2016年08月25日

上野 シヤー・トムヤムクン・ポーチャナー

 訪問日 平成28年8月17日 水曜日


 今回のベストショット


パッタイのアップ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 いやぁ〜、ほんと、毎日暑いですよねぇ〜💢  (´〜`;)

 実は私。。。

 チョコレートと同じ融点なので、気温が25度を超えると体が溶けちゃうんですよ(爆)

 まぁ、冷蔵庫で冷やせば、また、固まるんですけどね(爆)

 
 で、今回は暑い時は暑い国の料理が一番かと思い、タイ料理が美味しいお店「シヤー・トムヤムクン・ポーチャナー」でランチを頂くことにしましたよ


 お店の場所はJR上野駅の忍ばす口から2分程のところですね。



 この日は午前11時46分に到着🏠


シヤー・トムヤムクン・ポーチャナーの外観.JPG


 お店はこのビルの3階にあります。

 看板はあるものの知らなければ通り過ぎてしまいますよね。



シヤー・トムヤムクン・ポーチャナーのドア.JPG


 エレベーターを3階で降りると目の前がお店のドアです。

 よく、階上のお店に行く時、エレベーターのドアが開き出てみると、もうそこは店内だったというパターンが時々ありますが、あれはやめて欲しいでよねww

 心の準備が出来ていないというか、とにかくビックリします(爆)   f^_^;



店内の様子.JPG


 店内はこんな感じ。。。

 タイ米の良い香りがします。

 ここはタイ国内のホテルで修業されたご主人が、家族と共に営まれているお店ですよ。

 資本系には無いアットホームなイキフン(雰囲気ねww)があります。

 席はテーブル席メインで43席と、わりと大箱でつ。



ランチメニュー その1.JPG

ランチメニュー その2.JPG


 タイ料理屋さんの定番メニューが揃います。

 もっと変わったメニューが欲しいところですが、ランチは品数を抑えないとね。

 まぁ、他のメニューは夜のお楽しみという事でいいでしょう。



 さて、本日のご注文は「パッタイ」です


パッタイ.JPG
パッタイ(950円)


 簡単に言えば、タイの焼きそばですね。

 パッタイには、スープ、サラダ、デザートが付きますよ。  O(≧▽≦)O


パッタイのアップ.JPG


 盛り付けも綺麗でつ🎵  (>▽<)b OK!!


具の芝海老.JPG


 具は、芝えび、生ニラ、厚揚げ、干し大根、干し海老に、レモンと生もやしとクラッシュピーナッツが添えられていますよ。


パッタイの麺.JPG


 麺はお米で作った麺でつ。

 モチモチした食感が小麦から作った中華麺とは明らかに違いますね。

 味はスイートチリソースの味で、甘辛いですよ。

 個人的には酢をかけたいですが、テーブルにはありませんね。

 生ニラと生もやしのシャキシャキ感が良いアクセントになっております。



サラダ.JPG


 サラダはキャベツを主体とした物。

 市販のゴマドレッシングが掛かっていますね。



スープ.jpg


 このスープ、何気ない感じですが、けっこう美味しいです。  ♪( ´▽`)

 鶏ガラスープっぽいかな。

 また、具の肉団子(?)が良い仕事をしていますよ。



デザート.JPG


 デザートはフルーツポンチ!!

 今の時代、フルーツポンチなんて言っても分からないでしょうね。  (^_^; アハハ…

 要はフルーツ缶のミックスなんですけど・・・。


 ここ、やはり、夜に訪問してみたいでつ。  ヾ( ´ー`)/


 店  名:シヤー・トムヤムクン・ポーチャナー
 住  所:東京都台東区上野6-16-7 DB-3F(地図
 T E L :050-5890-1960(予約専用番号)
      03-3835-9297(お問い合わせ専用番号)
 営業時間:火〜土 11:30〜15:00(LO 14:30) 17:00〜23:00(LO 22:00)
      日曜日 11:30〜15:00(LO 14:30) 17:00〜22:00(LO 21:00)
 定 休 日:月曜日



posted by こうめ at 19:15| Comment(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

東中野 ロムアロイ

 訪問日 平成28年7月15日 金曜日


 今回のベストショット


パッタイ・クン.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日は呑み仲間のNミさんからのお誘いで、タイ料理の美味しいお店「ロムアロイ」に行くことになりましたよ


 お店の場所はJR総武線の東中野駅西口から2分程のところですね。



 この日は午後7時13分に到着🏠


ロムアロイの外観.JPG


 外観はちょっと喫茶店っぽくて、言われなければタイ料理のお店だとは分からないでしょうね。

 お店の看板は上の方にありますので、注意して見ないと通り過ごします。



店内のカウンター.JPG


 店内はカウンターのみの9席。

 お店はタイ人のお母さんが1人で切り盛りしております。



タイの調味料.JPG


 カウンターの上には、あまり見慣れない調味料とか缶詰が置いてありますね。

 けっこう気になりますww  f^_^;



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)

ロムアロイで乾杯.JPG



 今回は6人で伺い、おまかせ(要予約、全6品、飲物別、1人 6,000円)でお願いしました。


 また、今回はお料理まで予約しており、予約無しで訪問した場合は、その日材料がある物を使った料理3品のみだそうですよ。



シンハービール.JPG
シンハービール(値段不明)


 ここ、アルコール類はビール(チャーン、シーハー、キリン)しかありません。

 ただ、持ち込み料を支払えば持ち込めるようですよ。



生春巻き.JPG

生春巻きのアップ.JPG
生春巻き


 これ、かなり太くてデカいでつ!!  ; ̄ロ ̄)!!

 リンドウの花が綺麗ですね。

 豚肉を大量のお野菜と生ハーブで巻いてあります。

 スイートチリソースがかかっていますよ。



トート・マン・クン.JPG
トート・マン・クン


 海老のすり身を油で揚げたお料理ですね。

 つなぎ無しの海老のすり身だけなので、海老の味と香りがチョー濃厚!!

 おまけに海老のぶつ切りも入っていますよ。

 ちょっとピリ辛でつ。



ゲーンパネン・プラームック.JPG

イカの中身.JPG
ゲーンパネン・プラームック


 イカのレッドカレーペースト炒め煮だそうです。  ( ̄  ̄)b

 イカの中には豚挽肉とレモングラス等のハーブ類が入っています。

 1度蒸してから仕上げるということで、大変手間がかかるお料理ですよ。



パッタイ・クン.JPG
パッタイ・クン


 タイ風の焼きそばですね。

 甘辛く、とても濃厚な味に仕上がっております。

 具は、ニラ、ピーナッツ、干しエビですよ。

 レモン汁をササッとかけると、さらに美味しく頂けます。



ホーモック・プラー.JPG

ホーモック・プラーのアップ.JPG
ホーモック・プラー


 まるで、鉢植えのお花のようです(爆)  (* ̄∇ ̄*) エヘヘ

 ここのお料理は全体的にお花を使って、非常に綺麗ですよね。

 このお料理は鮭のすり身と卵を合せた蒸し料理。

 ふんわりとした食感があり、また、カレーペーストとココナッツミルクが良いアクセントになっております。

 今まで味わった事の無いようなお料理でつ💨



トムセップ.JPG

スペアリブ.JPG
スペアリブのトムセップ


 トムセップは辛い豚もつスープなのですが、今回のは辛さを抑えたスペアリブバージョンで頂きましたよ。

 具は、大量の豚のスペアリブとエリンギ、そして、トマトも多少入っていますね。

 スープはわりとあっさりめで、ココナッツミルクが良い仕事をしています。


 ここまで食べて、もう皆さん、お腹がパンパン!!  O(≧▽≦)O

 とても美味しゅうございました。

 しかし、どのお料理も手間のかけ方がハンパないですね。


 また、もう1度言いますが、こちらのお店に行かれる時は予約してママさんに食べたいお料理の相談をして下さい。

 今回我々が食べたお料理はおまかせですが予約しており、予約無しで訪問した場合は、その日材料がある物を使った料理3品のみですからね。


 店  名:ロムアロイ
 住  所:東京都中野区東中野1-55-5(地図
 T E L :080-6752-7151
 営業時間:19:00〜23:00(LO)
 定 休 日:不定休(夏休みは長めです。)

 

posted by こうめ at 20:56| Comment(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

町屋 天だこ

 訪問日 平成27年9月12日 土曜日


 今回のベストショット


パッタイ.JPG



 でっつ‼(爆)  ( ´ ▽ ` )ノ



 この日はグルメブロガーさんのbrax3さんぼさのばさんの3人で町屋を飲み歩くことになった愛の戦士 こうめタン。。。

 1軒目の「でこ助」を皮きりに「みつぼx5」、「みねとら」、「笑顔」、「山三」と飲み歩いて参りました。



 そして、6軒目はたこ焼きとタイ料理が食べられるお店「天だこ」に行くことにしましたよぉ〜🎵

ヾ( ´ー`)/ ハ〜イ



 お店の場所は、東京メトロ、京成線の町屋駅から3分程のところですね。


 この日は午後8時38分に到着🏠


天だこの外観.JPG


 先程も触れましたが、ここは本格的なタイ料理とたこ焼きが食べられるお店なんですね。

 ぼさのばさんのお話では、元々たこ焼き屋兼居酒屋だった今のマスター(日本人)とタイ料理屋をやっていたママ(タイ人)が一緒になって今の形のお店になったそうですよ。

 なんか面白いお店ですよね。

 店内はカウンター席(4席)の他にテーブル席も用意されております。



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん‼  ∀(≧∇≦)


天だこで乾杯.JPG
生ビール(450円)、レモンサワー(370円)


 残念ながら、ここ、ホッピーは無いんですよねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)



納豆おろし.JPG
お通し


 お通しは納豆おろしですね。

 なんか、意外なお通しが出てきたので、ちょっとビックリ‼



メニュー.JPG


 まずは、看板のたこ焼きを頼まないとね。  ( ̄  ̄)b

 フムフム・・・

 たこ焼きは個数が選べるんだ。。。



たこ焼き.JPG
たこ焼き(6ヶ 370円)


 鰹節とマヨネーズがたっぷりかかっております。

 外はカリッと中はトロ〜リとしていますね。

 これはおつまみとしても最高でつ!!



パパイヤサラダ.JPG
パパイヤのサラダ(900円)


 これは、もう、タイ料理の定番メニューですよね。

 この甘酸っぱ辛さがタマランチ会長ですよ。  O(≧▽≦)O

 辛くてお酒も進みますなぁ〜。



 ここで、メコンハイボールにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!


メコンハイボール.JPG
メコンハイボール(500円)


 タイ料理屋さんに来たら、必ずと言っていいほど頼んでおります。

 この独特の風味がタイ料理に合うんですねぇ〜。



パッタイ.JPG
タイ風焼きそば(900円)


 パッタイでつ💨

 私の大好物でもありますよぉ〜🎶  (>▽<)b OK!!

 コシのあるやや平たい中太麺を使っていますね。

 ナンプラーの旨みと風味が全体を引き締めている感じですよ。


 さて、6軒飲み歩いてお腹も一杯ですし、この辺りで帰って寝ますかね🌙


 店  名:天だこ
 住  所:東京都荒川区町屋1-4-5(地図
 T E L :03-3810-5099
 営業時間:不明
 定 休 日:不明
 
posted by こうめ at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

練馬 タイ風立呑 福道(ひょうたん) その2

 訪問日 平成24年8月17日 金曜日

 この日、歴史研究家の沼田先生と南インド料理の店「ケララバワン」に行ったその後。。。🌙



 沼田先生: キミ!! もう帰るのかね?

 こ う め はい! よい子は寝る時間ですから・・・。

 沼田先生: よ、よい子って、キミ、いくつかね?

 こ う め はい! よっちゅでちゅ!!

 沼田先生: ・・・ (−_−;)



 というわけで、もう1軒、近くにある「タイ風立呑 福道(ひょうたん)」に行くことになりましたよ🆗


 場所は西武池袋線、都営大江戸線の練馬駅から3分ほどのところですね。

 以前紹介した「鳥長」もわりと近いですよ。



 この日は、午後9時24分に到着🏠


福道の店構え.JPG


 このお店、以前にも紹介しましたが、タイ料理を出す立ち飲み屋さんなんですねぇ。

 しかも、タイ料理と言っても普通のタイ料理屋さんでは見かけないようなメニューが多いんですよ。

 イサーン料理だってあります。



 沼田先生: キミ!! ここでも、あのお疲れちゃ〜んとか言うのやるのかね?

 こ う め はい! ファンが期待してますので・・・(笑)

 沼田先生: ・・・ (−_−;)



 ではでは、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


福道でお疲れちゃん.JPG
ホッピー(白)セット 280円


 ここ、ホッピーあります💣 (ホッピーミーナ、大喜び🎵)


福道で飲むホッピー.JPG


 ただ、「白」のみで「黒」は置いてないんですねぇ〜💢 (ホッピーミーナ、ちょっとガッカリ💧)

 「黒」だけ置いてる「フィリピン風居酒屋 KABAYAN」とは逆ですね。

 また、ここ、外が150円、中が130円とえらく安いですよ💨



福道の生春巻き.JPG
ポピアソット(300円)


 これ、生春巻きなんですが、デカイです💧

 小僧寿しの太巻きかと思っちゃいましたよ(爆)


生春巻きのアップ.jpg


 まぁ、中身の2/3は春雨なんですけど、この厚みが嬉しいですよね。

 スイートチリソースで食べると美味しいですよ。



福道のガイサテ.JPG
ガイサテ(3本 350円)


 インドネシアやマレーシアにもあるアチラの焼鳥ですね💡

 鶏肉には甘くてピリ辛なピーナッツのソースがかかってますよ。



 ここで、焼酎にチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



ラオス産焼酎らおらお.JPG
ラオス産焼酎 らおらお(450円)


 ラオスの蒸留酒で45度あるそうですよ。

 香りが非常に良いですね。

 ロックで頂いちゃいました🎵



タイのあさり炒め.JPG
パッホエライ(350円)


 タイのあさり炒めですね。

 アサリの旨みが出てますねぇ〜🎵

 ナンプラーが効いているせいか、ちょっとしょっぱいですが美味しいですよ💨

 そういえば、昔、「あんたはエライ!!」というギャグを飛ばしている芸人さんがいたなぁ〜なんて考えながら食べました(猛爆)


 <<関連記事>>

 ◆タイ風立呑 福道(ひょうたん)


 店  名:タイ風立呑 福道(ひょうたん)
 住  所:東京都練馬区豊玉北5-22-15(地図
 T E L :03-3992-0406
 営業時間:月〜土 11:30〜15:00 17:00〜翌1:00
        日曜日 17:00〜翌1:00
 定 休 日:無 休(ごくまれに第3or4の日曜が休み)

posted by こうめ at 18:49| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

練馬 タイ風立呑 福道(ひょうたん) 

 訪問日 平成23年12月9日 金曜日

 この日、練馬の「鳥長」で美味しい焼き鳥を食べた、歴史研究家の沼田先生愛の戦士 こうめタン。。。

 まだ、飲み足りない二人。。。(爆)

 で、向かった先は、練馬駅南口から3分ほどの距離にある「タイ風立呑 福道(ひょうたん)」


福道の入り口.JPG


 この店は、タイ料理を出す飲み屋さんなんですが、な、なんと、立ち飲みのスタイルをとっているんですねぇ。

 ただ、正確に言うと、店内奥に4人掛けと2人掛けのテーブル席が1つずつあるんですけどね🆗

 まぁ、能書きはこの辺にしまして・・・


 ではでは、いつもの・・・



 お疲れちゃ〜ん🍺  ∀(≧∇≦)


福道でお疲れちゃん.JPG
ホッピーセット 280円(外150円、中130円)



 ここ、ホッピーあります💣 (ホッピーミーナ、大喜び🎵)

O(≧▽≦)O キャー



ガイトウ(無骨唐揚げ).JPG
ガイトウ(350円)


 骨なしの唐揚げですよ。

 ホッピーと言ったら、まずは揚げ物ですよね(爆)


カイパロウ(八角煮).JPG
カイパロウ(350円)


 豚足、豚耳、玉子の八角煮。

 豚足も豚耳もよく煮込まれており、コラーゲンたっぷりですよ💨

 味付けはやや甘めですね。


ペンノン(豚のおっぱい部位).JPG
ペンノン(350円)


 豚のおっぱいの部分を塩で炒めただけようなシンプルな料理ですよ。

 しかし、おつまみ力は強く、おつまみ力係数は、な、なんと、「84」という高数値‼ ← ツッコミどころ

 ちょっと、豚臭いんですが、そこが、また、いいんです。


タイのソーセージ.JPG
サイクロウイサン(350円)


 こちらは、タイのソーセージ。

 フランクフルトのような太さで、コロッとしてますよ。

 挽肉とハーブの香りが良いですね💡




 この店、メニューは壁のホワイトボード等に書かれており、何か変わった物はないかと目を凝らしていると・・・。


メニューのホモガイ.JPG


 ホ、ホモガイ・・・⁉ (汗)

ヘ(゚∀゚*)ノ へっ?



福道のホモガイ.JPG
ホモガイ(350円)


 オスだけで繁殖する珍しい貝の料理かと思ったら、豚ひき肉と白菜の蒸し料理でしたよ(大笑)

 上に乗ってるのは、ココナッツのようですね。


 で、他にも面白そうな物はと見ていると・・・


面白いメニュー.JPG


パッヘ〜ェッ⁉  ( ̄(∞) ̄;)


 これ、”へ〜ェッ”って、伸ばさにゃイカンの⁉(爆)


タイ風きのこ炒め.JPG
パッヘ〜ェッ(350円)


 で、食べてみると、あっさり味のタイ風きのこ炒めでしたよ。

 塩味でつ‼


タイ風さつまあげ.JPG
トートマンプラ(350円)


 タイ風のさつま揚げですよ。

 日本のさつま揚げと違って、唐辛子やスパイスが使われているのが特徴ですね。

 スイートチリソースで食べると美味しいですよ🎵


タイのエビスナック.JPG
カウキャップクン(200円)


 これは、タイで市販されている海老スナックを袋から出して盛った物ですね。

 安いですし、これ、いいです❗(爆)


タイ風おにぎり.JPG
タイ風おにぎり(2個 300円)


 「やはり、〆はおにぎりでしょ!!」と思って頼んだんですが、これが、激辛

ヾ(;´▽`A`` アセアセ


 ご飯に混ぜてある、ほぐしたタイ産干し魚が辛いみたいです(汗)

 ただ、味の方はいいですよ🆗


 ここは、定期的に通いたいお店ですね。


 <<関連記事>>

 ◆練馬 タイ風立呑 福道(ひょうたん) その2


 住  所:東京都練馬区豊玉北5-22-15(地図
 T E L :03-3992-0406
 営業時間:月〜土 11:30〜翌1:00
           日 17:00〜翌1:00
 定 休 日:無 休

posted by こうめ at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

上野 コカレストラン アトレ上野店

 訪問日 平成23年12月1日 木曜日

 この日は、あいにくの雨。。。

 そして、雨が苦手な、愛の戦士 こうめタン。。。(爆)

 なぜ、雨が苦手なのか⁉


 それは、雨に濡れると、体が溶けちゃうからで〜す☔ ← ツッコミどころ

ヾ( ´ー`)/ ハーイ



 で、この日のランチは、外に出なくても行けるタイ料理のお店「コカレストラン アトレ上野店」へ行くことにしましたよ🆗


 場所はJR上野駅のエキナカにある、アトレの2階ですね。


 この日は、午前11時43分に到着🏠


コカレストランの入り口.JPG


 コカレストランの本店は、タイにあるようで、世界各地に30店舗以上あるみたいですよ。

 東京にも、ここ上野の他に、有楽町、日比谷、新宿にお店があるそうです。


コカレストランのランチメニュー.JPG

選べるタイ料理セット.JPG


 ランチメニューは、セット物が中心ですよ。

 何故か、料理名はすべて、日本語での説明調になってます(笑)

 例えば、ガパオ⇒豚挽肉のバジル炒めご飯だったり・・・。


 さて、本日のご注文は「選べるタイ料理セット」です✨


コオカームーとパッタイ.JPG
選べるタイ料理セット(950円)


 選べるタイ料理セットは、A(ご飯物 4種類)、B(麺類 4種類)から、それぞれ1種類ずつ選べ、それに、スープとサラダが付くんですねぇ💨

 ご飯はお替りも出来ますし、かなりお得なセットだと思いますよ。

 ちなみに、今回は「豚すね肉の煮込みご飯」「タイ風焼きそば」のセットにしました🎵


豚すね肉の煮込みご飯.JPG
豚すね肉の煮込みご飯


 これは、カオカームーですね。

 ご飯はジャスミンライスを使用しており、とても香りがいいですよ〜🎵

 付け合わせには、細かく切ったザーサイが付いてますね。(タイでザーサイ食べるのだろうか?)


豚すね肉のアップ.JPG


 豚のすね肉は、とても柔らかく、スプーンで簡単にほぐせますよ。

 味は醤油(ナンプラー?)ベースの甘辛いスープで煮込んだようで、八角の香りが良いですね。

 辛さはないので、付いているチリソースを付けると辛くなりますよ。(味も変わるけど・・・。)


タイ風焼きそば.JPG
タイ風焼きそば


 これは、まぎれもなくパッタイです(笑)

 パッタイには、厚揚げ、豚肉、卵、もやし、にら、芝えび、干しえび、ピーナッツ等が入りますよ💨


パッタイのアップ.JPG


 ちょっと、平べったい麺で、お米の麺を使っているようですね。

 麺が具から出た旨みを、しっかり逃さず吸収していて、美味しいですよ。


調味料セット.JPG


 テーブルにある調味料セットで、自分好みの味に仕上げましょう💡

 ちなみに私は、唐辛子、酢、ナンプラーをかけましたよ🆗


サラダとスープ.JPG


 サラダは、水菜メインにベビーリーフが入ります。

 スープは、もやしとわかめのスープで、辛くなく透明ですね。

 何がベースになっているのだか判りませんが、中々のお味です🆗


 住  所:東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野 2F(地図
 T E L :03-5826-5825
 営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
 定 休 日:無 休

 
posted by こうめ at 19:31| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

下赤塚 タイ料理 バイケーオ

 訪問日 平成22年11月12日 金曜日

 この日は呑み仲間と最近出来た地元のタイ料理屋さんに行くことになりましたよ。


 場所は東武東上線の下赤塚駅から2分ほどのところですね。



 この日は午後7時に到着🏠


バイケーオの外観.JPG


 最近できた店と言ってもオープンが2010年6月24日ですから、もう5カ月近く経つんですけどね。

 お店の外に飾られた唐辛子の形をした提灯がひと際目を引きます🚩

 店内はまだ新しく、とても綺麗ですね。



 私たち2名は空いたテーブル席に案内され、早速、ルービーを注文しましたよ。

 ということで、

 では、では、いつもの・・・


 お疲れちゃ〜ん🍺 ∀(≧∇≦)


バイケーオでお疲れちゃん.JPG
生ビール(中ジョッキ) 430円


 辛い料理にはビールが合います‼


ウンセン・パット・カイ.JPG
ウンセン・パット・カイ(630円)


 春雨と玉子のオイスターソース炒めですね。

 春雨、玉子、ねぎ、セロリ、にんじん、玉ねぎが入っておりますよ。

 また、タイ料理では珍しく、まったく辛くありません💡

 このまま食べても十分に美味しいのですが、辛い物好きの方々には少々物足りないでしょうねぇ。


調味料4点セット.JPG
調味料4点セット(タダww)


 そこで、タイ料理屋ではお馴染みの、この調味料4点セットがあるわけですよ✨

 中身は、ナムプラー(魚醤)、粉唐辛子、砂糖、唐辛子酢ですね。

 いろいろ混ぜて、自分好みの味に出来ますよぉ〜🎵

ネームーヤン.JPG
ネームーヤン(580円)


 一事でいうと、タイ風ソーセージです‼

 中身は豚肉ですね。

 付いているピーナッツ、生姜、生玉ねぎ、きゅうりと一緒に食べると、かなり美味いですよ🎵

 天国が一歩近く見えます。 (≧∇≦)b OK


プラーグン.jpg
プラーグン(800円)


 海老とレモングラスのハーブサラダです。

 海老とレモングラスを辛〜く炒めた物で、横に盛られた刻みキャベツとレタスを一緒に食べるといいですね。

 海老がゴロゴロ入ってます🎵



 ここで、メコンソーダにチェ〜ンジ‼

(* ̄ー ̄)ノ彡☆ ピッ!



メコンウイスキーのソーダ割り.JPG
メコンウイスキーソーダ割り(440円)


 タイ料理と言ったら、メコンウイスキーでしょ‼ (*^_^*)

 でも、メコンウイスキーってウイスキーではないんですよねぇ。

 お米と糖蜜を発酵させ蒸留したものですから、厳密には焼酎みたいなものですね。

 お酒自体が甘いですから、炭酸で割ると美味しいですよ💨

 横にある銀のカップは、チェイサーのお水です。


カイ・ジャウ・ムーサッブ.JPG
カイ・ジャウ・ムーサッブ(480円)


 豚ひき肉の入ったタイ風オムレツですね。

 以前、浅草の「タイ屋台メシ MONTEE(モンティー)」で食べたカイチォ ラーカォにも似ていますが、ライスはないですし、玉子焼き自体もぜんぜん違いますよ。

 これ、味付けはいいのですが、ちょっと脂っこいですね💢



 最後の〆は麺類にしようとのことで、パットキーマオ(タイ風焼ききしめん)を注文したところ・・・

 な、なんと、ゆうちゃん、まさかの・・・


 激辛コォォォーーーーーーール⚽ O(≧▽≦)O (お、お尻が💧)


パットキーマオ.JPG
パットキーマオ(700円)



 メニューに『辛い』と書いてあるにも関わらず、「もっと辛くして〜💓」だもんなぁ〜💧

 でも、店員さん。。。


 日本語がわかりませんでした‼(爆)
 
(^_^; アハハ…



 住  所:東京都板橋区赤塚1-9-12(地図
 T E L :03-5998-6522
 営業時間:11:00〜15:00(14:30 LO) 17:00〜23:00(22:30 LO)
 定 休 日:月曜日(祝祭日を除く)

 
posted by こうめ at 21:18| Comment(10) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

浅草 タイ屋台メシ MONTEE(モンティー)

 訪問日 平成22年1月15日 金曜日

 実は私・・・


 怪しいお店が大好きなんです〜るんるん ヾ( ´ー`)/


 何でなんでしょう?

 私自身が怪しいからなんでしょうかねぇ(爆)

 まぁ、とにかく、怪しいお店に引き付けられちゃうという事ですよ。

 そんな事で、今回は怪しくて美味しいタイ料理のお店、「タイ屋台メシ MONTEE(モンティー)」を紹介しますよ。


 場所は東京メトロ銀座線、浅草駅の改札口(東武側)を出て数10秒のところですね。

 東武伊勢崎線の連絡用通路にありますよ。


浅草地下商店街.jpg



 どうですexclamation


 この怪しさexclamation×2


 この通路、浅草地下商店街と言うんですが、まるで昭和30年代にタイムスリップしたようでしょう。

 じつは、この通路には以前に紹介した立ち食いそば屋「文殊」もあるんですねぇ。



 この日は午前11時38分到着家

 
MONTEEの外観.jpg


 正直、この商店街に溶け込んでいません。

 1件だけ完全に浮いちゃってます (笑)


MONTEEの店内.jpg


 店内はタイの屋台そのものですよ。(行ったことないけどww)

 テーブルにはティッシュの箱の代わりにトイレットペーパーが置いてあるし・・・。


モンティーのお冷や.jpg


 お冷やもこんな感じで出てきますよ。

 これも、あちら流なんでしょうねぇ。

 こういう感じで出てくると、お水も美味しく感じるから不思議です。


MONTEEのメニュー その1.jpg

MONTEEのメニュー その2.jpg


 ランチメニューは、タイラーメン、定食共に充実してますね。

 ごはん物にはプラス150円でミニタイラーメンが付けられますよ。



 さて、本日のご注文は「カイチォ ラーカォ」ですぴかぴか(新しい)


カイチォ ラーカォ.jpg
カイチォ ラーカォ(680円)


 カイチォ ラーカォにはサラダとスープが付きますよ。

 今回、ミニラーメンは付けませんでした。(前回、量が多かったもので)


カイチォ ラーカォのアップ.jpg


 一言で言ってしまえば、タイ風オムライスです(笑)

 ご飯の上に、豚ひき肉とねぎが入ったオムレツが乗っていますよ。

 まぁ、オムレツと言うよりも玉子焼きと言った方がいいかも知れませんね。

 オムレツの上には辛いケチャップがかかっていますよ。

 味付は塩コショウぽいのですが、どこか我々が作る物とは違うんですよねぇ。

 ナンプラーを隠し味で使っているのでしょうか。

 単純な料理ですが美味しいです。


MONTEEのライス.jpg


 ライスはちゃんとタイ米を使っていますよ。

 ジャスミンライスと謳っていますが、ジャスミンライスにしては香りが弱いです。

 それでも、タイ米を使っているところを評価したいですね。(日本米を使っているタイ料理店が多い。)

 硬めに炊いていますし良いですよ。


タイのスープ.jpg


 鶏がらで摂ったダシをナンプラーで味付したスープですね。

 微塵のにんにく、パクチーが入り、ちょっとスパイシーに仕上げています。


 このお店、屋台風ですが、だいたい何を食べても美味しいです。

 それもそのはずで、ここのマスターは若干20歳にして屋台チェーン『ソンポン』の総料理長をしていたそうですよ。

 今度は夜に来たいですね。


 住  所:東京都台東区浅草1-1-12(地図
 T E L :03-3841-8668
 営業時間:11:00〜16:00 17:30〜23:30(LO 22:30)
 定 休 日:火曜日

 
posted by こうめ at 18:44| Comment(14) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

大山 タイテーワー

 訪問日 平成21年8月21日 金曜日

 こんにちは。

 ボボ・ブラジルです(爆)


 
 暑い時には暑い国の食べ物を食え。

 この言葉、小学校で習いましたよね。 (習ってないなーいww)

 え〜、たしか『ボイル・シャルルの法則』と言うのだと思いました。(違うと思うな)


 まぁ、その『ボイル・シャルルの法則』に従い、今回はタイ料理を食べに行きましたよ。

 どこのお店にしようかと思いましたが、地元にある「タイテーワー」というタイ料理屋さんに決定!!

 今回、ご一緒して頂いたのは、謎の覆面コメンテーターのTankyさんです。


 場所は東武東上線の大山駅から3分ほどのところですね。



 この日は午後6時半に到着。

タイテーワーの外観.jpg


 実は大山には「タイ居酒屋 スーパーパッタイ」というタイ料理屋さんもあるのですが、こちらは以前にブログで紹介しましたので、今回は「タイテーワー」にしてみましたよ。

 
 しかし、外観が暗いというか、なんか近づき難い雰囲気が漂ってますね。

 店内も雰囲気が暗く、予想通り客はゼロ

 人ごとながら「大丈夫かなぁ。」と思っちゃいます。

 お店は30代くらいのタイ人の夫婦(?)で切り盛りしてますよ。



 メニューもそれなりに揃ってますねぇ。



 まずは、やっぱり・・・


 お疲れちゃ〜んビール ∀(≧∇≦)


とりあえずビール.jpg
生ビール(380円)


 タイ料理って、結構ビールが合いますよね。


タイテーワーのお通し.jpg
お通し(?)


 「お通しです。」と言って持って来てくれましたよ。

 鶏の皮の唐揚げと揚げせんべいのような物ですね。

 鶏の皮の唐揚げは、カリッカリで、ビールのおつまみに最適。


青パパイヤのスパイシーサラダ.jpg
青パパイヤのスパイシーサラダ(780円)


 青パパイヤ、にんじん、きゅうりを千切りにして、甘酸っぱ辛いドレッシングで和えたサラダですよ。

 青パパイヤのゴリゴリシャキシャキとした食感と、甘酸っぱ辛いドレッシングのハーモニーがいいですね。

 サラダの上には干し海老が散らしてありますよ。


海老のすり身揚げ.jpg
トードマンクン(880円)


 海老のすり身揚げですね。

 熱々の揚げたてを頬張ると最高です。

 還元麦芽糖のような透明なタレが付いてますが、そのままでも十分にいけますよ。


タイテーワーのメコンソーダ.jpg
メコンソーダ(580円)


 メコンウイスキーのソーダ割りです。

 メコンウイスキーはサトウキビとお米から造る蒸留酒ですから、正式にはウイスキーではないんですね。

 若干甘味があり、炭酸水と非常に相性がいいです。


鶏肉のグリル.jpg
ガイヤーン(780円)


 ガイヤーンは一言で言えば、鶏のグリルですね。

 鶏のモモ肉に甘いタレを付けて焼いてますよ。

 そのままでも美味しいですが、付いているスイートチリソースで食べても美味しいです。

 皮がパリッとしていないのが少し残念でした。


タイ風揚げ春巻き.jpg

タイ風揚げ春巻きの中身.jpg
ポピアトード(680円)


 タイ風の揚げ春巻きですね。

 中身はナンプラーで味付した春雨と少しのにんじんが入っていますよ。

 カリカリモチモチした皮が中身の春雨を引き立てています。

 中国料理の春巻きより、外見はかなり細いですね。

 これにも、スイートチリソースが付いていますよ。



 私達が帰る間際に2人のお客さんが入ってきましたが、ちょっとお客が少な過ぎますね。

 う〜ん、このままでは危ないですね。


 住  所:東京都板橋区大山東町59-1(地図
 T E L :03-3963-8696
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜24:00
 定 休 日:月曜日

posted by こうめ at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

大山 タイ居酒屋 スーパーパッタイ

 訪問日 平成21年2月20日 金曜日

 こんにちは、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)です爆弾爆弾爆弾 (あんた、なんやのexclamation×2

 私、板橋区に住んでいるんですが、板橋区にはタイ料理のお店がほとんど無いんですよ。

 「え〜っ、信じらんなぁ〜い揺れるハート

 なんて言っているそこのお嬢さんexclamation×2

 ホントなんですよexclamation

 イラン人がやっている居酒屋「花門」とか、ガーナ人がやっているイタリアン「DESTINY」なんていうのはあるんですけどねぇ。

 そんなことで、今回は板橋区では大変珍しいタイ料理のお店「タイ居酒屋 スーパーパッタイ」を紹介しましょうわーい(嬉しい顔)


 場所は東武東上線の大山駅から10秒ほどのところです。

 駅の南口の改札を出ると目のまん前ですよ。

 「ランチハウス 洋包丁」や「マナカマナ」や「鏑屋(かぶら屋)」も近くにありますよ。


スーパーパッタイの入口.jpg


 ここ、駅のまん前なのに目立たないんですよね。

 リトルマーメイドとモスバーガーに挟まれているのが原因でしょうね。

 
店内に続く階段.jpg


 お店はこのビルの4階にあるのですが、エレベーターなんて物はありませんよむかっ(怒り)

 ご自分の足で4階まで上がってください右斜め上


スーパーパッタイのドア.jpg


 この日は午後6時半に到着家


 このお店は「イムアローイ」という名前で、去年にオープンしたのですが、今はすでに「スーパーパッタイ」という名前に変わってますね。

 名前だけ変わったのか、経営者が変わったのかはわかりません。(イムアローイもタイ料理の店)

 たぶん、名前だけ変わったのだと思うのですが・・・。


店内のミラーボール.jpg


 店内に入ると、まず、大きなミラーボールが出迎えてくれますよ。

 まるで、映画『サタデーナイトフィーバー』に出てくるようなヤツですよぉ〜ふらふら (ふっ、古いたらーっ(汗)

 う〜ん、なんか勘違いしてますねぇむかっ(怒り)


 お店はタイ人のマスターが1人で切り盛りしてます。

 ただし、このマスター、ほとんど日本語がわからないんですよ。(お客から電話が来たらどうするのだろう?)


 席に着き、

 まぁ、とりあえずビールでしょうビール


とりあえずのビール.jpg
生ビール(499円)


 今回は謎の覆面コメンテイターミスターT氏と一緒です。(写真を見てお分かりの通り、彼をカメラで撮っても写りません。もしかして、透明人間?)


 それにしても、店内はかなり暗いですよ。(暗いといっても荻窪の「カッパ」よりはマシですが。)

 写真を撮るのはかなり大変です。

 ただし、フラッシュを使って撮るのはマナー違反なので、ここは腕の見せ所ですね。(^_^)b

 
春雨サラダ.jpg
ヤム・ウン(春雨サラダ) 499円


 甘酸っぱ辛い、春雨のサラダです。

 春雨、パクチー、イカ、桜海老、ピーナッツ、玉ねぎ、トマト、レタスなどが入っていますよ。

 かなり辛いです。

 酸味と辛味が食欲をそそり、どんどんと胃袋の中に収まっていきますよ。


豚肉のにんにく風味揚げ.jpg

豚肉のにんにく風味揚げのタレ.jpg
ムー・トード・ガテェイム(599円)


 豚肉のにんにく風味揚げです。

 豚肉の唐揚げといった感じの料理で、タレをつけて食べます。

 にんにくの風味が利いており、このまま食べても十分にいけますよ。

 タレはケチャップがベースになっており、それに様々な香辛料が入っているようで、ピリリと辛いです雷

  
タイ風さつま揚げ.jpg
  
タイ風さつま揚げのアップ.jpg
トード・マン・プラ(699円)


 タイ風さつま揚げです。

 これは、タイ料理でもかなり知れた料理ではないでしょうか。

 日本のさつま揚げに似ており、タレにつけなくても美味しいですよるんるん

 さつま揚げ自体、ちょっとピリ辛です。

 タレはクラッシュピーナッツとパクチーの入った、スイートチリソースですよ。


タイ風の蒸し鶏.jpg

蒸し鶏のタレ.jpg
ガイ・ヌン(499円)


 これは、タイ風の蒸し鶏ですよ。

 鶏のもも肉を使用しており、皮の部分がムッチムチで美味しいです。

 茹でたのではなく、ちゃんと蒸していますので、鶏の旨味が逃げないんですねぇひらめき

 よく、「蒸し鶏」と書いているのに、「茹で鶏」を出す店もありますからね。

 タレはナンプラーをベースにした物ですよ。


醤油味焼き太麺.jpg
パッ・シィユ(599円)


 醤油味焼き太麺とメニューに書いていますよ。

 コシのあるきしめんのような麺を、ナンプラーで炒めた麺です。

 具には油菜と卵が入っていますよ。

 ナンプラーと油からのコクに、油菜の苦味がアクセントとして加わり、コシのある麺を盛り立てております。

 非常に日本人の口に合う味ですね。


 なんとも安くて美味しいタイ料理のお店が、大山に出来たものです。

 ただ、今のところ、お客さんが少ないですねぇ。

 こういうお店は、ぜひ、生き残っていって欲しいですね。

 
 住  所:東京都板橋区大山町5-9(4階)(地図はこちら
 T E L :03-3955-2776
 営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00
 定 休 日:無 休 
posted by こうめ at 21:01| Comment(2) | TrackBack(1) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

西荻窪 ぷあん その2

 訪問日 平成20年10月4日 土曜日

 この日は私、仕事に出てまして・・・。

 朝から働いていると、数時間後には何故かお昼になってるんですよぉ〜ふらふら

 みなさんはそんな経験はありませんか?(もう、何も言わへんたらーっ(汗)


 当然、お昼は何を食べようか考えるわけですよ。

 会社は西荻窪ですから、その近辺でということになります。

 西荻窪というと、「手打蕎麦 鞍馬」でそばを手繰るも良し、「ラーメン大」でガッツ(死語)の入ったラーメンをすするも良しで、正直、迷ったちゃんなんです。(誰や、それexclamation

 そこで、思い出しました。

 タイ料理の店「ぷあん」には土日限定の幻のキラーメニューがあることを・・・。

 これはぜひ、食べない訳にはいきませんわーい(嬉しい顔)

 もう、仕事なんてやっている場合じゃありませんよぉダッシュ(走り出すさま)(おいおいたらーっ(汗)


 「ぷあん」の場所ですが、JR総武線の西荻窪駅から4分ほどのところです。


外からのぷあん.jpg


 この日は午後1時に入店家

 やはり、満席に近い状態ですねがく〜(落胆した顔)

 土日は幻のキラーメニューカオソイ」目当てのお客さんも多いんですよねぇ。


 メニューを見ると・・・


ぷあんのメニュー.jpg



 あっexclamation ありましたぁ〜るんるん

 これが、「カオソイ」なんですね。

 メニューにも「土日限定」と書いてありますよ。


 さて、本日のご注文は「カオソイ」ですぴかぴか(新しい)(今までのこの流れを無視して、いきなりカオマンガイなんかを注文するというボケも考えたんですけどねぇ。)


ぷあんのカオソイ.jpg
カオソイ(900円)


 カオソイ小盛り(750円)にごはん(100円)という手もありましたが、今回はカオソイ1本で勝負です。

 
 具は鶏の手羽元とそれをほぐした肉のみで、上に揚げ麺とパクチーが乗ります。

 揚げ麺はカオソイの麺を揚げた物で、そのまま食べてもいいですし、スープに浸して食べても美味しいです。


 自家製のラー油.jpg
自家製のラー油


 好みによって、ラー油を入れます。

 市販の物より辛いですから、味を見ながら入れたほうが良いですね。


カオソイの麺.jpg


 揚げ麺の下には茹で麺が隠れてましたわーい(嬉しい顔)

 麺は米粉ではなく、小麦粉の麺ですね。

 太目の平打ち縮れめんです。

 ごま油をまぶしていない沖縄そばのような食感で、ほどほどのコシがありますね。

 
 そう、芳本美代子のようなコシですぴかぴか(新しい) (ようわからんわたらーっ(汗)


カオソイのスープ.jpg


 ドロッとしたスープは、かなり濃厚なココナッツミルクスープで、いろいろなスパイスが入っているようですよ。

 ちょうど、タイカレーのようなスープです。

 辛味はありますが、激辛というほどではありませんので、先程紹介したラー油で調節するわけですね。


カオソイの手羽元.jpg


 カオソイに入っている手羽元です。

 とても柔らかく煮込まれていて、骨から肉が簡単に剥がれますよ。

 このスープにも良く合います。


カオソイの薬味.jpg


 実はこれ、カオソイの薬味なんです。

 レモンは食べる前に搾ったんですが、紫玉ねぎと野沢菜漬けのようなものは箸休めだと思ってそのまま食べちゃいましたむかっ(怒り)

 後から知ったのですが、これらの物もカオソイに入れて食べるのが普通だったようですねふらふら

 私はついつい、カツ丼についている沢庵のような物だと思ってましたから・・・たらーっ(汗)


 カオソイを一言で言えば、タイ風カレーラーメンでしょうね。

 「古奈屋」のカレーうどんにも似ていないことはありませんよ。


タピオカ.jpg


 本日のデザートはタピオカでした。

 カオソイの後のデザートにはピッタリではないでしょうか。


 
限 定 品



 素晴しいですねわーい(嬉しい顔)


 前回の「ぷあん」の記事はこちらをクリックしてください。
 

 住  所:東京都杉並区西荻南2-24-1(地図はこちら)
 T E L :03-5346-1699
 営業時間:11:45〜15:30
        17:00〜22:30(L.O)
 定 休 日:月曜日

 
 
posted by こうめ at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

西荻窪 ぷあん

 訪問日 平成20年7月22日 火曜日

 この日はお盆休み中の配送スケジュールを組むので、1日中在社ということになってしまいましたふらふら

 普段は自由な鳥のように、あっちこっちを飛びまわっている(遊びまわっている)私としては、たった1日とはいえ籠に入れられた鳥ような気分ですよむかっ(怒り)(おいおいたらーっ(汗)

 私の会社は西荻窪なので、必然的に昼食は西荻窪でということになりますね。

 これはチャンスかもexclamation&question

 実は1軒狙っているお店がありましてねぇ。

 そのお店の名前は「ぷあん」という北タイ料理のお店なんです。

この「ぷあん」はカオソイが有名なお店なんですよ。

 ということで、今回は「ぷあん」に決定exclamation×2

 
ぷあんの外観.jpg



 場所はJR中央線の西荻窪駅から4分ほどのところです。

 以前紹介した「こけし屋」や「手打蕎麦 鞍馬」も近くにありますよ。


 この日は12時20分に到着家


 店内はお世辞にも綺麗とは言えませんが、いかにも現地のお店という感じがします。

 お店は女性2人で切り盛りしており、1人は日本人でもう一人はタイ人です。

 普通、タイ料理店は女性のグループやOLさんが多いのですが、ここは男性の1人客が多いですね。

 
 ランチメニューは他のタイ料理屋さんとはちょっと違った物が多いですね。

 ただ、狙っていたカオソイは、土、日限定メニューだそうです。

 う〜ん、ちょっと残念もうやだ〜(悲しい顔) 


ぷあんのお茶.jpg


 テーブルに着くとお茶が出てくるのですが、何のお茶ですかねぇ。

 ウーロン茶ぽいですけどね。

 コップが現地使用のようで、アルミ製です。

 
 さて、本日のご注文は「カオマンガイ」ですぴかぴか(新しい)


ぷあんのカオマンガイ.jpg
カオマンガイ(780円)


 ランチはセットになっていて、スープとサラダとデザートが付きますよ。

 「カオマンガイ」は鶏のスープで炊いたご飯に、茹でた鶏肉を乗せたお料理なんです。

 以前、西荻窪の「Mu-Hung(夢飯)」で似た料理を食べましたが、ほとんど同じ料理です。

 ただ、「夢飯」のは「海南鶏飯」という名前で、シンガポール料理として出していますね。

 「海南鶏飯」はマレーシアにもありますよ。

 「海南鶏飯」と「カオマンガイ」の違いはよく分かりませんが、ネットではタレが違うと出てましたけど・・・。


カオマンガイのアップ.jpg


 この「ぷあん」で使われているお米はジャスミンライス(香り米)なんですよぉるんるん

 タイ料理店でも高いお米なので、全てのお店で使っている訳ではありません。

 私の知っているお店では「SIAM SPICE(サイアム・スパイス)」と「ゲウチャイ」ぐらいでしょうか。


カオマンガイのタレ.jpg


このタレをかけて食べるんですよぉ。


このタレはタオチオがベースでみじん切りにした生姜が入っています。



タレをかけたカオマンガイ.jpg


 タレをかけた後のカオマンガイです。

 鶏肉はもも肉を使っているようで、柔らかく煮込まれていますね。

 辛くは無く、タレの生姜の爽やかさとパクチーの風味が全体を盛り立てております。

 日本人の味覚には合ったお料理でしょうね。


とりのスープ.jpg


鶏のスープです。


わけぎと青菜が入っています。


さっぱりしていて美味しいですよ。


 
ぷあんのサラダ.jpg


 サラダはトマト、きゅうり、キャベツ、にんじん、紫キャベツで、自家製のドレッシングが掛かってますね。

 ドレッシングはノンオイルタイプで、かなり甘酸っぱい味です。

 
 ぷあんのデザート.jpg
食後のデザート


 食後のデザートもありがちなタピオカとかではなく、オリジナルの物なんです。

 この日のデザートは、切ったスイカにココナッツミルク(?)がかかり、その下に茹であずきが入った物でした。

 スイカのシャクシャクした食感と、ココナッツミルクとあずきの甘味が心地よいですよ。

 
 次回はぜひ、カオソイを食べたいですよねわーい(嬉しい顔)


 続編「西荻窪 ぷあん その2」も見てねわーい(嬉しい顔)


 住  所:東京都杉並区西荻南2-24-1(地図はこちら
 T E L :03-5346-1699
 営業時間:11:45〜15:30 17:00〜22:30(L.O)
 定 休 日:月曜日
 
posted by こうめ at 18:14| Comment(6) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

錦糸町 タイ国料理 ゲウチャイ 

 訪問日 平成19年12月25日 火曜日

 わざわざ用事を作り、また錦糸町に来てしまいました。(会社の人は見てないよねどんっ(衝撃)

 今回は前回とは違い、お店を調べてきましたよ。

 前の2回は偶然に見つけたお店でしたが、小籠包 竺 (ZIKU)パッタマーも美味しいお店でした。

 今回のお店は「タイ国料理 ゲウチャイ」です。

 名前の通り、タイ料理のお店です。

 このゲウチャイは、タイ食材の輸入会社が経営しているお店で、錦糸町の他に、現在7店舗あるそうです。

 ただ、1号店はこの錦糸町で、1990年にオープンしました。

 場所はJR総武線の錦糸町駅から歩いて5分ほどのところです。

ゲウチャイの外観.jpg


午後1時半にお店に到着車(セダン)


入口の商品サンプル.jpg


 入口の脇にランチの見本が置いてあります。
 
 本物のようですね。

 中に入るとすぐ左側で、タイの食材が販売されています。

 このお店は香辛料、野菜、果物など、週に2〜3回ほど、タイより直送しています。

 また、店内はとても明るくて、広々しています。

 1人で来ている女性客が目立ちますね。

 店員さんは全員タイの方のようですね。


 テーブル席に案内され、

 ふと、テーブルの上を見ると・・・exclamation&question

タイの調味料 その1.jpgタイの調味料 その2.jpg



 居眠りしている、そこのお父さんexclamation×2

 この4つのビンに入った物はなんでしょうか?

 分かる物だけ答えればイイですよダッシュ(走り出すさま)


 えっexclamation&question

 左の茶透明の液体は「養命酒」で、右側の白い粉は「血圧を下げる薬」ですってexclamation&question


 お父さんexclamationまったく違いますむかっ(怒り)


 これらはタイのテーブル調味料で、左から、ナムプラー(魚醤)、粉唐辛子、唐辛子酢、砂糖です。

 タイ人はめん類などをそのまま食べる事は無く、必ず調味料で自分の好みの味にして食べます。

 たしか、川口のSIAM SPICE(サイアム・スパイス)にもありましたね。

 
 ここで、テーブルのメニューを見てみましょう。

 メニューを見ると、お昼はどうやらランチのみのようですね。

 Aセット、Bセット、Cセットの中から選びます。
 
 いずれのセットも997円です。


 さて、本日のご注文は「Bセット」ですぴかぴか(新しい)

ゲウチャイのBセット.jpg


 Bセットの内容は、春雨の炒め物、鶏肉のグリーンカレー、トムヤンビーフン、ライス、コーヒーです。

 普通、グリーンカレーだけでも800円はしますよね。

 それがおかずが3品もついて997円ですから、安いと言わざるおえません。

 しかも、食後のコーヒー付ですよわーい(嬉しい顔)


トムヤンビーフン.jpgトムヤンビーフンの麺.jpg


まずはトムヤンビーフンから・・・。


スープはあっさりめで、辛さもマイルドですねぇ。



ゲウチャイのナムプラー.jpgテーブル調味料の唐辛子酢.jpg


 私はテーブル調味料のナムプラー2さじと、唐辛子酢を1さじ入れました手(チョキ)

 も〜exclamation サイコーぴかぴか(新しい)

 私好みに甘酢っぱ辛くなりましたわーい(嬉しい顔)

 そうそう、ビーフンの具ですが、もやし、干しえび、ひき肉、魚のすり身団子、パクチー、ナッツなどです。


 次に春雨の炒め物。


春雨の炒め物.jpg


 これはタイ料理にしては珍しく、辛くありません。

 日本人向けなんでしょうか?

 春雨、キャベツ、もやし、きくらげ、人参、をにんにくとナムプラーで炒めた1品です。


 これもイケマスなぁ〜exclamation(おまえ、オヤジかよパンチ


 ・・・・・・・・はい・・・・・・たらーっ(汗)


 主役のグリーンカレーの登場exclamation×2


鶏肉のグリーンカレー.jpg


 これはかなり辛いです。

 情け容赦のない辛さです。

 ただ、かなり美味いです。

 具は鶏肉、たけのこ、なす、ココナッツミルクですね。

グリーンカレーの鶏肉.jpg


 カレーの中には、鶏肉がゴロゴロと入っていますよ。

 鶏肉もジューシーでイケてます。


ジャスミンライスの写真.jpg


 ライスはタイ米のジャスミンライス(香り米)を使用しています。

 とても良い香りがしますよ。

 この香りがまた、グリーンカレーに合うんですよ。


ゲウチャイのコーヒー.jpg


食後にはコーヒーが出てきます。


 正直言って、この店は何度でも通いたくなります。

 また、会社の用事を作らないとダメですねぇるんるん


 住  所:東京都墨田区江東橋1−11−9 
 T E L :03-3634-9991
 営業時間:11:30〜22:00
 定 休 日:無 休(年末年始休)


posted by こうめ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

錦糸町 パッタマー

平成19年12月6日


東京都 墨田区 錦糸町


      



      



      




      





















使徒、 襲 来 exclamation×2 




錦糸公園のオブジェ.jpg

(エヴァンゲリオンファンの方々、お待たせしました。)



 こんにちはわーい(嬉しい顔)

 管理人のこうめです。

 みなさん、突然の展開にさぞ、驚かれた事でしょう。

 なにね、前回(小籠包 竺 )、錦糸町に来た時に、まだまだ良い店がいっぱいありそうだったので、無理やり仕事を作り、また、錦糸町に来ちゃったんですよ〜。

 そして、何処にしようか、歩き回っているうちに、錦糸公園の変な(失礼むかっ(怒り))オブジェに出くわしたという訳ー(長音記号1)

 今回も食事の店は決めていませんでした。

 ちょうど、この錦糸公園の先にタイ料理屋を見つけましたので、ここにしましょう。

タイ料理の店 パッタマー.jpg


 お店の入口はこじんまりしており、入口から2階に上がった所がお店です。

パッタマーのランチメニュー.jpg


 入口の横には写真入り、メニューが出ております。

 午後2時入店。

 店内もこじんまりしたカンジです。

 たぶん、以前も何かの飲食店だったのを、改装せずに使っているのでしょうね。

 お店はタイ人の女性2人で、切り盛りしているようです。

 お昼のメニューは、ランチメニュー以外にもあるようですが、今回はランチメニューの中から選びます。

 ランチはすべて、800円です。


 さて、(今日も元気に行きますよダッシュ(走り出すさま)本日のご注文は「パッカパオカイダオ」です。


 舌を噛んでしまうような名前ですねぇ〜。

 メニューの横には「辛子炒めごはん目玉焼き添え」と書いてありますが、はっきり言って、まったくわかりませんむかっ(怒り)

 この日本語の名前通りだと、唐辛子の入ったチャーハンに、目玉焼きが添えられている料理になりますよねぇ。

 まぁ、外の看板に写真が出ていましたので、大体の想像はつきますが・・・たらーっ(汗)

 私の考えでは、前に川口の「SIAM SPICE(サイアム・スパイス)」で食べた、「カパオ」のような物だと想像しました。

 と、言う間に

 
パッカパオカイダオ、 襲 来 exclamation×2



パッタマーのランチ.jpg

挽肉のバジル炒め.jpgランチのパッカパオカイダオ.jpg


 お料理を見る限り、唐辛子チャーハンではないようですねぇ〜たらーっ(汗)

 食べてみると、豚の挽肉をバジルとナンプラー(魚醤)で炒めたものです。(当然、唐辛子は入っていますが。)

 以前食べた「カパオ」が、鶏肉をスイートバジルとナムプラーで炒めた物でしたから、多少近いですね。

 挽肉の他には玉ねぎのみじん切りが多少入っています。
 ほとんどが挽肉なので、「肉を食べているぞ!」という感じがあります。

 また、辛子炒めと謳っている割には、あまり辛くはありません。
 
 日本人向けにしているのでしょうね。

 私は子供の頃から挽肉ご飯(そぼろ飯とも言う。)が好きでしたので、美味しくいただきました。

パッタマーのコーヒー.jpg
ランチは食後にコーヒーが付いてきます。


 その他のメニューを見ますと、全体的に安めの設定ですね。

 この値段なら、給料日前のお父さんでも安心ですひらめき


 年内にあと1回は錦糸町に来たいですね。
 なんとか、用事を作ります。(てへへ・・・。)


 住  所:東京都墨田区太平4−8−13 堀越第2ビル 2F
 T E L :03-5608-0566
 営業時間:月〜土 11:00〜15:00 17:00〜24:00 日、祝11:00〜24:00
 定 休 日:無 休




 
posted by こうめ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

川口 SIAM SPICE(サイアム・スパイス)

 最近、タイ料理を食べさせてくれるお店が増えてきました。
 大きな駅周辺や町では、必ずと言っていいほど、タイ料理店があります。

 今回は私がランチでたまに行く、お店を紹介します。

 お店の名前は「SIAM SPICE」(サイアム スパイス)です。

 場所はJR京浜東北線、川口駅を出て(そごう側)、イトーヨーカドーに向かって行くと、「川口銀座商店街 樹モール」という通りに出ますので、その通り沿いです。(大雑把ですみません。)

 
駅から徒歩で、5分ほどです。

siam spice 002.jpg


siam spice 016.jpg 外に出ている、ランチメニューです。

 私はランチにしか行ったことがないんです。
 ランチの時間には割りと混みます。

 女性のお客さんが多く、お客の年齢層も広いです。

 ランチはセットメニューになってますので、お得ですねぇ!
 デザートも付いてるって、うれしいです!!

 プラス200円でソフトドリンクも付けられますよ〜。


siam spice 005.jpg
店内は少し暗め。
 カウンター席もありますので、そこのお父さんも安心して入れます。

 さて、本日のご注文は「カパオ セット」です。

siam spice 013.jpg
カパオ セット 950円です。
 「カパオ」と言う料理。
 一言で言ってしまえば、鶏肉ミンチをホーリーバジルとにんにくとブリックナムプラーで炒めたものです。

 辛いですが、タイ料理特有の複雑な味がして、とてもおいしいですよ。

 また、写真では分かりませんが、目玉焼きの下にはちゃんと「ごはん」が隠れています。
 それも、ジャスミンライスですから・・・!!!

 ご存知の方も多いと思いますが、ジャスミンライスはインディカ種、特にタイ米の中でも「香り米」と言われ、高級品です。

 タイ国内での消費は、たったの2割で、あとの8割は輸出しているそうですよ。
 
 今回、そういうジャスミンライスが付いてたのに、写真に撮るのを忘れて食べてしまうとは・・・。トホホ・・・です。

siam spice 010.jpg
カパオセットには「もやしサラダ」と「スープ」が付きます。

 
サラダとスープは辛くはありません。

スープはセロリの入ったスープでした。


siam spice 011.jpg
デザートの「タピオカ」です。


 辛いものを食べた後でタピオカを食べると、スッキリしますね。


 住  所:埼玉県川口市幸町2-2-16 クレールマルシェ1F
 T E L :048-258-7082
 営業時間:11:30〜15時、17:30〜23時
 定 休 日:月曜日


posted by こうめ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする