまでなんですが、ここのご主人、10種類はあろうかという刀削面のメニューを指しながら言うじゃないですか。


 「ここにあるメニュー、好きなだけ食べていいよ!!」


( ̄Д ̄;) ガーン



 ま、マジっすか!? (爆)


 ただ、既に腹パン状態でしたので、2品だけ作って頂くことにしましたよ。



麻辣刀削面.JPG
麻辣刀削面


 辛さ、しびれ、酸味、コク、美味さが調和した旨辛スープの刀削面ですよ。

 食べた瞬間、花椒の香りが広がります。



油泼刀削面.JPG
油泼刀削面


 冷たい刀削面ですね。

 山西黒酢(陳醋)の酸味と香り、花椒と唐辛子のピリ辛がほど良く調和していて、とても美味しいですよ。



飲んだお酒.JPG


 今回は食べるだけではなく、飲む方もいろいろと楽しめました。

 ここは、安いし美味しいしで、本当に素晴らしいお店ですね。


 <<関連記事>>

 ◆東新宿 山西亭


 店  名:山西亭(さんせいてい)
 住  所:東京都新宿区大久保2-6-10 B1F(地図
 T E L :03-3202-7808
 営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:30(LO 23:00)
 定 休 日:日曜日


posted by こうめ at 21:02| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

秋葉原 味の萬楽

 訪問日 平成28年6月27日 月曜日


 今回のベストショット


チャーシューおかゆ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 最近、胃腸の調子がイマイチな 愛の戦士 こうめタン。。。


 今日のお昼は消化の良い物にするか!!

; ̄ロ ̄)!!



 ということで、中華がゆが美味しいお店「味の萬楽」に行くことにしましたよ


 お店の場所はJR秋葉原駅の電気街口から5分程のところですね。

 その他、御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、小川町駅からも5分程度でつ。



 この日は午後1時12分に到着🏠


味の萬楽の外観.JPG


 外観は街の中華屋さんっぽいですね。

 ここ、なんと、創業が1912年ということなので、オープンして既に104年も経つわけですよ。

 調べると、1912年って明治45年(大正元年)に当たるんですよね。ちょっと、ビックリです。

 店内はエアコンが無いみたいで、ドアは開け放たれています。  f^_^;
 
 席はカウンター中心にテーブル席もありますよ。

 



味の萬楽のメニュー.JPG


 メニューは、基本、中華がゆ系ラーメン系のみ。

 横浜中華街ならいざ知らず、都内で中華がゆがメインのお店って珍しいですよね。

 また、注文は券売機で食券を買うシステムです。



 さて、本日のご注文は「チャーシューおかゆ」です あっ、ピータンも付けてね🎵


チャーシューおかゆの全容.JPG
チャーシューおかゆ(700円)+ピータン(200円)


 けっこうボリュームがありますよ!!  ♪( ´▽`)

 具は、チャーシューに揚げワンタンの皮。

 別皿で、えびせん、ザーサイ、白髪ネギが付きます。



おかゆの薬味.JPG


 えびせんとザーサイは、そのまま食べても良いですし、おかゆに入れても美味しいですよね。



ピータン.JPG
ピータン(200円)


 また、今回は別注文でピータンも頼んじゃった!!  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 ピータンをおかゆに入れると、見た目が豪華だし、味にコクと深みが出ますからね。



チャーシューおかゆ.JPG


 で、まずはそのまま食べてみます。

 お米はやや原型を留めている感じでトロトロ。

 また、艶がいいですねぇ〜。

 味は薄味ですが、中華だし的な味があり、そのままでも十分に美味しいでつ💨

 具のチャーシューもしっかり味が付いていて、その存在感は絶大ですね。



おかゆのアップ.JPG


 しかし、せっかくなので全部の具を入れてみました(爆)  (^_^; アハハ…

 これはまた、ゴージャスで美味しいですよぉ〜。



おかゆの調味料.JPG


 そして、お店のおばちゃんが「これを入れると、また、美味しいよ。」と出してくれたのが、チリソース、白腐乳、紅酢。

 チリソースはピリ辛で、白腐乳は豆腐を塩などで発酵させた台湾の調味料ですね。

 ちょっと、チーズっぽい独特の風味があります。



海老せんのアップ.JPG


 いろいろ入れて試しましたが、個人的には白腐乳が好きかな⁉  f^_^;



中華スープ.JPG


 スープはあっさり醤油味の中華スープですよ。

 たぶん、ラーメンのスープと同じ物だと思われますね。


 しかし、中華がゆって、トッピングや調味料を加えることにより、味が無限に広がるんですねぇ〜♪


 店  名:味の萬楽(まんらく)
 住  所:東京都千代田区外神田2-3-9(地図
 T E L :03-3251-0213
 営業時間:11:00〜15:00
 定 休 日:土、日、祝


 
posted by こうめ at 14:24| Comment(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

川崎 餃餃者

 訪問日 平成28年4月23日 土曜日


 今回のベストショット


お代わり唐揚げ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間のM代子さんにお誘いいただき、総勢9人で餃子の美味しいお店「餃餃者」に行くことになりましたよ


 お店の場所は川崎駅から13分程のところですね。



 この日は午後6時53分に到着🏠


餃餃者の店構え.JPG


 ここ、中華屋さんなのですが餃子がウリのようで、焼餃子、水餃子、揚げ餃子、スープ餃子、たれかけ餃子など、通常メニューの餃子だけでも30種類以上揃うんですねぇ。

 店内はいかにも中華屋さんといった風情で、テーブル席がメインのようです。

 カウンター席はあったかなぁ〜!?

 良く覚えていません。。。  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


餃餃者で乾杯.JPG
キリン 一番搾り 生ビール


 今回は、満腹コース(1人 3,480円:全11品+120分飲み放題付き)にしましたよ。

 ちなみに、飲み放題のお酒は、ドリンクメニューに出ている物ならすべて大丈夫みたいですね。



野菜サラダ.JPG
野菜サラダ


 なんて、シンプルな名前なんでしょうww

 メインは大根で、上には粉々にした揚げワンタンの皮が散らしてありますよ。



豚肉バラニンニクソース.JPG
豚肉バラニンニクソースがけ


 茹で豚に卸しニンニクポン酢がたっぷり!!

 下には刻みキャベツが大量に敷いてありますので、このキャベツもニンニクソースで食べると美味しいですよ。



しそ焼き餃子.JPG

しそ焼き餃子のアップ.JPG
しそ焼き餃子


 羽根付きになっていますね。

 また、しその香りがいいでつ。。。  ♪( ´▽`)

 厚めの皮はモッチモチで、餡がパンパンに詰まっていますよ。



餃子のタレ.JPG
餃子のたれ


 テーブルには醤油は一切なく、この2種類のたれで餃子をいただきます。

 左は”自家製黒酢タレ”で、まるで食べるラー油のようですね。

 右は”秘伝ニンニクタレ”で、ニンニクの香りにレモン汁の酸味が加わって意外とサッパリ系です。



 ここで、わさびサワーにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


わさびサワー.JPG
わさびサワー


 見た目はカルピス見たいですが、酎ハイに卸したホースラディッシュを入れたような感じ。。。

 飲むと鼻にツーンと来ます(爆)  f^_^;



鶏の唐揚げ.JPG
鶏の唐揚げ


 このお店のコースは全て”鶏の唐揚げ食べ放題”なんですねぇ〜🎵

 ただ、食べ放題になるのは、1通りのお料理が出終わってからになりますよ。  ( ̄  ̄)b



蓮根水餃子.JPG
蓮根水餃子


 蓮根の餃子なんて珍しいですよね。

 食べてみると、確かに蓮根が入っており、そのシャキシャキした食感はお肉との相性がバツグン‼

 そういえば、蓮根の肉詰めも美味しいですものね。



海老焼き餃子.JPG

海老焼き餃子の中身.JPG
海老焼き餃子


 中には海老が丸々1匹入っていますよ。

 肉汁たっぷりで、皮も厚めでつ。

 ここの餃子の皮は注文を受けてから作るので、モチモチと美味しいのですね。



麻婆豆腐.JPG

お皿の麻婆豆腐.JPG
麻婆豆腐


 土鍋でグツグツと出て来ます。

 この麻婆豆腐はどこ風なんでしょうか!?

 唐辛子的な辛さは十分あるのですが、花椒的なシビレは無いですねぇ。

 白いご飯には間違いなく合いますよ。  ヾ( ´ー`)/



お疲れさんサワー.JPG
お疲れさんサワー


 梅干しサワーというか、クエン酸サワーみたいに酸味があって美味しいですよ。

 クエン酸は疲れを取りますからねぇ。

 ただ、名前が”お疲れちゃんサワー”だったら、なお、良かったでつ(猛爆)  O(≧▽≦)O



R0034299-1.JPG
パクチー水餃子


 パクチーが山盛りですよ!!

 これはパクチー好きにはタマランチ会長でしょうね(爆)



肉みそもやし.JPG
肉みそもやし


 茹でたもやしに肉みそ(よく坦々麺に乗っかっているヤツ)が乗っかり、辣油が回し掛けされています。

 これは良い箸休めになりますね。



R0034321-6.JPG
焼き飯


 パラパラ系ですよ。

 具は、焼豚、玉子、ネギとシンプルながら深い味わいがあります。

 はっきり言って美味しい炒飯だと思いますよ。  (>▽<)b OK!!



お代わり唐揚げ.JPG
お代わりした鶏の唐揚げ


 で、ここから唐揚げ食べ放題のスタート!! (爆)

 でも、ここまでかなり食べているので、もう、そんなに食べられないですよww

 とりあえず、1人1個、計9個注文しました(爆)  (^_^; アハハ…

 食べ放題なのに1度も追加しないというのもアレですからね。



ライチ.JPG
ライチ


 最後はライチでフィニッシュ!!


 でも、これだけのお料理で、飲み放題付きで、しかも唐揚げ食べ放題が付いて、1人 3,480円は安すぎですよ。

 ちなみに、大満腹コース(14品+飲み放題 1人3,880円)超満腹コース(20品+飲み放題 1人4,680円)というのもあります。

 当然、唐揚げ食べ放題付きですよ。  (; ̄O ̄) おぉー


 店  名:餃餃者(ぎょうぎょうしゃ)
 住  所:神奈川県川崎市川崎区貝塚1-4-18(地図
 T E L :044-211-1288
 営業時間:平日 11:30〜15:00 17:00〜23:30(LO 23:00)
      金土 17:00〜翌1:00(LO 24:30)
 定 休 日:不 明
 
posted by こうめ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

目黒 鎮海楼

 訪問日 平成28年3月9日 水曜日


 今回のベストショット


海老入り揚げ餃子.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は、飲み仲間のYしみんにお誘いいただき、餃子が美味しい中華屋さん「鎮海楼 」に行くことになりましたよ


 お店の場所はJR山手線の目黒駅東口から3分程のところですね。



 この日は午後7時21分に到着🏠


R0033633-4.JPG


 見た感じ、シンプルで飾り気のない外観ですよね。

 少なくとも中華屋さんには見えないでつ。

 店内はテーブル席中心に40席もあるそうですよ。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


鎮海楼 で乾杯.JPG
生ビール(中ジョッキ) 550円


 残念ながら、ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)

 また、今回は12人で来ましたよぉ〜  ♪( ´▽`)



大根サラダ.JPG
お通し?


 まずはお通し的なものですかね!?

 大根のサラダが来ましたよ。

 上には揚げワンタンの皮のような物が散りばめられていて、とても香ばしいです。



腸詰焼き.JPG
腸詰焼き(600円)


 刻んだ生ネギと一緒に食べますよ。

 仄かに甘味があります。



蒸し鶏の冷製.JPG
蒸し鶏の冷製(700円)


 鶏はむね肉を使っているようですね。

 胡麻だれかねぎ生姜だれが選べるので、ねぎ生姜だれにしましたよ。



 ここで、ウーロンハイにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


ウーロンハイ.JPG
ウーロンハイ(450円)


 中華料理にはウーロンハイでしょ⁉  ( ̄ー* ̄) ニヤリ



焼餃子.JPG
海老入り焼き餃子(4個 600円)


 さて、ここのキラーメニューの餃子は焼きから・・・!!

 焼き面の焦げた方は、カリッと揚げたような感じに仕上がっております。

 皮が厚めですね。



蒸し餃子.JPG
海老入り蒸し餃子(4個 600円)


 皮のツルンとした食感が特徴かな。



海老入り揚げ餃子.JPG
海老入り揚げ餃子(4個 600円)


 カリカリに揚がっていますよ。

 全体的に香ばしいですね。


餃子の中身.JPG


 どの餃子にもエビが入っていて野菜より肉が多いタイプ。

 野菜はキャベツがベースになっていますね。

 たぶん、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子は調理法が違うだけで、同じ物ではないかなぁ〜。



水餃子.JPG
海老入り水餃子(4個 600円)


 ただ、この水餃子だけは他の餃子とは全く別物。。。

 餡もキャベツではなくニラベースということですからねぇ。

 今回ご一緒したメンバーの中では、この水餃子と揚げ餃子が特に人気がありましたね。



三国演義.JPG
紹興酒 三国演義(3年・640ml) ボトル 2,100円


 で、グビグビ行っちゃうわけですよww  f^_^;



空芯菜.JPG
空芯菜炒め(値段不明)


 空心菜か豆苗って、あると必ずどちらか頼みますよね。

 良い箸休めにもなりますし・・・。



トマトと卵の炒めもの.JPG
トマトと卵の炒めもの(1,000円)


 玉子のチリソース炒めの辛くないバージョン的なお味でつ💨

 ご飯にかけて食べたい系ですな。  (>▽<)b OK!!



四川風麻婆豆腐.JPG
四川風麻婆豆腐(山椒風味) 1,000円


 麻婆豆腐は四川風と香港風があり、今回は四川風にしましたよ。

 こちらもご飯にかけて食べたい系🎵



陳年紹興酒.JPG
陳年紹興酒(8年・640ml) ボトル 3,200円


 さきほどの3年物から、今度は8年物にランクアップでつ‼  ヾ( ´ー`)/



油淋鶏.JPG
油淋鶏(800円)


 カリッとサクッとジューシー!!

 甘酢ソースが掛かっていますね。



ピリ辛炒飯.JPG
ニンニク風味のピリ辛チャーハン(1,000円)


 写真でもわかる通り、ご飯がパラッパラですよ。

 また、ニンニクの香りが食欲を誘いますねぇ〜🎶


 ここは、餃子ばかりがクローズアップされますが、どのお料理も美味しいですね。

 1皿の量が多いので、3、4人で訪問するのがベストかな。


 店  名:鎮海楼(ちんかいろう)
 住  所:東京都品川区上大崎2-15-6(地図
 T E L :03-3449-8425
 営業時間:11:30〜15:00 18:00〜24:00(LO 23:00)
 定 休 日:日曜日


 
posted by こうめ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

外苑前 上海港

 訪問日 平成28年2月20日 土曜日


 今回のベストショット


豚角煮チャーハン.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間のSーちゃんにお声掛けいただき、ニラレバ炒めで有名なお店「上海港」に、飲み仲間6人で行くことになりましたよ


 お店の場所は、東京メトロ銀座線の外苑前駅4a出口から2分程のところですね。



 この日は午後6時43分に到着🏠


上海港の入口.JPG


 お店は完全に建物の中に入り込んでいる為、少し分かり辛いかも知れませんんね。

 店内はわりと小ざっぱりしており、カウンター席とテーブル席が用意されております。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


上海港で乾杯.JPG
スーパードライ 生ビール(500円)


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



香菜と干し豆腐和え物.JPG
香菜と干し豆腐和え物(680円)


 干絲豆腐の和え物ですね。

 パクチー好きにはタマランチかも知れません(爆)



ニラレバ炒め.JPG
ニラレバ炒め(780円)


 これがこのお店のキラーメニューでつ💨

 レバーがトロットロで人気があるのが分かります。



焼き餃子.JPG
焼き餃子(1人前) 380円


 皮は厚めでモッチモチ、焼き目が香ばしいでつ。

 餡もたっぷりで、食べ応えがありますよ。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒 陳年五年(ボトル 1本 1,980円)


 紹興酒は土日半額になるそうで、陳年五年のボトルは990円でした🎵  (>▽<)b OK!!

 この後、我々は永遠にこの紹興酒を飲み続け、結局6人で4本も空けちゃいましたよ(爆)



肉団子の甘酢あんかけ.JPG
肉団子の甘酢あんかけ(1,080円)


 やはり、中華といえば肉団子ですよ!! 奥さん!! ← ツッコミどころww

 甘酢あんがいいですよねぇ〜🎶



ニラ玉.JPG
ニラ玉(780円)


 玉子がふわっふわでかなり美味いでつ。。。

 で、この時、「こういうように仕上げるのには、かなり油を使うんだよねぇ。一体、何カロリーあるんだろう?」という話がでました。

 まぁ、中華を食べている時はカロリーの話はやめましょう(爆)  f^_^;



若鶏の唐揚げ.JPG
若鶏の唐揚げ(980円)


 何故か、皿からはみ出してますww

 皮付きのモモ肉で、カリッと揚がっていますね。



烏龍茶入りの山椒エビ揚げ.JPG
烏龍茶入りの山椒エビ揚げ(1,280円)


 皮ごと揚げた大振りのエビに、これまたカリッと揚げた烏龍茶の茶葉が和えてあります。

 花椒のピリッとした刺激がアクセントになっていますね。



ザーサイ.JPG
ザーサイ(380円)


 良い箸休めでつ。。。  f^_^;



鶏肉の唐揚げ香味ソースがけ.JPG
鶏肉の唐揚げ香味ソースがけ(980円)


 若鶏の唐揚げが美味しかったので、今度は変化をつけての注文ですよ。



長ネギチャーシュー.JPG
長ネギチャーシュー(380円)


 長ねぎのピリ辛さがタマランチ会長ですね。

 これも、箸休め的な・・・。



鉄板牛肉.JPG
鉄板牛肉(980円)


 大衆洋食かファミレス的なメニューですが、オイスターソースと竹の子で中華っぽく仕上がっていますよ。

 これは、ご飯が欲しくなりますね。  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



砂肝のニンニク揚げ.JPG
砂肝のニンニク揚げ(1,200円)


 ニンニクの香りと砂肝の食感が素敵ですね。

 なんか、直球勝負といった感じのお料理だと思います。



ピーマンとじゃが芋炒め.JPG
ピーマンとじゃが芋炒め(680円)


 ジャガイモがシャッキシャキぃ〜🎵  ヾ( ´ー`)/



挽肉と春雨の辛味煮込み.JPG
挽肉と春雨の辛味煮込み(880円)


 これ、けっこう辛いでつ!!  f^_^;



ソーセージ.JPG
ソーセージ(580円)


 長ねぎと一緒に頂きます。

 中華ソーセージって、仄かに甘味があって美味しいですよねぇ。



上海港秘製焼きそば.JPG

焼きそばの中身.JPG
上海港秘製焼きそば(980円)


 パリッと焼かれた焼きそばの中に、餡が隠れておりますよ。

 片栗粉でとろみのついた餡は野菜がたっぷり!!



ネギ餅.JPG
ネギ餅(580円)


 見た目とは違い、サクッとした歯触り。

 まるで、ローマ式ピッツァの生地のようですよ。



エビレタスチャーハン.JPG
エビレタスチャーハン(850円)


 塩味の炒飯で大振りの芝海老がゴロゴロ入っていますね。

 レタスのシャキシャキ感がポイント!!



豚角煮チャーハン.JPG
豚角煮チャーハン(850円)


 こちらは角煮の煮汁で仕上げた炒飯。

 濃いめの味付けで、豚角煮の旨みが炒飯全体をまとめていますね。


 しかし、6人で良く食べましたよ(爆)

 さすがに満腹でつ!!

 さて、おうちに帰って寝るかな。。。(猛爆)  (^_^; アハハ…


 店  名:上海港(しゃんはいこう)
 住  所:東京都港区南青山2-22-14(地図
 T E L :03-3401-1911
 営業時間:11:30〜15:00 17:00〜23:00
 定 休 日:年中無休(不定休あり) 
posted by こうめ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

東新宿 山西亭

 訪問日 平成27年12月25日 金曜日


 今回のベストショット


莜面栲栳栳.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は、中華地方菜研究会を主宰されているアイチーさんに呼んでいただき、本格的な山西省料理が食べられるお店「山西亭」に5人でお邪魔することになりましたよ



 お店の場所は、東京メトロ副都心線、都営地下鉄大江戸線の東新宿駅B1出口から3分程のところですね。


 この日は午後7時20分に到着🏠


山西亭の外観.JPG


 2015年1月オープンということですから、まだ、新しいお店ですね。

 また、日本では珍しい山西省のお料理が中心で、麺料理も豊富なんだそうですよ。

 店内は狭いながらも、とてもアットホームな雰囲気でつ💨



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


山西亭で乾杯.JPG


 今回は20人でお店貸し切り。。。


 今回の会費は、1人 5,000円(税込 飲み放題付き)でっつ!!

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



今回は山西省の麺料理を中心にしたメニュー構成で、通常、取り扱っていないお料理も出るということなので、とても楽しみです。



青島ビール.JPG
青島ビール


 最初は青島ビールを頂いちゃいました。

 あっ! ここはホッピー無いですね💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧



蕎麦灌腸.JPG
荞麦灌肠


 なんと読むんでしょうか?(爆)  (^_^; アハハ…

 これは、そば粉に小麦粉を混ぜた麺で、ほうとうのように幅が広いですが、より幅が広く厚みもありますよ。

 麺の上には、きゅうりやニンジンが大量に乗り、麻辣味のピリ辛ドレッシングがかかっております。



蒸篭.JPG



 ん!! これは何かな!?

( ̄(∞) ̄;) ???



 デ デ 〜 ン !!

莜面栲栳栳.JPG
莜面栲栳栳


 莜麦(ヨウマイ)で作ったのせいろ蒸し麺ですね。

 山西省やモンゴル特産の莜麦(燕麦の一種)の生地を1枚1枚平たく伸ばし、筒状に成型して蒸籠で蒸し上げた山西省の郷土料理。


つけだれ.JPG


 このままでは味が無いので、特製のタレで食べますよ。

 1つは黒酢と醤油で、もう1つはトマトとタマゴのタレですね。



炒不烂子.JPG
炒不烂子


 ジャガイモ入り蒸し麺の焼きそばでつ。

 小麦粉にジャガイモや季節の野菜を練り込み、蒸した麺生地を細かく刻み、水を使わず高温で炒めた山西省の麺料理。

 味付けは、塩、ネギ、唐辛子、ニンニクのみで、とってもシンプルですね。

 食感がちょっとニョッキにも似ています。



K醋咕咾肉.JPG
K醋咕咾肉


 いわゆる、黒酢豚ってヤツですよ。 奥さん!!(爆)   O(≧▽≦)O

 豪快にカットされた豚肉は迫力満点!!

 黒酢餡がお肉に絡んで、これまたタマランチ会長ですね🎵 ← ツッコミどころ



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG


 なんか、高そうなのがありますね。  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ



香辣猪蹄.JPG
香辣猪蹄


 煮込んだ豚足の炒め料理ですよ。

 豚足には骨が付いていますが、良く煮込まれている為、ホロホロと簡単に骨から身が剥がれます。

 味はちょっとピリ辛ですね。



高粱面鱼鱼.JPG
高粱面鱼鱼


 高粱(モロコシの一種)の生地を、手と手をすり合わせるようにして作っていきます。

 名前の通り、両端が細く、真ん中が太く仕上がるので、どことなく魚っぽいですよね。

 麺は野菜と一緒に炒めてありますよ。



K醋溜白菜.JPG
K醋溜白菜


 白菜を黒酢豚と同じタレで炒めただけのシンプルなお料理なんですねぇ。

 で、これ、本当に具材は白菜だけ。。。

 しかし、無茶苦茶ウマいでつ!!

 白菜の食感と黒酢餡の甘酸っぱさがクセになります。



炒猫耳朵.JPG
炒猫耳朵


 猫耳朵は生地を小さく千切って親指で押すように作った麺で、どことなく猫の耳に似ているところから付いた名前だそうですよ。

 イタリアのパスタ”オレキエッティ”と同じですよね。

 たぶん、猫耳朵がヨーロッパに渡り、オレキエッティになったんじゃないですかねぇ。

 調理はお野菜と一緒に炒めただけのシンプルな物になっております。



羊肉鍋仔.JPG

太春雨.JPG
羊肉锅仔


 ここで、羊肉のお鍋ですねぇ〜🎶  O(≧▽≦)O

 鍋には太くて平たい春雨が入っておりますよ。

 具には高粱やナツメグなども入り、複雑な味に仕上がっていますね。

 でも、ベースは塩味です。



紹興酒ボトル.JPG


 お酒も進みますなぁ〜ww  (>▽<)b OK!!



水餃子.JPG
水饺子


 厚めの皮はモッチモチのツルンツルン🎵

 野菜中心の餡なので、サッパリいただけて良いですね。



西红柿揪片.JPG
西红柿揪片


 手で千切って茹でた平たい生地(麺)にトマトソースがかかっております。

 これは中華というよりイタリアンという感じかな!?

 やはり、シルクロードを通じて人が行き来し、伝わったんでしょうね。



油糕.JPG
油 糕


 これ、コロッケじゃありません(爆)  f^_^;

 一言で言うとパン粉を付けて油で揚げた大福もちですねww

 中にはちゃんと甘い餡子が入っていますよ。

 でも、これが意外とイケちゃうんですよ!!



長寿麺.JPG
长寿面


 長寿を願って作られる縁起の良い長〜い麺で、これ、全部が繋がっているんですよ。

 そう、切れてな〜い!!(爆)  f^_^;


1本の麺.JPG


 これ作るの相当大変だと思いますよ。

 食べてみると、ツルツルシコシコ、まるでお饂飩のようでつ。

 おつゆは具の東坡肉からも良い出汁が出ていて、麺との相性もバッチリですね。


 しかし、山西省に行かないと食べられない本場のお料理が、東京に居ながら食べられるんですから贅沢だと思います。

 ここは、再訪決定でつ!!  ヾ( ´ー`)/


 <<関連記事>>

 ◆東新宿 山西亭 その2


 店  名:山西亭(さんせいてい)
 住  所:東京都新宿区大久保2-6-10 B1F(地図
 T E L :03-3202-7808
 営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:30(LO 23:00)
 定 休 日:日曜日
posted by こうめ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

阿佐ヶ谷 餃子坊 豚八戒

 訪問日 平成27年11月21日 土曜日


 今回のベストショット


八戒餃子.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間4人で餃子の美味しいお店「餃子坊 豚八戒」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、JR中央線、総武線の阿佐ヶ谷駅から3分程のところですね。


 この日は午後17時50分に到着🏠


豚八戒の店構え.JPG


 普通の民家を改装したような店舗ですね。

 何となく古めかしいですが、味わいのある、どこか懐かしい感じがします。

 店内は1階がカウンター席で、2階は貸し切り専用のお座敷になります。



 私はいつものように得意のステップを踏みつつ店内に入り、「4人で予約のこうめタンでつ!!」と少し転びかけながら元気よく告げると、入口左側のカウンター席に案内されましたよ。 ← ツッコミどころ



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


キリン生ビール.JPG
キリン生ビール(500円)


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



油淋鶏.JPG
油淋鶏(620円)


 鶏のから揚げに甘酢のソースがかかっております。

 ネギなどのいろいろな薬味も散らしてありますね。

 揚げ物ですが、甘酢ソースのおかげでサッパリと頂けます。



高菜と枝豆のあえもの.JPG
高菜と枝豆のあえもの(450円)


 餃子が焼けるのを待つ間のビールのアテとして最高に良いですよ。

 まさか、高菜と枝豆がこんなに相性が良いとは思いませんでした。



華餃子.JPG
華餃子(羽根付焼餃子) 580円


 このお店では、一番オーソドックスな餃子ではないでしょうか。

 餡にはいろいろなスパイスが使われているようですね。

 複雑なスパイスの風味が感じられます。  ( ̄  ̄)b



八戒餃子.JPG
八戒餃子(精進蒸餃子) 540円


 こちらは肉が入っていない蒸し餃子になりますよ。

 餡には、豆腐、搾菜、椎茸、干し海老等が入っております。

 肉が入っていなくても、それを感じさせない美味しさでつ💨



四川風麻辣水餃子.JPG
四川風麻辣水餃子(560円)


 水餃子の上にたっぷりの”食べる辣油”とパクチーが乗っていますよ。

 ”食べる辣油”に含まれる花椒の軽い痺れがタマランチ会長ですね。 ← ツッコミどころ

 皮のツルンとした食感も素敵でつ。。。  O(≧▽≦)O



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
女児紅5年(ボトル 2,500円)


 やっぱり、中華には紹興酒ですな‼ (ホッピーミーナ、ちょっと納得❗)



腸詰ソーセージ.JPG
腸詰ソーセージ(550円)


 私。。。

 中国ソーセージが大好きなんですよねぇ〜🎵  ヾ( ´ー`)/

 この甘い口当たりと、肉の旨みのハーモニーが堪りません。



明蝦餃子.JPG
明蝦餃子(海老水餃子) 640円


 これ、1個の餃子に海老が丸ごと1尾入っております。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


 薄い皮を通してピンクの海老が透けて見えますよ。

 なんとも色気のある餃子でつ。。。



じゃがいもの細切.JPG
じゃがいもの細切(450円)


 細切りにしたジャガイモを塩胡椒とタカの爪で炒めたシンプルなお料理ですね。

 ジャガイモのシャキシャキ感がハンパありません。

 見た目もマウンテ〜ンですしねww



天篷餃子.JPG
天篷餃子(豆腐水餃子) 520円


 名前の通り、お豆腐の餃子ですよ。

 名前の通り、中にお豆腐が入っております(爆)

 でも、意外としっかりとした味の餃子なんですよね。



 ここで、ちまきの登場ぉ〜🎵

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



ちまき.JPG

ちまきの中身.JPG
ちまき(2個 500円)


 実は中華ちまきが大好きなんですよ。

 たぶん、私の前世は中華ちまきだったんだと思います(爆)

 豚肉と椎茸の旨みが染みたおこわは、ほんと、美味しいですね。

 5個は軽くイケますよww  (>▽<)b OK!!



ピータン豆腐.JPG
皮蛋豆腐(580円)


 実はちまきが〆ではなかったんでつ(爆)  f^_^;

 ピータンとお豆腐は相性もバッチリ!!

 ピリ辛のタレもいいですね。


 ここは2階で火鍋もできますので、冬には良いですよね。

 しかし、予約を取るのはかなり大変ですよ。


 店  名:餃子坊 豚八戒(ちょはっかい)
 住  所:東京都杉並区阿佐谷南3-37-5(地図
 T E L :03-3398-5527
 営業時間:18:00〜24:00(LO 23:30)
 定 休 日:月曜、、第1日曜、第3日曜
posted by こうめ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

西川口 異味香

 訪問日 平成27年11月7日 土曜日


 今回のベストショット


ナマズのニンニクソースがけ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間7人で、蕨、西川口を飲み歩くことになった 愛の戦士 こうめタン。。。

 1軒目はもつ焼きの店「喜よし」。

 そして、2軒目はホルモン焼きの店「広瀬川」に行って参りました。


 で、3軒目は中華料理の「異味香」に決定!!

ヾ( ´ー`)/



 お店の場所は、JR京浜東北線の西川口駅西口から4分程のところですね。


 この日は午後8時18分に到着🏠


異味香の外観.JPG


 ここのご主人は、なんと、あの孔子の子孫で、孔子から数えて72代目なんだそうですよ。

 なんか胡散臭い話ですが、持っている孔子家の家系図は、”世界で最も長い家系図”としてギネスブックにも登録されているそうなので、本当なんでしょうね。

 店内はいかにも街の中華屋さんといった風情で、テーブル席の他にカウンター席も用意されております。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


異味香で乾杯.JPG
ウーロンハイ(350円)、レモンサワー(350円)


 ここ、残念ながらホッピーは無いですね。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



お通し.JPG
お通し


 居酒屋でもないのにお通しが出て来ましたww  f^_^;

 鶏のむね肉、キュウリ、もやしの和え物ですね。



煎人餃子.JPG
煎人餃子(380円) ※写真は2人前


 孔子から数えて72代目のご主人。。。

 長くて白い髭を生やしておりまして、風貌はまさに仙人!!

 餃子の名前もそこから来たみたいです。

 大振りな餃子は16種類もの具材から作るそうで、何も付けずに食べるのが”異味香流”なんですねぇ。



煎人餃子の説明.JPG


 しかし、■日本全国発想いたします■の下に、”父の日、母の日などのプレゼントに”とあるけど、普通、父の日や母の日のプレゼントに餃子は送らんだろ(猛爆)



カキのチリソース.JPG
カキのチリソース(1,680円)


 大振りのカキがゴロゴロ入っていますね。


蒸しパンに挟んだ牡蛎.JPG


 これは、ここまま食べても、もちろん美味しいのですが、カーパウ蒸しパン(180円)に挟んで食べると、もう、即死するほど美味いでつ(爆)

O(≧▽≦)O


 元々、チリソースにパンって合いますからね。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG
紹興酒(ボトル 2,100円)


 紹興酒はボトルで頂いちゃいました。

 お料理が美味しいとお酒が オサム君 ススム君ですね(爆) ← ツッコミどころ



焼き焼売.JPG
彩の国黒豚焼きシューマイ(3個 390円)


 焼きシューマイって、なかなかありそうで無いですよ。

 しかも、下の部分だけ焼き目を付けるんですね。

 普通のシューマイと違って、かなり皮がしっかりしております。



ナマズのニンニクソースがけ.JPG
ナマズのニンニクソースがけ(680円)


 みじん切りのニンニクがこれでもかと入っていますよ。

 ナマズは全くクセのない白身魚。。。

 これ、ナマズと言わなければ分からないですね。



海鮮水餃子.JPG
海鮮水ギョーザ(5個 500円)


 もっちりツルンとした皮が特長的。  ( ̄  ̄)b

 また、緑が透けてて見た目も綺麗ですよね。

 割りとあっさりしていて、いくつでも食べられそうです。


 ここは3軒目で使うのは、少し勿体ない気がします。

 今度はじっくり腰を据えて食べたいお料理ですね。


 さて、もう1軒行きましょう!!(爆) ← マジか!? ( ̄Д ̄;)


 店  名:異味香(イ ウィ シャン)
 住  所:埼玉県川口市西川口1-26-24(地図
 T E L :048-258-3256
 営業時間:火〜木 17:00〜翌1:00
        金、土 17:00〜翌2:00
        日、祝 17:00〜24:00
 定 休 日:月曜日(祝日の場合は営業)
 
posted by こうめ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

吉祥寺 みんみん

 訪問日 平成27年7月15日 水曜日


 今回のベストショット


餃子.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日、飲み仲間のNコさんと吉祥寺の「てっちゃん」で美味しいメンチと煮込みを食べた 愛の戦士 こうめタン。。。



 なんか、こう、ババ〜ンとしたヤツが食べたいよねぇ〜(爆) ← 意味不明ww


 ということになり、餃子の美味しい店「みんみん」に行くことになりましたよ


 お店の場所は、JR中央線、京王井の頭線の吉祥寺駅から3分程のところですね。


 この日は午後6時56分に到着🏠


みんみんの入口.JPG


 お店はあのハモニカ横丁の中にありますよ。

 なんか、外観のイキフン(雰囲気ねw)がいいですよね。

 店内はカウンター席が8席に、4人掛けテーブル席が3つ用意されております。


 我ら2人は空いているカウンター席に座りましたよ。



瓶ビール.JPG
ビール(中ビン) 550円


 ビールを注文すると、トーテムポールのようにコップが重なって出てきます。


 やるな‼ オヤジ‼

( ̄ー* ̄) ニヤリ




 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


みんみんで乾杯.JPG


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



餃子.JPG
餃子(430円)


 1個がデカイですよ💡

 また、餃子のこの焦げ目がタマランチ会長なんですよね。


餃子のアップ.JPG


 ここの餃子の魅力は何と言ってもモチモチの皮‼

 中身の餡も野菜たっぷりで甘味がありますね。

 自家製ラー油をたっぷり入れた酢醤油で食べると美味しいでつ💨  ヾ( ´ー`)/



みんみんのメニュー.JPG


 実はここ、あさりチャーハンも美味しいのですが、今日はこのくらいで勘弁してやりましたよ(爆)



ハモニカ横丁.JPG


 外に出ると、すっかり日が暮れていましたね🌙


 店  名:みんみん
 住  所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9(地図
 T E L :0422-22-5015
 営業時間:11:00〜21:00
 定 休 日:木曜日
posted by こうめ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

飯田橋 中国菜 膳楽房

 訪問日 平成27年4月10日 金曜日


 今回のベストショット


前菜盛り合わせ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日、ゼロ次会と称し、呑み仲間5人で焼鳥と日本酒が美味しいお店「遊(ゆう)」に行った 愛の戦士 こうめタン。。。

 さて、次なるお店「膳楽房」に向かうのであった💨


 お店の場所は、東京メトロ有楽町線、総武線の飯田橋駅B3出口から3分程のところですね。


 この日は午後6時58分に到着🏠


膳楽房の入口.JPG


 お店はどちらかというと、中華というよりカジュアルイタリアンのような雰囲気ですね。

 1階はカウンター4席とテーブルが8席で、2階はテーブルが18席となっております。



 私はお店に入るなり四股(しこ)を踏み、得意の雲竜型で「予約のこうめタンでつ!!」と告げると、横綱お待ちしておりましたと、2階のテーブル席に案内されましたよ(爆) ← ツッコミどころ



 ここで、先に来ていた呑み仲間6人(総勢11人)と合流し・・・


 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


膳楽房.JPG


 今回、お料理は おまかせコース(1人 5,000円)+飲み放題(2時間制 1人 2,200円)でやって頂きましたよ🆗



飲み放題ドリンクメニュー.JPG


 飲み放題のドリンクメニューは、けっこう何でも揃っていますよね。

 ただ、ホッピーは無いですね💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



前菜盛り合わせ.JPG
前菜盛り合わせ


 コースは前菜盛り合わせから始まりますよ。

 内容は、クラゲの冷菜、酔っ払いエビ、フカヒレの煮こごり、蒸鶏の四川香辣ソース、塩トマト、自家製鴨チャーシューの6品ですね。



クラゲの冷菜.JPG
クラゲの冷菜


 クラゲの頭の部分を使っているのでしょうか⁉

 普通のクラゲより身が肉厚でつ。



酔っ払いエビ.JPG
酔っ払いエビ


 生の甘エビを紹興酒に漬けて酔っ払わせたお料理だそうです。

 食べると、かなり紹興酒の味がしますね。

 しかし、酔っ払いが酔っ払いのエビを食べるって、シャレにならんですわね(爆)



フカヒレの煮こごり.JPG
フカヒレの煮こごり


 この煮こごり、な、なんと、フカヒレですよ‼ 奥さん‼ ← ツッコミどころ

 普通の煮こごりと比べると、ちょっと柔らかいんですね。



蒸鶏の四川香辣ソース.JPG
蒸鶏の四川香辣ソース


 プルンとした皮とふっくらしたお肉が絶妙。。。

 ピリ辛のソースと良くマッチしております。  ( ̄  ̄)b



塩トマト.JPG
熊本県産の塩トマト


 完熟トマトなので甘みがあります。

 特製の梅ソースが掛かってますよぉ〜。



自家製鴨チャーシュー.JPG
自家製 鴨チャーシュー


 ほんと、見事なピンクです‼

 テンメンジャンソースをかけて頂くと美味しいですよ。



スープの土瓶.JPG


 こ、これは一体何ですかね。。。  f^_^;


 で、恐る恐る蓋を開けると・・・



 デ デ 〜 ン ‼

竹の子とスペアリブの蒸しスープ.JPG
竹の子とスペアリブの蒸しスープ



 美味しそうなスープでしたぁ〜🎵

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



スープのアップ.JPG


 はじめ、中華なのになんできりたんぽ鍋が出て来るのかと思いましたら、このわっか状の具は衣笠茸(キヌガサタケ)なんだそうですよ。

 この衣笠茸とスペアリブから良い出汁が出てますね。



菜の花と自家製ベーコン炒め.JPG
千葉県産 菜の花と自家製ベーコン炒め


 中華ですが、和食のように季節を感じられるお料理っていいですよねぇ〜。

 菜の花のほろ苦みとベーコンの力強い旨みが合わさって、とっても美味しいでつ💨



キンシサイとエビの炒め.JPG
金針菜とエビの炒め


 金針菜(きんしんさい)って初めて食べましたが、忘れ草の蕾だそうです。

 食感はインゲンにやや似ているかな⁉



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒.JPG


 やっぱり、中華には紹興酒ですよね。(ホッピーミーナ、ちょっと納得‼)



牛テールの香料蒸し.JPG
牛テールの香料蒸し


 牛テールはホロホロになるまで良く煮込まれていますので、お肉が簡単に骨から外れます。

 また、八角の風味が良いですね。  (>▽<)b OK!!



金目鯛の雪菜蒸し.JPG
金目鯛の雪菜蒸し


 雪菜は女性の名前じゃありません(爆)

「ゆきな」ではなく、「せっさい」と読むそうで、簡単にいうと中国高菜なんですね。

 金目鯛も白身ながら脂がのっていて良いですよ。



豚挽肉と杏仁のクレープ包み.JPG

具を乗せたクレープ.JPG
豚挽肉と杏仁のクレープ包み


 各自、クレープを手に取り、具を乗せてマキマキして食べます。

 甘辛に味付けされた挽肉に、杏仁の強烈な甘ったるい香りとカリッとした食感。。。

 これ、かなりハマる美味しさですよ🎵  O(≧▽≦)O



里麺.JPG
里麺(りーめん)


 ここの看板メニューですね。  ( ̄ー* ̄) ニヤリ

 特製クロレラ麺を醤油とゴマ油ベースのタレで和えたシンプルな麺ですよ。

 具には、叉焼、ザーサイ、長葱が使用されております。



炒飯.JPG
シンプルチャーシュー炒飯


 名前の通り、とってもシンプルな炒飯。。。

 チャーシューが美味しいので、必然的に炒飯も美味しくなるんですよねぇ。



マンゴープリン.JPG
マンゴープリン


 とってもマンゴーが濃いですよ。

 最後の口直しには最適ですね。

 
 しかし、このお料理に飲み放題まで付けて、1人7,200円(税込)はとってもお得ですよねぇ〜🎵


 店  名:中国菜 膳楽房(ぜんらくぼう)
 住  所:東京都新宿区神楽坂1-11-8(地図
 T E L :03-3235-1260
 営業時間:11:30〜14:30
        17:00〜23:00(料理 LO 22:00 飲物 LO 22:30)
 定 休 日:月曜日(月曜日以外に毎月2日間の休みあり)
posted by こうめ at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

小岩 梁山泊

 訪問日 平成27年2月14日 土曜日


 今回のベストショット


北京ダックのアップ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は飲み仲間のQさんに誘って頂き、美味しい中華のお店「梁山泊」に行くことになりましたよ

 今回は総勢16人です。  (; ̄O ̄) おぉー


 お店の場所はJR総武線の小岩駅から8分程のところですね。



 この日は午後6時22分に到着🏠


梁山泊の外観.JPG


 ここは、あのTVチャンピオン第6回ラーメン王 山本剛志さんのご実家でもあるんですよね。

 店内はテーブル席中心に30席あるそうです。

 そして、今回はお店貸し切りで1人 3,000円(飲物代別)でのおまかせでやっていただきましたよ🆗



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


梁山泊で乾杯.JPG


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



枝豆.JPG
枝 豆


 さて、これからどんなお料理が出て来るのか楽しみですな。  (* ̄ー ̄) ニヤリ



前菜の盛合せ.JPG
前菜の盛合せ


 これ、よ〜く見てください‼


食材で描かれた鳳凰.JPG


 山の上を飛ぶ鳳凰が食材によって描かれているんですよ。

 物凄い手間のかけ方ですよね。

 お料理の内容は、唐揚げ、蒸し鶏、腸詰、ピータン、猪耳、くらげ、ハム、etc。。。

 凄過ぎて食べてしまうのが勿体ないでつ💨  (´〜`;)



 と驚きながら前菜を食べていると・・・



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



 デ デ 〜 ン ‼

北京ダックの全容.JPG
北京ダック


 ぺ、ぺ、ぺ、北京ダックですよぉ〜🎵 奥さん‼ (爆)


北京ダックのアップ.JPG


 しかも、デカイ(爆)  ( ̄▽ ̄;) うっ・・・



北京ダックの皮.JPG


 で、これ、丸ごとかじるのかと思っていたら、マスターが食べ易いように切り分けてくれましたよ(笑)


皮とセット.JPG


 あとは、このように各自で餅皮(カオヤーピン)に包んで食べますね。

 ダックのパリパリ感、甜麺醤の甘み、ネギとキュウリの爽やかさ、餅皮のモチモチ感が混然一体となり、もう、タマランチ会長ですよ(爆) ← ツッコミどころ



野菜炒め.JPG
北京ダック入り野菜炒め


 で、基本、北京ダックは皮しか食べませんので、当然肉の部分が余るわけなんですが、その肉を使って野菜炒めを作ってくれましたよ。

 北京ダックの肉はしっとりジュシ―で、歯ごたえもあり、とっても美味しいですね。



海鮮塩炒め.JPG
海鮮塩炒め


 エビ、イカ、エリンギ、椎茸、タケノコ、絹さや、パプリカが入ってますよ。

 塩味ベースの為、海鮮物と野菜の旨みが損なわれず、いい感じでつ💨



 ここで、ウコンハイにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


ウコンハイ.JPG


 健康に良さそうなのでこれを頼んでみましたよww

 癖はありますが、中華には合います。



牛肉と銀杏のチリソース.JPG
牛肉と銀杏のチリソース


 国産牛A4のお肉を惜しげもなく使っているこの凄さ‼

 また、牛肉と銀杏がこんなにチリソースと相性が良いとは思いませんでしたね。



カニと青梗菜の炒め.JPG
カニと青梗菜の炒め


 片栗粉でとろみを出していますよ。

 カニが多く入っていますので、カニの旨みが全体に広がっております。



鶏団子とライチの甘酢餡炒め.JPG
鶏団子とライチの甘酢餡炒め


 これも、鶏団子とライチの意外な組み合わせ。

 しかも、この甘酢餡と無茶苦茶合うから面白いですよねぇ〜🎵

 また、野菜(にんじん、玉ねぎ、ピーマン)が梅の花の形になっているという芸の細かさも見逃せません。



R0022900-2.JPG
しいたけ焼きそば


 これはコースとは別に追加注文したしいたけ焼きそばですね💡

 干し椎茸(どんこ)は肉厚で、その旨みは料理全体を支配しております。

 パリッと焼かれた麺もいいですね。



レバ丼の全容.JPG

レバ丼のアップ.JPG
レバ丼


 これも追加で、看板メニューのレバ丼を注文しましたよ。

 味付けのレバーはおつまみで食べても良いなぁ〜🎵  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 でも、マゼマゼして食べるのが正式みたいですね。



タンカン.JPG
タンカン


 最後はデザートとしてタンカンが出て来ましたよ。

 でも、これ、お土産にしようと思っていたのですが、お店に忘れて来ちゃった(爆)


 しかし、こういうお店、家の近くにも欲しいなぁ〜  (´Д`)


 店  名:梁山泊(りょうざんぱく)
 住  所:東京都江戸川区南小岩6-26-16(地図
 T E L :不明
 営業時間:11:30〜14:30 17:30〜22:30
 定 休 日:火曜日
 
posted by こうめ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

新橋 四季煲坊(しきぼうぼう)

 訪問日 平成26年4月24日 木曜日

 この日は無性に中華の土鍋ごはんが食べたくて、新橋の「四季煲坊(しきぼうぼう)」に行くことにしましたよ

 お店の場所はJR山手線の新橋駅日比谷口から3分程のところですね。



 この日は午後1時31分に到着🏠


四季ボウ坊の外観.JPG


 これぞ正しい中華屋さんの外観ですよね(笑)

 店内は2階もあり、カウンター席とテーブル席が用意されてますよ。

 店員さんは全員中国人のようですね。



 お店に入ると8割方席が埋まってましたが、何とか奥のカウンター席をゲッチュ‼



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


サービスのウーロン茶.JPG


 えっ⁉ 仕事中なのに呑むのかですって⁉

 奥さん‼ 実はこれ、ただのウーロン茶なんですよ(爆)

 このお店はお冷の代わりにウーロン茶をジョッキで出してくれるんですよねぇ〜🎵

 当然、無料でつ‼ 150円くらい得した気分でつ(爆)



四季ボウ坊のランチメニュー.JPG


 ここは香港料理土鍋料理をウリにしているお店なんですが、とりあえず何でもありますね。

 特にお昼は四川風冷やし中華(787円)が人気のようですよ。



 さて、本日のご注文は「石もち塩漬けと野菜入り土鍋ご飯」です✨


石もち塩漬けと野菜入り土鍋ご飯.JPG
石もち塩漬けと野菜入り土鍋ご飯(945円)


 ジュージュー言いながら出てきますよ🎵  ヾ( ´ー`)/

 土鍋を手で触ると火傷をしますので注意しましょう。


土鍋ご飯のアップ.JPG


 ご飯の上には中華丼の具のような餡がかかっております。

 また、石もち塩漬けというのは、高級中華食材の咸魚(ハムユ)のことですね。

 細かく微塵にした咸魚(ハムユ)が確かに入ってますよ💨


潰した玉子.JPG


 土鍋ご飯を注文すると無料で玉子をトッピングできますので、ぜひ、付けましょう。


土鍋ご飯のおこげ.JPG


 食べる時は軽く混ぜて食べるといいですよ。

 また、このおこげがいいんですよねぇ〜🎵

 咸魚(ハムユ)焼豚の旨みが利いた野菜餡におこげを絡めて食べる。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



メンマ.JPG

四季ボウ坊のスープ.JPG


 土鍋ご飯にはメンマとスープが付いてますよ。

 どちらも意外と薄味ですね。


 都内には無数の中華料理屋さんがありますが、意外と土鍋ご飯を出すお店って少ないんですよね。

 私の知る限り、ランチで中華土鍋ご飯を出すお店はココと赤坂見附の「黒猫夜」だけです。

 やはり、今度は夜かな🌙 (爆)


 店  名:四季煲坊(しきぼうぼう)
 住  所:東京都港区新橋2-9-16(地図
 T E L :03-3503-4560
 営業時間:11:30〜15:00 17:00〜翌2:00
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

四ツ谷 嘉賓 (かひん)

 訪問日 平成25年10月31日 木曜日

 最近、愛情に飢えている 愛の戦士 こうめタン。。。(爆) ← いきなりのツッコミどころww


 この日は久しぶりに広東料理が美味しい「嘉賓 」でランチを頂くことにしましたよ🆗

 お店の場所は、JRまたは東京メトロの四ツ谷駅から2分ほどのところですね。



 この日は午後1時7分に到着🏠


嘉賓 の外観.JPG


 お店はこのビルの2階にありますよ。

 重厚な感じがして、どこか高級中華料理店っぽいですね。

 一応、広東料理のお店です。


嘉賓 のメニュー.JPG


 ランチメニューは意外と豊富ですよ🆗

 麺類、定食、セットメニューまでありますね。



 さて、本日のご注文は「半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット」です✨ (名前がなげぇ〜💧 爆)


カキソース和えソバと炒飯のセット.JPG
半カキソース和えソバ+半五目チャーハンセット(950円)


 このセットにはスープと杏仁豆腐も付きますよ💡



カキソース和えソバ.JPG
半カキソース和えソバ



 カキソース和えソバは、ここのキラーメニューでつ💣

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ


 麺をオイスターソースで炒め和えしたお料理ですね。

 具はネギと生姜のみで、とってもシンプル💨


カキソース和えソバの麺.JPG


 麺は細いですよ。

 食べた感じは焼きビーフンの中華麺版といった感じかなぁ〜。

 沖縄料理のソーメンチャンプルにも似ていますね。



半五目炒飯.JPG
半五目チャーハン


 炒飯の具は、豚肉、レタス、えび、干し椎茸、ねぎですよ💨

 半炒飯と謳ってますが、軽めの1人前の量があります。


五目炒飯のアップ.JPG


 ここの炒飯はしっとり系とパラパラ系の丁度中間くらいで、脂っこさは無いです。

 また、焼豚ではなく豚バラ肉を使っているようで、この豚バラ肉から旨みが良く出てますねぇ〜🎵



セットのスープ.JPG


 これ、ただのラーメンスープかと思って飲んだら・・・


 これが、また、美味い‼

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


 コンソメに五香粉を入れたような感じで、なんとも複雑なお味ですよ。



嘉賓 の杏仁豆腐.JPG


 杏仁豆腐も見た目は普通ですが、美味しいですねぇ🎵


 半カキソース和えソバと半五目チャーハンの2品を合わせると、男性でも十分過ぎるボリュームですよ💨

 ここも、一度、夜に訪問してみたいお店だなぁ〜🌙


 店  名:嘉賓 (かひん)
 住  所:東京都新宿区四谷1-7 第3鹿倉ビル 2F(地図
 T E L :03-3358-7912
 営業時間:11:00〜14:30(LO 14:15)
        17:00〜22:30(LO 22:00)
 定 休 日:年中無休

 
posted by こうめ at 21:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

亀戸 亀戸餃子 本店

 訪問日 平成25年10月某日 某曜日

 この日は久々の平日休暇。。。☀

 家でゴロゴロしてようかとも思ったんですが、それでは頭がボケちゃいますよ。

 何か体に良いことしないとね。



 では、昼間っから酒でも呑みに行くか‼(爆) ← ツッコミどころww

; ̄ロ ̄)!!



 で、小腹が空いていたこともあり、とりあえず「亀戸餃子」に行くことにしましたよ🆗


 場所はJR総武線、東武亀戸線の亀戸駅から2分程のところですね。



 この日は午後1時38分に到着🏠


亀戸餃子の外観.JPG


 平日のお昼過ぎということもあるのか、ぜんぜん並んでいませんね。

 店内もカウンター席に数名のお客さんがいるだけでガラガラですよ。



亀戸餃子のメニュー.JPG


 メニューは至ってシンプル‼

 というより、食べ物は餃子しかないんですよねぇww(支店の錦糸町店、両国店、大島店には他のメニューもありますけどね。)

 それなので、席に着くと何も言わずに餃子が出てきます(爆)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


亀戸餃子で乾杯.JPG
ビール(大) 550円


 ここ、残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



亀戸餃子の焼き餃子.JPG
ぎょうざ(5個 250円)


 ビールを飲んでいると、すぐに餃子が出てきますよ💨

 わりと小ぶりで1口サイズですね。


餃子の中身.JPG


 皮は薄めでパリッと焼かれております。

 餡は野菜が多く軽い食感ですね。



亀戸餃子のたれ.JPG


 テーブルには辣油も用意されているんですが、ここの餃子は洋がらしで食べるんですねぇ💡

 今回、私は醤油+酢+洋がらしでいただいてみましたよ。



2皿目の餃子.JPG
2皿目の餃子


 実はここ、1人2皿以上と決まっているんですねぇ。

 残りが2個になるとお店のおばちゃんが2皿目を持って来てくれ、残っている2個の餃子を新しい餃子の皿に移してくれますよ。

 で、空いたお皿はどんどん重ねていくんですね。

 そして、お会計はそのお皿の枚数で計算されるという回転ずし方式ですよ。


3皿目の餃子.JPG
3皿目の餃子


 2皿目が残り2個になると、「どうします?」と聞かれますので、元気良く「もう1皿くだたい!!」と答えましょう‼ (笑)

 小ぶりであっさりした餃子なので、女性でも3皿はイケると思いますよ。

 男性の場合、皆さん5皿位は食べてますもんねぇ💨

 私は次があるので、今回は3皿で止めときましたけど・・・。

(^_^; アハハ…



 店  名:亀戸餃子 本店
 住  所:東京都江東区亀戸5-3-4(地図
 T E L :03-3681-8854
 営業時間:11:00〜18:30
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

池袋 東京中華街 池袋北口店

 訪問日 平成25年9月13日 金曜日

 この日は、飲み仲間3人と一緒に安い中華の店「東京中華街」に行くことになりましたよ🆗


 お店の場所は池袋駅北口から3分程のところですね。



 この日は午後6時54分に到着🏠


東京中華街のビル.JPG


 お店はこのビルの4階にありますよ。

 すご〜〜く目立つ看板で、東上線の車内からも見えるんですよね。

 しかし、「東京中華街」って、無茶苦茶ベタな名前ですよねぇ〜(爆)


東京中華街の入口.JPG


 入口はこんな感じ・・・。

 派手ですが、どこか怪しいですよね(笑)

 また、ここはお客さんの9割が中国人で、店内は中国語が飛び交っております。


 愛の戦士 こうめタン、覚えたてのムーンウォークでさっそうと店内に入り、「予約のこうめたんでつ!! ホウゥ!!」と叫ぶと、怪しまれながらも奥のテーブル席に案内されましたよ。 ← ツッコミどころ



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


東京中華街でお疲れちゃん.JPG
生ビール(中ジョッキ) 500円


 残念ながらホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



豚耳のうま煮.JPG
豚耳のうま煮(210円)


 ここ、前菜の類はほとんどが210円均一なんですよねぇ💨

 これは「うま煮」と謳ってますが、豚の耳を辣油の利いたタレで和えたお料理ですな。



豚足の醤油うま煮.JPG
豚足の醤油うま煮(210円)


 こちらは豚足を醤油ダレで煮込んだ物。

 八角の風味が良いですね。



ピータン豆腐.JPG
ピータン豆腐(210円)


 もう少し、ピータンが入っていて欲しかったなぁ💨

 まぁ、210円じゃこんなもんかな。



羊肉の串揚げ.JPG
羊肉の串揚げ(3本 210円)


 メニューには「羊肉の串揚げ」と書いてありますが、明らかに「串焼き」の間違いですよね(笑)

 串焼きにした羊肉に唐辛子を中心にしたスパイスがまぶしてあります。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


紹興酒5年.JPG
紹興酒5年(ボトル 1,800円)


 紹興酒は、5年物と10年物がありましたが、5年物にしましたよ🆗

 どうせ、酔っちゃえばわかんないですから(爆)



ラム肉入り水餃子.JPG
ラム肉入り水餃子(3個 110円)


ニラ入り水餃子.JPG
ニラ入り水餃子(3個 110円)


 これも、安いですよねぇ〜💣

 皮が厚く、モッチモチでいいですね。

 ただ、中身は普通かな。。。



R0012189-1.JPG
鶏肉の唐揚げの唐辛子炒め(1,380円)


 210円、210円、210円、210円、110円、110円というお料理が続き、いきなり1,380円⁉ (爆)

 この店、300円〜700円台の料理が少ないんですよね。

 っていうか、あったかなぁ〜  f^_^;

 これが、この日一番高価なお料理でした(笑)



牛肉とジャガイモ煮込み.JPG
牛肉とジャガイモ煮込み(980円)


 牛肉はホロホロになるまでよく煮込まれてますね🎵

 ちょっと甘辛めの味付けは、ご飯とも相性はバッチリですよ。



高菜チャーハン.JPG
高菜チャーハン(800円)


 パラパラ系としっとり系の丁度中間くらいの炒飯ですかね。

 わりと薄味なんですが、味はしっかりしております。


 今回は4人でこれだけ食べて1人2,500円程という安さ💨 (紹興酒はボトル2本飲んでます。)

 ここは、ランチもボリュームがあって良いですよ。


 店  名:東京中華街 池袋北口店
 住  所:東京都豊島区西池袋1-43-3 日精ビル4F(地図
 T E L :03-5949-6015
 営業時間:11:00〜翌4:00
 定 休 日:年中無休

 
posted by こうめ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

有楽町 慶楽

 訪問日 平成25年6月17日 月曜日


 「慶楽のスープチャーハンを食べずしてチャーハンを語るなかれ。」

 これは会津藩主 松平容保が、会津戦争で鶴ヶ城に立て篭もった際に言った言葉だと伝えられております。(ウソだぴょ〜ん 🐶) ← ツッコミどころ


 まぁ、これは冗談で、単に炒飯が食べたかったという事を言いたかっただけでつ(爆) ← 続けてのツッコミどころ


 ということで、この日はスープチャーハンが美味しいお店「慶楽」に行く事にしましたよ🆗


 場所はJR有楽町駅から5分程のところですね。



 この日は午後1時12分に到着🏠


慶楽の外観.JPG


 お店は中華屋さんらしい店構えですね。

 席はテーブル席のみで、2階もありますよ。



慶楽のランチメニュー.jpg


 レギュラーメニューは充実してますが、ちょっと高めの設定です。

 しかし、奥さん‼ ご安心ください。(爆)

 ちゃんとお得なランチメニューも用意されてますから🆗



 さて、本日のご注文は「上湯炒飯」です✨


慶楽の上湯炒飯.JPG
上湯炒飯(スープ入 ヤキメシ) 1,000円


 あんかけの炒飯はよく見かけますが、本当のスープ炒飯は珍しいですよね。

 炒飯はラーメンドンブリに張られた、たっぷりのスープに埋もれております。

 まるで、海に浮かぶ孤島のよう・・・ww


炒飯の上のエビ.JPG


 このエビが、また、プリップリで美味しいんですよぉ〜🎵

 さぞかし、ここのエビチリも美味しいんだろうなぁと思っちゃいます。


スープチャーハンのアップ.JPG


 スープはあっさり塩味💨

 あくまで、炒飯の引き立て役に徹してますね。


上湯炒飯のごはん.JPG


 炒飯の具には、焼豚、ねぎ、玉子が使われてますよ。

 炒飯自体は脂っこくなく、たぶん、パラパラ系だと思われます。

 また、刻み焼豚が良い仕事をしてるんですよねぇ💡


 この炒飯をガッツリ頬張り、後を追うようにスープを啜る。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 ここ、今度は夜に行きたいなぁ〜🌙


 店  名:慶楽(けいらく)
 住  所:東京都千代田区有楽町1-2-8(地図
 T E L :03-3580-1948
 営業時間:11:30〜21:45
 定 休 日:日曜日

posted by こうめ at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

池袋 聚福楼

 訪問日 平成25年6月21日 金曜日

 この日は、呑み仲間のRさん主催のお食事会に呼んで頂きましたよ🆗

 会場はちょっと変わった中華料理が食べられるお店「聚福楼」でつ💨


 場所は池袋駅西口から3分程のところですね。



 この日は午後7時28分に到着🏠


聚福楼の入口.JPG


 お店はこのビルの4階にありますよ。

 この時間で店内はほぼ満席です💨

 働いている店員さんは全員中国人で、お客さんも9割方中国人。

 よって、店内には中国語が飛び交っております。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


聚福楼でお疲れちゃん.JPG
ビール(ジョッキ) 480円


 残念ながら、ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



聚福楼のお通し.JPG
お 通 し


 お通しは左から、大根の和え物、バターピー、干絲豆腐ですよ。

 大根の和え物も干絲豆腐も、かなり唐辛子を使っております。

 どうやら、中国東北料理のお店みたいですね。



よだれ鶏.JPG
よだれ鶏(590円)


 以前、新宿の四川料理店「川香苑」でもよだれ鶏を食べましたが、だいぶ違いますね。

 字も川香苑では「口香鶏」でしたが、こちらは「麻辣口水鶏」となっております。

 四川料理のよだれ鶏とは本質的に違うんですかね⁉



クラゲ黒酢の和え.JPG
クラゲ黒酢の和え(690円)


 クラゲとキュウリの黒酢和えですね。

 パクチーが利いてますので、ダメな人はダメかも・・・。



 ここで、本日の主役の登場ぉ〜🎵

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



 デ デ 〜 ン ‼


羊の背中の焼き物.JPG
烤羊排(3,800円)


 羊の背中のお肉を炭火で炙って食べる豪快なお料理ですよ💡

 このかたまりで1Kg以上はありそうですね。


烤羊排を切る.JPG


 お肉はお店の人が切ってくれます。


お肉のアップ.JPG


 切り分けたお肉は、さらに網の上で焼かれますよ。

 そして、焼けたら次々に食らうという・・・🎵


唐辛子の粉.JPG


 お肉には下味が付いており、そのままでも美味しいのですが、現地の方々はこの特製調味料を大量にまぶして食べるようですね。

 唐辛子、クミン、胡麻などが配合されてます。


烤羊排の骨の部分.JPG


 最後は骨の部分も良く焼いて食べますよ。

 この骨の周りに付いているお肉が、また、美味い🎵

 しかし、このお料理、家じゃ作れないわ💨 (当たり前だ‼)



キュウリのニンニク和え.JPG
キュウリのニンニク和え(580円)


 肉の後はさっぱりとね。  (^_^; アハハ…



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



古越龍山.JPG
紹興酒(古越龍山 銀) ボトル 1,180円


 何度も言いますが、ここ、ホッピーはありません💢 (ホッピーミーナ、再度ガッカリ💧)



空心菜の炒め.JPG
空心菜(1,080円)


 中国料理では定番の空心菜の炒めですね。

 でも、空心菜って何で高いんでしょう⁉



自家製三鮮餃子.JPG
自家製三鮮餃子(680円)


 何と何が入って”三鮮”なのか良く分かりませんが、ニラがた〜っぷり入ってますよぉ〜🎵

 皮はそれ程モチモチというわけではありません。

 全部で12個付いてましたよ。



大豆と豚足の煮込み.JPG
大豆と豚足の煮込み(1,080円)


 中国東北地方の素朴な家庭料理という感じが、とてもいいですね💡

 豚足は細かく裁断されていて食べやすいですよ。

 味付けは醤油ベースで複雑な物ではありません。



三種の水衣飴揚げ.JPG
三種の水衣飴揚げ(1,180円)


 サツマイモ、蓮根、ナツメグを素揚げにして水飴を絡めたお料理ですよ。

 一言で言うと、中国版”大学いも”ですね。

 ほんと、甘いんですが、水飴のコーティングがカリッカリで、お芋がホックホク🎵

 なんか、癖になる味です。



チャーシュー炒飯.JPG
チャーシュー炒飯(780円)


 具は叉焼の他にミックスベジタブルと、やや、チープなのですが、味は悪くないですねぇ。

 醤油っぽさが前面に出た味付けも私好みでつ💨

 やや、しっとり系ですかね。


 今回は5人でお邪魔しましたが、やはり、ここは大人数(5人〜6人)で行った方が、いろいろと食べられて良いと思いますよ。

 ウサギの丸焼き(たしか 4,800円)なんていうのもありましたね。


 店  名:聚福楼(じゅふくろう)
 住  所:東京都豊島区西池袋1-37-16 大雄ビル 4F(地図
 T E L :03-6912-7333
 営業時間:17:00〜翌4:00
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 09:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

銀座一丁目 銀座天龍

 訪問日 平成25年4月4日 木曜日

 久しぶりに美味しい餃子が食べたくなった 愛の戦死 こうめタン。。。 ← いきなりのツッコミどころ

 ちょうど有楽町でお仕事中でしたので、「銀座天龍」に行ってみることにしましたよ🆗


 お店の場所は東京メトロの銀座一丁目駅から1分程のところ、JRの有楽町駅からだと5分程のところですね。



 この日はお昼の12時22分に到着🏠


銀座天龍の外観.JPG


 このお店は昭和24年に北京料理のお店として開店したそうですよ。

 店内はかなりの大箱で、1Fが48席、2Fが72席もあります。

 これでも、お昼時は並ぶほどの人気ぶりで、この日も店内は8人ほど並んでましたね。(回転は早いです。)



銀座天龍のメニュー.JPG


 ここは、大体何を食べても美味しいですよ🎵

 そして、メニューは豊富で全体的に高めの設定ですが、銀座という場所とこの味を考えると、まぁ、普通なんじゃないでしょうか。



銀座天龍の食券.JPG


 注文は入口入るとすぐのレジで、食券を買うシステムなんですねぇ。

 なんか、昔のデパートの食堂を思い出しますな。 (^_^;



 さて、本日のご注文は「ギョーザライス」です✨


ギョーザライスの全貌.JPG
ギョーザライス(1,120円)


 
こ、これ、デカ過ぎだろ‼


( ̄(∞) ̄;)



ギョーザのアップ.JPG


 他店の2倍以上の大きさの餃子が8個も付いてますよ💣


銀座天龍の餃子.JPG


 皮は厚くてモッチモチ🎵


デカイ餃子.JPG


 くっ付いている部分を離しても、決して皮が破れることはありません💨


餃子の中身.JPG


 中身の餡には粗挽きのお肉がたっぷり入ってますね💡

 餡は豚のモモ肉、白菜、長ネギを石臼で挽いて作るそうですよ。

 また、ニンニクは入っていませんので、営業中のお父さんにも安心でつ(爆)



 この餃子をガブリとやり、すかさず、白いごはんをかき込む。。。(本当はビールが飲みたいんだけど・・・笑)


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 店  名:銀座天龍
 住  所:東京都中央区銀座2-6-1(地図
 T E L :03-3561-3543
 営業時間:月〜土 11:30〜21:30(LO 21:00)
        日・祝 11:30〜20:30(LO 20:00)
 定 休 日:正月、お盆

 
posted by こうめ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

池袋 大重慶 麻辣燙

 訪問日 平成25年1月26日 土曜日

 この日、池袋の中国料理店「永利 西口店」でしこたま飲んで食べた こうめタンとその仲間たち。。。

 このメンバーで、1次会だけで解散というのは考えられません(爆)

 で、2次会は四川料理のお店「大重慶 麻辣燙(マーラータン)」に行くことになりましたよ🆗 

 中華の後にまた、中華でつww


 場所は、池袋駅西口又は北口から3分程のところですね。



 この日は午後8時41分に到着🏠


大重慶の看板.JPG


 池袋には、かなりの数の中国料理店がありますが、このお店はそんな中で、ほとんど知られていないお店の1つなんじゃないでしょうか。

 場所もビルの3階に入ってますので、この看板だけが目印ですね。



大重慶の店内.JPG


 エレベーターに乗り、3階でドアが開くと、もうそこは店内です(笑)

 大体いつも満席で、予約をしないと入れないこともあるようですよ。

 今回は1次会の「永利」から予約を入れましたので、すんなりと入れました💨

 また、お客の9割は中国人で、店内は中国語が飛び交ってますね。



大重慶のメニュー その1.JPG


大重慶のメニュー その2.JPG



 基本、火鍋屋さんなんですが、他の四川料理も多数ありますよ。

 上の写真は、そのほんの一部です❗

 ちなみに、「干鍋」を都内で食べさせる店ってそれ程ありませんよ。


メニュー その3.JPG


 日本語と中国語が混ざっちゃって何か変になっちゃってますよね(笑)


 しかし、『通電の快感』って何⁉ (猛爆)



 ということで・・・

 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


大重慶でお疲れちゃん.jpg
サッポロ生ビール(450円)、レモンサワー(380円)、ウーロンハイ(380円)


 ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



麻辣湯の辛さ.JPG


白湯の種類.JPG


 ここ、火鍋を注文する場合、まずはスープを選びます。

 麻辣湯は1鍋分で600円、白湯は628円ですよ。

 麻辣湯の辛さは5段階、白湯のスープは5種類あります💡

 スープは白湯抜きで麻辣湯だけの注文でも構いませんが、私は両方組み合わせることをお勧めしますよ。



火鍋のスープ.jpg


 今回、我々は麻辣湯が3番の「大辛」で、白湯は3番の「小笨鶏高湯」にしました🆗

 スープには予め鶏やキノコ類が多少入ってます。

 だし用でしょうね。



火鍋の具.JPG


 火鍋の具はセルフで棚から取って来るシステムでつ💨

 具は串に刺さっており、1串80円均一ですよ。


取った具材.jpg


 取った具はこのように籠に入れ、テーブルに持ち帰って煮て食べるという訳なんですね。

 ちなみに、私が取ったのは、豚肉、羊肉、豚のハツ、イイダコ、かぼちゃですよ。


大重慶の火鍋.jpg


 で、こうして各自好きなように煮て食べるわけですな🎵



イイダコのアップ.jpg


 アツアツに煮えたイイダコを口一杯に頬張る。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




ジャガイモ.JPG
土豆方(じゃがいも) 280円


 串以外の具材も用意されており、こちらは1皿280円均一です。

 ちなみに、ジャガイモを火鍋に入れると美味いでつ‼



バターピーナッツ.JPG
バターピーナッツ(280円)


 こちらは火鍋の具材ではありませんが、軽いおつまみとして置いてあるのでしょう。

 これ、実は浪花からの刺客 T.Sさんがあまりの辛さに耐えられずに持ってきた物なんですよねぇ〜(爆)

 今度は「干鍋」を食べに来よっと🎵


 店  名:大重慶 麻辣燙(だいじゅうけい まーらーたん)
 住  所:東京都豊島区西池袋1-35-2 明徳ビル3F(地図
 T E L :03-6914-1159
 営業時間:16:30〜翌4:30
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

池袋 中国東北家郷料理 永利 西口店

 訪問日 平成25年1月26日 土曜日

 この日、いつもの飲み仲間5人で中華料理の美味しい店「永利」に行くことになりましたよ🆗

 で、今回、「永利 本店」は何度も行ってるので、あえて「西口店」に行くことにしました。


 場所は池袋駅西口から5分程のところですね。



 この日は、午後5時54分に到着🏠


永利西口店の外観.JPG


 外観はいかにも中国料理のお店という雰囲気ですね。

 店内は本店に比べると少し狭いかな。



 メンバーが揃ったところで・・・

 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


永利でお疲れちゃん.JPG
アサヒ生ビール(500円)


 ここ、残念ながらホッピーは置いてないんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



葱香干豆腐絲.JPG
葱香干豆腐絲(干し豆腐と長ネギの辛味冷菜) 580円


 干絲豆腐(細切りにした干し豆腐)とネギとキュウリをゴマ油や辣油等と和えた中国東北料理定番の前菜ですよ。

 でも、ここの干絲豆腐は幅の広い物を使ってますね。



豚背骨のタレ煮付け.JPG
東北醤大骨(豚背骨のタレ煮付け) 890円


 いきなり、凄いのが来ちゃった(汗)  (^_^; アハハ…

 豚の背骨を柔らかくなるまで煮込んだお料理なんですが、迫力満点‼

 骨についたお肉をこそぎ落として食べますよ。

 これを食べている時はみんな無口ですww



焼餃子.JPG
煎餃子(焼き餃子) 6個 480円


 皮がモッチモチで美味しいでつ‼

 餡も野菜とお肉がたっぷり🎵



海鮮入り水餃子.JPG
三鮮水餃(海鮮入り水餃子) 580円


 1皿に6個ですから、1人1個計算。。。

 海鮮の水餃子らしいのですが、一口で食べてしまったのであまり記憶にないんですよねぇ(爆)

 確か、皮がモチモチしてました(猛爆) ← ツッコミどころ



鶏砂肝串焼き.jpg
烤鶏珍(鶏砂肝串焼き) 1本 160円


 中国東北料理の串焼きで、日本の串焼きとは違い金串を使ってますね。

 これらの串焼きは何種類かあり、どれも1本から注文が出来ますよ。



ラム肉串焼き.JPG
新疆大串羊肉(ラム肉串焼き) 1本 150円


 こちらはラム肉ですね。

 クミンシードがたっぷりかかってます。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



中国紹興酒.JPG
中国紹興酒(ボトル 1,980円)


 結構、この紹興酒うまいんですよぉ〜🎵

 ラベルを見たら15年物で『さすが!! こうめタン!! 15年物をチョイスするとは!!』なんて褒められちゃったけど、実は私があえて15年物をチョイスした訳じゃないんですよ。


 この店、紹興酒は1種類しかないんです(猛爆)

(^_^; アハハ…




永利の麻辣味鍋.jpg
毛血旺(牛ハチノス・牛ハツ元・牛千枚・野菜等の麻辣味鍋) 1,580円


 火鍋とは違う麻辣味のお鍋でつ🎵

 カセットコンロが付いていて、テーブルで煮て食べます。

 ハチノス、ハツ、フワ、センマイ等のモツが中心で、ピリリと辛いですね。

 煮込まれていくうちに、味も辛さも濃厚になってきますよ。



永利の糖醋肉.JPG
糖醋肉(ゴロゴロげんこつ豚肉の酢豚) 1,050円


 見てください‼ この迫力‼

 糖醋肉は、去年、「黒猫夜」でも食べましたが、見た目のインパクトではこちらが断然上ですね。

 デカいのでナイフとフォークで切り分けて食べますよ。



蒸しパン.JPG
中華風蒸しパン(値段不明)


 本当は糖醋肉のソースを花巻に絡めて食べたかったのですが、生憎、西口店には置いて無いそうなんですよねぇ💢

 それなので、仕方なくこちらを注文しました。(メニューには無いので値段は不明。)

 ちなみに、花巻もこの蒸しパンも肉まんの皮と同じ生地で出来ていて、ただ形が違うだけなんですけど・・・。



パンに挟んだ糖醋肉.jpg


 で、当然、肉を挟んで食べちゃうよね(爆)

 これを1口かじれば・・・


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜🎵

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



 店  名:永利 西口店
 住  所:東京都豊島区池袋2-3-3(地図
 T E L :03-5951-6857
 営業時間:11:00〜24:00(LO 23:30)
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

神田 竹苑

 訪問日 平成25年1月10日 木曜日

 この日、チャーハンが食べたくなった 愛の戦士 こうめタン。。。

 ちょうど、神田に来てましたので、早速、「竹苑」でランチを摂ることにしましたよ。


 場所は、JR山手線、京浜東北線の神田駅から3分程のところですね。



 この日はお昼の12時54分に到着🏠


竹苑の外観.JPG


 実はここ、安く上海ガニを食べさせてくれるお店として有名なんですよねぇ。

 私は食べたことないけど・・・💧

 ランチ時は常に混んでおり、この日も相席と相成りました。



竹苑のメニュー 1.JPG

竹苑のメニュー 2.JPG


 ランチメニューは充実してますね🆗

 でも、ここへ来て「醤油炒飯」以外の物を注文したことは無いんですよねぇ〜

(^_^; アハハ…


 っていうか、醤油炒飯が食べたくなるとこの店にお邪魔するというパターンかな。。。(笑)



 さて、本日のご注文は「中華丼セット」です✨






 うそだぴょ〜ん‼  ヾ( ´ー`)/


 これだけチャーハンで引っ張っておいて、違う物たのんだら怒られちゃいますよねww

(^_^; アハハ…




 さて、本日のご注文は「醤油炒飯セット」です✨


醤油炒飯セット.JPG
醤油炒飯セット(850円)


 「醤油炒飯セット」には、小坦々面、小籠包、ザーサイ、杏仁豆腐が付きますよ💨


醤油炒飯のアップ.JPG



 この炒飯、異様に黒いでつ💨  ( ̄ロ ̄;)

 たぶん、中国醤油で黒いんだと思うんですけど、見た目ほど味は濃くないですよ。


レンゲですくった炒飯.JPG


 具は、焼豚、卵、ネギとシンプルなんですが、とにかくほぐした焼豚の量が半端なく多いです。

 実はこの焼豚が炒飯の味を支えているんですよねぇ。

 量が多めなのも嬉しいです💡



小坦々面.JPG


 小坦々面は逆に量は少なめ。

 まぁ、「小」ですし、あくまでスープ代わりみたいな物ですからね。

 でも、ここの麺はムチムチしていて美味しいなぁ〜🎵



セットの小籠包.JPG


 小籠包は皮にモッチリとコシがあり、中には黄金色のスープがたっぷりと仕込まれてますよ。

 アツアツで、一気に食べると火傷しますから注意が必要ですね。

 これ、もっと食べたいですww



セットの杏仁豆腐.JPG


 セットの杏仁豆腐にしては、わりとしっかりしていますね🆗

 食べた時の香りも良いです。


 今度は、ここで、ぜひ、上海ガニが食べたいなぁ〜🎵


 店  名:竹苑(ちくえん)
 住  所:東京都千代田区内神田3-22-4(地図
 T E L :03-3257-6807
 営業時間:11:00〜14:30(ランチ)
        17:00〜23:00
 定 休 日:日曜・祝日

posted by こうめ at 14:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

赤坂見附 黒猫夜

 訪問日 平成24年11月10日 土曜日

 この日、呑み仲間のkazukazuさんラルさんT.Sさんと一緒に中国郷土料理を食べに行くことになった愛の戦士 こうめタン。。。


 「中国郷土料理なんていう、大雑把な括りの料理を食べさせるお店なんてあるわけないわ!! フフンのフン!!」 なんて言ってるそこのお嬢さんexclamation×2


 それがあるんですよぉ〜るんるん

(* ̄ー ̄) ニヤリ



 そのお店の名前は「黒猫夜」というんですけどね。

 中国郷土料理だけじゃなくて、中国各地の地酒までもが楽しめちゃうってんだから驚きですよダッシュ(走り出すさま) 奥さんexclamation×2(爆)



 で、お店の場所は東京メトロ丸の内線、銀座線の赤坂見附駅から1分程のところですよ。



 この日は午後6時ジャストに到着家


黒猫夜の入口.JPG


 お店はこのビルの3階にありますよ。

 店内はシックな造りで、中華というより隠れダイニング的な雰囲気ですね。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


黒猫夜でお疲れちゃん.jpg
生ビール 中ジョッキ(580円)


 ここ、ホッピーはないんですよねぇ〜むかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)

 しかし、今回のお疲れちゃんは見事な正方形ですよねぇww

 この写真、永久保存物ですな(爆)



黒猫夜のお通し3種.JPG
お通し3種


 お通しは、青海苔和えピーナッツときんぴらごぼうと牡蠣の紹興酒漬け(?)ですね。

 これだけでも、このお店のラベル レベルがわかりますよ。 ← ツッコミどころ



百家風鴨舌の炒め.JPG
百家風鴨舌の炒め(980円)


 ネギと一緒に鴨の舌を炒めたお料理ですね。
 
 鴨の舌は食べるところが少ないながら、しっかりとした旨みがあり、ネギとの相性もバッチリですよ。



ウルムチの羊串焼き.JPG
ウルムチの羊串焼き(1本 200円)


 他店で食べた羊串焼きってパサパサした物がほとんどでしたが、ここのはとってもジューシーですよダッシュ(走り出すさま)

 薬味として、クミン、岩塩、豆板醤が付いてますので、お好みでつけて食べるといいですね。


カエルの漁師風炒め.JPG
国産 活〆カエルの漁師風炒め(2,100円)


 「冬眠に入るため、カエルの入荷は今年最後で残りあと2匹ですよ。」という店員さんの言葉に思わず頼んでしまった1品ですね(爆)

 これも、他店で食べるカエルより身が厚くてしっかりしてますよ。

 料理自体は、以前「蜃気楼」で食べた炸茄子のカエル版といった感じですかね。

 しかし、活〆とは・・・  ( ̄▼ ̄|||)



中国のつけもの.JPG
中国泡菜(480円)


 中国の漬物ですね。

 特に写真左上の生ザーサイは初めて食べましたけど美味しいですよねぇるんるん



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジexclamation×2

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ! 



江南派の紹興酒.jpg
三種きき酒(江南派) 900円


北方派の紹興酒.jpg
三種きき酒(北方派) 900円


 ここ、紹興酒の利き酒ができるんですねぇひらめき

 北方派、江南派、南方派と3つのエリアから、3種類好きな組み合わせで注文できますよ。

 各エリアから1種類ずつ選ぶも良し、私のように1つのエリアから3種類選ぶも良しですダッシュ(走り出すさま)



豚バラ肉にんにく醤油炒め.JPG
紅焼茄子(豚バラ肉にんにく醤油炒め) 980円


 豚バラ肉、ナス、ニンニクの芽をニンニク醤油で炒めたお料理ですよひらめき

 ニンニクの風味が食欲をそそりますね。



黒酢風特製酢豚.jpg
古老肉(黒酢風特製酢豚) 1,600円


 デカい角煮のような肉の塊が2つも付いてますよダッシュ(走り出すさま)

 一般的な酢豚とは全く違いますね。

 タレが美味しいので、花巻(蒸しパン)を貰えば良かったなぁ〜たらーっ(汗)



パクチーサラダ.JPG
香葉沙律(880円)


 香菜(パクチー)を中心にしたサラダですね。

 香菜好きには堪らない1品ですが、香菜嫌いには地獄の1品でしょうね(爆)



芝えび胡麻フリッターマヨネーズ和え.JPG
馬油汁沙律蝦仁(芝えび胡麻フリッターマヨネーズ和え) 980円


 まぁ、平たく言えば「エビマヨ」です(笑)

 美味しいんですが、4尾しか付いてなかったので1人1尾。。。

 もっと食べたかったなぁ〜むかっ(怒り)



黒猫夜の土鍋ご飯.JPG
自家製中国ハム、腸詰、ヨッペン入り土鍋御飯(1,100円)


 炊きたてのアツアツで登場して来ましたよぉ〜exclamation×2

 具材とご飯をよく混ぜて各自お茶碗でいただきまするんるん


茶碗によそった土鍋御飯.JPG


 中国ハムや腸詰の旨みがたっぷり染みた炊きたてのご飯を口一杯に頬張る。。。


 もう、頭の中はピヨピヨですよぉ〜るんるん

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!




薬膳茶.JPG
薬膳茶(サービス?)


 最後は薬膳茶でスッキリとね決定


このお店に行きたいと思ったそこのお嬢さんexclamation×2

ポチッとなexclamation×2




 店  名:黒猫夜(くろねこよる)
 住  所:東京都港区赤坂3-9-8 篠原ビル3F(地図はこちら
 T E L :03-3582-3536
 営業時間:月〜金 11:30〜14:00 18:00〜24:00(フードLO 23:00、ドリンクLO 23:30)
        土曜日 18:00〜23:00(フードLO 22:00、ドリンクLO 22:30)
 定 休 日:日曜・祝日
posted by こうめ at 21:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

東武宇都宮 来らっせ

 訪問日 平成24年9月2日 日曜日


宇都宮城.JPG
天空にそびえ立つ宇都宮城 清明台


 やって参りました栃木県宇都宮市でつ。。。新幹線

 今回は友人でもある歴史研究家の沼田先生参照)が宇都宮城の復元調査をするというのでついて来ちゃいましたよ(爆)

 実はこの宇都宮城の復元が始まったのは、ほんの5年程前あたりかららしいのですが、本丸はまだ復元されてないんですねぇ。

 とりあえず、昼間は一緒になって宇都宮城址公園の方の説明を受けながら城周りを見学させて頂きましたよ。


 で、ここは宇都宮ですから、夜は当然、餃子にビールーでしょexclamation&question

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



 そこで、宇都宮餃子会直営のフードコート「来らっせ」に行くことにしましたよ決定

 場所は東武宇都宮駅から5分ほどのところですね。



 この日は午後6時11分に到着家


来らっせの入口.JPG


 ドンキホーテの地下1階にありますよ。

 先程も触れましたが、ここはお店ではなく、フードコートなんですねぇ。

 この「来らっせ」は、「常設店舗ゾーン」と27店舗の餃子が毎日日替わりで楽しめる「日替わり店舗ゾーン」の2つのエリアから成り立っております。

 我々は、とりあえず、「常設店舗ゾーン」に行ってみることにしましたよ。


常設エリア.JPG

 中に入ると、お店のブースとテーブルが並んでますね。

 まずは席を確保し、あとは食べたいお店のブースで注文してお金を払い、番号札を受け取って席に戻ると、焼き上がった餃子を店員さんが持って来てくれるというシステムですよ決定



来らっせのメニュー.JPG


 この「常設店舗ゾーン」には、「龍門」、「めんめん」、「幸楽」、「さつき」、「宇都宮みんみん」の5店舗が入ってますね。

 メニューはお店ごとに分かれてます。

 各店舗、餃子の値段も違いますねぇ〜。



 沼田先生 まさか、ここでも、あの「お疲れちゃ〜ん」とかいうのやるのかね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているもんで・・・(笑)

 沼田先生 ・・・ (−_−;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


来らっせでお疲れちゃん.JPG
生ビール(キリン1番搾り) 500円


 生ビールはどこのお店のブースでも買えますよ。

 値段は500円で統一しているようですね。

 ホッピーは残念ながらありませんむかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)



龍門の餃子.JPG
龍門焼餃子(ぎょうざの龍門) 280円


 まずは、「ぎょうざの龍門」から注文しましたよ。

 ここの店主は日本コロムビアの歌手 森勇二氏という事ですが、私は知りません(爆)

 産直の厳選素材を使用しているのがウリのようですね。

 まぁ、普通に美味しいかな。。。



めんめんの餃子.JPG

羽根付餃子の裏.JPG
羽根付餃子(宇都宮餃子めんめん) 350円


 羽根付きの焼き餃子ですよダッシュ(走り出すさま)

 ここの餃子は、餡にジュレ状にしたスープを練り込んでいるので、かぶり付くとスープがドバッと出て来るんですねぇ。

 羽根の部分もパリパリしてツマミになりますよ。



幸楽の餃子.JPG
焼餃子(幸楽) 240円


さつきの餃子.JPG
さつき餃子(宇都宮餃子さつき) 250円


 上の写真がが幸楽の餃子で、下の写真がさつきの餃子なんですが、見た感じはほとんど変わりませんよねぇ。

 ところが、食べてみると見事に対照的なんですよひらめき


幸楽の餃子の中身.JPG
幸楽の餃子の中身


さつきの餃子の中身.JPG
さつきの餃子の中身


 幸楽の餃子の餡は野菜と肉のバランスが良く、味もマイルドなのに対して、さつきの餃子の餡はニンニクとニラがガツンと効いたワイルドな味なんですねぇダッシュ(走り出すさま)

 この2つの餃子、食べ比べると面白いですよ。

 ちなみに、皮は大差ありません。



 ここで、レモンサワーにチェ〜ンジexclamation×2 

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



レモンサワー.JPG
レモンサワー(300円)


 チューハイ各種は「めんめん」以外のお店で扱ってますよ。

 角ハイボールなんていうのもあります決定



みんみんの餃子.JPG
焼餃子(宇都宮みんみん) 240円


 昭和33年に開業した宇都宮餃子の老舗店ですよ。

 たぶん、この5店舗の中では一番有名なんじゃないですかね。

 焼餃子は皮と餡とのバランスも良く、美味しいですよ。


みんみんのラー油.JPG


 特製のラー油が付いてますが、けっこう辛いでつ。。。ww




日替わり店舗ゾーン.JPG

日替わり店舗のメニュー.JPG


 この後、「日替わり店舗ゾーン」に行って餃子を食べまくろうかと思っていたんですが、さすがに食べ飽きましたよ(爆)



お土産コーナー.JPG


 食後は大人しく、お土産コーナーでお土産を買って帰りましたとさ。。。

 ちなみに、愛の戦士 こうめタン的には

 1.幸楽
 2.めんめん
 3.みんみん
 4.さつき
 5.龍門

 ・・・という順番かなexclamation&question

 沼田先生に伺ったら、私とは好みが違うようでした(笑)


ほんと、皆さんの反応がこのブログの原動力なんでつexclamation×2

ポチッとなexclamation×2




 店  名:来らっせ(きらっせ)
 住  所:栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12(地図はこちら
 T E L :028-614-5388
 営業時間:11:00〜21:00(LO 20:30)
 定 休 日:年中無休
posted by こうめ at 10:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

大山 喜楽家

 訪問日 平成24年8月29日 水曜日

 最近、当ブログで大人気の歴史研究家の沼田先生参照exclamation×2

 その沼田先生と来月に予定されている宇都宮城の調査の最終打ち合わせの為、台湾料理の店「喜楽家」に行くことになりましたよ決定



 場所は東武東上線の大山駅から3分程のところですね。

 以前紹介した「やきとん ひなた」、「レストランオオタニ」、「ピノキオ」、「炒飯 一心菜」、「ビストロ クレール」、「中華そば もりそば さい。」、「Korean Kitchen SANKYU」、「ランチハウス 洋包丁」もわりと近いですよ。



 この日は、午後5時58分に到着家


喜楽家の外観.JPG


 ここは、今年になって出来た台湾料理のお店ですね。

 確か以前もここは中華料理のお店だった気がしますが・・・。

 お店に入ると、お客は1人のみでしたが、ここ、混む時は混むんですよね。

 一度、土曜の夜7時位に行ったら満席で入れなかった事がありますよ。



 沼田先生 キミ、また、あの「お疲れちゃ〜ん」とかいうのやるのかね?

 こ う め ええ、ファンが期待しているもんで・・・(笑)

 沼田先生 ・・・ (−_−;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


喜楽家でお疲れちゃん.JPG
生ビール(220円) ※タイムサービス価格



 な、なんと、生ビールが1杯220円という安さ爆弾

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



喜楽家の貼り紙.JPG


 実は17:00〜19:00までの間はタイムサービスなんですねぇるんるん

 しかし、いくらタイムサービスとはいえ安すぎますよねたらーっ(汗)

 これなら小学生でもお小遣いでビールが呑めますもん(爆) ← ツッコミどころ



喜楽家のお通し.JPG
お通し???


 バターピーなんですが、自家製ですよ。

 ピーナッツの風味が良くて、かなり美味いですダッシュ(走り出すさま)

 お通しではなく、サービスだと思うんですがどうなんでしょう???



豚肉のニンニクソースがけ.jpg
ニンニクあえ蒜泥白肉(280円)


 ここ、280円均一の小皿料理が21種類もありますよ。

 ただ、料理のネーミングというか日本語表記が微妙に変です(爆)

 で、これは茹でた豚肉にニンニクソースをかけたお料理なんですねぇ。



ゆば煮込みと精進料理.JPG
ゆば煮込みと精進料理(280円)


 これも、ちょっと変な名前です(笑)

 甘辛く煮しめた厚揚げをスライスした感じでしょうかexclamation&question

 ちょっと、味付けいなり揚げにも似てますが、八角が入ってますね。



ニンニクの芽と台湾ハム炒め.JPG
ニンニクの芽と台湾ハム炒め(280円)


 この台湾ハムはマスターの手作りということですよ。

 なんか、ハムというより焼豚に近いですね。

 台湾ハムから良い味が出てますよダッシュ(走り出すさま)



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジexclamation×2

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



喜楽家の紹興酒.JPG
紹興酒(ボトル 1,200円)


 ここ、ホッピーはないんですよねぇ〜むかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)



手作り焼餃子.JPG
手作り焼餃子(380円)


 かぶりつくと、野菜から出たスープがジュワッと出てきますよ。

 皮はモチモチですし美味しいですねるんるん



酢豚.JPG
古老肉(720円)


 メニューの説明に「3種類の黒酢仕立て」と書いてありましたので、「蘭蘭 本店」や「永利 本店」の酢豚を想像して注文したのですが、いわゆる普通の”酢豚”でしたね。

 私が勘違いしておりました。

 アチラの酢豚は古老肉ではなく糖醋肉という名前ですものね。

 でも、この酢豚はこの酢豚で美味いですよ。

 お肉がゴロゴロですしね決定



マーボー春雨.JPG
馬蟻上樹(680円)


 一応、メニューの横に「春雨油で上げ、挽肉あんかけ」と日本語で説明されてますが、全く想像できません(爆)

 大体、春雨油なんてあるんでしょうか?(爆)

 ”揚げ”っていう漢字も違うし・・・(爆)

 で、頼んでみると麻婆春雨に似たお料理でしたよ(笑)

 花椒や辣油が入っており、少し辛いですが箸が止まらない味ですexclamation×2



川海老の唐揚げ.jpg
川海老の紹興酒炒め(値段不明)


 マスターが「今日、川海老の紹興酒炒めあるよ!! 美味しいよ!!」」とおっしゃるので注文したみましたよ。

 まぁ、一言で言えば中華風川海老の唐揚げでしょうかね。

 少なくとも、”炒め”ではないと思います(爆)

 ただ、やはり、味はいいんですよねぇ〜るんるん


 このお店、面白くて、美味しくて、安いと三拍子揃った良いお店ですよ。

 あと、ここは、魯肉飯(750円)と排骨飯(750円)がおススメですね決定


最近、ポイントがどんどん落ちてます(涙)

押して頂けると嬉しいです m(_ _)m




 店  名:喜楽家(きらくや)
 住  所:東京都板橋区大山町12-2(地図はこちら
 T E L :03-3958-5156
 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜23:30
 定 休 日:未確認
posted by こうめ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

新板橋 蜃気楼 その4

 訪問日 平成24年4月20日 金曜日

 この日、呑み仲間のラルさんからのお誘いを受けまして、四川料理の名店「蜃気楼」にお邪魔することになりましたよ。


 場所は都営地下鉄三田線の新板橋駅から4分ほどのところですね。

 JRの板橋駅や東上線の下板橋駅からもそれ程離れてはいませんよ。

 以前紹介した「うさぎ庵」、「レストラン シュベスター」、「あぺたいと」、「タカセ」、「山源」もわりと近いです。


 この日は、午後7時16分に到着家


蜃気楼の入り口.JPG


 このお店は10人程しか入れませんので、予約しないと厳しいですね。

 店内は狭く、カウンター席がメインですが、4人用の座敷もあります。


蜃気楼のメニュー.JPG


 店内の黒板や貼り紙にメニューは書いてありますが、基本的にマスターがお客の好みを聞きながら、その日できる料理を提供するスタイルですよ。

 そして、黒板のメニューを見て分かる通り、料理の値段は出ていません。

 でも、食べて飲んで、大体1人5,000円前後ですからご安心あれ決定



 で、私ら二人は・・・


 お疲れちゃ〜んビール (笑)   ∀(≧∇≦) 


とりあえず乾杯.jpg
エビスビール(中瓶)500円


 残念ながら、ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜むかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)


冷菜盛合せ.JPG
冷菜盛合せ


 冷菜盛合せには、廣東焼豚、大連クラゲ、豚耳の煮こごり、冷しトマトが付いてますよ決定

 焼豚は肉厚で肉の旨みたっぷりですね。

 クラゲは頭の部分を使っているそうで、こちらも肉厚ですよ。


豚の耳の煮こごり.JPG


 そして、この豚耳の煮こごりが秀逸なんですよぉ〜るんるん

 もう、プリップリのクニュックニュのコリッコリですからexclamation×2 (爆) ← ツッコミどころ


大きな肉ワンタン.JPG
大餛飩(ダー・フゥン・トゥン)


 一口では食べきれない大きな肉ワンタンですね。


肉ワンタンの中身.JPG


 中身は豚挽肉がた〜っぷりるんるん

 パクチーと一緒に食べると、より美味しいですよ。



 ここで、紹興酒にチェ〜ンジexclamation×2

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



蜃気楼特製の紹興酒.JPG
蜃気楼オリジナルブレンド紹興酒(400円)


 これはマスターが独自にブレンドして甕で寝かした紹興酒ですよ。

 とっても滑らかな舌触りで、味に深みがありますね。


鶏の手羽の唐揚げ.JPG
麻辣炸鶏翅(マーラージャージーヂ)


 四川風鶏の手羽の唐揚げですよ。

 手羽の上にエシャロットを揚げてパン粉状態にした物がのってますねダッシュ(走り出すさま)

 花椒の風味と痺れが良く合います。


咖哩飯(ガリファン).JPG
咖哩飯(ガリファン)


 ご飯の上に鶏つくねをのせ、カレー風味のソースをかけたお料理ですよ。

 今まで、こんな料理、食べたことがな〜い ヾ( ´ー`)/


ガリファンの中身.JPG


 つくねは軟骨ごと叩いてあり、ソースと一緒に口に入れると、もう頭の中はピヨピヨですよ爆弾

ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



汁無し坦々麺.JPG
汁なし坦々麺


 〆は、当然、汁なし坦々麺で決まりexclamation×2

 辛さや痺れよりも旨みが先行する坦々麺ですね。

 私が今まで食べた坦々麺の中でもダントツの1位ですよぴかぴか(新しい)

 しかし、この店はホント素晴らしいわダッシュ(走り出すさま)


 <<関連記事>>

 ◆新板橋 蜃気楼 その3
 ◆新板橋 蜃気楼 その2
 ◆新板橋 蜃気楼


押して頂けると嬉しいですひらめき

ポチッとなexclamation×2




 店  名:蜃気楼
 住  所:東京都板橋区板橋1-33-1(地図はこちら
 T E L :03-3964-6657
 営業時間:19:00〜23:00(LO 22:00)
 定 休 日:日曜・祝日
posted by こうめ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

赤坂 みんみん(aa)

 訪問日 平成24年1月13日 金曜日

 この日は、kimimatsuさん油谷さんラルさん、そして、愛の戦士 こうめタンの4人で、新年会でもやろうということになりましたよ。

 13日の金曜日だし・・・。(爆)

 そして、会場となるお店は、餃子が有名な「みんみん(aa)」でつexclamation×2


 場所は、東京メトロ千代田線の乃木坂駅から8分程、同じく、千代田線の赤坂駅から15分程、銀座線、半蔵門線の青山一丁目駅から10分程と、どこの駅から行っても遠いんですねぇ。

 まぁ、駅から遠いといっても、どちらの駅からも歩くことが出来ますから、「にく処 やっちゃん」や「スタミナ苑」よりはマシですけどね。

 ただ、場所はわかり辛いので、事前によく調べておく必要がありますね。


 
 ここを目印に行くといいと思うな、ボク。。。(爆)


 デ デ 〜 ン exclamation×2

クスリの小梅.JPG


 ク、クスリの小梅たらーっ(汗)  ( ̄▽ ̄;) うっ・・・


 そう、この『クスリの小梅』の脇道を入った所が「aa」どぇ〜すexclamation×2


aaの外観.JPG


 黄色とピンクのライトが灯ってまして、遠くからだと風俗店にしか見えませんよ(爆)

 まぁ、目立つように、こうしたんでしょうけど・・・。


 店内は、カウンター15席、座敷25席と、それなりのキャパはありますが、予約なしだとまず入れませんので、注意が必要ですね決定


 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)

aaでお疲れちゃん.JPG
ビールKIRIN(578円)


 ここ、ホッピーはないんですねぇ〜むかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)


aaのお通し.JPG
お通し


 お通しは、大根キムチ、揚げにんにく、白髪ねぎと肉みそなんですが、お店の人曰く「全部混ぜて召し上がってください。」ですと。


 う〜ん、別にマゼマゼしなくても、いいと思うな、ボク。。。(爆) ← さぁ、ツッコんでください!



aaの焼き餃子.JPG
焼餃子(526円)


 このお店のキラーメニューですぴかぴか(新しい)

 店員さんが、タレを目の前で作ってくれるんですが、なんと、酢にコショウなんですよね。

 コショウは、かなり大量に入れてましたよ。


焼餃子のアップ.JPG


 皮は厚めで、表面がかなりカリッと焼けてます。

 餡は肉とニラが大量に入ってますよ。

 下味がしっかり付いていますので、この酢とコショウのタレにピッタリexclamation×2


水餃子.JPG
水餃子(526円)


 水餃子というより、スープ餃子ですね。

 ラーメンスープの中に餃子が入ってますよ。


水餃子の餡.JPG


 餡と皮は、基本的に焼餃子とあまり変わらない気がするんですが、多少、違うのかなぁ〜exclamation&question


揚げ餃子.JPG
炸餃子(あげギョーザ) 526円


 この揚げ餃子は、塩味が付いてますので、そのまま食べますよ決定

 パリッと揚がった皮と肉肉しいジューシーな餡が魅力的ですね。


肉春雨炒め.JPG
粉糸炒肉糸(肉春雨炒め) 998円


 肉の濃厚な旨みが春雨に絡まってイイ感じですね。

 全体的には、塩味であっさりしてますよ。



 と、ここで、油谷さん、いつもの・・・


 唐揚げ コォォォーーーーーーールサッカー  O(≧▽≦)O


鶏の唐揚げ.JPG
乾炸鳥(鶏の唐揚げ) 1,681円


 ご存知、揚げ物ブロガーの油谷さん。。。

 値段が多少張るので、注文しようか悩んでいたようですが、そこは、愛の戦士 こうめタンがGOサインを出しちゃいましたよexclamation ← ツッコミどころ(特にその場にいた方々)

 唐揚げ自体は、竜田揚げのような衣で、しっかりとした下味も付いてますね。

 ボリュームもありますよダッシュ(走り出すさま)


ハチドリ.JPG
蜂蜜鶏(ハチドリ) 1,366円


 これ、私が知ったかぶりをして注文した品なんですが、さっきの唐揚げと完全にダブってしまいましたよたらーっ(汗)

 ハチドリって、鶏の唐揚げをネギと蜂蜜入りの甘辛いソースで炒めた物だったんですねぇ。

 全く、違う物を想像してました(爆)

 でも、とっても、美味しいでつexclamation×2 (猛爆)


ドラゴン炒飯.JPG
ドラゴン炒飯(788円)


 これも、ここのキラーメニューの一つですね。

 ご飯はパロパロ パラパラで、ニンニクとニラがガシッときいてますよダッシュ(走り出すさま) ← わかる人はツッコんでねww

 お酒のつまみにもなります(爆)


aaのザーサイ.JPG


 炒飯にはザーサイが付いてますよ決定

 これは、完璧にツマミexclamation×2


わんこラーメン.JPG
わんこラーメン(211円)


 普通のハーフサイズなので、1人に1個注文しましたよ。

 ラーメン大盛りを注文して取り分けてもいいんですが、値段も安いですし、何より玉子の取り合いで喧嘩にならないところが魅力ですね(爆)


 ここ、1品1品の量が多いので、4人位で行くと色々注文できて楽しめます。


皆さん、1日1回お願いしますexclamation×2

ポチッとなexclamation×2




 住  所:東京都港区赤坂8-7-4(地図はこちら
 T E L :03-3408-4805
 営業時間:11:30〜14:00 17:30〜22:30(LO 21:30)
 定 休 日:日曜・祝日 
posted by こうめ at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

新宿 川香苑 歌舞伎町店

 訪問日 平成23年11月12日 土曜日

 この日、飲み仲間のラルさんからお誘いを受けまして、四川料理の名店「川香苑 歌舞伎町店」に行って来ましたよ。

 これまた、ブログ仲間のアイチーさん東京ホルモンズさんもご一緒で〜すダッシュ(走り出すさま)


 場所は新宿駅から5分くらいのところですね。

 わりと近くには、「立ち呑みフレンチ プロヴァンサル (Provencale)」、「ラーメン二郎 歌舞伎町店」、「上海小吃」、「INDIAN GRILL BBQ RESTAURANT HATTI」なんかもありますね。



 この日は、午後6時55分に到着家


川香苑の外観.JPG


 お店は、このビルの2階にありますよ。

 外見は、いかにも歌舞伎町にある中華料理屋さんといった風情ですね。


 お店に入ると、幹事さん(ラルたん)が少し遅れるとの一報ありダッシュ(走り出すさま)


 
 では、とりあえず、我々3人で飲んじゃいますかexclamation&question (爆) ← ふつう、待つだろ?(爆)


 ではでは、いつもの・・・



 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


川香苑でお疲れちゃん.JPG
生ビール(中) 500円


 ここ、ホッピーはないみたいですね。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)


豚バラ肉にんにく和え.JPG
蒜泥白肉(780円)


 料理名の読み方はわかりません(爆)

 薄くスライスした茹で豚に、麻辣のタレがかかってますよ。

 わりとニンニクが利いてますね決定


地鶏四川香味ソースかけ.JPG
口香鶏(880円)


 こちらは、四川風の蒸し鶏の冷菜ですよ。

 ソースは辣油多めのこちらも麻辣ダレ。

 先程の蒜泥白肉のタレとは大分違いますね。

 花椒はホールのまま入ってますよ。


ハチノス川香風炒め.JPG
香辣牛肚(1,280円)


 ハチノスと長ねぎの四川風炒めですよ。

 普通の唐辛子と丸っこい唐辛子が入ってますね。


車海老と山椒の唐辛子炒め.JPG
川香香辣蝦(1,980円)


 こちらは、車エビの四川風炒め。

 大量の唐辛子と花椒が利いてます爆弾

 でも、ホントに海老と唐辛子だらけです(笑)



 ここで、ウーロンハイにチェ〜ンジexclamation×2

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


ウーロンハイにチェンジ.JPG
ウーロンハイ(380円)


 何度も言いますが、ホッピーはありませんむかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ふたたびガッカリたらーっ(汗)


牛肉の四川香味煮込み.JPG
水煮牛肉(1,280円)



 そこのお父さんexclamation×2

 水煮牛肉と言っても、”牛肉の大和煮”じゃありませんよexclamation×2 (猛爆)


小皿に取った水煮牛肉.JPG
小皿に取った水煮牛肉


 牛肉の四川風煮込みと言ったら良いですかね。

 牛肉の他に、長ねぎと豆もやしが入ってますよ決定

 この中に麺を入れて食べたら、さぞ、美味しいでしょうねぇるんるん


牛肉ピリ辛香り炒飯.JPG
川香炒飯(780円)


 牛肉の入ったピリ辛チャーハンですね。

 「ピリ辛」と謳ってますが、辛くないですよ。

 それと、わりと、パラパラ系でつダッシュ(走り出すさま)


川香担担面.JPG
川香担担面(880円)


 このツルツルモチモチした麺が美味いですよるんるん

 適度な辛さとシビレが脳を刺激して、もう、頭の中はピヨピヨですよ。


ヾ(*´▽`*)ノ 意味わかんないでつぅ!



5位以内を目指しますexclamation×2

ポチッとお願いしますexclamation×2




 住  所:東京都新宿区歌舞伎町1-16-12 蓬麻ビル2F(地図はこちら
 T E L :03-5272-2118
 営業時間:17:00〜翌3:00
 定 休 日:火曜日 
posted by こうめ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

六本木 麻布長江 香福筵

 訪問日 平成23年7月30日 土曜日


 あの伝説のイベント『こうめタンと屋形船』(まだ、言うかたらーっ(汗))から1週間。。。

 またまた、ビッグなイベントが行われましたよダッシュ(走り出すさま)


 今回はミワッチさんこと、あの料理研究家の吉田三和子さんのお誕生日パーティーに呼んで頂きましたぁ〜ぴかぴか(新しい)

ヾ( ´ー`)/



 会場となるお店は、あの高級中華で有名な「麻布長江 香福筵」exclamation×2


 場所は東京メトロ日比谷線の六本木駅2番出口から10分ほどのところですね。

 以前、ご紹介した「スープカレーの店 メラ屋 (MERA-YA)」も歩いて行けない距離ではありませんよ(苦笑)


 この日は、午後2時50分に到着家


麻布長江の外観.JPG


 なんとも重厚な雰囲気が漂ってますね。

 ここ、高級中華と言いましても、「樓外樓(ろうがいろう)」や「聘珍楼(へいちんろう)」とは、かなり違いますよ。

 そう、家庭的な雰囲気があるんですねぇ。

 また、この日は通常の営業時間外に貸切の立食パーティー形式で行われましたよ決定


 ではでは、ミワッチさんexclamation



 おめでとちゃ〜んビール

(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】*:・゜\(⌒▽⌒)


おめでとチャン.JPG


 シャンパンで乾杯でつバー

 
 今回、ラルさんkanariyaさんshrimpavocadoさんと私こうめタンの4人でプレゼントを買って行ったのですが、プレゼントの写真、取り忘れましたたらーっ(汗)


麻布長江のお料理.JPG


 立食(”たちぐい”と読まないでねww)だからと侮るなかれどんっ(衝撃)

 お料理は、どれもかなりのレベルですよ。


麻布長江の海鮮サラダ.JPG
海鮮サラダ


 甘エビ、サーモン、炙りホタテ入りですよ。

 細かくしたおこげも入っていて、食感的にもいいですね。


焼きナスとトマトのサラダ.JPG
焼きナスとトマトのサラダ


 焼きナスとトマトと黒酢の美味しいハーモニーるんるん


チャーシュー.JPG
焼 豚


 蜂蜜の甘みと八角の香りがいいですねぇ〜。


四川風バンバンジー.JPG
四川風バンバンジー


 四川風といっても辛くありませんよ。

 蒸し鶏をトウチソースで絡めてます。


麻布長江の焼売.JPG
特製シュウマイ


 肉がギュッと詰まってますよ〜るんるん


麻布長江の春巻き.JPG
春巻き


 餡には春雨が多めに使われていますね。

 ちょっと、カレー風味というところに驚かされました。


海老の揚げ物.JPG


 これ、何でしょうかexclamation&question (爆)

 海老のフリッターのような感じですよ。

 海老には、やや甘めの下味が付いてます。


長江のチンジャオロース.JPG


 チンジャオロースみたいな物です(爆)

 オイスターソースで炒めてあるようですよ。


ゆで鶏の麻辣味.JPG
ゆで鶏の麻辣味 


 ゆでた鶏肉に、四川省の唐辛子と花椒・中国醤油・黒酢の特製ソースをかけてます。

 プチトマトが良いアクセントになってますねひらめき


もち豚ひれ肉の黒酢すぶた.JPG
もち豚ひれ肉の黒酢すぶた


 私。。。

 これ、肉だんごかと思っちゃいました(爆)  (^_^; アハハ…

 豚のこま切れ肉をダンゴ状にしてるんですねぇ。


海鮮スープ.JPG
海鮮スープ(たぶん)


 海鮮スープのような気がします(爆)  (^_^; アハハ…

 でも、えのき茸がたくさん入ってます(猛爆) (^_^; アハハ…


大海老チリソース.JPG
大海老チリソース


 エビexclamation デカイですexclamation×2

 溶き卵で仕上げているのが特徴的ですね。


中華おむすび.JPG
中華おむすび(こうめタン命名ww)


 青菜の入ったおこわのおむすびでつexclamation×2

 ごま油の香りがいいですね。るんるん


冷やし坦々麺.JPG
冷やし坦々麺


 酢が利いていて、坦々麺というよりも、胡麻ダレの冷やし中華といった感じですね。

 辛くはありませんよ。


フルーツの盛り合わせ.JPG
フルーツ盛り


 スターフルーツが入っているところが気にいりましたww


タピオカココナッツミルク.JPG
タピオカココナッツミルク


 ココナッツミルクにタピオカが入ってますね。(そのまんまジャンパンチ

 これ、かなり、美味しいですよるんるん


 今回、かなりお料理余っちゃいましたけど、正直言って持って帰りたかったたらーっ(汗)

 
 ミワッチさん、ありがとうございました。 m(_ _)m


上位陣の入れ変わりが激しいです。

ポチッとお願いしま〜すexclamation×2




 住  所:東京都港区西麻布1-13-14(地図はこちら
 T E L :03-3796-7835
 営業時間:月〜金 11:30〜14:30(L.O) 18:00〜22:00(L.O)
        土・祝・日 12:00〜14:30(L.O) 18:00〜22:00(L.O)
 定 休 日:月曜日(祝日の場合翌日休み)
posted by こうめ at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

池袋 中国家常菜 蘭蘭 本店

 訪問日 平成23年7月17日 日曜日

 この日は、東京ホルモンズさんと私(こうめタン)が主催する超ビックイベント『こうめタンと屋形船(爆)』参 照)の最終打ち合わせexclamation


 でも、どうせなら、”大勢呼んでウマいもん食っちまえ!!”と、いつもの調子でお付き合い頂いたのは、東京ホルモンズさんのお三方、ラルさんロザリーさん鉄郎さんQT鈴木さん、とーこさん。


 で、会場は北京料理のお店「中国家常菜 蘭蘭 本店」でつダッシュ(走り出すさま)


 場所は池袋駅西口から5分程のところですね。

 近くには、「中国家庭料理 楊」、「れすとらんABC」、「ケーキ&カフェ フラミンゴ」、「蔵之助」、「台湾小調」なんかもありますよ。



 この日は午後5時に到着家


中国家常菜 蘭蘭 本店.JPG



 ここって、完全に「蘭蘭」より「おまた」の方が目立ってるたらーっ(汗)

(^_^; アハハ…



 お店はこの地下にあります。


 『こうめタンと屋形船』(まだ、言うかたらーっ(汗))の打ち合わせは大激論だったにもかかわらず、たったの3分で終わらせ・・・


 ではでは、いつもの・・・



 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


蘭蘭でお疲れちゃん.JPG
生ビール(中) 500円


 ここ、残念ながら、ホッピーは置いてないですね。(ホッピーミーナ、ちょっとガッカリたらーっ(汗)


若摘み豆苗炒め.JPG
炒豆苗(若摘み豆苗炒め) 525円


 シャキシャキしていいですね。

 いきなり、肉で行こうかと思ったところ、女性陣から猛反発を食らい頼んだ品でつ(爆)

 でも、おいしい。。。(猛爆)


トマトと玉子炒め田舎風.JPG
鶏蛋炒西紅柿(トマトと玉子炒め田舎風) 525円


 鶏肉とトマトと玉子をケチャップで炒めたお料理ですね。

 トマトの酸味が食欲をそそります。


北京黒酢酢豚.JPG
糖醋肉(北京黒酢酢豚) 1,280円


 これは、この店の看板メニューの1つですよひらめき

 大胆にカットされた豚バラ肉と長いもが斬新です。

 黒酢を使ったソースは見た目が真っ黒で、非常に粘度が高いですが、甘みと酸味のバランスが良く、これぞ黒酢酢豚といった感じですね。


蒸し饅頭.JPG
蒸し饅頭(525円)


 一言で言うと、中華まんの皮ですww

 ただ、中身は何も入ってませんよ。

 黒酢酢豚のソースに絡めて食べると、もう、頭の中はピヨピヨですよww (意味がわからんむかっ(怒り)


翡翠餃子.JPG
翡翠餃子(525円)


 翡翠餃子は人数分頼んだはずなのに、食べれなかった人が続出exclamation×2


 なぜだろうexclamation×2  (−_−;) う〜ん

 ヒント:私が3個食べたから(爆)


海老のイカ春巻き.JPG
海老のイカ春巻(525円)


 なんか、名前、変じゃありませんexclamation&question

 要するにエビとイカの春巻きなんですけどね(爆)

 中には春雨も入っていてとっても美味しいですぴかぴか(新しい)

 ただ、名前がね(猛爆)


ラムのもも肉の串焼き.JPG
羊肉串(1本 160円)


 ラムのもも肉の串焼きですね。

 クミンとチリペッパーが利いてますよ決定



 ここで、北京ダック様のご入場exclamation×2

ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜



 デ デ 〜 ン ぴかぴか(新しい)

上空から見た北京ダック.JPG
蘭蘭特製北京ダック 1羽(4,800円)



 ド ド 〜 ン るんるん

北京ダックのアップ.JPG


 1羽で大体5〜6人分だそうですよ。

 北京ダックは目の前で切り分けてくれます決定


切り分けられた北京ダック.JPG


 北京ダックというと、普通は皮しか食べませんが、ここは肉ごと切り分けてくれるんですねぇ。


包み皮とタレ.JPG


 当然、包む皮とタレも付いてますよ。

 ちなみに、包む皮は追加で注文できます。(1枚 65円)


皮の上の北京ダック.JPG


 こうやって包んで食べますよ。


 これ、美味くない筈がないですよね(爆)


蘭蘭の焼きビーフン.JPG
焼米粉(焼きビーフン) 830円


 野菜たっぷりで、酒のつまみにもなる焼きビーフンですね。

 ニラが良い仕事してますよ(笑)


蘭蘭の焼きそば.JPG
炒麺(焼きそば) 830円


 いわゆる、五目焼きそばですが、あんかけではありません。

 オイスターソースが味の決め手ですねww


蘭蘭の五目チャーハン.JPG
蝦仁炒飯(海老五目チャーハン) 840円


 この店、実はチャーハンが美味いんでするんるん

 海老もゴロゴロッと入ってますね。

 私はお昼に、よくここでチャーハンをいただいておりますよ。


ランキング、厳しいですねダッシュ(走り出すさま)

ポチッとお願いしますexclamation×2  m(_ _)m




 住  所:東京都豊島区西池袋1-7-8 関ビルB1F(地図はこちら
 T E L :03-5992-7151
 営業時間:11:30〜14:00 17:00〜24:00(L.O.23:30)
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 20:41| Comment(13) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

池袋 中国家庭料理 楊

 訪問日 平成23年6月30日 木曜日

 この日は、まだ、6月だというのに外の気温は32℃晴れ


 あ、暑い・・・たらーっ(汗)  ヾ(;´▽`A`` アセアセ


 私。。。

 せいぜい耐えられて25℃までなんです。。。

 で、30℃を超えると歌唄います爆弾 (意味がわからんたらーっ(汗)

 35℃を超えると天国が見えてきます(爆)


 そこで、四川料理を食べ、汗をかいて体温を下げようと思いまして、「中国家庭料理 楊」でランチをとることにしましたよ。



 場所は、池袋駅西口から7分程のところですね。

 わりと近くには、「イルキャンティ・オヴェスト」、「蔵之助」、「ギィオットーネ」、「ベトナム料理 フォーベト」、「れすとらんABC」、「麺屋ごとう」なんかがありますよ。



 この日は午前11時35分に到着家


楊の外観.JPG


 店内はテーブル席オンリーで、あまり広くはありませんね。

 一般的な中華屋さんといった感じです。


楊のランチメニュー.JPG

楊のランチメニュー その2.JPG


 赤い字で書かれているメニューは、辛いお料理みたいですね。



 さて、本日のご注文は「麻婆豆腐」ですぴかぴか(新しい)


汁なし担々麺.JPG
汁なし担々麺(880円)



 って、麻婆豆腐じゃないじゃないexclamation×2

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



 ここのママさん、注文した時、携帯電話で話に夢中のご様子だったので、危ないなとは思ったんですけどねたらーっ(汗)

 まぁ、汁なし担々麺も好きなのでいいですけど・・・ (^_^; アハハ…



担々麺のアップ.JPG


 具は、ほうれん草(?)、肉みそ、ピーナッツなどですよ。

 それに、大量の花椒、辣油が入るわけです決定


混ぜた汁なし坦々麺.JPG



 食べる時はマゼマゼしましょうexclamation×2  ヾ( ´ー`)/


 まるで、「さぼうる2」のナポリタンみたいなルックスになっちゃいましたけど、味は坦々麺でつ。 (当たり前だどんっ(衝撃)

 辣油の辛み、花椒のシビレ、そして、練りごまの濃厚な香りと旨みがたまりませんねるんるん

 麺はやや太めで、モチモチした食感と粘りのあるコシがありますよ。


楊のライス.JPG



 麺類にライスは当たり前でつダッシュ(走り出すさま)  ; ̄ロ ̄)!!

 もちろん、無料でつexclamation×2(爆)


ランチセットのサラダ.JPG


 サラダは可もなく不可もなくといった感じですね。


ランチのスープ.JPG


 でも、スープは美味いるんるん

 塩味なんですが、わかめ、にんじん、溶き卵、きゅうりが入り、具だくさんですよ。


楊の杏仁豆腐.JPG


 デザートは杏仁豆腐ですね。

 ちょっと、寒天っぽいかな。


 食べた後は大量の汗をかいたお陰で、お店の外へ出ると涼しく感じましたな(汗)


ランキングのポイントがずい分と落ちました(涙)

応援、よろしくですexclamation×2




 住  所:東京都豊島区西池袋3-25-5(地図はこちら)
 T E L :03-5391-6803
 営業時間:月〜金 11:30〜13:30 17:00〜22:30(LO)
        土・日・祝:12:00〜14:00 17:00〜22:00(LO)
 定 休 日:不定休
posted by こうめ at 18:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

新板橋 蜃気楼 その3

 訪問日 平成23年7月8日 金曜日

 この日は、ラルさんのお誘いで、美味しい四川料理のお店「蜃気楼」に行く事になりましたよ。

 ご一緒するのは、中国料理専門ブロガーアイチーさん油料理専門ブロガー(笑)の油谷さんでつexclamation×2


 お店の場所は都営地下鉄三田線の新板橋駅から4分ほどのところですね。

 JRの板橋駅や東上線の下板橋駅からもそれ程離れてはいません。

 近くには、「あぺたいと」、「うさぎ庵」、「山源」、「タカセ」なんかもありますよ。



 この日は、午後7時11分に到着家


蜃気楼の外観.JPG


 お店は10人ほどしか入れません。

 カウンター席がメインですが、4人用の座敷もありますよダッシュ(走り出すさま)

 実は我々、その4人席を予約してたんですねぇ〜ww



 みなさん、お席に着いたところで・・・

 ではでは、いつもの・・・



 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


ワインで中華.JPG
今回、若干1名嫌がる方がいましたな。(ヒント:油まみれな方ww)


 ワインは持ち込みですバー


中華に合う白ワイン.JPG


 このお店、事前に言えば飲物の持ち込みが出来る様なんですよ決定 (当然、持ち込み料は払います。)

 ただ、常連でないと、なかなか言えませんけどね。

 今回は常連のラルさんが手配してくれたんです。


クラゲ頭の冷菜.JPG
クラゲ頭の冷菜


 ここ、基本的にメニュー表みたいな物はありません。(壁にはいくつか貼ってありますが・・・。)

 マスターがお客の好みを聞きながら、その日できる料理を提供するスタイルですよ。

 まぁ、半分、おまかせみたいなもんですけど・・・。

 それなので、お料理の値段もわかりませんが、だいたい飲んで食べて5,000円前後で収まりますよ決定


蜃気楼の鍋貼.JPG
鍋貼(グオティエ)


 鉄鍋餃子のような物ですね。

 皮がモッチモチで美味しいですよるんるん

 マスターがパスタマシーンで作ったとか言ってました(笑)


鍋貼の中身.JPG


 中身は軟骨ごと叩いた鶏の挽肉で、コリコリした食感が味のアクセントになってますね。


別名、コリアンダー.JPG


 香菜(シアンツァイ)をねじ込んで食べると、風味が加わり、さらに極上の味を演出してくれますよ。



 ここで、赤ワインにチェ〜ンジexclamation×2  (* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


持参の赤ワイン.JPG


 赤ワインも持参でつダッシュ(走り出すさま) (笑)



豆腐の干糸.JPG
豆腐干絲(トウフガンスー)


 平たく言えば、細切りにした干し豆腐のごま油和えですね。

 夏らしく枝豆が入っておりますよ。

 あっさりと、サラダ感覚でいただけます。



 おおっと、ここで、揚げ物の登場ダァーexclamation×2

O(≧▽≦)O  キャー



喜ぶ油谷嬢.JPG



 油谷さんも大興奮爆弾 (猛爆)

(^_^; アハハ…



RIMG0174-1.JPG
炸茄子(ザァチェズ)


 揚げナスで、エシャロットを揚げて細かくした物がかかってます。

 今回は麻辣味でお願いしましたが、カレー味もありますよ。


四川風焼き春雨.JPG


 これ、名前を聞き忘れました(爆)

 まぁ、四川風焼き春雨という言葉がピッタリだと思いますよひらめき

 鍋貼でも使っていた軟骨入り鶏の挽肉が、ここでもたっぷり使われていますね。

 味付けは麻辣味です。


炒面片(チャオミィエンピィェン).JPG
蝦炒面片(シャチャオミィエンピィェン)


 モチモチした幅の広い麺と芝エビとネンガオ(中国の餅)の塩味炒めといった感じですよ。

 エビの旨みが麺とネンガオに染み込んで、もう頭の中はピヨピヨ状態です。 (その表現、良く分からんたらーっ(汗)


 この日は残念ながら杏仁豆腐は無かったですが、ご馳走様でした。


 <<関連記事>>

 『新板橋 蜃気楼
 『新板橋 蜃気楼 その2
 『新板橋 蜃気楼 その4


5位は死守したいexclamation×2  ; ̄ロ ̄)!!

応援のポチッとexclamation×2




 住  所:東京都板橋区板橋1-33-1(地図はこちら
 T E L :03-3964-6657
 営業時間:19:00〜22:00
 定 休 日:日曜・祝日
posted by こうめ at 18:14| Comment(16) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

西台 中国料理 露華(ろか)

 訪問日 平成23年4月1日 金曜日

 この日、「まぐろ料理 鉄火屋」で一杯飲んだ、私、こうめタンTankyタンは、次なる良店「中国料理 露華」に向かったのでありました決定

 
 お店の場所は、都営地下鉄三田線の西台駅から10分ほどのところですね。

 以前紹介した「焼肉 牛亭」、「春蘭」、「カレーハウス インディラ」、「欣家(きんや)」もわりと近いですよ。


 
 この日は午後8時40分に到着家


RIMG0117.JPG


 店内は非常に綺麗で、テーブル席は余裕を持った作りになってますね。

 中国人のご夫婦が経営しており、忙しい時は日本人のスタッフが手伝っております。



 我々、おじちゃん2人は、「よっこらしょ!」という掛け声とともに着席し、例のヤツを頼むのでした。。。


 そう、ルービーを・・・(爆)  (^_^; アハハ…


 ここは、ホッピーがないんですよねぇむかっ(怒り) (ホッピーミーナ、ちょっと、ガッカリたらーっ(汗)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


露華でお疲れちゃん.JPG
生ビール(300円)


 隣のテーブルのおじちゃんとおばちゃんが、何か物珍しい物でも見るようにジーッとこちらを見ておりましたよ(爆)


生ビールセット.JPG


 メニューを見ましたら、「生ビールセット」なんていう、いかにも板橋的な物がありましたので、そちらを2セット注文する事にしましたよ決定

 「生ビールセット」には、生ビールor各種サワー類1杯にメニューに出ているお料理が2品注文できるんですねぇダッシュ(走り出すさま)

 我々は2セット注文してますから、計4品のお料理が注文出来るわけですよ。


ネギチャーシュー.JPG
ネギチャーシュー


 チャーシュー、白髭ネギ、きゅうりをごま油などで和えた物ですね。

 シンプルですが、ビールのおつまみには最適ですよ。


なんこつの唐揚げ.JPG
なんこつの唐揚げ


 豚軟骨を唐揚げにしたものです。

 サクサクの衣に、コリコリした軟骨は合いますねexclamation×2


露華の焼き餃子.JPG
焼き餃子


 皮はモッチモチで、中身はジューシーるんるん

 餡には肉とニラが大量に使われておりますよ。

 かなり、レベルの高い餃子だと思います。



 ここで、ウーロンハイに変え・・・

 ふたたび・・・


 お疲れちゃ〜ん(爆)  ヾ(*´▽`*)ノ


再び、お疲れちゃん.JPG
ウーロンハイ(250円)


 このお店、サワー類が250円なんですよexclamation×2

 でも、ホッピーはないですけど・・・ (ホッピーミーナ、ふたたび、ガックリたらーっ(汗)


露華のシュウマイ.JPG
シュウマイ


 うん、シュウマイも普通に美味いですexclamation×2

 下味が付いていますので、お醤油無しでいただきます。


鶏肉とカシューナッツの炒め.jpg
鶏肉とカシューナッツの炒め(750円)


 こちらは単品で注文しましたよひらめき

 カシューナッツと鶏肉って合いますよね。


露華の酸辣タンメン.JPG

酸辣タンメンの麺.JPG
酸辣タンメン(750円)


 〆は酸辣タンメンでexclamation×2

 実はここ、お料理よりも麺類が抜群に美味いお店なんですよぉ〜爆弾

 大体、どの麺類もイケるんですが、私が特におススメなのが、この酸辣タンメンなんですねぇ。

 今まで私が食べた酸辣タンメンの中では、間違いなく一番です。

 オイスターソースをベースにした餡が、モッチモチの麺に絡んで、そりゃもう言葉が出ませんよぉ〜るんるん

 このお店のキラーメニューですなww


 昼はランチもやっており、590円の定食が日替わりで6種、750円の定食が日替わりで6種出てますよ。


なんとか、6位になりたいでつexclamation×2

ポチッとなexclamation×2




 住  所:東京都板橋区高島平1-35-1(地図はこちら
 T E L :03-5398-6135
 営業時間:11:00〜14:30 17:00〜23:00
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

蒲田 歓迎 本店 (ホアンヨン)

 訪問日 平成23年3月4日 金曜日

 この日・・・

 蒲田の女王、kimimatsuさん”呑み”のお誘いをいただきまして、油谷さんwoodsさんと供に蒲田に行って来ましたよ。

 kimimatsuさんには、大山の「華福」の飲み会の時に初めてお会いしたんですよぉ〜晴れ

 今回、お店は彼女にお任せしたところ、「蒲田呑み初心者は、まずは”歓迎(ホアンヨン)本店”で餃子だろ!!」ということになったようで、会社の仕事を強制終了した私、こうめタンは、早速、「歓迎 本店」に向かったのでしたダッシュ(走り出すさま)



 場所はJR蒲田駅から4分ほどのところですね。



 この日は午後6時35分に到着家


歓迎本店の外観.JPG


 店内はわりと広いのですが、既にこの時間で8割方の席が埋まってましたよ。

 我々は、kimimatsuさんが予約してくださっていたので、問題なく入れましたけど・・・。



 席に着き、注文したルービーが来たところで、蒲田初の「お疲れちゃん」をやることにしましたよexclamation×2

 やはり、なんでも初めては緊張しますね(爆)


 ではでは、いつもの・・・


 
 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


蒲田でお疲れちゃん.JPG
キリン クラッシックラガー(中瓶 ) 480円


 kimimatsuさんは、な、なんと、1歳半でラッパ飲みを体得したというラッパ飲みの名手exclamation×2 (参照

 ここでも、瓶ビールをラッパ飲みするのかと思い、緊張して見ていたんですが、普通にコップで飲んでました(猛爆)


歓迎特製羽付き焼き餃子.JPG
歓迎特製羽付き焼き餃子(6個) 300円


 これで、300円exclamation&question(土曜日は250円)

 安いですexclamation×2

 餃子の美味しいお店といいますと、東池袋の「北京料理 豊屯」、立石の「餃子の店 蘭州」、池袋の「永利 本店」と行きましたが、「歓迎本店」の餃子が一番安いですよ爆弾


歓迎特製羽付き焼き餃子の中身.JPG


 中はお肉がギュウギュウに詰まってますよるんるん

 そして、小籠包のようにスープが入っているんですねぇ〜。(汁が飛ぶから気をつけてねww)

 皮もモチモチ、ムニュムニュで素晴らしいです。


エビ、ニラ、玉子入り水ギョーザ.JPG
エビ、ニラ、玉子入り水ギョーザ(6個) 500円


 こちらは、焼き餃子よりもさらに皮が厚く、モチモチ度150%ですよるんるん (意味がわからんたらーっ(汗)

 名前の通り、エビ、ニラ、玉子が、各自、自己主張しつつもお互いを引き立て合い、素晴らしい味のハーモニーを演出しております決定


歓迎の春巻き.JPG
春巻(4本) 500円


 アツアツのところをガブリとやると、中からアツアツの餡がトロ〜リと出て来ますよ。

 皮もパリッとカリッと揚がってますね。


茄子餃子の唐揚げ.JPG
茄子餃子の唐揚げ (900円)


 見るからに美味しそうですよねぇるんるん

 900円という値段は、この店では高いと感じるかも知れませんが、8個も付いてますから・・・。


茄子餃子の唐揚げの中身.JPG


 スライスしたナスとナスの間に餃子の餡を入れ、それを油で揚げたお料理ですよダッシュ(走り出すさま)

 サクサクとした皮の食感がたまりません爆弾

 また、ナスとひき肉の相性もいいですねぇ。

 ニンニクたっぷりのタレで食べると美味しいですよ。


歓迎のマーボー豆腐.JPG
麻婆豆腐 (680円)


 しっかりと花椒、唐辛子が利いており、ピリリと辛いです。

 片栗粉でのとろみが多少強く、完全に”ご飯に合う系”の麻婆豆腐ですね決定

 ただ、もう1軒行くつもりでしたので、ご飯は注文しませんでしたけど・・・。


 午後7時40分

 我々4人は次のお店に向かうのでしたww


ピンチが続いてまつexclamation×2

ポチッとなexclamation×2




 住  所:東京都大田区蒲田5-13-26(地図はこちら
 T E L :03-3730-7811
 営業時間:11:30〜14:00 17:00〜23:00
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 22:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

十条 成家料理 その2


 訪問日 平成22年10月29日 金曜日

 今回、板橋系暴食団『呂叉痢組』ロザリー組長の一言で集まった組の構成員、ラルさん鉄郎さんと私。。。

 この日は、日ごろ生意気な、ラム肉や野菜どもを火鍋にぶち込んで食ってやるとのこと・・・たらーっ(汗)


ヘ(゚∀゚*)ノ コワ〜



 ラム肉や野菜達には可哀そうだと思いながら、組長には逆らえない私。。。

 意を決して、会場となるお店「成家料理」へ乗り込みましたよexclamation×2


 場所はJR埼京線の十条駅から2分くらいのところですね。

 近くには以前紹介した「立呑み 龍馬」がありますよ。

 ちょっと、歩きますが、焼きとんの名店「埼玉屋」や「新潟屋」、とんかつの「みのや」もわりと近いですね。



 この日は午後7時に到着家


成家料理の入り口.JPG



 
 集合時間になりましたが、まだ、だ〜れもいません(爆) ←いかにも板橋的ww
 やがて、ロザリーさんがみえたところで、「どうせ、まだ、みんな来ないだろうし、先に飲んじゃえ!!」(爆)) ←いかにも板橋的ww

 ということで・・・


 お疲れちゃ〜んビール  ∀(≧∇≦)


ロザリーさんとお疲れちゃん.JPG
生グレープフルーツサワー(520円)


 今回は珍しく、サワーでお疲れちゃんです (*^_^*)

 この後、すぐに、鉄郎さんラルさん合流exclamation×2


お通しの豚の耳.JPG
お通しの豚の耳


 お通しは豚の耳にねぎとキュウリを和えた物ですよ。

 醤油、酢、辣油が味のベースになってますね。


お通しの干絲豆腐.JPG
干絲豆腐(ガンスードウフ)


 これ、生ビール(520円)を注文すると付いてくるそうです。

 お通しとどう違うのかわかりませんが、とにかく有難いですよね決定


焼き餃子の全容.JPG
焼き餃子(500円)


 羽付きでつexclamation×2  (>▽<)b ヒャッホー


 焼いている時に、水に溶いた小麦粉を鉄板に流し込むとこうなるんですねぇ。

 このパリパリがたまりませんexclamation×2


焼き餃子のアップ.JPG


 餃子本体はこれなんですねぇ。
 もう、餡がパンパンに入っていますよぉ〜るんるん

 餡は肉の比率が非常に高く、かぶりつくと中からマグマのような熱〜い肉汁がほとばしります。

 火傷にはご注意を・・・(笑)


 おおっ〜と、ここで、火鍋の登場〜exclamation×2 O(≧▽≦)O キャー


成家料理の火鍋.JPG
火鍋(ラム) 1人前 2,600円


 この火鍋は”特選予約料理”なので、予約が必要ですね。

 ラムの他には、豚や牛(ともに1人前2,200円)の火鍋もありますよ。


麻辣の火鍋.JPG

白湯の火鍋.JPG 


 鍋のスープは赤い麻辣のものと、白い白湯のものの2種類が1つの鍋で楽しめますよるんるん

 赤いスープには、唐辛子、花椒、辣油、ねぎ、ナツメグ等が入っていて、辛い薬膳スープのようですね。

 白いスープは、牛骨からとったスープで辛くなく、あっさりしてますよ。


火鍋の具.JPG


 これで、1人前です。

 具は、ラム肉、エビ、イカ、エビ団子、白菜、シメジ、えのき茸、じゃがいもですね。

 ラム肉が冷凍なのが、少し残念ですけど・・・むかっ(怒り)


具を入れた火鍋.JPG


 うまそ〜揺れるハート  ヾ(@^(∞)^@)ノ ブヒィ〜


火鍋のタレ.JPG


 そのまま食べてもいいんですが、タレが2種類付いてます。

 赤い方は辛〜い麻辣雷

 白い方はゴマだれですね。

 どちらも味が濃いので、タレを器に取ったら鍋のスープでタレを薄めて食べましょう。

 スープもタレも2種類あるので、いろいろ組み合わせられますね決定

 ちなみに、ゴマだれを麻辣スープで割ると坦々麺のスープになりますよ。



甕出し紹興酒.JPG
甕出し紹興酒ボトル(640ml) 2,200円


 料理に合わせて、すでに、紹興酒を飲んでたりして・・・ (^_^; アハハ…



サツマイモの春雨.JPG
サツマイモの春雨


 「これ入れると美味しいよ。」とサービスで春雨を頂いちゃいましたダッシュ(走り出すさま)

 この春雨、原料がサツマイモだそうですよ。

 クニュクニュとコシが強くて鍋には持って来いですね。


火鍋に入れた押麺と水餃子.JPG
水餃子(6個 420円)


 餃子も入れちゃいましたぴかぴか(新しい)   (* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ

 しかし、水餃子と火鍋は合うんですねぇ。


成家の押麺(チェンメン).JPG
押麺(チェンメン)


 鍋の〆は麺でしょexclamation×2  ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ

 でも、これ、どうやって食べるのexclamation&question


押麺(チェンメン)を伸ばすマスター.JPG


 そこで、マスター自ら麺を伸ばしてくれましたよ。

 こうやって、伸ばして折りたたんでまた伸ばす。

 これを繰り返すことで麺になるんですねぇ。


押麺(チェンメン)を鍋に入れる.JPG


 そして、鍋に入れま〜するんるん



 ここで、ロザリーさん、チャレ〜ンジexclamation×2 ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ


真似するロザリーさん.JPG


 
 って、ちょっと、違くねexclamation&question  ( ̄(∞) ̄;) う〜ん

 もっと、マスターみたいに何度も折り返して伸ばさないと・・・ (当然、声に出して言えません。)

 でも、2度ほど折り返して、そのまま鍋へ・・・

 これ、誰が食べるんだ。。。  ( ̄▽ ̄;) うっ (当然、声に出して言えません。)

 さて、誰が引き当てるんでしょうねぇるんるん


ロザリーさんの押麺(チェンメン).JPG



 って、やっぱり、俺か・・・  ( ̄Д ̄;) ガーン


 でも、美味しかったです。

 いや、ほんとexclamation


皆様の一押しが私の励みになります。




 住  所:東京都北区上十条1-15-9(地図はこちら
 T E L :03-3905-7881
 営業時間:昼 11:30〜14:30(火、金休み) 12:00〜15:00(日曜、祝日)
        夜(無休)17:30〜24:00(23:30LO)
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 09:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

池袋 中国東北家郷料理 永利 本店

 訪問日 平成22年7月17日 土曜日

 誰が名付けたか「定例会」

 要は「たんまには、つっとばっかすみんなで呑むべやぁ〜」 (訳:お久しぶりに、皆々様でお集まりになり、少しばかりお酒をたしなみませんか。)という会なんですけどね。

 まぁ、メンバーはその都度、多少の入れ替わりがあったりするんですけど・・・。

 で、今回は、とーこさんQT鈴木さんラルさんtimさんゆうさんがお集まりくださいましたよ決定


 今回のお店は中華にしましょうということで、中国東北家郷料理のお店「永利」を予約しました。


 場所は池袋駅北口から4分ほどのところですね。

 この近辺にはわりと良いお店が多くて、ラーメンの「なんつッ亭」、「つけ麺 椿」、中国料理の「知音食堂」、「楽楽屋」、うなぎの「うな鐵」、トルコ料理の「DENIZ(デニズ)」などがありますよ。



 この日は午後6時に到着家


永利の外観.JPG


 外観は、まあ、普通の中華屋さんといった趣ですね。

 店内は広く、円卓もいくつかありますよ。



 さて、さて、みなさま方exclamation×2

 いつものヤツのご準備は宜しいでしょうかexclamation&question (爆)

 よろしければ、今、このブログを見ているあなたもご一緒にどうぞexclamation×2 (だれがやるかいどんっ(衝撃)



 では、では・・・

 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


今日もお疲れちゃん.JPG
生ビール(中) 500円


 この日は仕事をしていませんけど、ルービーがうんまいダッシュ(走り出すさま)


 で、いきなり来たのがコレバッド(下向き矢印)


東北大醤骨.JPG

東北大醤骨のアップ.JPG
東北大醤骨(890円)


 豚の背骨を醤油ダレで煮込んだお料理ですよ。

 かなり量がありますので、最低でも3人で注文したいですね。

 ビニール製の手袋をくれるので、手もベタベタしませんよ決定


東北大拉皮.JPG

東北大拉皮のアップ.JPG
東北大拉皮(1,260円)


 東北板春雨に野菜をのせ、胡麻のソースをかけた前菜ですよ。

 春雨の他に、ガンスー豆腐、きゅうり、にんじん、きくらげ、クラゲ等が入ってますね。

 胡麻のソースは酢が入っており、ちょっとピリ辛で多めにかけてマゼマゼすると美味しいですよダッシュ(走り出すさま)


鉄鍋餃子.JPG
鉄鍋餃子(480円)


 お肉の含有率が高く、とてもジューシーですよ。

 餡に入っている緑豆春雨が活躍してますな。

 皮もモチモチでっスexclamation×2


三鮮水餃子.JPG

三鮮水餃子の中身.JPG
三鮮水餃子(10個 850円)


 いわゆる、海鮮水餃子です。

 これは、さらに皮がムッチムチのプリップリで、もう、たまりません(爆)

 お肉と海鮮系の具のバランスが、実に絶妙ですねひらめき


 
 ここで、紹興酒にチェンジexclamation×2  (* ̄ー ̄)ノ彡☆


中国紹興酒のボトル.JPG
中国紹興酒(ボトル) 1,980円


 ここの数少ない欠点は、紹興酒の種類が少ないことですかね。

 メニューには、「中国紹興酒」と「台湾紹興酒」の2種類しかないんですよねぇむかっ(怒り)

 中国紹興酒といっても何だかわからないですし・・・。

 飲んでみると、普通の紹興酒ですね。


麻辣小老蝦.JPG
麻辣小老蝦(1,280円)


 こちらは、揚げ伊勢えびの麻辣風炒め。

 えびは殻までパリッと揚がってますよぉダッシュ(走り出すさま)

 ピリピリした痺れとピリッとした辛みが伊勢えびを囃し立てます。

 
糖醋肉.JPG
糖醋肉(1,050円)


 これが、またデカイexclamation×2

 いわゆる酢豚なんですが、普通の酢豚とはだいぶ違いますよ。

 大人のゲンコツ程の豚肉の塊が、ゴロンゴロンと3つも入ってますぴかぴか(新しい)

 このままでは大きすぎるので、ナイフとフォークで切り分けましょう。


永利の花巻.JPG
花巻(1個 210円)


 糖醋肉のソースが美味しいので、それを付けて食べるために注文したのですが、想像以上にデカかったたらーっ(汗)

 何しろ、普通の花巻の2倍を超える大きさ爆弾

( ̄(∞) ̄;) う〜ん


 
 しかも、1人1個注文してしまったたらーっ(汗)

ヾ(*´▽`*)ノ バカみたいでつ!




蒜苗肚絲.JPG
蒜苗肚絲(840円)


 ニンニクと豚ガツの細切りオイスターソース炒めですね。

 豚ガツのクニュクニュした食感とニンニクの茎のシャキシャキ感が、オイスターソースの旨みと結合し、人々を恍惚への世界に導きます。 (わけわからんたらーっ(汗)


蛤仔青葱炒麺.JPG
蛤仔青葱炒麺(890円)


 アサリと青ねぎの塩焼きそばですよぉ〜るんるん

 モチモチの平打ち麺にあっさり塩味が抜群にうまいですexclamation×2

 アサリの旨みもしっかりと出てますね。


高菜炒飯.JPG
高菜炒飯(810円)


 当然、炒飯はパラッパラですよダッシュ(走り出すさま)

 高菜の他には、卵と青ねぎが入ります。

 しかし、高菜が非常に良い仕事をしてますねぇ。

 この時点ですでにお腹がパンパンです。

 もう、ギブアップexclamation×2 ( ̄▼ ̄|||)


 このお店は全体的にお料理の量が多いので、大人数で行った方が楽しめますよ。


ツイッターやってます。(『hkoume』です)

ポチッとお願いしま〜す m(_ _)m




 住  所:東京都豊島区池袋1-2-6(地図はこちら
 T E L :03-5951-0557
 営業時間:11:00〜24:00 (L.O.23:30)
 定 休 日:無 休
posted by こうめ at 21:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

新高島平 中国四川料理 剣閣

 訪問日 平成22年4月30日 金曜日

 ラーメン屋さんや街の中華屋さんでお父さんの定番メニューといえば、半チャンラーメンですよねexclamation×2

 また、最近ではチャーハン+半ラーメンというメニューを取り入れるお店も多くなってきましたけど。

 しか〜し、これって、ラーメンは普通の量でチャーハンは半分の量でしょexclamation&question

 チャーハン+半ラーメンでは、その逆でしょexclamation&question

 
 半チャンラーメンのチャーハンは絶対に思っているはずなんです。


 「俺はラーメンのシモベじゃないんだぞexclamation×2」と爆弾

 
 今回はそんなチャーハン君(飯物)とラーメン君(麺類)を対等に扱っているお店「中国四川料理 剣閣」を紹介しますよ。


 場所は都営三田線の新高島平駅から3分ほどのところですね。

 実はこの新高島平駅近辺は、ちょっとしたグルメエリアでもありまして、洋食の「キッチン オリエント」、うどんの「上さ屋(かみさや)」、焼きそばの「あぺたいと」、ベーカリーの「ドゥ・ムッシュ」、おそばの「もとはし」などがありますよ。


 
 この日は昼の12時半に到着家


剣閣の外観.jpg


 看板には「中国四川料理」と書いてありますが、扱っているのは中華料理全般ですね。

 四川料理も本格的なものではなく、日本人の味覚に合わせたお料理ですよ。

 お店にも、お料理にも、「聘珍楼(へいちんろう)」や「樓外樓(ろうがいろう)」のような高級感がありますね。

 ただ、値段は板橋価格です決定
  

メニュー その1.jpg

メニュー その2.jpg

メニュー その3.jpg


 ここの昼の看板メニューが、この「トライアングルランチ」(980円)なんですねぇ。

 A.麺類 B.ご飯類 C.点心orデザートから1品ずつ選ぶ訳なんですよ。

 それぞれの量はハーフサイズですので、平等ですね(笑)



 さて、本日のご注文は「肉団子の醤油煮」ですぴかぴか(新しい) (ちょっと、ちょっとexclamation×2 これじゃ、話が繋がらないじゃないむかっ(怒り)


( ̄(∞) ̄;)



 では、本日のご注文は「トライアングルランチ」で〜すぴかぴか(新しい)

ヾ( ´ー`)/



 今回、私は、A.蝦仁雲呑麺 B.マンファン C.芒果豆腐(マンゴードウフ)という組み合わせですよ。


トライアングルランチのエビワンタンメン.jpg


 まずは麺が来ましたねるんるん

 蝦仁雲呑麺とは、つまり、海老ワンタンメンですよ。

 スープは塩味で、フライドガーリックの香りが食欲をそそります。


ワンタンメンの麺.jpg


 麺は米粉の麺で、ベトナムのフォーみたいですねひらめき

 このスープと麺はベストマッチですよ。


海老ワンタン.jpg
海老ワンタン

肉のワンタン.jpg
肉ワンタン


 ワンタンは海老ワンタンが2個と肉ワンタンが2個入ってますね。

 どちらも、具はパンパンに入ってますよぉダッシュ(走り出すさま)

 海老ワンタンは海老の旨味そのものが感じられる1品で、肉ワンタンはとってもジューシーです。



広東式あんかけチャーハン.jpg


 次に来たのがマンファンですよ。

 簡単に言えば、広東式あんかけチャーハンです。

 
チャーハンのアップ.jpg

潰した卵.jpg


 うす味に炒められた炒飯に、醤油、オイスターソースで仕上げた五目の餡がかかっていますよ。

 卵の黄身を潰して食べると美味しいでするんるん


あんかけチャーハンのアップ.jpg


 具も、卵、生卵の黄身、豚肉、イカ、海老、あさり、にんじん、白菜、小松菜、グリーピースと、とても豪華ですね。

 ワンタンメンもそうでしたが、ハーフサイズにしては量が多いですよ。


デザートのマンゴードウフ.jpg


 油っこい料理の後には最適のデザートですねひらめき

 しっかり、マンゴーの味がします(爆)

 甘さもスッキリですよ。


 ランチは、これ以外にも普通の定食もありますので、いろいろ選べていいですね。


そこのお嬢さんexclamation×2

今日も元気に押しちゃってくださいexclamation×2




 住  所:東京都板橋区高島平7丁目32-5(地図はこちら
 T E L :03-3939-6750
 営業時間:月〜金 11:30〜14:30 17:00〜22:00
        土・日・祝 12:00〜21:00
 定 休 日:年中無休
posted by こうめ at 15:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 点心・中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする